Riders-Diary

左足首を捻挫してしまいました

昨日は育児の合間に奥さんに了承をいただき、数時間だけ城南島海浜公園スケートパークで乗ることができました。奥さん、ありがとう!

そこで顔なじみのスケートボーダーやBMXライダー達と一緒に乗り、楽しい一時を過ごしていたのですが、ちょっとした事で失敗した際に久しぶりに左足首をひねってしまいました。やった瞬間「あ、これは3〜4日まともに乗れないパターンだな」と分かったくらい。うーん、完全に油断していましたね。

そんなことで、痛みをこらえながらクルマのブレーキ操作をしてそそくさと帰宅(自分は左足ブレーキ派です)。家に着いたら左足首に湿布を貼り、さらに、これでもか!と抗炎症剤を塗りたくりました。

その甲斐あってか、翌朝はだいぶ足の痛みは回復したので(それでもまともに歩行できないレベルに痛い)いつもの通り多摩川河原に朝活をしに行きました。

SHAKAに乗ってのトリック練習は、バニーホップ系の動きがツライため、昨日城南島で一緒に乗ったBMXライダーに教えてもらったノーズマニュアルを行いました。

MTB マウンテンバイクSHAKA 多摩川河原サイクリングロード ノーズマニュアル練習

MTBのサイズでノーズマニュアルのバランスポイントに達するには、さらにフロント荷重してあと20度はバイクを前傾しないといけませんが、いかんせん、左足首が踏ん張れず全然足りなかったです。

まぁ、でも最近のBMX系の動画にあるような、何メートルも長距離ノーズマニュアルで流せるようにならなくても良いのです。バニーホップして1〜2mくらいノーズマニュアルで流せるようになるのがひとまずの目標でしょうか。

実際、この練習を少しして、0.5〜1m程度でもフロントに体重を乗せて走れるようになっただけで、下の写真にあるような(これは過去の写真です)ノーズ系のグラインドトリック、ハングオーバートゥースグラインド=オーバートゥースハンガーがとても決めやすくなりました。

サモのハングオーバートゥースグラインド オーバートゥースハンガーグラインド

そんな訳で、左足首が完治するまでの数日間は、大人しくノーズマニュアル練習をして過ごそうと思います。

 

そうそう、朝活ではYAMADORI 1st 26に乗って多摩川河原に釣りもしに行きました。左足首の痛みが気になったものの「どうせ移動はMTBがメインで、歩行よりかは足の負担はないだろう」なんて思っていましたが、川岸の急斜面、水辺の凹凸を歩く時がとにかくツライ!

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード ルアー バスフィッシング

「足首を安静にする気あるの?」と問われれば、反射的に土下座をするくらい酷使してしまって反省です。明日はどうしよう…

あ、もちろん釣れませんでした。スピナー(ルアー)の横を悠然と巨鯉が泳いでいったのが印象的でした…(涙)

 

ネットでこのような表が出回っていました。いわゆる、趣味の中で女性にウケが良いか悪いかの早見表みたいです。もっとも、これの信ぴょう性についてはかなり怪しく、作成者の思い込みが多分にあると思われます。

女性にウケが良い早見表

なのですが、無駄とは分かりつつ、自分の場合はどうなるか書き込んでみました。

女性にウケが良い早見表 サモバージョン

自分の趣味すべては女性にウケが良くて高度な部類に入るので一安心… って、別にどうでも良いか。ああ、時間を無駄にしてしまった…(泣)

 

息子の顔は成長と共に変わってきていますね。少し前までは自分の小さいころのコピー?ってくらい顔がそっくりだったものの、最近では奥さんのタレ目の要素が入ってきています。そんな変化が本当に面白い!

叶大の顔

親的には問答無用で可愛いものの、客観的に見ると、いわゆる「イケメン」ではない顔なのかな、なんて思います。それでも愛嬌タップリで女の子にモテモテな人生を送ってもらいたいなぁ〜(笑)

そんな息子は近頃は本当に歩くようになってきていて、多摩川河原の公園でも多少たどたどしいものの、勝手にピョコピョコ歩いて行き、転んで号泣って具合になっています。奥さんに手をつないでもらうと転ばなくて安心ですね。

多摩川河原 公園 手を引かれ歩く叶大

さらには、遊具に登るようになりました。「いつの間に… スゴイ!」と思いつつ、いつ滑り落ちるか分からないので、すぐにフォローができるよう後ろで待機している奥さんが健気です。

多摩川河原 公園 雲梯に登る叶大

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*