Riders-Diary

フラワートレイルの今後について

昨夜、思い立って近所の多摩川河原にcroMOZU275 3rd TESTを持っていき、撮影をしました。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース

武蔵小杉のビル群の夜景を背景に、良い感じの写真が撮れたぞ。ヌフフフフフ…!

と思っていたら、大きな犬の糞を踏んでいたことが判明。河原は街灯1つない漆黒の闇なので、まったく気が付かなかったー(泣)

急いで河原の水道でウンコを流し落としていると、結構まとまった雨も降ってきて撮影機材から全部ズブ濡れに。

良い写真の代償がコレか。うーむ。

 

それはそうと、自分がボスとして仲間たちと10年以上維持・管理しているダートジャンプトレイル「フラワートレイル」ですが、自分は今年はまだ1回しか行けていません。土地の方に自分が年間使用料を支払っていますが、現時点で全然元が取れていないことになります。

夏のフラワートレイル

やはり今は生活の中で育児が占める割合が大きく、1週間の内に自分が自由になる時間はせいぜい半日と、とてもじゃないですがフラワートレイルへ行き十分に楽しむ時間を確保できないので、どうしても行く機会は激減。(近所のスケートパークですらたまにしか行けてないですし…)

年末にかけて武蔵五日市でのイベントや、12月上旬にはバイクロアもあるので、フラワートレイルには年内に頑張って行っても1〜2回かな、という感じです。

そうなってくると考えることが、「今後も維持できるのだろうか?」ということ。

もちろん、僕が現地に行けなくてもフラワートレイルを一緒に楽しんでいる仲間達が整備をしてくれているので、そこは非常にありがたく、問題はありません。

ですが、費用的な面で見ると、土地の方に支払う年間使用料は個人としては決して安くないですし、今現在、自分は経済的にも切迫した状態なので、来年度の使用料の支払いを考えると非常に悩ましいです。

 

でも、MTBライダーが気軽に遊びに来て、安心して飛んで楽しめるジャンプトレイルが身近にあるか?と言うと、大昔と違って多少は増えた?ものの、決して十分とは言えません。

フラワートレイルのルールは非常に緩く、基本的なマナー(ゴミは持ち帰る・ジャンプの形状を勝手に変えないなど)さえ守ってくれれば誰でもウェルカムな状態を10年以上維持しているので、ここで途切れさせるのは絶対にあってはならないと思います。

 

そんな訳で、一時期は本気で心が折れそうでしたけど、フラワートレイルは維持継続を心がけて行きますので、今後ともよろしくお願いします!

 

12月上旬のバイクロアが終わったら、何とか時間を作って遊びに行きたいなぁ。息子もフラワートレイルで遊べるようになれば、行く機会は増えると思うんだけど。

 

また上に飛ばされる浮遊感いっぱいのレギュラーラインのジャンプでインバート(テーブルトップ)したいです。

サモインバート

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*