Riders-Diary

日本発スニーカーブランド「SLACK(スラック)」

前回の投稿で、知り合いが逗子で始めたPOP UP STORE 【TANOME(たのめ)】の紹介しましたが、そこで扱うスニーカーを激しく気に入り、思わず購入してしまいました。

 

ちなみにTUBAGRAは以前、TevaよりMTBシューズのサポートを受けていましたが、TevaがMTBシューズから撤退した際にサポートも消滅。それ以来、自分は「コレだ!」というスニーカーに出会うことなく今に至っています。

高機能過ぎるコテコテなMTB系シューズはストリート(河原)をメインに乗る自分にはオーバースペックですし、スケートボード用のスニーカーをチェックするも、なかなかピンと来るものが無かったり。

そうこうしている内に自分の好みのスニーカーのデザインはさらにシンプルに、ちょっと脱力系が入ったくらいがストライクになって、脱力系サーフシューズの代表みたいなSanukに出会って2年ほど色んなモデルを履き続けてみるも、「そろそろ別の履こうかな。次どうしよう?」なんて思っていたところ、ついに出会ってしまったのです。

 

日本発スニーカーブランド SLACK(スラック) IDENT-LOW

2017年に生まれたばかりの日本発のスニーカーブランド「SLACK(スラック)」のIDENT-LOW(Black/White)というモデル。

日本発スニーカーブランド SLACK(スラック) IDENT-LOW

VANSのERAのようなオーソドックスでシンプルなデザインを採用しているものの、大抵日本発のスニーカーブランドとなると価格が1万円前後したりするのが一般的ですが、このSLACK IDENT-LOWは違います。

 

何と、4,500円(税抜)!!安い!!

 

あまりに安くて他のカラー(Navy / White)も一緒に買おうかと思ったくらいです。

 

日本発スニーカーブランド SLACK(スラック) IDENT-LOW

4,500円だから作りがペラいんじゃないの?なんて思って手に取って細部をチェック。この手のデザインって、ちょっとペラいだけで一気に安っぽくなるのですが…

日本発スニーカーブランド SLACK(スラック) IDENT-LOW

VANSなどと変わらずボディの生地は肉厚でソールの重厚感がしっかりあります。

日本発スニーカーブランド SLACK(スラック) IDENT-LOW

ヒールスリット(カカトとソールの間)にリフレクター(グレーの部分)がデザインとして上手く組み込まれていて、自転車の使用がしっかり考えられているところも何気に素晴らしい。(このスニーカーはペダルスポーツを想定して作られたもの?)

日本発スニーカーブランド SLACK(スラック) IDENT-LOW ワッフルソール

さらに極めつけはこのワッフルソール!!VANSでもお馴染みのペダルとの相性バツグンのソールパターンです。

このスニーカーをデザインした人、ストリート系の自転車を分かっているっぽいな…

 

実際に履いてみました。(自分のスネがボロボロなのはスルーしてください)

日本発スニーカーブランド SLACK(スラック) IDENT-LOW 着用

履く際にカカトに飛び出ているプルストラップを引っ張ると、とても楽チンに足が入ることが判明。やはり日本では靴を脱いだり履いたりの頻度が高いので、日本ならではの(あると嬉しい)機能なのかな、と思いました。

 

SLACKのサイズ感について

ラインナップされているサイズは以下の通り。1cm刻みです。

23cm(US5)
24cm(US6)
26cm(US8)
27cm(US9)
28cm(US10)

VANSやCONVERSE、その他スニーカーで26.5cm(US8 1/2)を履いていた自分の場合、色々試着したところ26cm(US8)がピッタリでした。0.5cmでなく1cm刻みなので、その辺は割り切ってサイズを選ぶ必要がありますね。

もし、微妙にサイズが合わない場合は、インナーが取り外し可能のカップインソールになっているので、厚手のインソールに差し替えて合わせるのも手です。

 

SLACKのソールの耐衝撃性について

croMOZU275 4th 多摩川河原サイクリングコース 段差ドロップ斜め刺しバニーホップ 日本発スニーカーブランド SLACK(スラック) IDENT-LOWを履いて

今朝は途中で雨に降られてしまってそれほどMTBに乗れた訳ではありませんが、この路面状況化で一番高低差のある段差からバニーホップドロップを何度か行ってみました。

この手のワッフルソールのVANSと同じで、特筆するほどの優れた耐衝撃性がある訳ではなく、いわゆる普通な感じ。それこそ大きなジャンプで何メートルも上空にぶっ飛んで地面に足つき着地したら足裏をだいぶ痛めるかも知れません。(その辺は高機能のMTB専用シューズがカバーしてくれています)

ですが、高さ1m程度の着地がせいぜいのストリートライディングであれば、このソールの耐衝撃性でもさほど問題は無いのかと思います。それでも、もっと着地を優しくしたければ耐衝撃性のあるインソールを入れれば解決するでしょう。

 

購入方法

今回、自分が購入した神奈川県逗子にあるPOP UP STORE【TANOME(たのめ)】に行くのが、品揃え・サイズ展開が豊富で、実際に手に取ってみたり試着も可能で間違いないです。

遠方にお住まいで逗子まで行くことができない方はTANOMEのオンラインストアで購入すると良いのではないでしょうか。もちろんクレジットカードも使えます。

シューズをオンラインで買う際に心配になるサイズ選びですが、今履いているスニーカーが26cmか26.5cmだったらSLACKは26cm(US8)を、27cmか27.5cmだったらSLACKは27cm(US9)というチョイスでだいたいOK。最初キツくてもキャンバス地なので1日履いてれば馴染みますし、ちょっと緩ければ靴紐をキツく締めるかインソールを厚手の物に変えれば大丈夫です。

 

神奈川県逗子 POP UP STORE TANOME たのめ

POP UP STORE 【TANOME(たのめ)】

住所:神奈川県逗子市逗子1-10-18 オーケーストア逗子店の正面
営業時間:11:00〜21:00
定休日:不定休(ご来店を希望される場合は予めご連絡ください)
電話:090-6477-0388
メール:tanome2017@gmail.com
Instagramアカウント
アクセス:JR逗子駅より徒歩5分 近所にコインパーキングあり

 

TUBAGRAを見てくれている方にスペシャルなお知らせ!!

「TUBAGRAを見た」〜そして【TANOME】のInstagramのフォローをして来店された方は購入時10%OFF!!にサービスしてくれます。(※SLACKのスニーカーはサービス対象外となります)

 

日本発スニーカーブランド SLACK(スラック) IDENT-LOW

そんな訳で、早速、毎日の朝活BIKE&FISHでSLACK IDENT-LOWを履きまくっています。樹脂ペダルのピンとソールパターンの相性はバツグンで、多少ソールやペダルが(昨夜たくさん降った雨の)泥水に濡れても安易に滑ってズレないため飛ぶことに集中できました。

もっとも、そんな状況下で乗ったものだから、おろしたてにも関わらず、SLACK IDENT-LOWは既に泥まみれに(泣)こればかりは河原ダートコースで乗ることの宿命で仕方がないとはいえ、悲しいなぁ…。キャンバス地なため気軽にガシガシ洗えるのが救いだったり。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*