Riders-Diary

雨でも意外と乗れる

ここ数日は「梅雨かよ!」と思えるくらい雨の多い日が続いていますね。

croMOZU275 4th 多摩川河原サイクリングコース 雨の中 縁石で斜め刺しバニーホップ

普通ならMTBライディングを中止にするところですが、レインジャケットのMont-bell レインダンサーを購入して以来、余程の大雨じゃない限り迷わず乗りに行ってしまいます。もちろん、今朝も乗りに行ってきました。

ただ、濡れた路面で回転系トリックをするとタイヤが滑ってしまい危険です。そのため、雨の日は直線的な動きしかできなかったりするのがセオリーで、それが若干ストレスな時も。

 

Mont-bell レインダンサーを購入したばかりの頃の写真。2年前でしょうか?お腹が膨れているのは、ジャケットの中に撮影道具を入れたボディバッグを仕込んでいるからです。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード Mont-bell レインダンサー レインジャケット

この頃はcroMOZU275 4thは開発前でYAMADORI26に乗っていたんだよなぁ。こう見るとトップチューブの位置が高いYAMADORIも格好いい!

足元は日本野鳥の会 バードウォッチング長靴。意外とMTBの樹脂ペダルとの相性も抜群なのです。

 

水たまりドリフトとかして遊んでいましたね。懐かしい!!今ならカッティーズしたいところです。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード Mont-bell レインダンサー レインジャケット 水たまりドリフト

上半身はジャケットのお陰で濡れませんが、下半身はパンツも含め完全水没しています(泣)

 

究極は足元スポーツサンダルと海パン姿。濡れるの前提だと雨でももう怖くありません。それでもレインジャケットを着込んでいるのは、ジャケットの中に撮影道具が入っているから。これが無ければ全身ズブ濡れ上等なのですが。

雨の多摩川河原でcroMOZU275に乗る

ただ、これから涼しい季節に雨に濡れると風邪ひきそうで気をつけなければいけません。帰宅したらすぐに温かいシャワーを浴びるの必須です。

 

そんな訳で、レインウェアを着込んだり、「濡れても大丈夫な服装」を着ることで、雨の日もMTBに乗ることは可能ですので、是非トライしてみてください。

ちなみに里山トレイルなどのダートで雨の日に乗ると路面を荒らしてしまうので気をつけましょう。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*