Riders-Diary

2回目の川崎市大師河原公園スケートパーク

ご近所MTBストリートライダー松平さんと多摩川河原で朝練した後、過去に1度だけ行ったことのある川崎市大師河原公園スケートパーク(その時の記事はこちら)に乗りに行きました。

過去に行った際は雨天でまともに乗れなかったので、今回が事実上の初ライド!とも言えますね。

川崎市大師河原公園スケートパーク SHAKA24 バンクでハイエアー

このパークのメインセクションであるバンク。これが結構バニーホップで飛べることが分かりました。

飛ぶとパークの全貌が見えるくらい一気に視界が開けるので、最初はビビってなかなか思い切り踏み切ることができません。

川崎市大師河原公園スケートパーク SHAKA24 バンクでハイエアー

見ての通りまだ7〜8割程度の力でしか飛んでいないので、もっと慣れたら深く刺しを入れてさらに高く飛びたいと思います。テーブルトップ(インバート)を入れるのもアリかも。

 

周囲はすべてバンクやカーブになっているので、どこでもグラインドができて、グラインドペグ装着可能なSHAKA 24なら最高に楽しめます。

川崎市大師河原公園スケートパーク SHAKA24 スミスグラインド

下りカーブではスミスグラインドもスムースに決まります。

逆に言えば、このパークはバンクにカーブ、レールしか無いので(Rは1つも無い)、普通のMTBがジャンプなどをして遊ぶには正直向いていません。バニーホップ必須でグラインドが主体の、コアなストリート寄りのパークです。(そっち系のMTBストリートライダーなら相当面白い)

 

Subrosa Street Railでひたすら練習していたご近所MTBストリートライダーの松平さんも、カーブでのダブルペググラインドの安心さと簡単さでグラインドの魅力に取り憑かれていました。

川崎市大師河原公園スケートパーク SHAKA24 松平さんのダブルペググラインド

後半はだいぶ安定した距離のあるグラインドを見せてくれていました。グラインドからアウトする動作もバッチリです。

 

こういった環境でSHAKA 24の性能はフルに活きてくるのです。

ご近所MTBストリートライダー松平さんのSHAKA24

 

そんな感じで、後に予定があったのでトータル45分くらいしか乗れなかった川崎市大師河原公園スケートパークですが、とても面白かったのでまた行きたいと思います。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*