Riders-Diary

上手いライダーにMTBを貸して飛んでもらうと

先日のスマイルバイクパークで会社の同僚tksgさんと自分で、バニーホップが高いMOZU24に乗る鈴木雄大君に、自分たちのバイクに乗ってもらい、バニーホップしてもらいました。

鈴木雄大君がtksgさんのSurlyでバニーホップ スマイルバイクパーク

まずはtksgさんのSurly 1×1 26インチホイールでバニーホップ。このフレームは癖のないジオメトリの標準的なMTBですが、明らかに85〜90cmは飛んでいます。

 

鈴木雄大君がサモのcroMOZU275でバニーホップ スマイルバイクパーク

そして次は自分が乗るcroMOZU275 4thでバニーホップ。どう見ても100cm近く飛んでいますね!

というか、27.5インチホイールMTBの平地バニーホップでここまで高く飛べるの世界初なんじゃないでしょうか?croMOZU275のジオメトリがチートな事もありますが、何より鈴木雄大君の身体能力がスゴイ!!

 

こんな感じで上手いライダーに愛車に乗ってもらい、超絶ライディングをしてもらうと「うわ、俺のMTBでこんなことができるんだ!高いポテンシャルがあるんだな!」って、妙に誇らしく思え、愛車がより好きになります。もし、上手いライダーが身近にいて、こんな感じで乗ってもらえる機会があったらぜひ試してみてください!

その際、「このポジションをもっとこうした方が〜」などバイクのセッティングについてのアドバイスがもらえるかも知れませんし。

 

あ、逆に自分のできなさ加減で落ち込むこともあるので、その辺は覚悟しておきましょう。

 

今朝は先日のスマイルバイクパークで右足を怪我してから3日ぶりにMTBに乗ってバニーホップしてみました。

croMOZU275 4th 多摩川河原サイクリングコース 雨の中 縁石で斜め刺しバニーホップ 怪我から復帰

昨夜遅くまで降っていた雨の影響で、近所の河原はオールウェット。仕方なしに高架下の縁石をキッカケにバニーホップしてみると、刺しを入れた瞬間に右足を曲げたことでまだ結構痛みがあることが分かりました。

完治まではあと少しかなー。

ちなみに自分の場合、まだ怪我が治っていなくてフルパワーじゃないとはいえ、縁石を使ってようやく鈴木雄大君の平地バニーホップと同じ高さ、という…(泣)

 

日曜日の夜にいつもお世話になっているMTBプロショップ 小川輪業に行って息子の次の自転車を見てきました。小川さん、いつもありがとうございます!

小川輪業にて叶大のバイクをチェック

ハイ、ランバイクの次のバイク(ペダル付き)はもう決めました。12月の息子の4歳の誕生日にプレゼントする予定です。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*