Riders-Diary

croMOZU275でトレイルを走ってきました2

先週に続き、今週も埼玉県ふじみ野市のショップ「スポーツバイクファクトリーふじみ野スズキ」で毎週金曜夜に開催されているMTBストリートの練習会「サタジュク」の主催者である佐多さんに、埼玉の山奥のトレイルにアテンドしていただきました。前回とは違うトレイルになります。

サタジュク塾長佐多さんアテンドで埼玉のトレイル走行

朝早くにも関わらず気温はこの時点で7度あり、アウタージャケットは脱いで行くことに。

 

サタジュク塾長佐多さんアテンドで埼玉のトレイル走行 croMOZU275

先週のトレイルライディングで、里山トレイルでもかなり登れてバニーホップで飛び走れることが分かったcroMOZU275バイク。2回目はさらに飛び走ることを意識して行くことにしました。

 

サタジュク塾長佐多さんアテンドで埼玉のトレイル走行 Surly 1x1

元同僚で超ご近所に済むtksgさんも26インチホイールを入れたSurly 1×1(ワンバイワン)で参加。

 

サタジュク塾長佐多さんアテンドで埼玉のトレイル走行 舗装路の上り

走り出してすぐに上り。およそ1時間かけて急斜面の狭い舗装路を上っていきます。近くに幅が広い道路が通っているため、クルマはこの道を殆ど走らないので安心です。

 

サタジュク塾長佐多さんアテンドで埼玉のトレイル走行 舗装路の上り

みんなで世間話をしながら行くと、長い上り道もさほど辛く感じないのです。

 

サタジュク塾長佐多さんアテンドで埼玉のトレイル走行 舗装路の上り

とは言いつつも、斜度がかなりキツくなるとローギアでヒーヒー言いながら上ることに。

 

サタジュク塾長佐多さんアテンドで埼玉のトレイル走行 頂上で一休み

長い舗装路を上りきったところで一休み。自分は薄着で来たにも関わらず既に汗だくで、この時期まさかのTシャツ姿になりました。そういや佐多さんは走り出しからTシャツ姿だったな。

 

サタジュク塾長佐多さんアテンドで埼玉のトレイル走行 マキシマさんのSCOTフルサス

今回、ご一緒したサタジュクのマキシマさんが乗るSCOTTの27.5インチホイールフルサスバイク。

 

サタジュク塾長佐多さんアテンドで埼玉のトレイル走行 ダートの上り

一休みを終えた後はダートの上り道。斜度はそこそこあり、ちょっとでもタイヤを空転させちゃうと足がつきそうになるので、慎重なペダリングで上って行きます。

 

サタジュク塾長佐多さんアテンドで埼玉のトレイル走行 一休み

ダートの上りも一段落し、ここから本格的な下りルートに突入。一休みして呼吸を整え、下り用にシートをベタ下げにします。近々ドロッパーポストを入れるので、その手間も無くなるのですが。

 

サタジュク塾長佐多さんアテンドで埼玉のトレイル走行 バニーホップするサタさん

下るにあたり、いつでもファイアークラッカー(岩や倒木などの障害物に意図的にタイヤをヒットさせ、その反発で軽く飛ぶバニーホップのテクニックの1つ)が決まるように、下りルート入り口に付近の岩で飛ぶ感覚を研ぎ澄ます「サタジュク」の主催者である佐多さん。26インチホイールのPRODUCTION PRIVEEのSHANに乗っています。

 

そしてすぐに下りスタート!前回のトレイルよりハードな木の根っこドロップは少なめですが、序盤はそこそこハードです。

サタジュク塾長佐多さんアテンドで埼玉のトレイル走行 コーナリングするサタさん

このルートを走り慣れている佐多さんは超絶に速く、後ろから付いていってもすぐに視界から消えてしまいます。

 

サタジュク塾長佐多さんアテンドで埼玉のトレイル走行 バニーホップ・ファイアークラッカーするサモ

自分はと言えば、さすがにトレイル2回目で序盤から目や身体が慣れてきているので、隙きあらばバニーホップやファイアークラッカーを駆使して飛び走りました。

 

今回、croMOZU275でトレイルを飛び走ってみて気が付いたこと。

 

・下りの最中でも高さ20cm程度のバニーホップなら意識せずともできる

・岩や倒木、根っこをファイアークラッカーで飛ぶと飛距離や高さは倍以上

 

飛んで気をつけなければいけないのが着地点と着地してからのルート。ちょうど着地点に障害物があるとパンクや転倒に繋がりかねないので、着地面の状況やその先のルートがどうやっているかを意識して飛ぶ必要があるのです。

恐らくトレイルの走行に慣れれば慣れるほど、上記の注意点の対処法が身につき、空中にいる時間が増えていくんじゃないでしょうか。

 

正直トレイルでバニーホップしながら飛び走ることは「余計な動き」とも言えますけど、トレイルをただ走るだけじゃなく、縦の動きと浮遊感をMIXすることによって、いわゆる「フロートレイル」を走る感覚に近づけるのでは?なんて思ってしまいました。

 

サタジュク塾長佐多さんアテンドで埼玉のトレイル走行 一休み2

下って上って下って上って〜を繰り返して一旦一休みし、水分補給を行います。前回よりも自分のイメージする走りに僅かに近づけて、楽しさがこみ上げてきている最中でしょうか。

 

サタジュク塾長佐多さんアテンドで埼玉のトレイル走行 バニーホップするサタさん

みんなでトレインしながら倒木を飛んでいくのはとても楽しい!佐多さんのファイアークラッカーの高さが良い感じ。ストリート練習がまんま山の中でも活きています。

 

サタジュク塾長佐多さんアテンドで埼玉のトレイル走行 バニーホップするマキシマさん

続いてマキシマさんのファイアークラッカー。

 

サタジュク塾長佐多さんアテンドで埼玉のトレイル走行 バニーホップする高杉さん

tksgさんもファイアークラッカー。彼はついこの間まで上り好きのロードバイク乗りで今日が初トレイルでしたが、頻繁に「スマイルバイクパーク」に通ったり、ストリートトリック練習をしていたことが功を奏し、難所の数々を初見ですべてクリアー!佐多さんやマキシマさんを驚かせていました。

 

サタジュク塾長佐多さんアテンドで埼玉のトレイル走行 バニーホップ・ファイアークラッカーするサモ

また、今後バニーホップを駆使して飛び走る際に大活躍しそうなのが、空中で方向転換する動きです。左右どちらにも振って飛び走れると、縦+横の動きが生まれて絶対に楽しいハズ!これはちょっと意識して練習してみよう。

 

サタジュク塾長佐多さんアテンドで埼玉のトレイル走行 マキシマさん

そんなこんなで、みんなで落ち葉サクサクのトレイルをたっぷり堪能し、この日のライディングはお昼前に終了したのでした。

 

サタジュク塾長佐多さんアテンドで埼玉のトレイル 記念撮影

集合した駐車場に戻る途中に見つけた河原で記念撮影。佐多さん、マキシマさん、今回のアテンド、本当にありがとうございました!今回も最高に楽しかったです!

 

サタジュク塾長佐多さんアテンドで埼玉のトレイル  水切りをするサモ

みんなで水切りもして遊びました。44歳のオッサンがこんなのですみません。

 

今回のガッツリとしたライディング写真は自分が、雰囲気っぽい感じの写真はtksgさんが撮っています。tksgさん、写真の提供本当にありがとうございました!

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*