Riders-Diary

29インチフルサスバイク KONA PROCESS 153 AL を河原で乗ってみた

先日購入したばかりの29インチフルサスオールマウンテンバイク KONA PROCESS 153 Mサイズ を多摩川河原でガッツリ乗ってみました。できるだけ多く乗り込んでバイクの挙動に慣れるために。

多摩川河原ダートコース KONA PROCESS 153 AL

本当はトレイルに行って乗りたかったものの、昨日たくさん雨が降ってしまったので断念です。(路面保護の観点から)

 

多摩川河原ダートコース KONA PROCESS 153 AL ファイアークラッカー バニーホップ

そんな訳でいきなり縁石を使ってファイアークラッカー(前後輪を意図的に障害物に当て、その反発を使って軽い力でバニーホップするテクニック)をしてみました。このバイクでこのトリックに慣れておけば、いざトレイルに行っても木の根っこや倒木、岩などの障害物を使って飛ぶことができますし。

ところがどっこい、croMOZU275だと簡単に高く飛べるのに、29フルサスバイク KONA PROCESSだと反発が吸収されちゃってなかなか高く飛ぶことができませんでした。

 

多摩川河原ダートコース KONA PROCESS 153 AL ファイアークラッカー バニーホップ

どう頑張っても鋭角的に上に伸び上がる動きがイマイチで、バニーホップで高さを出すことができません。一方でビヨーンと飛距離が出るのが不思議だったり。

 

他にも色々試してみたので下の動画をご覧ください。途中でカメラのバッテリーが切れたためカッティーズしているシーンは無しですが、そこそこやりやすかったです。

冒頭の土手の斜面の登りシーン。このバイクになって恥ずかしながら初めて登り切れました。しかも楽チンに!呼吸の乱れ無し!

この土手の斜面はcroMOZU275だと荷重配分に注意してペダリングしないとフロントが浮いちゃう斜度なのですが、このバイクだとホイールベース長いので雑にペダリングしてもフロント浮かないし、おそらくトレイルだと路面の凸凹も簡単に乗り越えて行っちゃうので、余計楽チンだと思いました。

ローからまだ2枚歯が残っているので、トレイルのさらなる激坂でも登れる気がしますね〜。

 

そんなこんなで色々と試してみた結果として、29インチフルサスオールマウンテンバイク KONA PROCESS 153 Mサイズは登りは大得意ということが分かりました。本当に疲労無く、今までは無理と思っていた斜面も登れてしまいます。

その一方で、飛ぶことが苦手なのは間違いありません。上の写真では一見飛んでいますけど、地形を活用したとしてもcroMOZU275と比較すると、かなり頑張ってこの程度の高さです。

とはいえ結局のところ、バイク(フレーム)の設計思想が違うので、そこは比較しても仕方がないところなんですね。それぞれ得意分野があるということで。

 

何にしても、早急にトレイルに行ってこのKONA PROCESS 153で走り回ってみたいと思います。

 

 

今日の朝活BIKE&FISH。KONA PROCESS 153に初めて乗って行きました。

多摩川河原ダートコース KONA PROCESS 153 AL

まー、家から本当に近所なので、わざわざこのMTBで来ることなかったのですが!

多摩川河原 BIKE&FISH マルタウグイ

そして、45分間釣りをすると、定番の50cmオーバーのマルタウグイが。

多摩川河原 BIKE&FISH マルタウグイ

婚姻色(魚体に走るオレンジのライン)がかなり薄くなってきていて、産卵が終わり海に戻る時期が近づいていることが分かります。

多摩川河原 BIKE&FISH マルタウグイ

こちらのマルタウグイなんて婚姻色はほぼ消えていますね!

ああ、もう数日でマルタウグイは来年までお預けになるのでしょうか?寂しくなるなぁ。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*