Riders-Diary

29インチフルサスバイク KONA PROCESS 153 AL でトレイルを走ってみた

今日の午前中はトレイルで29インチフルサスオールマウンテンバイク KONA PROCESS 153 Mサイズ に乗ってきました。

トレイル KONA PROCESS 153 AL

苦手なジワジワ長くてツライ登りと、短いけど凄まじく斜度のある登りの2つを座ったままクリアできてビックリ!しかも体力的に余裕な状態で。

このバイク、登りのポテンシャルは本当に高くて、体力が続く限りどこまでも走っていける気がしましたね。

 

下りも29インチホイールのフルサスということで、普通ならドン引きの高さのある木の根っこドロップが連続して続くセクションも、あまり恐怖を感じることなく難なく走ることができました。

トレイル KONA PROCESS 153 AL ファイアークラッカー バニーホップ

ただし、croMOZU275みたいにトレイルをピョンピョン飛び走るのは苦手なようです。他に人っ子一人いない山奥のトレイルで試行錯誤を繰り返しましたが、写真に映っているバニーホップの高さで精一杯でした。

 

トレイル KONA PROCESS 153 AL ファイアークラッカー バニーホップ

croMOZU275ならぶっ飛べる下りの木の根っこでのファイアークラッカーも、幾度となくフロントアップの加減を調整したり、リアでの踏切のタイミングをズラし試したものの、数十センチしか宙に浮きません。

 

トレイル KONA PROCESS 153 AL ファイアークラッカー バニーホップ

でも、これはそもそもバイク(フレーム)の設計思想が違うので仕方がないですね。KONA PROCESS 153はダートを飛び走ることが目的でなく、登りも下りも安定してクリアーすることが目的なのですから。

そんな感じでおよそ3時間、1人で黙々と走っては要所要所でバイクの挙動を試し、を繰り返しました。それはそれでとても楽しい時間だったなぁ!

 

一方、croMOZU275の良さもすんごく分かって、次に組む時のパーツ選択の参考にもなりましたね。

croMOZU275 4th

サタジュク塾長佐多さんアテンドで埼玉のトレイル走行 バニーホップ・ファイアークラッカーするサモ

というか、croMOZU275に早く乗りたくなりました。トレイル内でのバニーホップのしやすさ、飛び走りやすさが段違いです。新バージョンの完成はまだかー?(泣)

 

何にしてもKONA PROCESS 153を買って良かったです。レンタルバイクとか知人のを少し乗せてもらったりのちょい乗りじゃ、ここまでハードに扱えないし、細かい挙動とか分からなかったですから。

 

 

トレイルの帰り道、練馬・板橋・埼玉、和光市のマウンテンバイク・BMXのプロショップ「AST(エーエスティー)」に寄りました。

MTB&BMX PRO SHOP AST エーエスティ

先日、納入させていただいたakaMOZUフレームとエンマフォーク Type.Nが早くもお客様にご購入いただきまして、既に組み上げられて納車されたのです。

ASTにakaMOZUとエンマフォークを購入し組み上げたお客様

技のやりやすさにお客様がとても喜んでいたと聞いて、こちらも本当に嬉しかったですね。

そんな訳で、今回は新たにakaMOZUフレームとエンマフォーク Type.Nを納入させていただきました。

ASTにakaMOZUとエンマフォークを納入しに来たサモ

お客様の写真と自分の写真はASTよりご提供いただいた物です。ありがとうございました!

 

akaMOZUフレームとエンマフォーク Type.Nは「AST(エーエスティー)」で現物をご覧いただけますので、ぜひお店に足をお運びください。ASTのスタッフの皆様は全員ガチでMTBに乗っているライダーであり、たっぷりの実績もありますので、フレームを組み上げを依頼される場合も安心です。

akaMOZU launching

 

ENMA FORK Type N エンマフォークタイプN

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*