Riders-Diary

チューブレスタイヤは回転系トリックに使えるのか:検証2

台風一過で猛烈に暑くなってきた多摩川河原の公園でcroMOZU275 5thに乗ってFORMOSAのカーボンホイール+TERRENEのチューブレスタイヤという組み合わせが回転系トリックに使えるかどうかの検証を行いました。

croMOZU275 5th 多摩川河原サイクリングコース

 

今回は低速バニーホップ180にトライ。リアホイールの空気圧は前回よりわずかに少なめの2.4bar。平地のタイル路面という条件。

動画の中で最初に上手くフロントが上がらず一眼デジを撥ねてしまったのは、ここしばらくバニーホップ180はもう一台の愛車であるSHAKA24でしかやっていなかったので(BMX並かそれ以上に回転系がやりやすい)、フロントアップの感覚が全然違くてタイミングをミスったためです。カメラ、無事で良かった…!

その後すぐに感覚を取り戻し、とりあえずバニーホップ180を30回くらいやり続けたけどホイールに問題無し!以前のcroMOZU275 4thと比較して、5thは前後チューブレスのため軽く明らかにバニーホップ180が容易でした。本当に27.5インチホイールMTBとは思えないバニーホップ180のやりやすさです。

次はもっと着地の衝撃がハードな速いスピードからの180にトライしてみようと思いました。

 

 

昨日の朝活BIKE&FISH。台風の影響で多摩川が凄まじい濁流になっていて川岸に立つのも危険な状態なので、釣りは置いておいて河原の新しい地形を探してバニーホップ。

croMOZU275 5th 多摩川河原サイクリングコース バニーホップキャンキャン

良さげなギャップでしたが、アプローチにベンチが2基置いてあってそれを避けるためにスピードが乗らず、気持ちよく飛ぶことができませんでした。結果、中途半端なバニーホップキャンキャン。

これ以上トライするとおNEWのスポーツサンダルが崩壊しそうなのと、クランク(RACEFACE ATLAS)の角が素足に当って痛いと判明しました。次からちゃんとスニーカー履いてやります。

 

その後、濁流を尻目に河原を散策していると、流れが緩く足場も安全そうな水門の際を発見。そこに魚が避難しているんじゃないか?と攻めたところ…

多摩川 朝活BIKE&FISHで釣れたナマズ

まさかのナマズ60cmがヒット!最初は「え?何でこんなところにいるの?」なんてビックリでしたが、激しいファイトを制して無事ランディング。いやー、絶対今日は釣りにならないと思っていたから、それだけでもう大満足です!

多摩川 朝活BIKE&FISHで釣れたナマズ

釣れたナマズのサイズを測るために27.5インチホイール(外径約700mm)に当ててみる図。こうして順調に魚臭くなる愛車croMOZU275 5thなのでした…(汗)

 

 

その夜は、スマイルバイクパークで知り合ったライダーご家族のお誘いで、息子と一緒にナイト・トレイルライド&カブトムシ捕りに。

息子と一緒にナイトトレイルライド&昆虫採集 カブトムシ

そこはマニアックなスポットだけに大量のカブトムシが!全部捕るのははばかれるので、カブトムシのつがいと、コクワガタのつがいを1組ずつ捕獲!大事に育てます。

そうそう、今回走ったトレイルは、結構、木の根っこが激しいルートでしたが、14インチのヨツバサイクルに乗った息子は意外と問題無く走っていけることが判明。今度、他のトレイルにも連れて行って優しいルートを走らせてみようかな…

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*