Riders-Diary

MTBストリート動画リレーVol.07 -by Dirty

第7夜。
今夜はダーティことダテツヨシさんによるご紹介。
実はダテさんには直接お会いしたことはないのですが、僕がまだ中高生の頃のTUBAGRAや660SSのWebサイトで拝見していた画面の向こう側の存在なので、一方的にに昔から知っていたライダーの一人。
あんまり微に入り細に入り書いていくとまた恥部を責め立てたと言われちゃいそうなので、人物紹介はこのあたりにして、さっそく映像の紹介にいきましょう。

 

ダテさんにご紹介いただくのは、Fabio Wibmerの”Israel Is My Playground“。
今回もしっかりコメントいただいておりますので、そちらもお届け。

えっ? 俺がっ? そんな感じが否めないダーティーことダテツヨシです。ただ、TUBAGRAさんとはカレコレのお付合いですし、ここはひとつお応えしようかと。

今回、私が推すのはファビオ・ヴィブマーの最新動画。年始に公開されたばかりのモノをあえて。感じてほしいのは「景気の良さ」

冒頭、MTBと美女をヨットにのせて美しい街へ。ストリートライドで少し怒られたりするけれど、街は彼を受け入れている様に美女らがスレ違いざまに微笑みを返してきます。そしてMTBの本質でもある美しい自然とのセッションも欠かしておらず、なにより彼のシュっとした容姿が終始眼福モノ。

そう、現実がフィクションを超えてきた今だからこそ、こんな「景気の良い夢」を進んで摂取すべきだと考えるのです。頑張ったら俺にもワンチャンあるかも! つってね。

彼のサクセスストーリーと合わせて、良き夢物語を妄想しましょう。

以上となりますが、動画リレーのバトンをわたす相手がおりません。名古屋市内から古びた漁村に引きこもって4年ともなるとね… それではkaiくん、繋ぎなおしよろしくです。

 

すっかり見入ってしまう、さすがのレッドブルアスリートといったライディング。
ライディングだけじゃなくて美しい街並みや美女たちなんて本当に眼福の極み。
ダテさんが書かれている通り、街が自転車やライダーを受け入れてるこのラフであったかい雰囲気が最高です。
やっぱり炎上大国日本じゃこういうふうにはいかないですもんね。

中盤以降の自然地形を活かしたフッテージなんて過去のNWDシリーズを彷彿とさせるようなDVDレベルの映像ばかり。
それがYoutubeで無料で観られるなんて良い時代になったものです。

それにしても美女と美しい中東の景色の数々—
現実は緊急事態宣言でも、おかげさまで今晩は良い夢を見ることが出来そうな予感。

 

さて、期せずしてバトンは僕の手元に戻ってきました。
今度は誰にお願いしようかな、そんな贅沢な悩みを味わいたいと思います。

皆さま明日もお楽しみに!

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

2 Responses to “MTBストリート動画リレーVol.07 -by Dirty”

Kai君と伊織君の動画観たいです!kai君と伊織君の相反するライディングスタイル最高です!是非ともお願いします!

ありがとうございます!タイミングを見計らって、昔の僕らの映像も紹介しますね!

コメントは管理人の承認の後に表示されます。表示には時間がかかる場合があります。

*