Riders-Diary

過去一番 乗車率が低かったサタジュク・アテンド・トレイル

今回のサタジュク・アテンド・トレイルはハードでした。ライディング内容がハードなのは過去に何度もありましたけど、今回は別のハードさでした。

サタジュク トレイル 担ぎ

上の画像の通り、ルートの登りの斜度があり過ぎて、バイクを担いでの登りの頻度が高く、MTBにまたがって走る「乗車率」がもっとも低かったのです。

バイクを担いでひたすら急斜面を登っている最中は、「MTBに乗りにきたハズなのに何故こんなことをしているんだ?」と自問自答してしまうほど。

 

サタジュク トレイル 担ぎ croMOZU275

とはいえ、担ぐのも慣れるとそれはそれで面白いのです。実際、MTBを降りてから2秒でこの担ぎの大勢に移ることができ、かなりの距離を担ぎ歩いても殆ど疲れません。

 

数少ない乗車できる区間も下の画像の有様。

サタジュク トレイル croMOZU275

ご覧の通りの木の根っこ地獄。それでも平然と下りていくサタジュク塾長の佐多さん。croMOZU275に乗られています。

 

サタジュク トレイル

ご近所MTBライダーの森山さんの下り。かなり安定していますね。

 

サタジュク トレイル

古参のサタジュク塾生マキシマさんの下り。別のセクションでは根っこに弾かれて急斜面を5m滑落しましたが、幸い怪我は軽度でした。

 

サタジュク トレイル croMOZU275

自分の場合。ゴツゴツの岩、縦横無尽に走る根っこでブレーキしても勝手に滑り落ちて行きますが、そんな状況でも狙ったルートをトレースしてスムースに下り走れた時の感動と言ったら!

 

サタジュク トレイル croMOZU275

根っこ地獄も、飛び走りに全振りしているジオメトリのcroMOZU275でもテク次第で余裕で走ることができます。

 

サタジュク トレイル 集合写真 ソメイヨシノ 桜 満開

都心〜麓では既に桜は散り始めていますが、トレイル中にある桜はちょうど満開でした。今年一番キレイな桜+MTBの写真が撮れたかも!

 

 

先日の夕方、息子やkoMOZUライダーのカイト君たちとナマズ釣り。

多摩川 河原 ナマズを釣った叶大

何とか息子は55cmくらいを釣り、カイト君は残念ながら目の前でバレ。カイト君、次回は鬼フッキングしましょう。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*