SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

kai MTB Street no Susume

お久しぶりです、
子どもでもないのにプール熱くらってバッドな今日この頃なカイです。

 

さて、本日は学問のすゝめならぬ、
MTBストリートのすすめのお話を。

ikstreet

でも、その前にまずMTBストリートってなんぞやと。
人によって様々な定義があるでしょう。
で、僕個人の定義としては「MTBを使ってストリートで技をすること」
そうです、ストリートって名乗るからにはやはり街とは不可分であるべきです。

 

翻って、僕を含めて現在の国内シーンは?
MTB公園?
MTB広場?
MTB駐車場?
MTB河川敷?
責任ある立場にある大人のライダーが多いMTBストリート界隈、
道交法等の自転車を取り巻く様々な問題、
これらを考えれば乗るフィールドが固定化されるのも仕方ないのかもしれません。
それに公園も駐車場も広義ではストリートの範疇かもしれませんが…

 

更にここ数年常々思っていることが。
kaibwhip
我がTUBAGRAを含め国内の多くのmtbストリートライダーが平面で乗りすぎじゃありませんか?
バニーホップは僕らを3次元のラインに誘う様々な使い方・遊び方があるのに、
身体やバイクへダメージを与えるばかりの刺しバニーにのみ傾倒してしまったり…

いつもと同じで変化のない所で乗るばかりでは、応用力は培われません。
いざ別の場所でトリックを決めようとしても路面のグリップが違って出来ない、
なんて冗談のようなことが起きてしまうかもしれません…

 

さて、ここでMTBストリートのすすめへと話を戻します。
街路で乗る事を勧めること自体が非難される昨今ですが、
批判を恐れず敢えて言いたいと思います。
街でも乗ろう。と。
僕らは再びMTBストリートの本質に立ち返ってみるべきです。

ioriwalk
最初は技はしなくても大丈夫です。
でも想像力を働かせて、
あそこならこう乗れるなとか、
こういうライン取り面白そうだなとか、
そういったことを考えて街の中を走るだけで楽しく乗れると思います。

 

kaimanual
少し慣れてきたら、近所に買い物に行くついでにストリートしましょう。
ちょっとした段差をバニーホップで上り下りしたり、
白線の上だけバランスを取りながら走ったり、
アスファルトの色の違うところだけマニュアルで流してみたり。
つまりバニーホップとマニュアルさえできれば、ストリートは楽しめるのです。
そしてストリートを流す上で、バニーホップは高さなんかよりも精度が大事です。
こうした動きが山などでのライディングへも良い影響をもたらすはずです。

 

kaibbar
180やバースピンなどのトリックはこうした動きがある程度出来て、
自転車のコントロールについてある程度理解した上で練習し始めるといいのではと。
そうすれば身体もバイクも必要以上に壊さず、且つスムーズにトリックを会得できると思います。
勿論、他のスポーツと違って、好きな順序で好きなことをやっていいのがこのジャンルの醍醐味ですから、
「なにがなんでもまずバースピンだけやりたいんだ!!!!」って人はこの限りではありませんけど。

 

フリースタイルと呼ばれるこのジャンル、様々な楽しみ方があっていいと思います。
だから前述のように仲間とどこかで集まって乗ることも楽しみ方の一つだと思いますし、
僕はそういったノリが大好きです。
でも、それだけでは気づけないリアルな技術や楽しみがきっとたくさんあります。
ジャンルとしてストリートの名を冠するからには、クローズド空間でバースピンや180を練習するだけではなく、
BMXライダー達のようにそれをどうストリートで活かせるか考えることも大事なのでは?

たまにはみんなで夕涼みがてら街中を流してみてはいかかでしょう?

では!

kai SND*S003.5

どうもKaiです。

相変わらずの不定期更新…どうかご勘弁を。
どうしても近況報告は手軽なSNSに流れがちです。

とはいえ、自転車だけはきちんと乗っていました。
tbblog1
撮影中の伊織です。こういうときは真面目。
tbblog2
空の色が素敵だったので撮ってみました。
tbblog3
伊織はわざと錆させているみたいです。トップチューブは身体で擦れてしまうため上手く錆つかないんだとか。

 

映像のほうはいつもSND*SのInstagramにアップしています。
ここ数年の国内のEditの減少傾向も仕方ないなと思えてしまうほど、
さらっと撮影してSNSへアップするのってお手軽楽チンです。

でもタイムラインから流れてしまったら、
もうほとんど見返されることのないフッテージはもったいないですし、
発信という面でも、ちゃんとYoutubeやVimeoにあげる作品を作るべきだなと思います。
そんなわけでインスタにあげていた動画を再編集して一つにまとめてみました。
お蔵入りしてた昨年の映像もついでに入れてみたので是非ご覧ください。

SND*S004は夏くらいに出せるといいなと思ってますがさてどうなることやら。

 

ではまた!

kai SQUADBMX in Yuriage

こんにちは、Kaiです。

先週末で6度目の3.11を迎えました。
僕は幸運にも家族や友人を失うことはありませんでしたが、
それでもこの日を迎える度に様々な思いが湧きあがってきます。

今年も3.11にあわせて、
関東からSQUADBMXの皆さんが宮城県名取市の閖上に駆けつけてくれました。
まずは映像をご覧ください。

SQUADBMXは震災の翌年にBMXプロライダーのOPJさんを中心に
東日本大震災の復興支援のために結成されたチームです。
チャリティーグッズの販売やイベントで得た収益を義捐金として被災地に届けたり、
被災地でのショーを通して多くの人々に笑顔になってもらえるように活動しています。

 

僕も数年前から仙台近辺での活動には協力させていただいていましたが、
今年は伊織も含めてSND*Sとして、チャリティーショーへ参加してきました。
tb-IMG_0064_2
日本一のスーパーキッズやプロライダー達という錚々たるメンバー。
tb-IMG_0219
tb-IMG_0246
地元仙台のライダー達も皆の笑顔のためにライディング。
tb-IMG_0086_2
tb-IMG_0185_1
tb-IMG_0149_1
会場を盛り上げるために僕らも負けじと乗りました。

そしてショーの定番、生贄跳び。
tb-IMG_0322
久々に8人なんていう人数を飛びこし、
笑顔と歓声に包まれながら、ショーを無事に終えることが出来ました。

 

こうした活動を震災から6年経った今でも継続しておこなっていることは本当に凄いことだと思います。
特に毎回先頭に立って多くライダーを連れて来て下さるOPJさんや、
現地での調整を一手に引き受けてくださった873さんには感謝してもしきれません。
今後もこのような自転車を通して多くの人に笑顔を届ける活動には積極的に関わっていけたらと思います。

tb-IMG_0388
※写真はすべてSQUADBMXのフォトグラファーのタフマンさんより頂きました

kai The Roof Sendai × Street MTB

どうもKaiです。
あけましておめでとうございます。
今年も乗って撮って頑張る所存です。よろしくお願いします。

 

さて、それでは新年一発目のSND*Sの活動をご紹介。
先日、自転車でお世話になっている先輩が運営しているThe Roof Sendaiで撮影をおこなってきました。
P1060037
tb-blog-roof
The Roof Sendaiは仙台駅前にあるビルの屋上を利用したイベントスペースです。
正式なサービスの開始は今春を予定しているそうですが、
自由でクリエイティブな利用方法を提案するための一つの例として、
mtbやbmxとのクロスオーバーを試みることに。

 

撮影に際して、お馴染み元TUBAGRAライダーの伊織も再びmtbへと復活。
tb0121-iori
僕が過去に乗っていたPeanut26を貸しています。
自分のフレームが直るまでの間に合わせの仕様ですが。

組み替えてすぐにピッタリのセッティングを見つけたらしく絶好調でした。
P1060204
tb-blog-nohand
バニーホップでもこんなに深く抱え込んで手を離せるとは…。

 

撮影班で行った僕も伊織に撮ってもらいました。
kaibar
いつものバースピンです。

 

そして今回の撮影で撮りたかったキービジュアルがこちら。
tb-blog-hifi
笑顔で手と手をあわせて、つながりを広げられる場所になるようにというメッセージを込めてみました。
そして撮影の様子をまとめた映像がこちら。

みんなでワイワイ撮影して楽しい一時を過ごすことが出来ました。

 

今年はここでSND*Sとしてイベントを打ったりできたらなと思っています。
アイディア次第で様々な利用をできる場所のようですので、
仙台近郊にお住みの方はぜひ利用を検討してみてください。

 

ではまた!!

kai 2016→→→2017

どうも、Kaiです。
気づけば大晦日、一年が過ぎるのは早いですね。
皆さまはどんな年末をお過ごしでしょうか?

さて、毎年恒例の一年間の振り返りを。

僕はTUBAGRAに加入して、2年目となりました。
tb-blog3
サモさんや他のチームメンバーが関東に拠点に活動していることもあって、
なかなか一緒に乗ったり、撮影したりすることは出来なかった昨年を反省して、
今年は自分達で発信していくことを目標に活動してきました。

 

tb-blog2
春にカメラを購入し、そこから一年かけて周辺機材やレンズも買い足して、
サモさんに頼りっぱなしにならないで自分達で撮影を行える環境づくりを目指しました。
撮影に関しては、まだまだ分からないことだらけですが、
SND*Sとしていくつかビデオを制作して、
発信していくことができたことは今年の成果の一つだと考えています。

まだ現時点では発表されていませんが、
TUBAGRAを発信するプロジェクトの進行の中核に関わらせていただけたことも印象深い出来事のひとつでした。
従来のTUBAGRAのイメージとはまた違った魅せ方を模索していくきっかけにもなりました。
来年以降につながる良い方向性を打ち出すことができたと思っています。
このあたりはきっとサモさんからまた別にポストがあるんじゃないかと!

 

そしてライディング面。
tb-blog1
今年は新しく出来るようになった技がたくさんあります。
ここ1~2年の練習が一気に実ったといったイメージでしょうか。
ただそれ以上に今年は自転車に乗る時の意識を変えることが出来たことが大きかったです。
技を”どこで使うか”、”どう繋げるか”、”どう見せるか”といったことを考えながら乗ることが出来るようになって、
今までよりも少しだけ自分で満足のいくルーティンが組めるようになってきました。
これもきっと来年以降に繋がる良い収穫だったんだと思っています。

 

というわけで今年お世話になったたくさんの方々、本当にありがとうございました。
2017年もどうかよろしくお願い致します!

では皆さん、良いお年をお迎えください!!

kai SND*S003

どうもKaiです。
今日は我がSND*Sの数年ぶりのナンバリングエディットをご紹介します。
調べたら、001002は2012年でした…まさかの4年ごしの作品になるとは。
今年の3月頃に昔のように自分達で再び映像を撮ることを決意して撮影を開始しました。
…が、初夏に公開予定だったものが怪我やマシントラブルで遅れに遅れ、年の瀬の公開となりました…。

今でも十分にカメラのことを理解できているとはいえませんが、
スチール的な知識、映像的な知識を周囲のフィルマーやフォトグラファーの方から学んだり、
自分達で様々な設定や手法を吟味しながら
手探りで撮影を進めたこの一年は今後につながる貴重な時間だったと思います。

編集をしていて「今ならもっとブレずに上手く撮れたのに!」とか
「あっちのアングルの方が良かったんじゃ…」「設定や露出が…」なんて思うカットも多々あるんですが、
その時にその場所で出来る限りの撮影をした成果の連続がこの作品だと思うので、
僕らSND*Sの一年の成長の軌跡として暖かい目で観てもらえれば幸いです。
ではどうぞ!


Starring
Kai
Iori

Filmed by
Kai
Iori
Yusei
Markun

Edited by
Kai

Supported by
TUBAGRA

Special Thanks
fool & the gang.
Sure Clothing Store
930
Raga Muffin
RidinG aMok
SCSS
All Sendai Locals

kai Fallish JAM

どうもKaiです。

 

先週末は秋田県は横手市のスケートパークで行われたFallish JAMに参加してきました。
14711989_1145805235485725_5346026427047215104_n
横手ローカルの高校生bmxライダーである一徹が地元横手を盛り上げようとスケーターたちと共に企画主催。
東北を根城として好き勝手しているSND*Sとしてはそんな趣旨を聞いたら盛り上げに行かないわけにはいきません。
仙台ローカルのbmxライダーと一緒に極寒の横手に乗り込むことになりました。

 

出発の朝、早速いつものごとく遅刻をメイクの伊織さん。
今回はマシントラブルでshakaに乗れないためbmxでの出動。
横手へ到着して、寒さに驚愕して、顔が死んでました。
tb-fallishjam02
冗談抜きにこの装備でも芯まで冷える気候でした。

 

 

さて、そうこうしているうちにオーリー&バニーホップコンテストが開催。
和気あいあいと皆が自分の跳べる高さに挑戦しつつ、バーの高さがあがっていきます。
結局いつものごとく、最後は僕と伊織の一騎打ち。
寒さのせいかお互い記録がまったく伸びず、伊織が1mを跳んで優勝。
tb-fallish06
思えば昨年のOYA-Z以来のバニコンでした…
酒ばっかり飲んでないでちゃんと練習しようと伊織と二人で反省しました。

次はジャム形式のコンテスト。
制限時間内にいかに魅せるライディングができるかというシンプルなもの。
tb-fallishjam04
tb-fallishjam01
やっぱりジャムは楽しいですね、ほかの人のランが刺激になって、自分も攻めることができます。

 

その甲斐あってか、ジャムでは久々に優勝することができました。
表彰式やその後のジャンケン大会もローカルの仲の良さが伝わる素晴らしいものでした。
tb-fallishjam03
余談ですが、相変わらず伊織はみなにすぐ顔と名前を覚えられるほど騒ぎまくっていたため、盛り上げ大賞を受賞してましたね…

 

最後に、参加者と運営したスタッフみんなで写真を撮りました。
tb-fallishjam05
訪れた先でいろいろな人とお話しすることができて、つながりを広げることのできるこのようなカルチャーは最高だと思います。
そして、こういったスポーツの人口が少ない東北において、積極的に動いてイベントを開催してくれた一徹に本当に感謝です。
SND*SもそしてTUBAGRAもこうした地方のイベントを応援していますので、なにかやるときはご連絡くださいね!

 

では!

kai SND*Sの今

日本のストリートmtbのチームと言えば関西を拠点とするKNS.Loが有名ですね。
過去には他地域にも様々なチームやクルーがあったと記憶していますが、現在も精力的に活動を続けているところはどれくらいあるのでしょうか。

ご多分にもれず、我がSND*Sも精力的に活動しているとは言えません。
ここ数年はやめることもなく細々と活動を続けているような現状です。

伊織は元TUBAGRAライダーで、現在は僕がお世話になっています。
つまり、このTUBAGRAともなかなか長いお付き合いをさせていただいてることになります。
僕も伊織もShakaフレームを使用していますし。
もはやチームとしてサポートし続けていただいているような状況と言っても過言ではありません。

さて、そんなSND*Sですが、今年に入ってからはわりと真面目に活動しています。
といっても飲むのがメインですが…
特に最近は伊織がmtbに再び目覚め、映像の撮影も再開しています。

Kaiさん(@kai_snds)が投稿した動画

こちらはInstagramにあげていた伊織の没カットです。

 

この週末は隣県にある寒河江スケートパークで乗ってきました。

このブログをご覧になられている方にはOYA-Zジャムの開催地といったほうが伝わるでしょうか。
なぜかこの日は日曜にも関わらず、パークがガラガラで練習と撮影をのびのびと行うことができました。

iori-table-blog

伊織のインバート。 突然閃いた!と騒ぎだしたと思ったら90度以上寝かせられるようになっていました。
逆足なんですけど、なぜ出来るんでしょうか。

kaiiiinv

僕もやってみましたが、やはりこの技は苦手です。 立てて肩をいれるフォームに憧れます。

 

関西の某重金属な人と仲良しの山形ローカルのシゲさんも駆けつけてくれました。
北海道へ遠征に行ってたみたいです。羨ましい…NSPの草原さんと乗りたいです。

Kaiさん(@kai_snds)が投稿した動画

ライディングもクラッシュもハードになってました。

 

僕も少し撮影してきました。没カットですが、どうぞ。

Kaiさん(@kai_snds)が投稿した動画

そんなわけで、今年のSND*Sは飲むだけではなく乗ってもいるので、いずれ映像もちゃんと出したいと思ってます。お楽しみに!
と思ったら伊織がマシントラブル…どうなることやら…助けてサモ社長!!笑

ではまた!!

kai Rehab

どうもKaiです。
SNS等で見て、知っている人もいるかもしれませんが、3週間ほど前にライド中に転んで、救急車で運ばれました。
ハーフキャブテールウィップで足をやっつけました…
結果的に大したことのない脱臼でしたが、ご心配をおかけしました。

さて、受傷後は腫れが酷く、乗れない日々が続きました。
ある程度乗れるかな?という段階になっても今度は悪天候で乗れず…
そんなわけでこの連休に本当に久しぶりにShakaに乗ることができました。

ケガの後なので、あまり攻めたことはせず、安全に乗ることを心掛けてバーやウィップは封印。
意外にそれらを使わないライディングも楽しかったです。
新しいことはほぼしていませんが…
映像も撮ってみたので、お時間がありましたらご覧ください。

クレジットのスペルが間違っているのは秘密です、アップロード後に気づきました。

では、また!

kai jogo de bicicleta

どうも、Kaiです。
先日のポストで、次回はライディングを!と言っていましたので、今回は映像作品を。

 

僕の投稿ではお馴染みのfool & the gang.(fatG.)の93noさんと一緒に4月に仙台ローカルのライダー達を撮った時のeditが公開されました。
今回は僕と伊織のSND*SとfatG.とのダブルネームでの作品ということもあって僕も撮影側として参加させていただいております。
動画撮影のことをマジメに調べて勉強し始めた頃ですね、いまも分からないことだらけなんですが…笑

 

さて、今回の作品、タイトルもクレジットもあえてポルトガル語。
タイトルの意味については気になった方に調べていただくとして…
今回の撮影をメインで行っていただいた93noさんは編集にあたって、こんなメッセージを込めているみたいです。

—-地球の裏側、ブラジルの公用語であるポルトガル語。
日本人の僕らにとっては、あまり馴染みがないけど、
あえてそれを使うことで、“無国籍感”を表現したかった。
国籍不明、人種も不明、言葉もよくわからないけど、チャリは僕らの共通言語。
そう考えれば、もはや国境なんて意味がない—-

 

前置きがちょっと長くなりましたが、まずは皆さん、ビールを片手にご覧になってみて下さい。
そして少しでも自転車に乗りたくなってもらえたら作り手の一人として最高に嬉しいです。

Um filme de fatG. e SND*S

capítulo I
KEIRYO
RYUSEI
MARKUN
capítulo II
OKAWARI
REI
AYUKAZU from AIZU
GIN
TAKEDA
capítulo III
YUSEI
IROI
AIZAWA
KAI
FUKU

música
alguns dos a batida brasileira
copyright pertence ao artista

apoiado por
TUBAGRA
930BMX
MK
POTATO BMX
FUNKY TAKEDA CLUB
SCSS
agradecimentos especiais
ING
873 (930BMX)
SENDAI NISHIKOUEN JUNIOR BMX SCHOOL
AYUKAZU.JP
AIZAWA FAMILY
KUDO FAMILY
LIFETIME
SURE CLOTHING STORE
em seguida, alguns amigos!
director, filmagem, edição
KUSANO
filmagem, foto ainda
KAI
produção
fatG. e SND*S
Copyright © 2016 fatG. e SND*S

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2017 by Street MTB Team TUBAGRA