SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo 携帯ジャンプランプの試し飛び動画を作りました

今回TUBAGRAで販売するポータブルジャンプランプ(仮名)試作品の試し飛び動画を作りました。

近所の強風吹き荒れる河原で30分で撮った内容で雑ですけど、27.5インチホイールのcroMOZU275でもこんなことができると分かってもらえれば。

 

 

先日、近所の河原に20年前から使い続けている携帯ジャンプランプで練習しようとkoMOZUライダーのカイト君(小1)を誘いました。

多摩川河原 ヨツバサイクル カイト君 携帯ジャンプランプ X-UP練習

カイト君にはエアートリックの基本技の1つX-UPのやり方を伝授。koMOZUには長いハンドルバーが付いていて物理的にX-UPが難しい状況だったので、ヨツバ14を使って実践してもらうと、90度はハンドルを回せるようになりました。

 

多摩川河原 カイト君 携帯ジャンプランプ バニーホップ SHAKA24

X-UP練習後に私のSHAKA24に乗ってみたカイト君、ジャンプランプにトライ。普通に飛べていました(汗)

 

多摩川河原 カイト君 携帯ジャンプランプ バニーホップ SHAKA24

さらにバニーホップにもトライ。上の画像の木の枝を飛び越していてビックリ!そんな小さな体格なのにできちゃうんだ…!!

 

ウチの息子もSHAKA24に乗ってみました。同じ小1のカイト君と比較して身体がかなり小さくとてもバニーホップできそうもないですね。

多摩川河原 叶大 SHAKA24

あと、改めてSHAKA24の特異なジオメトリが分かります。まるでMTBらしくない。※だからこそアクション系の動きが大得意!

 

SHAKA24に乗って調子よくした息子、ついにカイト君のお父さんが乗るakaMOZUにも乗れるようになりました!

多摩川河原 叶大 akaMOZU

現在の息子、一度できるようになったバニーホップがどこかに行ってしまいましたが、今はこんな感じにMTBに乗ること自体が楽しそう。ここで無理にバニーホップ練習を強要するのではなく、ひとまずMTBに乗る楽しさを満喫してもらった方が良いかなーと思いました。

 

 

息子を学童に迎えに行く30分前、最近の日課になっているマルタウグイ調査をするも未だに姿は見えず。例年なら既に釣れているのですが。

多摩川 シーバス メタルバイブレーション

代わりにシーバスが釣れました。本来は嬉しいハズが、今回は本命がマルタウグイだったので、ちょっと残念な感じ。人間って贅沢ですね。

samo TUBAGRAで販売予定の携帯ジャンプランプの試作品を見てきました

先日、今度TUBAGRAで販売することになった携帯ジャンプランプの試作品をチェックしてきました。

携帯ジャンプランプ ポータブルジャンプランプ
携帯ジャンプランプ ポータブルジャンプランプ

仕上がりはかなりキレイで良いです!

 

携帯ジャンプランプ ポータブルジャンプランプ

裏面の補強もバッチリで、ジャンプの際のたわみ、歪みなどはなさそう。

数週間テストしてから販売に持ち込みたいと思います。

 

そして翌日、早速、大きな公園にジャンプランプを持ち込み試し飛びをしてきました。

試し飛びはヨツバサイクルのミナト君、TUBAGRAライダーのリュウ君、koMOZUライダーのカイト君などキッズ達にやってもらう予定が、まさかの大人たちに刺さったようで、初めての回転系に目覚める人が続出!

これだけ「上達」が分かりやすく目の前で展開される機会はそうないですね。

こんなに攻められたのも、この携帯ジャンプランプの効果でしょうか?

 

 

キッズ達はジャンプランプよりも「その場」の地形を活かして飛んでもらいました。

ヨツバサイクル ミナト君 バンクバニーホップ

わずかなバンクを利用したバニーホップ。ヨツバサイクルのミナト君(小3)。

 

koMOZU カイト君 バンクバニーホップ

上達スピードが半端ないkoMOZUライダーのカイト君(小1)。

 

koMOZU リュウ君 バンクバニーホップ

バニーホップの高さが半端ない最年少TUBAGRAライダーでkoMOZUライダーのリュウ君(小2)。

 

 

それと、先週は岡安製作所に行き、仙台在住で現在は福島のしんちパンプトラック管理人のTUBAGRAライダーkai君オリジナルフレームを受け取ってきました。

岡安製作所 kai君 pMOZU パンプトラック用MOZU

詳細な紹介はKai君本人からあると思うので割愛しますが、今までのTUBAGRAっぽくない要素てんこ盛りのフレームとなっています。どんなバイクに仕上がるか本当に楽しみ!

 

 

 

先日の朝活BIKE&FISHはスポットに着いて「こりゃ駄目だろ」と諦めるくらいの凄まじい強風。

朝活BIKE&FISH シャッドで釣れたクロダイ

それでも風が弱まる瞬間を狙って何とかキャストを繰り返していると、ガツンと凄まじいアタリ、ファイトからの今期最大53cm!!

samo ウィルバイシクル大崎店長アテンドトレイルライド

昨日は神奈川県相模原市にあるMTBプロショップ WillBicycle(ウィルバイシクル)の大崎店長アテンドでトレイルライディングをしてきました。

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド

今回は参加メンバーがとても豪華。

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド 影山輪業 難波江さん

影山輪業横浜杉田店の難波江店長。

 

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド フォレストバイク 須藤さん

小田原フォレストバイクのMTBインストラクター須藤さん。

 

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド croMOZU275

そしてeMTBのSPECIALIZED Turbo LEVO SL Comp Carbonで参加した自分です。

 

今回のトレイルでは写真のようなライディングが多く、正直LEVOではなくアクションが大得意なcroMOZU275で来れば良かったと後悔。

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド 影山輪業 難波江さん

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド フォレストバイク 須藤さん

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド

大崎店長の奥様もかなりハードなライディングをサラッとこなされていました。登りもガンガン来られて凄いです。

 

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド croMOZU275

croMOZU275ならもっとかっ飛べたのになぁ…などと思いながらLEVOで頑張る自分。

 

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド croMOZU275

こういったシチュエーション、本当にcroMOZU275が大得意なので、次からは絶対にcroMOZU275で来ようと思いました。

 

一通り乗った後、みんなで集合して記念撮影。

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド

濃いメンツで会話も昨今の自転車界隈の裏話全開で刺激的でした(汗)

 

今回、小田原フォレストバイクのMTBインストラクター須藤さんの乗るバイクはおろしたてのニューバイク。

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド フォレストバイク 須藤さん MONORAL チタンバイク

国内チタン製MTBフレームを製造・販売しているMONORAL BIKEです。とても軽くてビックリ!

 

 

今回の潮回りでのバチ抜けはバチが多い割に魚が少なくて苦労したなぁ…

多摩川 バチ抜けシーバス エリア10 エリテン

足元から食いあげてきてビックリしながら釣り上げたシーバス74cm!釣れて良かった…(T_T)

samo レイクロッジヤマナカキャンプ場に行ってきました

昨日・一昨日と山中湖にあるキャンプ場「レイクロッジヤマナカキャンプ場」に毎月恒例の家族キャンプで行っていました。

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 croMOZU275

キャンプ場に着いてすぐ、croMOZU275で湖畔を軽やかにサイクリング… のハズがタイヤがズブズブめり込み殆どCXの砂浜走行練習に。かなり疲れました。

 

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 croMOZU275

山中湖にあるレイクロッジヤマナカキャンプ場は、元々は筑波大学の施設(寮)で、それを改装して作られています。

 

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 croMOZU275

ラグビー場が広大なキャンプサイトになっていたりと面白い作り。

 

キャンプ場には至るところに松ぼっくりが大量に落ちているので、息子と一緒に拾い集めて焚き火をしてみました。

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場

すると一瞬で勢いよく燃え上がり、大量の松ぼっくりがすぐに炭に。網を置いて息子は大好きなハンバーガーを炙り、外側(バンズ)をパリパリにして美味しそうに食べていましたね。

 

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 MAZDA CX-5

冬は極寒となる山中湖にどうして来たのかと言うと、冬キャンプのため購入した石油ストーブ「TOYOTOMI レインボー」の効果を確かめるため。

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 TOYOTOMI 石油ストーブ 灯油ストーブ

結論から言うと、パワー不足でした!

テント内はどう頑張っても8℃止まりで(外は比較的暖かい方で-2℃くらい)吐く息は白いまま。ストーブに触れそうなくらい近寄らないと正直寒いです。

やはり薪ストーブの温かさには敵わなかったか…!

 

レイクロッジヤマナカキャンプ場の朝。

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 MAZDA CX-5

分かっちゃいたけれど世界がキンキンに凍っていました。カチカチになった地面を歩くたびにパリパリ音がします。

 

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 croMOZU275 koMOZUプロト

自分のcroMOZU275と息子のkoMOZUを見るとタイヤの表面に氷が付いていますね。

だけど何故か275のフロントタイヤだけ凍ってない。何故だ?と考えたら…BIKE&FISHで毎日の釣った魚の体液が付いているからか!

 

キャンプ場に来たらできる限りMTBで飛べる場所を探すのですが、今回は敷地内の奥にある林の中へ。

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 croMOZU275 ファイアークラッカー バニーホップ 斜め刺し

ちょうど良い切り株があったので、そこをバニーホップ+斜め刺しでクリアーしました。

って、正直刺しが浅くて深く入るまで繰り返したかったのですが、早朝のためとにかく寒くて身体が動かないのと、他の方のテントとの距離が25mくらいとそれ程離れていなく、数トライして迷惑になる前に撤収。

そりゃあ目が冷めたら近くでMTBが何度も飛んでいたら驚かれちゃいますからね。あー、でもガッツリ深く入れたかったなぁ!

 

MTBで軽くキャンプ場内を散策してテントに戻ってきたら、霧が出て辺りが真っ白になってしまいました。

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 MAZDA CX-5

まるでサイレントヒルみたいな光景でとても幻想的!

 

それと今回、キャンプ場のチェクインをした際、受付スタッフの方から「これからダイアモンド富士が見られますよ!」という情報を教えていたえだき、家族で見に行きました。

ダイアモンド富士とは、富士山頂上と太陽が重なって生じる時期限定の光学現象です。

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 ダイヤモンド富士

足がズブズブ沈んで歩きづらい山中湖湖畔をヒーヒー言いながら1km以上歩いて行って撮れたのがこの写真。うーん、手前の雲がなければ…!

 

ダイヤモンド富士は少々残念な結果に終わったのですが、綺麗な富士山と山中湖を背景に、息子の元気なジャンプをする写真を撮りました。すると…

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 富士山 叶大

水面から飛び出たズゴック、みたいになりました(汗)

 

ダイヤモンド富士を見るために湖畔を1km行き(往復2km)、キャンプ場への戻り道で息子が慣れないウインターブーツで靴づれになり歩行困難になったので、久しぶりに息子を肩車することに。

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 富士山 叶大

数年ぶりの肩車は懐かしさと、重たくなった息子の成長を感じることができて良かった。

 

そんなこんなで山中湖にあるキャンプ場「レイクロッジヤマナカキャンプ場」とてもアリ!また遊びに行きたいと思います。

 

 

今朝のBIKE&FISHは「今週はよく釣れたので今日は別に釣れなくてもいいか」と言う無欲スタイルで攻めたら「え、そんなところから?」と食ってきた重たいファイトの50.5cmが。

朝活BIKE&FISH シャッドで釣れたクロダイ

2日連続「年なし」は嬉しいけど運を使い果たしそうで怖い。おごらず慎重に行こう。

samo スマイルバイクパーク最近のプライベートレッスンの傾向

ありがたいことにスマイルバイクパークでのプライベートレッスンを定期的にいただいております。

近頃のレッスンの傾向として、MTBを体験してみたいという親子やお子さんたちへのダート走行の基礎的なものから、バニーホップやジャンプのコツ、パンプトラックやスラロームを更に速く走るためのテクなど詳細なものと、二分化しているように感じますね。

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

今回レッスンを受講された方も、バニーホップのコツとスラロームのコーナリングを教えて欲しいというご要望でした。

 

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

この方は29インチのフルサスバイクに乗られているので、ダイナミックな荷重移動からのフロントアップと、独特な踏切のタイミングが必要になり、そのやり方をレクチャー。

 

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

スラロームは安全マージンをしっかり持った、スムースなライン取りとブレーキングポイント、そして効率的な練習方法をレクチャーさせていただきました。

 

レッスン終わりに自分の少しスラロームコースで練習。

スマイルバイクパーク SBP croMOZU275 スラロームコース

どんどんバームが高く厚く育っていて高速で走っても飛び出る心配がありません。この作業を行っているのは常連ライダー(ここまで来ると殆どスタッフ?)の須藤さん。本当に感謝です!

 

先日、ヨツバサイクルのミナト君にノーフットのやり方を伝授したら即メイクされてしまったので、

オッサンの威厳を見せなくては!と、大人気なくも4連ジャンプを全部ノーフット入れて飛んでみました。まさかの1発メイクでテンションぶち上がり(汗)

 

 

極寒の早朝BIKE&FISHは知人と珍しくダブルヒット!

朝活BIKE&FISH シャッドで釣れたクロダイ

上のシーバスが知人が釣ったもので、下のクロダイが自分です。とても厳しい状況が続いていましたが、たまにはこんなご褒美があると本当に嬉しい!

samo 金土日のことをまとめて

金曜日

TUBAGRAライダーYAMATO君にウチの近所まで来てもらい、某自治体から依頼された動画撮影。その合間に少し河原で乗ってもらいました。

多摩川河原 YAMATO croMOZU275

croMOZU275での土手ドロップワンフットバームロール?

 

続いてSHAKA2 26に乗ってのGターン。

分かる人には分かる、フロントブレーキレス、サスペンションフォークで行うという超高難易度トリックです。(通常はフロントブレーキとリジッドフォークを使って行います)

 

そんなYAMATO君の近影を愛車であるSHAKA2 26と共に撮影。

YAMATO SHAKA26

こういったライダーとMTBが一緒に写っている写真を撮るのも見るのも大好きです。

 

 

土曜日

終日スマイルバイクパークで3件のプライベートレッスンを行いました。

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

バニーホップを習得したい9歳の男の子。

 

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

パンプトラックをより早く走りたい7歳の女の子。

 

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

もともとガッツリMTBで走られていて、今回eMTBを初めて体験してみたい女性。

 

1日3件のプライベートレッスンを行うと心身ともに疲れ果てますね。

 

 

日曜日

昨日に続いて2日連続スマイルバイクパークでプライベートレッスン。

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

MTBをガッツリ楽しみたい親子に基礎からパンプトラック、スラロームコースまで安全かつスムースに走れる内容をレクチャーしました。

 

レッスンの後に遊びに来ていたライダーの撮影を少し。

スマイルバイクパーク SBP ミナト君 ヨツバサイクル

ヨツバサイクルのサポートライダーミナト君のワンフット。

 

スマイルバイクパーク SBP ミナト君 ヨツバサイクル

同じくミナト君のナックナック。この後、ノーフットのコツを伝授したら、私が帰った後にキレイにメイクしたとのこと。

 

スマイルバイクパーク SBP 鈴木雄大君 MOZU24

スマイルバイクパーク常連のMOZU24ライダー鈴木雄大君のナックナック。

 

スマイルバイクパーク SBP コッシー君

そして同じくスマイルバイクパーク常連ライダーコッシー君のワンフットテーブルトップ(インバート)。

常連ライダー達もさらに上達しようと新しいエアートリックにトライしています。

 

一方、ウチの息子も久しぶりにスマイルバイクパークに来て飛び走った訳ですが…

スマイルバイクパーク SBP 叶大 koMOZU

久しぶり過ぎて見事にテクニックが劣化していました!もっと頻繁に連れてこないとな…(汗)

 

 

BIKE&FISHはお馴染みクロダイをシャッドで。

朝活BIKE&FISH シャッドで釣れたクロダイ

このシャッド、近所に住む知り合いのオリジナルだったりします。オリジナルルアーで釣ると嬉しさがハンパない!これは癖になりますねぇ。

samo 24インチのMOZUが売りに出ています

とても状態の良いMOZU24フレームor完成車が売りに出ているので紹介します。

以下、オーナーの方のコメントとなります。

===========================

6年ほど前に購入し、ストリートライドやダートジャンプで使用していたMOZUです(冬季は積雪のため、乗車してません)。

MOZU24インチ 中古販売 売りに出ています

・MOZU 24インチ
・ヘッド:インテグラルヘッド(カンパ・ヒドゥンセット)
・BB:ユーロタイプ/シェル幅68mm
・リアハブ規格:BMX対応(110mm/14mm)
・ブレーキ:Vブレーキ装着可(Vブレーキ台座が下向き)
・購入後、地元塗装屋さんで、パウダーコート塗装(シルバー)し、その一年後にシャーシーブラックを自家塗装
・ヘコミ、クラックなし
・自家塗装は、所々剥がれがありますが、パウダーコート自体は大丈夫です。

 

乗り始めから6年ほど、毎年乗ってますが、まだまだ乗れると思います。

MOZU24インチ 中古販売 売りに出ています

このフレームは、規格が特殊ですので、ご希望があれば写真のパーツ構成としてもお売りいたします。

主なパーツとしては

・24インチフロントホイール:(リム:ダートムーア、ハブ:シマノ・セイント)
・24インチリアホイール:(リム:ダートムーア、ハブ:プロファイルレーシング・コグ9T・レフトドライブ)
・スポーク:CNスポーク イオンコート(パープル)、2㎜
・フォーク:FUNNの20㎜対応リジットフォーク
・DMRカルトクランク
・2インチライズ、Blkmarktクロモリハンドル
・フロントブレーキ:Avid、リアブレーキ:Shimano DXR(タイオガ ウレタンパッド)
・ペダル:SHIMANO DX
・サドル:タイオガ:スパイダー(ピボタル)

 

フレームのみは、44,000
自転車全部では、130,000

===========================

以上となります。

ご興味のある方はお問い合わせよりご連絡ください。オーナーの方の連絡先をお伝えしますので、直接やり取りしていただきます。

よろしくお願いします!

 

samo 久しぶりにkoMOZU乗りのカイト君が遊びに来てくれました

一仕事が片付いたので、近所の多摩川河原でcroMOZU275に乗ってバニーホップ。近頃またマイブームのストレート刺しです。

多摩川河原 croMOZU275 ストレート刺しバニーホップ

自撮り撮影機器、なかなか癖があって狙いの瞬間にシャッターが切れないですが、今回は珍しく10回目くらいのトライでキッチリ腕が伸びた瞬間が撮れました。

久しぶりにサドルの先端がバイザー裏に刺さってちょっとビックリ(汗)

 

倒れている樹木超えバニーホップも。

多摩川河原 croMOZU275 ストレート刺しバニーホップ

草が生えて凸凹の土手だと27.5インチホイールでも走りづらく、なかなかスピードが乗らなくてアプローチで苦労しました。

 

そして、koMOZUに乗るカイト君がこちらの近所の河原に久しぶりに遊びに来てくれました。

多摩川河原 koMOZU カイト君 バニーホップ

前回会った時よりもバニーホップが軽快になっています。しばらくサボったことでバニーホップがどこかに飛んでいったウチの息子と大違いでスゴイ!

 

多摩川河原 koMOZU カイト君 バニーホップ

土手の小さなバンクを使ってのバニーホップも。もっと斜面を上手く使えるようになれば、さらに高く遠く飛べるようになると思います。

 

koMOZU01
カイト君も乗るキッズ用アクションライドフレームkoMOZUのマットクリアーカラーは即納可能です。詳細はこちらをご覧ください。

 

そこで今、練習中のバニーホップ180を見せてくれました。いくつか問題点があって、それを指摘に改善してもらったら…

理想的なカタチで回りました!これはかなりスゴイ!!まだ小学校1年生の7歳なのに!!

あとはフェイキーやハーフキャブも並行して練習すれば完全メイクですね!
こういった回転系トリックは、サイズの小さいヨツバサイクルを上手く活用すると効果的に習得することができますよ。

 

 

バチ抜けシーバスは相変わらず釣れています。

多摩川 バチ抜けシーバス エリア10 エリテン

場所によっては爆釣して数時間に10匹以上釣れている人もいますが、自分が攻めるスポットはそこまで魚は濃くなく、何とか1〜2匹釣れている程度。でも、こんな寒い時期に魚がルアーでコンスタントに釣れる自体ありがたいことです。

samo 今年初の小田原フォレストバイクでのMTBインストラクター業

緊急事態宣言や雨天でなかなか開催できなかった、今年はじめての小田原フォレストバイクでのバニーホップやジャンプの基礎講習をこの度行うことができました。

講習前にちょいとウォーミングアップ。

小さな木の根っこをキッカケにファイアークラッカーをし、数メートル先の斜面をバックサイドに見立ててノーズダイブしています。このように着地をすると衝撃が少しもありません。

 

午前中はバニーホップ基礎講習です。

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

最初は平地でバニーホップの仕組みを伝え、カタチを覚えていただきます。

 

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

倒木などを活用したバニーホップの応用テクニックであるファイアークラッカーも習得していただき、その後はフォレストバイク内のコースで実践的なトライをして完了。皆さん、凄いスピードで上達されていました。

 

続いて午後はジャンプ基礎講習。

小田原フォレストバイク ジャンプ基礎講習

最初はワンメイクジャンプを使って正しくジャンプするテクニックを習得していただきます。

 

それが安定してできるようになったら次は連ジャンにトライ。

小田原フォレストバイク ジャンプ基礎講習

ノーズダイブを習得し、3連ジャンプを飛べるようになっていただきます。

 

小田原フォレストバイク ジャンプ基礎講習

最後は他の来場者と一緒にジャンプセッション!ジャンプの魅力を思い切り感じていただきフィニッシュ。

 

今回の午前のバニーホップ、午後のジャンプ講習で50代後半のこの方の上達っぷりが凄かった!

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

小田原フォレストバイク ジャンプ基礎講習

バニーホップやジャンプはほぼ未経験だったのに、すべて理想的なカタチにまで上達。

聞けばMTBのトレイルライディングのテクは相当とのこと。基礎がしっかりある方は凄いですね!

 

 

その翌日、スマイルバイクパークでプライベートレッスンがあったので行ってみると、先日降った雨が凍結し、それが暖かい日差しで溶けて路面がグチャグチャになっていました。

スマイルバイクパーク SBP croMOZU275 泥だらけ

スマイルバイクパーク SBP croMOZU275 泥だらけ

スマイルバイクパーク SBP croMOZU275 泥だらけ

自分のバイクは前後輪にビッシリ濡れた泥がつまりまともに回らなくなります。もちろん生徒さんのバイクも同様で、しかも路面もツルツル・ヌタヌタなため、こんな日に焦ってレッスンをしても滑りやすくて危険過ぎる、という観点から延期させてもらうことに。これは仕方がないですね。

 

 

近所を流れる多摩川は、ようやくバチ抜け(ゴカイやイソメなどが産卵で大量に水底から這い出て来る)のシーズンとなりました。1年にこの時期だけ、それらのバチを捕食しようと東京湾中のシーバスたちが川に上ってきます。

多摩川 バチ抜けシーバス エリア10 エリテン

バチを捕食するシーバスは、ある特定のルアーを使うと比較的簡単に釣れ、他の季節にはないお祭り気分を味わうことができます。

できるハズなのですが…

なかなか調子が悪くて1日1〜2匹程しか釣れません。

 

多摩川 バチ抜け クロダイ エリア10 エリテン

そして今回、まさかのクロダイもバチ抜けパターンで釣れてビックリ。こんなことあるんですね!

samo TUBAGRAライダーAKIRA君のニューバイク[akaMOZU]を撮ってきました

TUBAGRAライダーAKIRA君がダート用にakaMOZU 2nd WHITEを組んだので、今日は幕張まで撮影をしてきました。

幕張 AKIRA君 akaMOZU 2nd WHITE

いただき物のパーツで組んだと言う割にはとてもまとまった見た目となっています。

幕張 AKIRA君 akaMOZU 2nd WHITE

とはいえ、まだポジションが固まっておらず、今回ライディングの撮影はオマケというか、慣らしの状態を撮らせてもらうことになりました。

幕張 AKIRA君 akaMOZU 2nd WHITE トボガン

AKIRA君の得意技であるトボガン。慣れないポジションでもここまで深く入っていますね。

幕張 AKIRA君 akaMOZU 2nd WHITE トボガン

トボガンはフロント下がりで、リアタイヤの後ろ側にお尻が刺さるくらいがカッコイイと思います。

 

トボガンの動画はこちらになります。

AKIRA君、今日は撮影ありがとうございました!

 

 

冷たい土砂降りの中バチ抜け調査BIKE&FISH。

多摩川 バチ抜けシーバス エリア10 エリテン

Workmanイージスの上にレインジャケットを羽織り、下半身はウェーダー履いて基本的な防水は完璧なものの、通常の防寒グローブは一瞬でズブ濡れとなり指先の感覚が消失&激痛。

そんな状況でまさかの1匹。

本当にキツい。もっと楽に釣りしたい(泣)

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2021 by Street MTB Team TUBAGRA