SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo 次に欲しいMTB用スニーカーを考える

今朝もバリバリ雨天だったので、Mont-bellのレインウェアを着込んで近所の多摩川河原のバンクで遊びました。

写真はバンクでテイルタップをしているところです。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 2nd 26 多摩川河原サイクリングロード 朝練バンクでテイルタップ

YAMADORI 2nd 26ならブロックタイヤとディスクブレーキで滑らず乗れてイイですね!

さすがにこの雨だと、普段人通りが激しい河原のサイクリングコース沿いにあるこのバンク(通称「朝練バンク」)も人がまばらで、今回のようなストロボを使った撮影をしても何の問題もありませんでした。いつもこんな感じだったら良いんだけどなぁ…(晴れてたら女子高生とかバンバン通るから、とてもじゃないけど一眼デジを使った自撮りができない)

 

川は昨日に続き相変わらず増水・白濁でまったく釣りにならず。そうこうしている内に、チリ中部沖地震の「津波警報」が河原に鳴り響いたので急いで帰宅。まぁ、ほとんど影響は無かったようですけどね。

 

TUBAGRAライダーKai君のTwitterで、比較的新しいBMX用シューズブランド Almond Footwear がまだ日本に入ってきていないことを知りました。

Almond Footwear

Almond Footwear

デザインやカラーはベーシックで落ち着いていて格好良く、ペダルとの相性で大事なソールパターンも考えられて作られているので、非常に興味があるところですが、日本でBMX用シューズとなるとマーケットが小さすぎるので、おいそれと代理店が日本に持ってくるのはリスクがあるのかも知れません。

 

新しいMTB用スニーカー、そろそろ欲しいな。

去年に3足別々のモデルを買って試したサーフシューズブランドのSanukは、力の抜けたデザインと、ペラペラなのに意外とクッション性の高いソール、そしてガシガシ水洗いができる素材で、釣りですぐに足元が泥まみれになる自分には最適でした。

Sanukのスニーカー

こんな生地がペラペラなスニーカーですけど、耐久性も高くて依然として3足現役です。

が、新しいモデルになるとさらに力の抜け具合が加速し、MTBで使うにはちょっと違うかも… となってきたのも事実。新しいソールパターンもペダルに合わなそうだし。

 

そうなると、次は元祖BMXシューズブランドのLotekを再び買おうかな?

Lotekのシューズ

去年買ったLotekのスニーカーはアッパーとソールの接着が剥がれて早々に壊れてしまったのですが(有名なトラブルだったらしい)現在はすでに改善されたということなので。

 

ホント、次はどのブランドのスニーカーにしようかしら。

VANSのHalfcabは大好きですけど、スケートボーダー時代に10足以上履きつぶしたし、新鮮味がありません。

VANS Halfcab

死ぬ間際になったらコレに戻るかも知れませんが、さすがに今は別のスニーカーで楽しみたいですね。

 

先日3年前のインタビューを紹介したサム君ことSam Pilgrimの新しい動画をどうぞ。

Sam Pilgrim – Nine Knights Epicness

samo 彼岸花が満開の多摩川河原とRIPPLEラグランTシャツ

朝起きると雨音が普通に聞こえてくるくらい土砂降りの雨の中、Mont-bellのレインウェアを着込んでYAMADORI 2nd 26にまたがり、朝活BIKE & FISHに行ってきました。

今日は家から4km先の多摩川河原のスポット(釣り場)に行ってきたのですが、今回の雨で先週に負けない程の増水&濁流となっており、ロッド(釣り竿)をセットすることなく移動。次に向かったスポットは、重たいテトラが先週の濁流で流されて川岸の地形が変わっているくらいの惨状で、釣り糸を垂れてもまったくアタリ無し。

こんな状況なので今日は釣りは諦めて家に戻ることにしました。その途中、土手で満開になっていた彼岸花がとても鮮やかだったので、YAMADORIと一緒に撮影。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 2nd 26 多摩川河原サイクリングロード 彼岸花を背景に

本当は彼岸花がもっとキレイに見えるように凝った写真を撮りたかったのですが、この時は雨が激しく降っていて諦めました。次の機会に「彼岸花+MTB」の写真をキレイに撮るぞ!

 

昨夜会社から帰宅すると、名古屋方面の勢いある若手ダートライダーのKazoo君から荷物が届いていました。開けてみると、何とウチの息子用の、RIPPLEラグランTシャツが入っていました。(RIPPLEはKazoo君のプライベートブランド)

Kazoo君、ステキなプレゼントを本当にありがとうございました!早速、息子に着せてみると…

Ripple ラグランTシャツを着た叶大

サイズが大きすぎたー(泣)まるでワンピースみたいになっちゃっています。

まぁ、それでも数年経ったら着れるようになるかな。子供の成長は早いですし。

 

そんなRIPPLEラグランTシャツを奥さんに着てもらったところ… これがジャストサイズ!!

Ripple ラグランTシャツを着た奥さん

そんな訳で、Kazoo君より送っていただいたRIPPLEラグランTシャツは、しばらくはウチの奥さんが着ることになりました。

Kazoo君、本当にありがとうございました!

 

自分の愛車MAZDA CX-5は今年の年始?にマイナーチェンジをし、フロントグリルのデザイン、イメージが最近のDEMIOやCX-3に近くなりました。

マイナーチェンジ後のMAZDA CX-5

僕のCX-5もこのグリルに変えたいです。

正直に言ってしまうと、僕が乗るマイナーチェンジ前のCX-5で一番気に食わない点がフロントグリルです。なーんか細かいデザイン処理が格好悪くて、そのイメージを変えようと、ボンネット側にケンスタイル(Kenstyle)ボンネットガーニッシュを装着したりと、色々と試行錯誤を繰り返しているものの、根本的な解決にはなりませんでした。

サモのMAZDA CX-5

それで調べてみると、マイナーチェンジ後の新しいフロントグリルに変更できるキットがMAZDAから出ているらしく、一刻も早くそれに変えたくなりました。

値段にもよりますが、本当に早く変えたい!!奥さんの許可は…得られないんだろうなぁ。こっそり変えるか!(たぶん気づかない)

samo 朝活BIKE & FISH、そしてCHILDCARE

今日も朝5時半に起きて近所の多摩川で朝活BIKE & FISH。

BIKE… まずはSHAKAに乗って、OYA-Z BMX JAM 2015対策でグローブ着けてバニーホップバースピンとバニーホップロックウォークをセットで練習。

バニーホップロックウォークは90%くらいのメイク率で一安心。

MTB マウンテンバイクSHAKA 多摩川河原サイクリングロード バニーホップロックウォーク

路面の滑らかな寒河江スケートパークなら、さらに安定して決まることでしょう。

ただし、バニーホップバースピンのメイク率が酷い。3回やって1回程度しかメイクできません。

MTB マウンテンバイクSHAKA 多摩川河原サイクリングロード バニーホップバースピン

止まりそうな遅いスピードでやればメイク率は上がりますが、道路のラインを飛び越すようなスピードでやるとメイク率はダダ下がりとなります。

結局、今日だけで何回バニーホップバースピンをしたでしょうか?1時間くらい延々続けていた気がするけど、大して上達した気がしない…。改めてバニーホップバースピンは難しいトリックだと思います。(その分、できた時はメチャ嬉しいのですが)

この先、今よりも多少は上達したとしても、MTBでバニーホップバースピン練習だけは継続していこう。死ぬ直前までバニーホップバースピンだけはしていたい。

 

そんなバニーホップバースピン練習をしすぎて時間がおしてしまい、釣りの時間はたったの10分。場所を移動する時間も無かったので、練習していた場所から川岸に5m歩いたスポットでハゼ釣り開始。

先週の大雨氾濫寸前から1週間近く経っているのに、依然として多摩川は水位が高く流れは速いです。そして白濁色でまったく底が見えません。

魚釣りには相変わらずよろしくない条件ですが、おかげ様でマハゼを1匹釣ることができました。小さいですが…

白濁の多摩川で釣れたマハゼ

出社まで時間も無いしで、このハゼ1匹で納得して帰宅。そろそろスモールマウスバスを釣りたいな。

 

家に戻って息子の世話と、家族の朝食と自分の弁当を用意し、シャワーを浴びて出社。

朝食のパンにガブつく叶大

天気予報を見ると、明日からまた雨なんですよね。そしたらYAMADORIか。

samo 3年前のSam Pilgrimへのインタビュー

今朝、自分のfacebookをチェックしたら「3年前の今日」という過去のエントリーが掲載されていました。そこに表示されていた写真がコレ。

Sam Pilgrimのインタビュー

MTBダートジャンプ・スロープスタイルの世界的トップライダーの1人、Sam Pilgrimと一緒に写っている写真です。

TevaがMTBシューズのラインナップを引っさげて日本で展開するレセプション的パーティが表参道で行われ、当時、ありがたいことに自分も招待されたんですね。そして、ファッション系WebマガジンEYESCREAM.JPからサム君へのインタビューを依頼され、それを行う直前に編集の方に撮ってもらった写真です。(ライティングやカメラの設定は自分がやりました)

そして、その数日後にEYESCREAM.JPにインタビュー記事が掲載されるハズでしたが、このインタビューを担当した編集の方に何かがあったようで(その時以来まったく彼の消息を聞いていないので分からない)、結局陽の目を見ること無くお蔵入りになっていたのでした。

とはいえ、もう3年経っているし、Tevaはバイクカテゴリから撤退しちゃったし(ソールは最高に良かったので大ショックだった)、このインタビューでは特に守秘義務みたいなものは結んでいないしで、自分が覚えている範囲で質問と回答を書いてみようと思います。

ただ、3年も前のことなので、記憶はかなり曖昧です。そして、ハッキリ覚えている内容以外は書かないようにしますので、文章のボリュームは少なめになります。そこはご了承ください。

 

・あなたの国(イギリス)、ヨーロッパ諸国のMTBへの理解度はどれくらいあるの?

「どんな町にも素晴らしいスケートパークやトレイルがあって、人々の理解度は高いと思う。スキーやスノーボードと同じくらい楽しんでいる人もたくさんいるよ」

 

・ビッグスポンサーが付いた時の感想は?

「とても嬉しいことだったけど、舞い上がらずに冷静になって、どうやって彼らにメリットあることができるか真剣に考えた。そして、他のライダーやファンの前では親しみのある人間でいようと思った」(彼の当時のメインスポンサーはメルセデス・ベンツ、モンスターエナジーなど)

 

・ビッグトリック練習の怪我対策は?

「僕もできるだけ怪我はしたくないから、危険なトリックの練習をする際はプロテクターを装着し、近所にあるレジーマット(着地がクッション性の高い素材になっているジャンプランプ)のあるパークで乗るようにしている。レジーマットではたくさん練習してメイク率を高めてコンテストに臨んでいる。Tevaのシューズはどんな着地の衝撃も吸収してくれるからとても調子が良いんだ」(当時はTevaもスポンサーだったので、しっかりシューズのメリットをアピールするのが彼らしいです)

「僕はBMXは練習に使っていない。昔からMTBだけに乗って練習しているんだ」(この部分をとても強調していたのが印象的でした)

 

・最近増えてきた650B(27.5インチ)ホイールについてどう思いますか?

(注:3年前くらいから急速に650Bホイールが普及して26インチは無くなっちゃうんじゃないか?という危機感が日本国内にあった)「うーん、あまり僕には関係無いな。僕のライディングでは26インチホイールがちょうど良いし」(サム君は「どうしてそんな質問をするのか意味が分からない」という感じでした)

 

・MTBで女の子にモテたことはありますか?(最後はモテないと的に砕けた質問で)

「コンテストやイベントには女の子もたくさんくるから、そこで仲良くなることは良くあるよ!」

 

・あなたの欠けた前歯は治さないの?

「これは僕の特徴(チャームポイント)だから、このままで行こうと思っているよ!(笑)」

 

以上となります。すみません、覚えているのはこれくらいでした。少しでも不明瞭な内容は書かないようにしています。

その時はインタビューの横で編集の人がずっとメモをとっていたから、自分で覚えておこうなんて思わなかったしなぁ…

Sam Pilgrimのインタビュー

3年経ってしまって今さら感満載ではありますが、このインタビューの内容を少しでも興味深く読んでいただけたなら幸いです。

 

 

今朝の朝活BIKE & FISHは家の近所の河原の公園で、SHAKAに乗ってひたすらバニーホップバースピンとバニーホップロックウォークをしました。

特にバニーホップバースピンはグローブを装着した状態でやりました。先日の水野君との練習で、グローブをはめてバニーホップバースピンをすると極端にメイク率が落ちることが判明したためです。(自分の場合グローブをしていると素手よりもグリップが引っかかって速く回せない)

MTB マウンテンバイク SHAKA 多摩川河原サイクリングロード バニーホップバースピン

上の写真、キャッチの左手が最悪な位置にありますが、とにかく今はグローブを装着してのバニーホップバースピンのメイク率を上げないといけません。

 

どうしてグローブを着けてバニーホップバースピンの練習をするのか?グローブが苦手なら素手のままで良いじゃん!と思われるかも知れません。

次の月曜・祭日に開催されるOYA-Z BMX JAMでは1回の自分の出番で1分くらい乗るのですが、自分はそれくらい乗り続けると決まって大量の手汗をかいてしまい、素手だとグリップが滑りまくって最後の方はバニーホップ系がグダグダになってしまいます。それを避けるため、この手のジャムやコンテストでは自分は必ずグローブを装着します。

そんな訳でグローブを装着した状態でも、素手の時と変わらないようバニーホップバースピンができる必要があるのでした。

この練習、OYA-Z BMX JAMが開催される前日の朝までひたすら繰り返す予定です。頑張るぞー!!

 

そして釣り。上の練習場所から10m川に寄った場所がスポットです。

MTB マウンテンバイク SHAKA 多摩川河原サイクリングロード

相変わらず川は濁流気味で流れはとても速く、まだまだ釣れそうな気配はないのですが、 釣りの時間10分でハゼを1匹釣ることができて満足でした。

うーん、川が平常時に戻るには、あと2日は必要でしょうか?大雨の影響は本当に大きいですね。

 

Red Bull Hardline 2015のハイライト動画が公開されていました。

もうちょっと映像が欲しいところでしたが、このダウンヒルコースのヤバさは十分に伝わってきますね。

samo OYA-Z BMX JAM 2015対策の最後のパーク練習

土日と奥さんが息子を連れて泊まり込みで滋賀県にDJしに行っていたので、自分は久しぶりに両日とも自転車に乗ることができました。

来週には山形県寒河江でOYA-Z BMX JAM 2015があるので、エントリー予定の水野君と一緒にその対策の練習を、土曜日は新横浜スケートパークで、日曜日は城南島海浜公園スケートパークで行いました。共に朝一から乗り始めてお昼前には上がるスケジュールです。

新横では練習に集中し過ぎて(とても楽しかった!)まったく写真も動画も撮らなかったので、日曜日の城南島ではちゃんと写真や動画も撮影。

バンクで斜め刺しバニーホップをする水野君。

城南島海浜公園スケートパークでの水野君のバンクバニーホップ

バンクバニーホップモトウィップをする水野君。

城南島海浜公園スケートパークでの水野君のバンクバニーホップモトウィップ

 

自分はひたすらダウンレールでのハングオーバートゥースグラインド(オーバートゥースハンガー)の練習をし、コンテストでもしっかり決まるよう、メイク率を高めることに集中しました。

城南島海浜公園スケートパークでのサモのダウンレールオーバートゥース

そんな中、3連続でレールスミスグラインドが決まったのは、嬉しいんだか、まだオーバートゥースが不完全ということが露呈して悲しいんだか…!という感じです。

城南島海浜公園スケートパークでのサモのダウンレールスミスグラインド

3連続も決まるとレールスミスを狙ってできそうですが、あえて狙うとオーバートゥースになっちゃうという不完全さ。

動画も撮ったので、どこかのタイミングで追加します。

何はともあれ、水野君と2日連続ガッツリ乗って疲れたので、お昼前にはあがりました。

 

もうコンテスト当日までパークで乗ることはできないので、今回の練習で覚悟を決めましたね。あとは平日早朝の平地練習を繰り返すのみです。

 

帰りは水野君宅の近くにあって前から気になっていたハンバーガー専門店「1010 Noel Dr.(テンテン ノエル ドライブ)」に行き、世田谷バーガー(単品550円 ポテトとドリンクセットで950円)を食べてみました。

用賀のハンバーガー専門店「1010 Noel Dr.」の世田谷バーガー

最初の一口を食べた瞬間、バンズ(肉を挟んでいるパン)が想像以上にサクサクパリパリの食感で、僕はもうそれで心を撃ち抜かれてしまいました。メチャ美味しい!!!!!巨大なパテも最後まで型くずれすることなく、この手のハンバーガーとしては以外な程、手が汚れずに最後まで食べきれました。

滅多に外食しない自分は極端に美味しさのハードルが下がっているのかも知れませんが、とにかく猛烈に美味しかったです。あー、これはまた行きたい!

 

夜、品川駅に新幹線で帰ってきた息子と奥さんをクルマでピックアップ。

品川駅に着いた息子と奥さん

たった1日会わなかっただけで、息子は猛烈なママ大好きっ子になっていました。なんか寂しいぞ…

 

明日から2週間ほど自宅をリフォームすることになったので、工事の期間、クルマを家から5km程離れた叔父の家の駐車場に置かせてもらうことになりました。なので、23時くらいにクルマにYAMADORI 2nd 26を積んで叔父の家に行って置かせてもらい、積んでいたYAMADORIで帰ってきました。

叔父さんの家にクルマを置いてきた

ちなみにこの叔父の家、10年前に建て替えられていますが、建て替える前の家で自分は生まれ育って20代前半まで住んでいました。周囲の町並みも含めとても懐かしかったです。帰りは近所を散策しながら帰ったので、家に着いたのは24時半。毎日5時半置きの自分にはメチャ眠い時間でした。

 

完全に睡眠不足ですが、キッチリ5時半に起床し朝活BIKE & FISHで多摩川へ。先日の氾濫ギリギリの時からだいぶ日数は経ったハズですが、依然として大雨の影響が残っており、多摩川は濁流で水位は高めです。

ハッキリ言って釣りなんてできそうもない状況ですが、数ヶ月多摩川に通い詰めて釣りの経験値がだいぶ高まっていたこともあり、難なく魚を釣り上げることができました。最初この見慣れない魚を見た瞬間は「初のカマツカか!?」とメチャ興奮したのですが…

濁流の多摩川で小さなニゴイが釣れた

その場でスマホで画像検索して調べてみた結果、自分が釣った魚はニゴイの若魚ということが判明。ああー釣れたのは嬉しいけど残念だー!!!!

他にもお馴染みのヌマチチブ(ダボハゼ)を釣って、十分満足して家に帰りました。

 

よし、明日からOYA-Z BMX JAMまでひたすら朝練バニーホップバースピンをするぞ!

samo YAMADORI 2nd 26のシート位置と多摩川駅近くの釣具屋クニサワ

YAMADORI 2nd 26になってシートポスト DA BOMB Cannon R Dropper Seatpostを使い出してから、トリックをする上で少々問題が発生していました。

他のドロッパーポストはどうか知りませんが、このシートポストはシートレール下のレバー付きのヤグラなどが意外とかさばり、ベタ下げにしてもそれ程シートが低くなりません。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 2nd 26

YAMADORIはトップチューブが高いことから、シートベタ下げ状態でもシートの位置は最近のMTBの中でもかなり高めです。(それが特徴で格好良いところなのですが)さらにこのドロッパーポストを使うとベタ下げでもシートの位置は結構な高さとなり、刺しバニーホップをしようとするとサドルが股に引っかかりやすくなります。こんな風に↓(赤枠内注目)

MTB マウンテンバイク YAMADORI 2nd 26 多摩川河原サイクリングロード バニーホップ

この状態でハンドルを前に刺すものなら、両足がペダルから外れてノーフット状態となり、スネざっくりしそうな危ない着地になってしまいます。

 

ドロッパーポストの使用を止め、普通のシートポストに変更すればシートの位置が3〜4cmは下がり一気に問題解消ですが、まだしばらくはこのドロッパーポストを使ってみたい…

仕方ないので、その対策として、ドロッパーポストの向きを逆にし、シートレールを調整してサドルを前に出してみました。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 2nd 26

ハッキリ言って見た目がちょっと格好悪いですけど、刺しバニーホップが封印されるよりかはマシです。

シート位置を前にしたことでシートが股に引っかかりづらくなり、この通り(↓)刺しバニーホップも普通にできるようになりました。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 2nd 26 多摩川河原サイクリングロード バニーホップ

とはいえ、この状態でも気を抜くとたまに引っかかるのですが… 頑張ってこのシート位置に慣れたいと思います。

 

多摩川駅から徒歩1分、浅間神社の手前に「クニサワ」という釣具屋 兼 雑貨屋さんがあります。昭和臭たっぷりのおんぼろな建物なので、通りがかればひと目で分かることでしょう。

多摩川駅近くの釣具屋「クニサワ」

こんな見た目ですが、基本的な釣具はすべて揃う充実ぶり。僕は最近、釣りエサ用のミミズを買いました。

ウチの親父や僕は小学校の頃から「クニサワ」にお世話になっていて、多摩川から近いので、釣りをしていて釣り針やオモリ、釣り餌が無くなったら急いで買いに走ったものです。

今では自宅から5分の場所にあるし、この調子だとウチの息子もお世話になること確実です。

多摩川駅近くの釣具屋「クニサワ」

営業時間は10時くらいから17時くらい。「くらい」が多いのは、明確な時間がハッキリしていないため。

ちなみに、この「クニサワ」。お店をやっているおばさんに質問したところ、お父様の代からやっていて、何と創業50年ということ。そりゃあウチの家族三代がお世話になるハズです。

ただし、跡継ぎがいないということで、もうすぐお店を畳んでしまうとも。

こればかりは仕方がないですね。お店が無くなるまでに何度も通いたいと思います。

 

Red Bull Hardlineという超難易度の高いコースの、Gee Athertonによる試走の動画です。見ているだけで怖くなるコース。こんなところを凄いスピードで走るワールドクラスのダウンヒルライダー達は本当に尊敬しますよ。

samo My name is mud

久しぶりに朝から太陽が出ているので、ここぞとばかりに近所の多摩川河原に乗りに行きました。路面はぬかるんでいるだろうからYAMADORI 2nd 26に乗って。

河原に着くと想像以上に路面はドロドロでヌタヌタ状態。まだ小雨が降っていて水たまりだらけだった昨日の方がサラサラしていて走りやすいくらいでした。

そんな河原なので、散歩のオジサンやランニングしている人たちはこの路面に足を取られて閉口し、その場からすぐに去っていきました。結果的に河原の公園は自分1人だけの独占状態に。

という訳で周囲に気兼ねなく「飛んでみるかー」と逆Rの地形に突っ込むためにモリモリ助走してみるも、踏切地点に到達するまでに何度もタイヤが深いヌタヌタ汚泥に埋まったり滑ったりし、シンプルなジャンプをすることさえも難しい有り様。意地で撮った1枚です。(↓)

MTB マウンテンバイク YAMADORI 2nd 26 盛土でジャンプ

あと、とにかく泥はねが酷い!バイクは一瞬でドロドロになり、身体中はもとより目や口の中にも容赦なく泥の固まりが飛び込んできました。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 2nd 26 盛土でジャンプして背中泥はねまみれ

こんな調子なので、気持よく晴れた空とは裏腹にジャンプの爽快感は皆無。

さらに、どういう訳か自分がいる近辺に蚊が大発生しておりメチャ刺され、早々に退散することにしました。上の写真を撮っている間にも、4匹くらいの蚊に足の血を吸われています。スッゴク痒い〜(泣)

 

こんな具合だと明日の河原はどんな風になるのでしょうか?今日まる1日晴れて直射日光が降り注げば汚泥は乾燥し、風で飛散するとは思うのですが…

うーん、なかなかYAMADORI 2nd 26のポテンシャルを堪能できていないな〜

 

家に戻って泥まみれのYAMADORI 2nd 26を洗車しました。さすがに乗り換えたばかりでドロドロな姿はテンション下がるので。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 2nd 26

よし!キレイになった。高めのBBがMTBとしては異質だけど見慣れると格好いい!!(注:TUBAGRAのフレームはすべてBB位置が高い)

Rui & Aguri Fine Jewelry製の初代YAMADORIオリジナルヘッドバッジ(GOLD)も味わい深くてGoodです。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 2nd 26ヘッドバッジ

明日こそはこのYAMADORI 2nd 26でたくさんバニーホップやバニーホップ180などのストリート系トリックをするぞ!

samo 多摩川氾濫… はしなかったみたいです あとiPhone6sが

深夜3時に目が覚めると、ちょうど奥さんが今週末の琵琶湖でのDJイベント用の選曲をし終わって眠るところでした。

自分もいくつか作業があったのと、今日発表された新しいiPhone6sの最新情報を見たかったのでPCを付けてみると、大雨による多摩川の水位の上昇で、東京都大田区の自分が住んでいる地域に避難勧告と、土砂災害警戒情報が出ていることを知りました。

Yahoo!の警報

こんなこと初めてだったので、心配になって外を見るも、普通に雨が降っている程度で特に変わった点は無し。

ひとまず作業を一通り済まして再び就寝。ZZzzz….

 

6時ちょい過ぎに起きて外に出てみると、雨は一応止んでいたのでYAMADORI 2nd 26に乗って多摩川河原に行ってみました。

氾濫した多摩川とYAMADORI 2nd 26

濁流状態ですが、水位は通常よりちょっと高いくらい。

 

いつもSHAKAでMTBストリート練をするスポットに行ってみると、昨晩この場所は完全に水没していたことが分かりました。

氾濫した多摩川とYAMADORI 2nd 26

川岸に恐る恐る近づいてみます。うーん、やっぱり間近で見ると川は流れが速くて凄い迫力。

氾濫した多摩川とYAMADORI 2nd 26

万が一、足を滑らせ転げ落ちて流されたら助からないだろうな… なんて自然の脅威を感じていたら、目の前を鴨の群れが普通に泳いで通過していく姿を目撃し、また別の自然の強さ・たくましさってヤツを感じるのでした。

 

こりゃあ、あと3〜4日は釣りは無理かなー?とりあえず、毎日川の様子はチェックしていこう!

 

Appleより新しいiPhone、iPhone6sとiPhone6s Plusが発表されました。この両製品、現在発売されているiPhone6シリーズと見た目は似通っていますが、スペックは大幅に向上していますね。

iPhone6S PLUS GOLD

自分は現在持っているiPhone5sを2年間使ったので、そろそろiPhone6s Plusに機種変したいと考えています。

ニュースをざっと見る限りだと今回のiPhone6sシリーズの注目点は以下の3つ。

 

・「3D Touch」ディスプレイ搭載 → 良く分からないけど楽しみ

・新色「ローズゴールド」登場 → GOLD一択なので関係無し

・カメラが1,200万画素やチップ高速化などハードウェアの向上 → ちゃんとした写真はいつも一眼デジで撮っているから関係無し

 

ぶっちゃけ、スペック的な期待は大して無く、どれ程の恩恵が新型iPhoneよりもたらされるか分かりませんが、大きなモニターでどのようにWebサイトが見えるのか、大きな筐体により所持の仕方もどんな風に変わるのか、を体験したくて仕方がありません。

初期ロットのトラブルが出尽くしてそれらの対策が施されるであろう11月くらいに機種変しようと考えています。

 

先日、叔母さんに会ってきて、息子といっぱい遊んでもらいました。息子は終始笑顔でハイテンション。

叶大と叔母さん

叔母さんには僕が息子と同じ頃からたくさん遊んでもらっているので(その頃叔母さんは高校生)、親子2代にわたって遊んでもらったことになります。叔母いわく、やっぱり僕の小さい頃とそっくり!ということでした。

samo YAMADORI 2nd 26バイクチェック

連日、こうも雨が降り続くと、いくらMont-bellのレインウェアがあっても、さすがに朝活BIKE & FISHしに行くのは億劫になります。まー、今朝も行きましたが…

とはいえ、濁流と化している多摩川での釣りはせず(さすがに危険だし、そもそもこんな状況じゃ魚は釣れない)、雨でほとんど人が通らない朝練バンクでテイルタップの練習と(ブロックタイヤとディスクブレーキで滑らなくて安心)、昨日フレームを乗せ換えたYAMADORI 2nd 26の撮影を少し行ったのみで帰宅。

そんな訳から、今朝はYAMADORI 2nd 26の写真以外ネタがないので、忘れない内にバイクチェックでも行いたいと思います。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 2nd 26

基本、フレームを乗せ換えただけなので、YAMADORI 1stの頃とそれ程変わりませんが、多少なりとも変更したところが分かりやすいように、赤字にしておきました。

フレーム:TUBAGRA YAMADORI 2nd(テストフレーム)

ヘッドバッジ:Rui & Aguri Fine Jewelry初代YAMADORIオリジナルヘッドバッジ(GOLD)

フロントフォーク:SR SUNTOUR EPIXON 26 ストローク120mm→90mm

ステム:DA BOMB Mini Me バークランプ:31.8mm 突き出し:33mm
ハンドルバー:DA BOMB Apache750バークランプ 31.8mm ライズ 1”=25.4mm
グリップ:ODI XTREME
ブレーキレバー:SHIMANO DEORE
フロント・リアブレーキ:SHIMANO DEORE 油圧ディスク
シフター:SHIMANO DEORE

サドル:charge BIKES SPOON
シートポスト:DA BOMB Cannon R Dropper Seatpost 30.9mm
シートクランプ:WOOdman DEATHGRIP 34.9mm

クランク:SHIMANO ZEE 165mm BBシェル幅83mm
BB:SHIMANO ホローテック2
チェーンリング:FORMOSA NW ring(Narro Wide ChainRing)32T RED
ペダル:DA BOMB POPSICLE(Black)

フロントタイヤ:SERFAS SWOOP 26☓2.35
リアタイヤ:SERFAS KREST 26☓2.1
フロントリム・リアリム:MAVIC XM719 DISC 32H ブラック
フロントハブ:UNAUTHORIZED TRANCE HUB 15mmアクセル
リアハブ:UNAUTHORIZED TRANCE HUB 135×10㎜スルーアクセル

車重:13.45kg

 

こんなところでしょうか?

明日の朝の天気も雨っぽいですが、何とかYAMADORIで飛んでいる写真を撮りたいです。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2020 by Street MTB Team TUBAGRA