SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo 明日はハンドメイドバイシクル展2016

いよいよ明日1月23日(土)と24日(日)は、千代田区の科学技術館1階催事場で「ハンドメイドバイシクル展2016」が開催されます。

先日、ここでも紹介したように、岡安製作所ブースに間借りするカタチでTUBAGRAも出展しておりますので、土曜日の天気が心配なところですが、ぜひ遊びに来てください!

ハンドメイドバイシクル展2016

展示するのは、現在テストの真っ最中であるcroMOZU275(1stバージョンと最新の2ndテストバージョン!)と、昨年岡安さんが作成したディスクロードバイクになります。

霜が降りた多摩川河原とcroMOZU275

croMOZU275は試乗もできますので、心置きなくバニーホップなどしてください。

たっぷりと開発裏話などしたいと思います。今後のTUBAGRAプロダクツについて、とか。

 

本当に初日土曜日(明日)の天気がメチャ心配ですが、最新の天気予報を見る限りだと、東京は小雪がパラつく程度っぽいので安心しています。安心していいよね?

搬入でクルマで行かなくちゃいけないので、雪が積もるような事態になったら本当に困るのです。

 

そんな訳で、ご興味のある方はぜひ遊びに来てください!

samo 朝活BIKEライディング写真撮影のひととき

今朝も昨日と同じく多摩川河原の路面や水たまりは凍っていて気温は低かったものの、風が無かったのでそれほど寒さは感じなかったですね。

そんな中、今日もcroMOZU275で朝活BIKEをしました。

昨日河原を散策していて見つけたU字溝ブロックで、一本橋からのダニエルドロップをしたみたのです。自分は滅多にトライアル寄りのトリックはしないのですが「まーできるでしょ!」と軽い気持ちで。

多摩川河原ダートコースのU字溝ブロック一本橋をcroMOZU275でダニエルドロップするサモ

すぐに決めるつもりが、U字溝ブロックでの一本橋がまったく安定せず、乗ってもすぐにバランス崩して横に落ちてしまいます。

何度やっても本当にできなくて、「何故?どうして?」とパニックになっている時、

「サモさんですか?いつか会えるかと思っていました。TUBAGRA見ています!」

と、29erMTBにドロップハンドルをつけた方が声をかけてくれました。

 

本当にありがとうございます!とても嬉しかったです!!

 

が、全然U字溝ブロックの一本橋程度ができない自分をさらけ出してしまい、激しく困惑し、恥ずかしかったのが正直な気持ちでした。

 

すぐにその方は行ってしまいまいましたが、自分はひたすらトライを繰り返しました。

そうこうして10分くらい経つと、さすがに慣れてU字溝ブロックの端から端まで高い確率で行けるようになり、いとも簡単にダニエルドロップしている写真を自撮り完了。

良かったー!!

 

何はともあれ、イメージ通りのライディングをするには、日々それらの練習をしていないと駄目ですね。今回のことで痛感しました。

 

jinkenさんの東京裏山ベースのクラウドファンディング、わずかですが協力させていただきました。特典が素晴らしいので、ご興味のある方はぜひ!

samo 寒空の河原トレイルハンティング

朝活BIKEで多摩川河原に行ったところ、水たまりがことごとく凍っていました。凍った水たまりの氷で何か遊べないかな〜と思ってcroMOZU275で乗ってみると…氷が薄すぎてアッサリ割れて終了。氷スライドとかしてみたかったのに…(泣)

とりあえず今日はいつもと違う河原のルートを散策し、一歩走るルートを間違えると多摩川に突っ込む恐れのある曲がった激坂コースを走ってみました。

多摩川河原ダートコースをcroMOZU275で走るサモ

下っている最中はスリルがあって楽しいのですが、いかんせん短いんだよなぁ…

こんな感じが数百メートル続けば最高なんですけど、残念ながら高低差の少ない河原なので一瞬で終わります。

 

他にあちこち走り回ったものの、特に面白そうなコースはありませんでした。

多摩川河原ダートコースをcroMOZU275で走るサモ

とはいえ、27.5インチ(650B)ホイールのcroMOZU275に乗ってからというもの、走破性が上がって多少の荒れた路面でもストレス無く走れてしまうので、ぶっちゃけ「河原をただ走るだけ」でも快感で面白いから困ったものです。

 

「27.5インチ(650B)ホイールMTB最高過ぎる!」

なんて簡単には言えませんが、コアなストリートライディングをしない限りは、走破性とアクションライディングのバランスの良さ(フレームのジオメトリに大きく関係すると思う)、保管スペースを占めるバイクのサイズ感などを考えると(例えば玄関内での保管とかクルマへの積載とか26インチホイールの時とさほど変わりない)、自分にとっては未だかつてないほどマッチしているのも事実。

croMOZU275が正式に販売した日には、是非乗って確かめてみてください!と、やんわりとPR…(苦笑)

 

 

RED BULLの2015年のバイクシーンを振り返るハイライト映像が公開されているので、どうぞご覧ください。

すべてのジャンルで「ビックリ人間コンテスト」度が上がっていますね。ロケーションの規模もどんどん豪華になっていますし。

この調子だと2016年はどうなってしまうのでしょう…

samo 東京の電車、雪に弱すぎるだろう

今朝、寝坊したので、朝活BIKEの時間は10分くらいしかなく、急いでcroMOZU275に乗って多摩川河原に行きました。どうしても、昨日降った雪の路面でドリフトする写真を撮ってみたかったのです。

雪の中で転んでも大丈夫なように、mont-bellのレインジャケットを着こみ、足元は野鳥の会レインブーツを履いて準備は万全。

が、多摩川に行くと、まったく雪は残っていませんでした。いや、場所によっては薄っすら残っていましたが、豪快にドリフトして映えるような量はありません。

仕方ないので、適当にバニーホップを自撮りし、すぐに家に戻って息子の世話と会社に行く準備をしました。

多摩川河原ダートコースをcroMOZU275でバニーホップするサモ

ようするに、昨日の雪はその程度の大したことないレベルだったのです。

 

なのに、何故に昨日の電車はあんなに遅れたのでしょう?

電車の遅延を想定して30分早めに家を出たものの、まず最寄りの路線の電車が雪の影響で止まっていました。ちなみに、この時はただの雨になっていて、わずかに積もっている雪がガンガン溶けていっています。

駅でいくら待っても電車は来ないので、東横線の多摩川駅まで歩いて行き、そこから電車に乗ったのですが… まず、電車が来るのに15分かかりました。そして、既に満員の電車に何とか乗ったものの、駅を出発するまでにさらに10分。

それから1駅をたっぷり5〜10分くらいかけて進み(いつもは1〜2分)、ようやく会社に着いたら、何と家を出てから2時間20分も経っていました。いつもは45分で会社に着くのに…。

うーん、あの程度の雪で、どうしてこんなに電車が遅れるのか訳が分からないです。

唯一の救いだったのは、長時間満員電車に閉じ込められても、車内がそれ程殺伐とせず、降りる人にはみんなで声をかけて道を作ってあげたり、譲った譲れられたシーンがあると、そこに必ず「ありがとうございます」の感謝の言葉があったことでしょうか。そういったやり取りが随所に見られたため、それ程ツライ思いはしませんでした。

どんな時も他人を思いやる心は大切ですね。

 

そうそう、以前「家の鍵とクルマの鍵が付いた眞砂(MASAGO)のキーホルダー「M-BOX-903」を息子に渡したら無くされた」と言っていたキーホルダーが、突然見つかりました。というか、朝起きたらPCの前に2つ置いてあったのです。

見つかったキーホルダー

なんで?どうして?

左が無くした後に新たに用意したキーホルダーで、右が去年の4月に無くしたハズのキーホルダーです。

もう訳が分からないですが、出てきて良かった…のかな?今さらすぎて素直に喜べないのですが。

kai Walter In Japan

おはようございます。
KNSのkazyやhiroya、The Riseのwalterと乗った時のエディットがアップされています。
多分、昨年の初夏ごろだったでしょうか?
楽しい思い出がよみがえります。
またみんなでワイワイ乗りたいですね。
kazy、撮影と編集ありがとう!

ではまた!

samo 第2回プチ講習会&撮影会お疲れ様でした☆

寒かったですが、新横浜スケートパークにて、第2回プチ講習会&撮影会を無事開催しました。参加してくれたみなさま本当にありがとうございました!

第2回プチ講習会&撮影会を開催しました

今回は初めて会う方もいらしてくれ、「お馴染みのライダー達とのただのオフ会」じゃなくて良かったです(泣)

 

今回初参加のGT LA BOMBAに乗っている坂本さん。サスフォークの不調か非常にフロントアップがしづらいセッティングだったので、フロントアップ〜バニーホップに頼らないタイトカービングを伝授させていただきました。

タイトカービングをするAさん

MTBストリートの楽しさは飛んで回るだけじゃないのです。このようなカービングターンでも、フォームやスタイルの格好良さを追求できて、バッチリ決まると快感だし楽しいです。

一緒に参加してくれた坂本さんの息子さんにもやってもらいました。

タイトカービングをするAさんの息子さんユータ君

ちゃんと左足がシートとトップチューブの間を通っていて格好いいです!

 

そして同じく初参加のりっさん(この呼び方でOKですか?)のバニーホップ。

りっさんのバニーホップ

最初は低かったバニーホップも、中盤くらいにはリアホイール1個分くらいの高さを飛ぶようになりました。まずは腕がまっすぐ伸びたフロント下がりのバニーホップを目指してみてください。

りっさんはストリートトライアルをベースとするライダーで、水野君のライディングに非常に興味を持っていました。若いし、身体の動きは非常にしなやかなので、今後の期待大ですね!

 

bori君のBOXジャンプでの360。

BOXジャンプで360ジャンプにトライするbori君

肩の怪我をおして頑張ってくれましたが、あと少しでメイクになるのに足が出ちゃって残念でした。本当にあと少しなのに…!次回は完全メイクでお願いします。

 

岸さんの前刺しステア。

前刺しをする岸さん

トライアルテクニックを駆使したバンクの遊び方をたくさん見せてくれましたね。

 

新しくTUBAGRAライダーになったYAMATO君のBOXジャンプでのバースピン。

BOXジャンプでバースピンをするYAMATO君

そしてガッツリ入ったテーブルトップ(インバート)。

BOXジャンプでテーブルトップ(インバート)をするYAMATO君

次回もたくさん格好いいライディングを撮らせてくださいね☆

 

そんな今日の様子を超断片的にビデオでも撮ったので、動画にまとめました。

高山さんのストッピーターン→水野君のバンクいろいろ1→岸さんのバンクいろいろ→水野君のバンクいろいろ2→YAMATO君のcroMOZU275でのフルキャブとなっています。

最後のYAMATO君のcroMOZU275でのライディング、27.5インチ(650B)ホイールでも色々できちゃうんですねぇ…

 

3回目の講習会&撮影会は2月にまた開催します!是非ご参加ください。

samo 26ストリート・ダートジャンプ用MTBフレーム 【ShinMOZU】¥95,000(税抜)

テーパードコラムサスフォーク対応クロモリ製ストリート・ダートジャンプ用マウンテンバイクフレーム。
重量2.34kg、エンド形状はMTB規格(135mm/10mm)、リアセンターは26インチホイール最適値355~360mm前後、3カラーから選択可能。ヘッドチューブやBBなどは切削済で出荷。


(さらに…)

samo 風邪アマ引き中の土曜日

風邪はまだ完治していませんが、croMOZU275に乗って久しぶりに朝活BIKEをしてきました。

多摩川河原ダートコースをcroMOZU275で走るサモ

荒れた路面を27.5インチ(650B)ホイールで飛び走るの楽しいなぁ!

 

午前中は父に息子をみてもらって、自分は岡安製作所に行ってきました。来週の土日に開催されるハンドメイドバイシクル展2016の打ち合わせと、croMOZU275の微調整をしてもらいに。

岡安製作所でcroMOZU275をカスタマイズ

岡安さん、諸々ありがとうございました!来週のハンドメイドバイシクル展、頑張りましょう!

 

お昼に家に戻り、息子の昼食を作って食べさせてあげ、その後、近所の多摩川河原で遊びました。

多摩川河原を走る叶大

息子は河原をところ構わず走り回るので、家に戻る頃には草まみれ土まみれでかなり汚れてしまいます。まぁ、子供はこれくらいヤンチャな方が良いですけどね。

 

夕方、再び父に息子をみてもらい、30分程河原で乗ってきました。今度はSHAKAで。

多摩川河原ダートコースの逆Rでバニーホップ180

バニーホップバースピンやバニーホップロックウォークで身体をほぐした後は、逆Rの地形でバニーホップ180を繰り返しました。逆Rを使うのタイミングがタイト過ぎてメチャ難しいし、爽快感ほとんど無いので嫌だったんですけど、他のセクションはどこも人ばかりで仕方なく…。

連続5回くらい決めて急いで帰宅。再び息子の世話に戻りました。

 

そういえば昨夜はTVで「天空の城ラピュタ」が放映されていましたね。Twitterで「バルス」が話題になっていましたが、僕と息子は最初から最後まで普通に鑑賞。息子の集中っぷりが凄かったです。画面に釘付けとはこのことでした。

ラピュタを観る叶大

定期的に訪れる派手なアクションシーン、ワイワイと魅力的に動く登場人物たち、幻想的な背景、グイグイ進んで行く冒険ストーリーに、息子も完全にノックアウトされたようです。考えてみたら、息子と初めて1本通して観た映画がラピュタになった訳ですね。

ジブリ(というか宮﨑駿)は小難しい映画作るよりも、ラピュタやトトロを超えるような作品をもっと作ってくれたら嬉しいんだけどな。って、もう期待するのは無理か。

 

風邪、なかなか治んないよー(泣)

samo 風邪でグロッキーでした

一昨日深夜に目が覚めると、布団は暖かいのに、自分の身体中、特に手足が冷たくなっていました。

少し遅れて身体中の関節が痛いことも判明。これはどう考えても風邪の症状です。

とにかく身体が冷たくて痛くてツラく、眠ることもできないので、奥さんの布団に入らせてもらって暖かさを分けてもらい、その晩をどうにかしのぎました。

朝起きても風邪は治っていなく、当然朝活BIKEはキャンセル。出勤時間ギリギリまで身体を休め、何とか会社へ行って仕事し、帰宅後すぐに病院へ行きました。

そして、病院でたっぷりもらった薬を飲んで息子を寝かしつけるタイミングで自分も就寝。朝目が覚めるとだいぶ体調は回復しているものの、大事を取って今日も朝活BIKEはキャンセルしました。

霜が降りた多摩川河原とcroMOZU275

2日連続朝活BIKEをキャンセルしてしまった訳で、ものすごい罪悪感が残るのは何故でしょう?去年から2日連続で朝活しなかったことなんて無かったからですかね…

明日の朝は絶対にMTBに乗ってたくさんバニーホップしたいので、絶対に今日中に完治させたいと思います。

 

 

TUBAGRAプロダクツ、いくつか同時進行で開発を進めています。

海外生産だとなかなか現物が来なくてヤキモキしますね。その点、国内の岡安製作所のレスポンスの良さと言ったら…

 

明後日の新横でのプチ講習会&撮影会、SHAKAとcroMOZU275の2台を持っていく予定です。croMOZU275に試乗してみたい方はぜひ!

 

 

7年前のロシアンMTBストリートライダー達のコンテスト。メイク率とか低いですが、この頃からヤバさの片鱗が出ていますね。

Russian Mtb Street Contest from dsp on Vimeo.

こんなコンテストやJAMを開催したいよー(泣)

samo ハンドメイドバイシクル展2016に出展します

去年も岡安製作所ブースでご一緒させていただくカタチで参加した、ハンドメイドバイシクル展に今年もTUBAGRAで出展いたします。

ハンドメイドバイシクル展2016

去年の様子はこちらです。(1日目2日目

2016年1月23日(土)24日(日)の2日間、九段下にあります科学技術館1Fでハンドメイドバイシクル展2016は開催されます。

展示するのは、現在テストの真っ最中であるcroMOZU275(なんと最新の2ndテストバージョン!)と、昨年岡安さんが作成したディスクロードバイク。そして、本邦初公開!例のブツを揃って展示するかも知れません。(間に合えば…)

たっぷりと新しいフレームの開発裏話やこだわり、そして狭いスペースですが試乗も可能ですので、ご都合がつく方はぜひ遊びにいらしてください!もちろん入場無料です。

最寄り駅は九段下駅で電車で来られてもよし、自転車で自走して来られるもよし。隣にあるコインパーキングが広くて長時間止めていても意外と安いのでクルマで来られてもOKです。

僕たち以外にも、超個性的な国内ハンドメイドビルダーが作る自転車がてんこ盛りですので、とても面白いですよ!

 

今日、朝起きて外に出ると、愛車であるMAZDA CX-5のリアウインドウやルーフ部分にびっちりと霜が付いていました。

フロントガラスの霜

「この調子だと多摩川河原も一面霜で真っ白だろうなー」

「タイヤが超ウェットになって滑って乗れないなー」

昨日の風邪は多少は良くなったものの、依然として本調子ではないため、とりあえず今日のところはアクションライディングは控え、一面の霜を背景にcroMOZU275の撮影をすることに決定。

 

多摩川河原に行くと、案の定草地が一面霜で覆われており、とても幻想的な風景となっていました。

霜が降りた多摩川河原とcroMOZU275

霜が朝陽で照らされてとてもキレイです。そんなところにcroMOZU275を置いて数枚撮影。

霜が降りた多摩川河原とcroMOZU275

うん、今日のところはこれで満足!さっさと家に戻って息子の保育園の準備をしたり、家族の朝食を作ったりしました。

何にしても、早く風邪を治したいと思います。

 

そうそう、1月17日(日)朝9時から11時まで新横浜スケートパークで開催予定のプチ講習会&撮影会はご自由にご参加ください。特に参加のご連絡が無くても大丈夫です!ぜひ、お気軽に遊びに来てください!

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2020 by Street MTB Team TUBAGRA