SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo The Rise – Walter Mayerhofer インタビュー

世界的なMTBストリート・ダートジャンプチーム The RiseWalter Mayerhoferが2015年の7月に来日した際、KNS.LoKazy君がインタビューを行いましたので、その内容をここで紹介させていただきます。

Walter Mayerhofer(ウォルター・マイヤーホファイヤー)インタビュー

 

以下では両者を頭文字によって表示します。K=Kazy、W=Walter

 

 

K:よし、それじゃあ、君は誰なのか教えてくれる?

W:Walter Mayerhofer (ウォルター・マイヤーホファイヤー) といいます。

K:凄い苗字だね。個人的な話にはなるけど、Pavel (Chupacabra) の苗字も凄くて未だにちゃんと言えも書きもできないんだ。

 

Kazyさん(@kazy0324)が投稿した写真

 

W:うん、だから普通にWalter(ウォルター)って呼んでください。

K:出身はどこなの?それで今はどこに住んでるの?

W:出身はオーストリアです。オーストラリアじゃなくてね。サルツバーグ(Salzberg)っていうところで生まれました。それで今はスペインのバルセロナに住んでいます。

K:今はいくつなの?

W:ちょうど数日前に26歳になったところ。この日本で!

K:それで日本はどうですか?

W:凄い(amazing)です。たった2週間(正確には15日間)しかいなかったけど、全部気に入ったよ。ご飯も美味しいし、景色も綺麗で絶対また来たいな。自転車に関しては少しだけしか見ていないけど、きっとまだまだ面白そうなライダーもスポットもいそうだしね。絶対また戻ってくる価値はあると思うな。それに、たくさんのいい人達にも会えたから本当に良かった。

K:楽しめたようなら良かったよ。日本で一番気に入った食べ物とかってある?

W:うーん、難しいなぁ…。何もかも美味しかったから。でも、あえて言うなら蕎麦かな。

Walter Mayerhofer(ウォルター・マイヤーホファイヤー)インタビュー

W:あと餃子っていうのが凄い美味しかった。

K:餃子は中華じゃなかろうか…

W:え、そうなの?知らなかった。でも凄い気に入った。あと、ベタかもしれないけどラーメンと、寿司なんかも凄く美味しかった。

K:なるほど。

W:でも、結局食べたものの中で不味かったものもなかったし、正直どれが一番好きかとかは判断できないよ。

 

K:Pavel(Chupacabra)といえば僕達日本人のライダーにとっては割と近しい存在なんだけど、Walterは実際に来日する前から彼が何度か来日していたことは知っていた?

W:うん、でも気付いたのは結構遅かったよ。KazyのInstagram見ててようやく気付いたくらいだったからさ。

 

Pavel Is The Ninja from WSTMN on Vimeo.

 

K:結局のところ、2週間はどう過ごしたの?

W:まずはシンガポールからの乗り継ぎで東京に来たんだ。それで、東京には1週間滞在してから、長野までKazyに会いに行って大きな荷物なんかを下ろさせてもらったんだ。そこから電車で1週間かけて日本中を回ったよ。京都、大阪、神戸、広島っていう経路で回ってきた。それで広島から今度はまた長野に戻ってKazy、Hiroya、Kai、Shigeの皆で三才のパークで乗ったんだけど凄く楽しかった!

 

Walter In Japan from Kazy on Vimeo.

 

W:今からは東京に行って、Ke-ta(Faret Bikes)とTomoと会って少しゆっくりしてからオーストリアに帰ろうと思う。

K:この2週間であった面白い話とかってある?

W:本当に凄い楽しめたからね。何もかもが楽しかったよ!日本に来る前から2ヶ月くらいアジアを旅してたんだ。勿論自転車抜きでね!それで、オーストリア行きの一番安いチケットが日本経由だったからさ、「ちょっと見てみようかな」みたいな感じで来るのを決めたんだ。

でも、日本に知り合いなんか一人もいなかったから困ってたんだ。そしたら大体僕がチケットを予約した辺りでKNS.Loが動画を出したんだよ。

それを観てからかな。「よし、こいつらに連絡してみよう」って思ったのが。もしかしたら僕が行く先々で会えるかもしれないなって思ったんだよ。

それでThe RiseのMichel(Plonka)にKNS.Loの誰かの連絡先知らないかって聞いて、Kazyにたどり着いたって感じだね。

そこからは凄く早かった!一気に予定が決まっていって、東京の人達といつ乗るかとかも一気に決まったからね。その間にKe-taがKazyと一緒にスペアのパーツで僕が乗る自転車を用意してくれたのは本当に嬉しかった!

 

W:だから、僕が日本に来て二日目にはもうKe-taやTomoと自転車に乗ってたんだ。大体朝の3時くらいまで乗ったりして凄い楽しかったよ。今まで旅は結構してきた方だけど、来て二日目には乗る自転車もあって、たくさんのライダーと知り合えてなんて普通は無かったから、本当に最高だったよ。元々誰も知ってる人はいなかったのに来た途端にこれだからね。本当に嬉しかったよ。

Walter Mayerhofer(ウォルター)バニーホップ180

 

K:あまりたくさん乗る機会があったとは言えないのは重々承知した上で聞かせてもらうね。日本のMTBストリートのシーンについてはどう思いますか?さっき自分でも言っていたように、僕(Kazy)を含めて色んな人に会ってきたとは思うけど。

W:とても良いシーンはできていると思うし、規模も大きいと思うな。僕が今まで行ってきた場所と比べてもやっぱり規模は大きいと思う。やる気のあるライダーも多いし、スタイルなんかもちょっと違うしね。ここまでで会ってきた何人かはペグをつけてたりして、僕にしてみれば完全に新しいことだったから。それに各地域に色んなライダーがいるのも面白いよね。だって、普通はどこかに行ってもストリートMTBに乗ってる人なんて全然見かけないし。僕はいつも同じ人達とばかり乗ってるけど、もうそんな人達とも十年近くの付き合いになるからね。だから新しい場所に来て同じようなことをする人達にこうして会うことができたのは本当に良かったよ。皆格好良いし、本当に良いシーンができていると思うな。

K:何か日本のライダーに言いたいことはある?

W:やっぱり、ここまでで会ってきたライダー皆に感謝したいです。勿論、自転車を組んでくれたKe-taやKazyなんかには感謝が尽きないし、他の人も皆優しくて本当に助かりました。他にも自転車以外で一緒にご飯食べたりなんかしただけでも嬉しかったです。本当にありがとう!

Walter Mayerhofer(ウォルター・マイヤーホファイヤー)インタビュー

 

K:じゃあ、最後にもう一つだけ。Pavel(Chupacabra)が来た時、一回ある記事を書いたんだ。その時に「日本人とお酒を交わすことは端的に言えば非常に危険です」ってことを言ったんだけどそれに関しては同意する?それとも反対する?

W:幸か不幸か今回はあまり飲む機会が持てなかったのもあって、それに関しては判断しかねるなぁ…。
多分Pavelが受けたような洗礼は受けていないんだと思う。今回は予定が結構詰まっていて忙しかったこともあってあまり飲む機会は得られなかったし、また次の機会に期待したいと思います!でも、どこに行っても何だかんだでちょっとはお酒も呑む機会があったけど楽しかったな。

K:そっか。長々としたインタビューお疲れ様。また戻ってきてくれる?

W:勿論!やっぱり色々と準備期間は必要だけどまた来たいな。それだけじゃなくて君たちも僕の住んでるバルセロナにも是非来て欲しい。

Walter Mayerhofer(ウォルター・マイヤーホファイヤー)インタビュー

 

Kazyさん(@kazy0324)が投稿した動画

 

 

samo 超久しぶりのフラワートレイル

今日はおよそ10ヶ月ぶりにフラワートレイルに来てダートジャンプしました。ラインはキレイに整備されていて、ナカニシさんを始めとしたローカルライダー達に心の底から感謝です。

 

それで自分としてはフラワートレイルがあまりにも久しぶりのため、ゴッソリ連ジャンの飛び方忘れているかも知れない恐れがあったものの、そっちはまったく問題ナシ!最初から安定感抜群で色んなバリエーションで全ラインを飛ぶことができました。

あ、連ジャン中の技入れはリセットされちゃったんで、ワンメイクジャンプからやり直しです。ワンメイクジャンプの調子はとても良いので、再びテイルウィップ練習始めようかな。

 

それにしても、croMOZU275で初めて連ジャン飛びましたが、安定感が素晴らしかった。

フラワートレイルのレギュラーラインをcroMOZU275で飛びました

フラワートレイルで一番大きなレギュラーラインを飛んでも1mmも恐怖心がありません。

その代わり、たっぷりcroMOZU275で飛んだ直後に24インチホイールのSHAKAに乗り換えたら(最初の1本だけ)恐怖心が凄まじかったです。まー、2回目以降は感覚が戻ってSHAKAでもこれまた楽しく飛べたのですが。

 

※せっかくフラワートレイルに来たので、もっと色んなアングルからcroMOZU275で飛んでいる写真を撮りたかったものの、以前朝活BIKE中に轢いて壊した三脚(接着剤で無理やり補修して騙し騙し使っていた)が完全にお亡くなりになり、自分の写真はほとんど撮れませんでした。残念すぎる…(泣)あ、上の写真はけんぷっぷさんに撮っていただきました。ありがとうございます!

 

croMOZU275、改めてアリだと思いました。自分としては26インチホイールのMTB(MOZU)で飛んでいる感覚とあまり変わらないのですが、傍から見ると大きなバイクでボッカンボッカン飛んでる違和感があるみたいで、なんか痛快です(笑)

 

今回はけんぷっぷさん、初来訪のBMXライダー水野さんや森さんと、お昼まででしたがたっぷり楽しむことができました。

けんぷっぷさんは先週までインフルエンザにかかっていて体調がまだ完全に回復していなかったのと、手首や足の怪我の影響で、ジャンプが不安定でヤキモキされていましたね。

 

そして今回初めて訪れたBMXライダー森さんは絶好調でした。

BMXライダー森さんのノーズダイブ

初めて飛ぶ4連ラインもノーズダイブとプッシュプルが自然と決まりクリアー!

 

水野さんも4連ラインを攻めていましたが、ジャンプの安定感を出すためにワンメイクジャンプで練習されていましたね。

BMXライダー水野さんのジャンプ

 

そんなこんなで、久しぶりだった割には衰えを感じることもなく、たっぷり楽しめたフラワートレイルでした。

今年は何とか時間を作ってたくさんフラワートレイルに通うようにしよう。スケートパークやストリートも面白いですが、やっぱりダートジャンプも面白いし、僕にはこの3つの要素が必要だと改めて分かりました。

samo 初めてトライする地形で

明日は超久しぶりに(10ヶ月ぶりくらい?)フラワートレイルに行きます。朝10時から13時くらいまで乗る予定なので、ご一緒できる方がいましたらぜひ!しっかし、久しぶりに連ジャン飛ぶの緊張するな…

 

今日の朝活BIKEはcroMOZU275で、近所の多摩川河原の何となく飛べそうな初めての地形(バンク?)でバニーホップ180をしてみました。

多摩川サイクリングロード croMOZU275

実際にトライしてから気付いたのですが、その地形は逆Rでフロントアップのタイミングがシビア過ぎ、バニーホップ180をなかなかメイクできませんでした。

それに強い向かい風が吹いていて勢い良くアプローチしても失速し、しかも踏切直前に5cm程の縁石の段差があり、そこを通過する度にフロントアップの勢いが削がれることもメイク率を下げる要因となりましたね。

 

それでも何とかメイクをすることができて一安心。

croMOZU275 2nd TEST多摩川河原ダートコース バンクバニーホップ180

30回くらいトライしてメイク2回という散々な結果でしたが…。

次はもうこの場所ではトライしないかなー?

スコップで逆Rの地形を変えたい気持ちは山々ですけど、それをやると河原でMTB禁止になりかねないので一切地形はいじらないのはポリシーです。テクニックでカバーするしかありませんね。

 

今日は朝から夜まで息子の育児DAYでした。午前中は息子を愛車(RADIO FLYER クーペ 74A)に乗せて、加えて愛用のランバイク(COMMENCAL RAMONES 12)も持って行って徹底的に乗り物で遊びました。

ただ、片手で息子を乗せたクルマを押し、片手にランバイクを持っていくのは地味に辛かったです。そこで、何とかクルマにランバイクを乗せることができないか?と試してみたら… できた!

radio flyerラジオフライヤー 乗用玩具 クーペ 74AにCOMMENCAL RAMONES 12を付けた叶大

 

クルマを押すためのレバーにフレームを引っ掛けただけですが、それでも妙にまとまってて何か格好いい(笑)

radio flyerラジオフライヤー 乗用玩具 クーペ 74AにCOMMENCAL RAMONES 12を付けた叶大

これでクルマとランバイクを一緒に持っていくのが素晴らしく楽チンになりました。

そんな訳で、今後は頻繁にこのスタイルで息子を遊びに連れていこうと思います。

 

昨夜は過去に通っていた英会話学校の先生や同級生たちと一緒に飲み会をしてきました。

比内地鶏のレバ刺し

比内地鶏のレバ刺しが超美味しくてビックリ!

短い時間でしたが、楽しい話がたくさんできて良かったです。

 

そんなことで、明日はフラワートレイルでダートジャンプを満喫したいと思います。

samo 新TUBAGRAライダー拳汰君のakaMOZUと動画

新TUBAGRAライダー下間拳汰君のakaMOZUが新しいカラーになりました。とても鮮やかなエメラルドグリーンです。

 

KENTA SHIMOMAさん(@k0978k)が投稿した写真

 

KENTA SHIMOMAさん(@k0978k)が投稿した写真

フォークのアウターレッグも同じカラーで塗装して、統一感が出ていますね。

 

それと同時にリリースされた彼のショートムービーをどうぞ。バースピンのメイク率と応用力が半端ないです。

 

今後の彼の活躍がとても楽しみですね!

ああ、早く名古屋に行って撮影させてもらいたい。

samo オリジナル3インチライズハンドルバーの各部詳細

以前、ここで紹介したTUBAGRAオリジナルの22.2mmクランプの3インチライズハンドルバーの名称は、依然として決まっていません。

Twitterで色々な方からご提案いただき「EX curry BAR」ですとか「UMA BAR」などが魅力的に思えたものの、ネタに走って良いものか?という疑問も押し寄せ、なかなか決められずにいます。

ここでウダウダしていてはいつまで経っても現物が出来上がらないので、ここはひとまずネーミング(グラフィック)は先送りにして、サンプル品が出来上がった後に考えたいと思います。

22.2mmクランプ 3インチライズハンドルバー

そんな訳で、まずは具体的な各部処理を決めないといけません。ジオメトリはすでに決めてあるので、後は上記にある2箇所の処理を明確にするのです。

 

ここで、他のブランドのハンドルバーの各部処理を見ていきましょう。

 

blkmrkt molly hatchet bar

blkmrkt molly hatchet bar 3インチライズ 通称モリハチ

通称「モリハチバー」お馴染み。ステムのクランプ部分に細かなローレット(滑り止めの溝加工)が入っていて、拡大して見ると、中央部分に「22.2mm」のプリントと、ハンドルの角度の指標になるラインのプリントが入っています。ハンドル端部分にはプリントでカット用スケールも細かく入っていて、良心的な作りですね。

 

 

Dartmoor Handlebar Toxic

Dartmoor handlebar toxic

クランプ部分にローレットは無く、ステムの取り付けの際に位置決めで重宝しそうなラインが多数入っています。ハンドル端部分のカット用スケールも細かく入っていて、全体的に丁寧な作りに見えます。ちなみにローレットが無くてもしっかりクランプするのでしょうか?

 

 

NS Bikes District Handlebar

NSBikes District handlebar

25.4mmステム用のシムがクランプ部分について見えませんがローレットは無く、ステム取り付け位置決めのラインが入っているのみ。ハンドル端部分のカット用スケールは入っていないですね。

 

 

Pridestreet Profit Bar

pridestreet profit bar

な、何もない… ある意味ストリート的な清さはありますが、ステムに取り付ける際にセンター合わせなど見た目の感覚で行くしかないということなので、果たして利便性はどうなんでしょう?

 

何はともあれたくさん参考になりました。

これらを踏まえた上で、TUBAGRAオリジナルの3インチハンドルバーの各部詳細を決めていきたいと思います。

 

 

朝活BIKEは相変わらず寒かったし、路面が昨夜の雨でぐちゃぐちゃでした。なので、どこか踏切も甘くてバニーホップキャンキャンも足が伸びきらなかったですね。

多摩川サイクリングロード 草バンクでcroMOZU275に乗りバニーホップキャンキャンをするサモ

あと、他にcroMOZU275に乗ってバニーホップでできる新しいトリックが欲しいです。僕の技術が足りないことが一番問題なのですが、いい加減、レパートリーが少なくて飽きがきますし。

ノーフットキャンキャンはこのヘボイ滞空時間でもできるだろうか?

 

息子のヤンチャが止まりません!どんどんズル賢くなってきています。

つい先日も、僕がリビングでノートPCで仕事をしていて席を立った時、息子が僕の席にこそっと移動し…

いたずらでノートPCを触る叶大

椅子によじ登って

いたずらでノートPCを触る叶大

満面の笑みでノートPCのキーボードを連打!わー!何してんだー!!!!

いたずらでノートPCを触る叶大

急いで息子をノートPCから引き剥がして画面を見ると、書き途中のレポートに「sfyぱじぇfがおがgほあえぐあはんkぁんkふぁっb」みたいな文字が打ち込まれていました。

このやろ〜!!

でも可愛いから許す。

 

 

昨夜、知人の家にクルマで遊びに行き、帰りにガソリンスタンドに寄ったら、軽油(MAZDA CX-5はクリーンディーゼル車)の値段がスゴイことになっていました。

軽油の価格がついに76円/Lに

1リッター76円ってどういうことだよ!前回給油した時は83〜4円だった気がしましたが、さらに安くなっているじゃないですか。

なので、燃料スッカラカンの状態からたった2,000円分入れただけなのに、2/3程までになってしまいました。

たった2,000円で2/3入った

この調子だと3,000円で満タンにできるということか。スゴイ時代だなぁ…

samo 息子と妻が北九州から帰ってきた!

昨夜遅くに羽田空港にクルマで行き、北九州から帰ってきた息子と妻をピックアップしてきました。

遅い時間だと言うのにまだ起きていた息子はどこかしら表情が豊かになった気がしましたね。3日間程しか顔を見ていなかっただけなのに。そして、クルマに乗ったら一瞬で爆睡。うむ、可愛い。

 

今朝の朝活BIKEも寒かった!しかも昨夜の雨が残っていて、路面はどこもウェットで水ハネも酷く、あまり激しく乗れずに消化不良。明日に期待します。

多摩川サイクリングロード croMOZU275

 

家に帰って息子を起こします。開口一番「パパァ〜」って言ってくれて、一瞬死んでも良いって思いました。

起きたての叶大

いや、死んだら困る困る。息子が結婚して子供ができて「おじいちゃん好き」って言ってもらえるまで死なないぞ。

 

完全に起きて元気に朝食をとる息子。先週はあんなに熱があったのに、おかげ様で今は超健康です。

朝食を食べる叶大

早く会社から帰って息子に会いたいなぁ!

 

TUBAGRA ORIGINAL RIGID FORK - ENMA FORK エンマフォーク

TUBAGRAオリジナルリジッドフォーク、ENMA FORK(エンマフォーク)絶賛発売中です。

欲しい方はTUBAGRAオンラインショップや、各販売店からどうぞ。(基本的にどこの販売店様にも業販しておりますので、お問い合わせください)

samo 水たまり超えバニーホップの極意

極意なんて別に無いです。ただキレイにバニーホップで飛び越せば良いだけなのですが…

 

昨日の大雨で、近所の多摩川河原のダートコースのいたるところに水たまりができていました。

そんな水たまりだらけのダートコースを自転車で走っていく場合、水ハネで服やバイクの汚れを防ぐために水たまりを避けて走るのが一般的ではありますが、そこはcroMOZU275に乗っているので、バニーホップで「これでもか!」というくらい飛び越え走って行きます。

多摩川サイクリングロード croMOZU275 水たまり超えバニーホップ

余計なお世話かも知れませんが、バニーホップで水たまりを飛び越えるにあたり、自分なりのちょっとした注意点やポリシー?があるので、それを紹介したいと思います。

 

注意点1 バニーホップ直前のフロント荷重は鋭くしっかりと

水たまりができているということは、そこは周囲より低くなっているということなので、水たまり直前の踏切地点がわずかな下り斜面になっているケースがあります。そのため普通の平地の感覚でバニーホップをすると、フロントがしっかり上がらなくて飛距離が足らなくなり、水たまりに着地してしまいます。

ということで、確実なバニーホップをするために、フロント荷重は鋭くしっかり行いましょう。

 

注意点2 バニーホップで飛び越す水たまりを見極める

これは日頃の経験がモノを言ってしまうのですが、自転車の走行速度と自分のバニーホップの技術から、自分の飛距離がある程度分かるかと思います。まだ分からない人は、平地でメジャーなどで測り自分のバニーホップの飛距離をあらかじめ把握しておくと良いでしょう。

それを踏まえた上で、バニーホップで飛び越す水たまりと、飛ばずに避けて通る水たまりを見極めましょう。水たまりの直前で判断しては間に合わないので、せめて水たまりの数十メートル先から判断しておくと間違いないです。

ちなみに自分の場合は、MTBでの平均的な走行(巡航)速度とバニーホップの技術、路面の状況、わずかに水たまり直前が下り斜面になっている可能性も考慮して、飛距離3m程度を安全マージンとしています。明らかに水たまりがそれより大きい長い場合は、避けて通るか、さらに加速して思い切り飛ぶか、その時の気分や周囲の状況などで判断します。

 

注意点3 人や他の自転車が近くにいる時はバニーホップしない

ある程度の速度がある中でのバニーホップでバランスを崩した場合、着地点がぬかるんでいてタイヤが滑った場合など、転ぶリスクが普通の平地より高くなります。周囲に人や他の自転車がいる時に転ぶと、激しいクラッシュで見た目的にドン引きさせてしまうことに加え、水ハネを付けてしまったり、最悪転んで吹っ飛んだバイクを当ててしまうことも無きにしもあらずです。

という訳で、少しでも人や他の自転車が近くにいる時は、水たまりのバニーホップ超えは諦めて、素直に水たまりを避けて走っていきましょう。

 
多摩川サイクリングロード croMOZU275 水たまり超えバニーホップ

この先は、人によっては本当にどうでも良いことですが、自分がバニーホップで水たまりを飛び越す際に勝手にポリシーとしていることを紹介します。いや、本当にどうでも良いことですよ!

 

ポリシー さり気なく飛ぶ

結局のところ、目的地に行くまでの途中にある「ただの水たまり」ですので、気合を入れて飛ぶのもどうかと思います。なので、いつもの乗車ポジションをそれほど変えることなく、踏切地点直前で鋭いフロント荷重をするのみで、サラッとさり気なくバニーホップで飛ぶように心がけています。別に高さを出す必要無いですし。

普通に走っていて、当たり前のように水たまりをヒョイと飛び越え静かに着地し、何事もなかったように走り去ることが最高にクールではないでしょうか?(勝手な僕の思い込みです。すみません)

 

 

そんな感じで、ただの水たまり超えバニーホップを余分に膨らませて語ってしまいました。まー、要はしっかりバニーホップして飛び越せば濡れることはないので、みなさま、雨上がり後の水たまりはバニーホップで飛び越しまくりましょう!

 

そうそう、今日は水たまりを飛び越すために多摩川河原を走った訳でなく、多摩川に点在する釣りのスポットの状況確認と、水温チェックのために行ったのでした。

多摩川サイクリングロード croMOZU275

釣りのスポットは特に問題なかったのですが、まだまだ水温が低すぎでしたね。春らしい暖かい日が1週間は続かないと魚の活性が上がらないので釣りは無理だなー…

 

行った先の釣りのスポットの近くに低い飛び石があったので、ウイリージャンプで飛び乗って、そこから飛び石2個分をダニエルでピョンピョン飛び進んでみました。ハイ、これが僕のトライアルテクニックの限界値です。

多摩川サイクリングロード croMOZU275 飛び石ダニエル

10回くらいトライして、1回メイクできれば良い方でした。本当にトライアルは苦手なのです。

 

 

夕方に3ヶ月ぶりに城南島海浜公園スケートパークに乗りに行きました。現地に着くと、パーク内はスケートボーダーでごった返していました。話によると、1時間前までスケートボードのスクールが行われていたとのこと。さらに、冷たい強風も吹き荒れていました。

うーん、これはまともに乗れないかも…

とは言いつつも、みんなから不人気のレールセクションはそこそこ空いていたので、閉園までの1時間ちょっと、混んでいる中でも十分に乗ることができました。ただ、混んでいたのでライディングシーンの撮影(自撮り)はできなかったですね。それが残念でした。

帰りに愛車のMAZDA CX-5、TUBAGRA SHAKA 24を撮影。

MAZDA CX-5とTUBAGRA SHAKA

 

 

北九州に帰省している奥さんから、最新の息子の写真が送られてきました。

福岡のアンパンマンストアでハイテンションの叶大

アンパンマンストアでハイテンションで絶叫している息子です。ああ、早く会いたい…(泣)

morita akaMOZU 試しています

akaMOZU試しています。

まずは完成図。

bike1

ぱっと見では今までのMOZUシリーズと同じ見た目です。

フレームの表面処理が変わったので、今までと違う色味が大きな変化に見えるかと思います。

bike2

ヘッドチューブが下膨れに見えるのは、写真移りの問題ではありません。

テーパードヘッドを採用しています。

ということで、最新のフォークに対応しました!

フォークについては僕はFOXの831が最高なんじゃないかと考えています。

どうやら2016モデルの831にはエアボリュームスペーサーなるものが装備されているようでして、

聞けばこいつは踏ん張り感を出す位置を変えることが出来るモノだとのこと。

ストローク初期にググっと踏ん張ってくれるのはすごくありがたい特性です。

ダンパーもいい仕事をするようでダートジャンプにはバッチリあうのではないかと思う次第です。

ダンパー大切です。

高いけど、きっと値段分の仕事してくれるはず。

これから購入に向けて家族会議を重ねていくつもりです。

後ろから。

bike3

肝心の乗り味ですが、使うパイプが変わったせいなのか、すごく剛性感がでてきました。

かなりシャープに反応します。

プッシュに対する反応がバネでも入っているかのようにビンビンきます。

フォークもしっかりしたやつ入れることが出来ればかなりダイレクトな乗り味になるのではないかと思います。

バネっぽさがあいまってクイック差がさらに増したように思います。

縦の動きも回転もアシストしてくれるような反応があります。

同じ高さを飛ぶならakaMOZUのほうがラクに感じるんじゃないかと。

 

まとめると

・今までと同じくフロントアップが楽

・今までよりダイレクト感UP

・テーパードコラムフォーク対応!!

といった感じです。

 

現在フレームを検討中であるならばぜひ候補に加えていただきたく。

製品版に向けてじわじわと話が進んでいますので、今後の情報もお楽しみに!

 

さて、akaMOZUに組み替えるちょっとだけ前にひたち海浜公園のレースにでてきました。

結果は3位。表彰台ゲットです。

表彰台

fam

久しぶり(7年ぶりくらい?)のショートトラックレースでしたが、結果が残せて満足。

1位になるとメダルもらえるらしいので、akaMOZUにシフトしてからもちょこちょこ参戦してみようかと思ってたりして。

 

最近のムスッコーは元気があまっているようで小さな怪獣になってきました。

ストライダーの練習を始めたのでヘルメットを買い与えたら大喜びの図。

met

この調子でさくさく乗れるようになってもらってトントンとステップアップしていってほしい!

samo 僕もガルパンおじさん

息子と奥さんが、奥さんの実家がある北九州に帰省しているため、およそ3ヶ月半ぶりに土曜日の朝に世田谷公園スケートパークに乗りに行きました。

一時は毎週のように通っていたのに、今じゃ土日も育児でほとんど行けていないです。まさか、こんなことになるなんて思いもよりませんでしたね。

そんな訳で、超久しぶりに世田谷公園スケートパークで乗りました。最初はだいぶ乗り方を忘れてる?とか不安でしたが、いざ乗り始めたらバッチリ身体が覚えていて一安心。

サモ世田谷公園SLスケートパークサモスミスグラインド

普通にスミスグラインドやっても簡単過ぎてつまらないので、ネタとしてカメラ目線。

SHAKAの方も久しぶりの4ペグということもあり、逆サイドのフィーブルもおよそ1年ぶりにやりましたが問題ナシ!

パーク全体を使ったいくつかのルーティンも最初こそぎこちなかったものの、何とかメイクできた!!

そうこうしている内に激しい雨が降ってきて、わずか1時間半乗っただけでライディング終了となりましたが、それでも十分楽しめて大満足。やっぱりSHAKAでのパークライディングは楽しいなぁ!!!

 

 

そしてそして、本当にどれくらいぶりか覚えていないのですが、スッゴク久しぶりに映画を観てきました。

知り合いの自転車乗りがみんな大絶賛していた映画「ガールズ&パンツァー 劇場版」です。

「2次元の女の子がたくさん出てくるだけの萌えアニメですか?」と敬遠する方もいらっしゃるかと思いますが(確かに設定上そのような部分も無きにしもあらずですが)、蓋を開けたら、戦車!戦車!戦車!のオンパレードで、超「燃え」ストーリーの映画でした。

さらに音響が迫力満点。硬質な戦車の主砲の発射音、お腹に響く着弾音、金属がきしみ合う履帯(キャタピラ)の音、うねりを上げる重厚なエンジン音など、それらが聴けるだけで「映画で観て良かった!」と思えるレベルです。

あと、製作者達の戦車や車両、小物、背景などのこだわりが凄まじく、正直1回観ただけじゃ目や脳みそが追いつきませんでした。

それを補完するためか、リピーターが続出していることも納得です。だって自分も既にまた映画館で観たいと思っていますし。

 

ガールズ&パンツァー 劇場版」、久しぶりに映画を観て、これまた久しぶりに大満足の映画でした。メカ好きな男性には超オススメです。

samo 息子と奥さんがいない土日

息子はインフルエンザでないことが分かり、多少熱があるものの、奥さんが予定していた北九州へ数日間、帰省(奥さんの実家)することとなりました。

まぁ、その間、僕は超寂しい訳ですが、育児から開放される自由の身となるため、普段できないことをたくさんしようと思います。スケートパーク行ったり、ジャンプトレイルに行ったり!

え、土曜日に激しい雨?ガーン!!

…とりあえず、土曜日は話題の映画「ガールズアンドパンツァー」を観に行こうかな。

 

今日の朝活BIKEはSHAKAで行いました。久しぶりの4ペグにしたせいか、バニーホップが重たく感じましたね。そしてバニーホップバースピンが絶不調。泣きそうでした…(泣)

多摩川河原でギャップ飛び乗りバニーホップ180

ちょっとしたギャップをバニーホップ180で飛び越えるのが最近楽しいです。

ちょうど近くを小学生の遠足の集団が通りかかって、たくさんの声援をもらいました。嬉しかったな〜(笑)

 

そんな4ペグのSHAKA 24でございます。

TUBAGRA SHAKAバイク

ついついcroMOZU275が楽しくてそればかり乗ってしまいますが、やっぱりSHAKAのトリックのしやすさは格別だわ!

 

ストリートやダートジャンプで使える手頃で良さそうなテーパードのサスフォークにX-Fusion Velvet RL2が良いと思っているのですが(エアーで軽いしテーパードコラムだし15mmもあるし)、2016年になって今までの輸入代理店のアキ・コーポレーションが取り扱いを止めてしまったので、手に入れることができなくなりました。

X-Fusion Velvet RL2

いや、海外通販すれば良いのかな?今は円高だし。

※SR SUNTOURサポートは2015年までだったので、次はどのサスフォークを使うか検討中です。今までありがとうございました!

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2017 by Street MTB Team TUBAGRA