SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

HiTaka proto フレーム pMOZU Coverphoto Gallery

HiTaka proto

TUBAGRAライダー達が乗っているフレームはこちら002

Topics

夏休みのお知らせとオリンピックのMTB効果がついに!Riders-Diary

先日、スマイルバイクパークでお子さん2名(兄弟)のプライベートレッスンを行いました。

自分はレッスン前に必ず「どうしてレッスンを受けたいと思ったの?」と子供たちや親御さんに動機を聞くのですが、すると「オリンピックのMTBの競技を見て格好いいと思ったから」という答えが。

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

オリンピックのMTBクロスカントリーは自分もネットでのライブ中継を最初から最後までしっかり観て、知り合い達とTwitter上でリアルタイムで盛り上がっていましたが、日本人選手がメダルを獲った訳でもなく、一般的な盛り上がりはそれ程高くなかったように思います。

例えば、オリンピックのスケートボード(ストリート)みたいに男女揃って金メダルを獲ったなら、日本中に憧れる子供たちが多数出現するのでしょう。
スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

それとは違い、だいぶマイナー気味だったMTBの競技を観て、「やってみたい!」と思ってくれたこの兄弟の存在をとてもありがたいと思うのでした。はい、しっかりダート走行基礎やパンプトラック、スラロームコースの走り方をレクチャーしましたよ!

 

レッスン後、少しだけ4連ジャンプで最近練習中のキャンキャンにトライ。

スマイルバイクパーク SBP levo キャンキャン

前回の初トライ時よりも、わずかに高いエアーで余裕を持って決められるようになってきました。まだまだ上手くなれるので頑張るぞ!

 

 

最近のBIKE&FISHで自分のブームになっているのが毛鉤でのオイカワ釣りです。さらに言うと、婚姻色が強く出たオイカワのオスを猛烈に釣りたくて仕方がないのです!

多摩川河原 BIKE&FISH オイカワ釣り

それで、かれこれ数日で150匹以上釣っていますけど(すべて即リリース)良サイズは何匹が釣れるものの、なかなか目当ての魚に出会えあせん。

 

それでも頑張ったところ、ついに念願の色濃く婚姻色が出た立派なオスが!

多摩川河原 BIKE&FISH オイカワ釣り

やったー!!と思い、浅瀬に誘導してピント合わせで一枚撮ったところで針が口から外れて逃げたー!!

あーーーーー!!!!自分の中ではキレイに写真を撮ってから、ようやく「釣れた!」になるので、今回のはノーカンに等しいですね。ああ、またやり直しか…(泣)

スマイルバイクパークダートジャンプジャムは再び延期ですRiders-Diary

2021年8月29日(日)に開催予定のスマイルバイクパークダートジャンプジャムは、昨今の全国的な新型コロナの新規感染者数の増加を考慮しまして、再び延期することとしました。

緊急事態宣言 開催延期 スマイルバイクパーク SBP ダートジャンプジャム スラロームジャム

楽しみにされていた皆様、度々申し訳ありません!開催日が決まりましたら改めて告知いたします。

 

 

家からMTBで1分の多摩川河原の公園にある左下の白ポッチを使ってバニーホップするの本当に難しい。跳ね上がりが唐突過ぎて、なかなか思い切り刺せません。

多摩川河原 SHAKA24 バニーホップ ファイアークラッカー

それにしても日中は本当に暑くて30分が活動限界でした。

上の画像の後ろに小さく映るスケートボーダー達は去年の緊急事態宣言からずーっといる河原のローカル達。ゴミも散らかさずマナーも悪くないので、長らくこの場でスケートできています。

日本中のスケートボーダーたちがみんなこんな感じでマナーが良いと最高なんですけどね!

 

 

そしてこれまた家からMTBで1分の多摩川川岸でこの夏はクロダイが釣れます。しかもトップウォータールアーで!

BIKE&FISH POPXで釣れたクロダイ

近所でMTBのみならず、釣りでもエキサイティングできて最高の環境だったり。

 

近頃は日没時間も少しずつ早くなっていますね。SHAKA24が夕日に映えます。

多摩川河原 SHAKA24

こんなに広い空、キレイな夕焼けをだいたい毎日見ることができて、本当に良い環境に住んでいて幸せに思います。

 

 

横須賀在住のTUBAGRAライダーSHAKA26乗りのYAMATO君の新作動画のプレビュー版だそう。本編が楽しみです!

 

 

先日の夕方は仕事を急いで終わらせ息子と、そしてkoMOZU乗りのカイト君&ご両親と一緒にナマズ釣りをしてきました。

多摩川 BIKE&FISH ナマズ釣り カイト君 叶大

夕まずめにカイト君が担当するロッドが激しく曲がり、鬼アワセからファイトに突入!

カイト君にとっては初めての強烈な魚の引きで何度か負けそうになるも、ウチの息子もランディングを手伝い何とかキャッチしたのは65cmの立派なナマズ!

カイト君、おめでとう!!最高のファイトだったよ!!

ウチの息子はアタリは多くあるも乗らずで今回は凸。次、頑張ろう!!

今年初のふじてんダウンヒルはRiders-Diary

先週、スマイルバイクパーク常連ライダーたちと富士見パノラマに今年初のダウンヒルしに行ったことで、自分の中でダウンヒル熱が高まったため、今回はふじてんに行ってきました。

ふじてん levo MAZDA CX-5

すると、高速道路を下りたところでスマイルバイクパーク常連の小学生ライダー リク君とお父様のクルマと並走。まさかのリク君親子も今日ふじてんライドなのでした。

 

そしてふじてんに到着すると、駐車場でこれまたスマイルバイクパーク常連のTさん、Iさんにも遭遇!(この2人も別に示し合わせた訳ではなく現地で偶然遭遇したとのこと)

ふじてん ダウンヒル

そんな訳で、気が付けばスマイルバイクパーク常連ライダー達が5人揃って、先週の富士見パノラマで行った「出張スマイル」のふじてんバージョンとなったのでした!

 

ということで、今回初ふじてんというリク君と最初の1本は一緒に走ることに。リク君は初めての本格的なダウンヒルコースに戸惑っていましたね。小学生なら仕方がないことです。

ふじてん ダウンヒル

ところがその数時間後、お昼くらいに一緒に走ると、とてもスムースに走れるようになっているじゃないですか!すぐに慣れて今では楽しくて仕方がないといった様子です。そこはスマイルバイクパークを走り込んでいる効果が活きているように思いました。

 

ふじてん ダウンヒル

さらにはコース中にある大きなジャンプも物怖じしせず飛んでいくまでに。

 

ふじてん ダウンヒル

一方、お父様の方は、本来はリク君が乗るはずだった26インチダートジャンプバイクに乗ることとなり、サイズが小さくて本来のライディングを発揮できなかったように思います。(※今回リク君が乗っている27.5バイクは元々お父様が乗るバイクでした)

こりゃあ現状の27.5バイクはリク君に譲り、新たにご自身の最新バイクを購入するしか…!

 

ふじてん ダウンヒル

先週に富士見パノラマでご一緒したTさんも華麗に飛び走ります。富士見パノラマよりもふじてんの方がリラックス走れるとのこと。

 

ふじてん ダウンヒル

そしてここのところスマイルバイクパークで見ないと思っていたら、この夏はずーっとふじてんに通われていたIさん。

 

ふじてん ダウンヒル

今回のメンツで一番華麗にジャンプを決めていました。

 

そして自分のライディング。依然としてメインバイクであるcroMOZU275のフロントサスフォークがオーバーホールから戻ってきてないため、今回もeMTBのSPECIALIZED Turbo Levo SL Compで飛び走ることに。

ふじてん ダウンヒル levo

馬車道のラダードロップの前のダブルから、ドロップした後の溶岩ゴツゴツ?部分をステップダウンで飛び越すところ、そこからの曲がっていく連ジャンの流れが楽しすぎて楽しすぎて… 殆どこのルートばかり繰り返し走っていましたね。

とはいえlevoでのこのサイズのエアーは不慣れなため、思うようにエアートリックが決められず悔しい思いをしました。これはLevoでも通って下手くそな自分を鍛え上げないといけません!

 

そうこうしている内に、自分は仕事があるのでお昼過ぎに急いで撤収。3時間キッチリでしたけど、とても有意義で面白いふじてんライドでした。ご一緒したみなさま、本当にお疲れ様でした!!

 

 

 

朝活BIKE&FISHはトップも流しも巻きも不発。帰り間際にマルタウグイを狙おうと水際を覗くとクロダイ!

BIKE&FISH ゲイリーシュリンプで釣れたスモールマウスバス

ミノー系のルアーは全て無視されたので、手持ちの小さなエビ型ワームで釣れるかな?とノーシンカードリフトさせたら良型のスモールが横からサッと来て喰った!ナイスファイトの30cmジャストでした。

猛暑なスマイルバイクパークのプライベートレッスンRiders-Diary

先日の日曜日はスマイルバイクパークで朝から夕方までプライベートレッスンを行っていました。

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

さすがに8月に入ると夏休みなのでお子さんとお父さんといったご家族での参加が増えています。

 

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

全体的にはキッズが多めで、かなり暑い中だったのでこまめに日陰に入り水分を摂ってもらいながらレッスンを進行していきました。

レッスンを受講した全ての方たちが確実に上達し、とても嬉しそうで本当に良かったです!

 

 

それにしてもこの日はスッゴク暑くて、自分的には今季一番の辛さでした。特にお昼前のレッスンが終わった後の精神的・肉体的の負担はかなりのもの。

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン 猛暑 水浴び

とりあえず何とか受付に戻って水道水を頭から被り強制冷却。そして汗だくでびっちょりになったシャツを乾いたパリパリの物に着替えてリフレッシュ完了!

まだまだ夏はこれからなので、この調子でMTBインストラクター業を頑張りますよ!

スマイルバイクパーク小田原フォレストバイクで定期的にレッスン、基礎講習を行っていますので、お気軽にお申し込みください。

 

 

スマイルバイクパークでレッスンが終わった後、eMTBのSPECIALIZED Turbo Levo SL Compでエアートリックがやりづらいのですが、キャンキャンの練習をしました。

スマイルバイクパーク SBP levo キャンキャン

自分の中でやりづらかった4連ジャンプの2個目でようやく足を離せるようになりました!

まだエアーが低くてかっこ悪いですが、もっと高くキレイに決められるように頑張ります!というか早くcroMOZU275で決めたい!

 

 

メインバイクであるcroMOZU275のサスフォークオーバーホールが依然終わっていないため、今や完全に日常の足となったeMTBのSPECIALIZED Turbo LEVO SL Comp Carbon。

朝活BIKE&FISH eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon

最初こそ「キレイに使わなきゃ」と気を遣っていましたが、増水した河原を走った際、ズブズブと水に浸かった頃からタガが外れ始め…(汗)

BIKE&FISH POPXで釣れたシーバス

朝活BIKE&FISHで釣ったシーバスをホイールに乗せて写真を撮りまくるまでに。あー、もう魚臭いホイールになってしまったか。

久しぶりに小田原フォレストバイクで講習そして息子が覚醒Riders-Diary

ここのところ雨天でキャンセル続きだった小田原フォレストバイクで久しぶりにバニーホップとジャンプの講習会を行ってきました。

午前中はバニーホップ基礎講習です。

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

最初にバニーホップの仕組みを受講生たちに説明し、まずは平地でバニーホップをできるようになってもらいます。近頃はフルサスバイクでのご参加も増えましたが、殆どの方が30分以内にできるように。

 

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

バニーホップのカタチを覚えたら、次はトレイルなど実戦で使えるバニーホップの派生トリックであるファイアークラッカーを習得。意図的に前後輪を障害物に当てることによって、下り斜面でも簡単に高さ・距離のあるバニーホップをすることができます。

 

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

ファイアークラッカーができるようになったら、次はフォレストバイクのコース内トレイルで実際に行えるようになってもらいます。やはりMTBはトレイルが似合いますね。

小田原フォレストバイクでのバニーホップ基礎講習は、だいたい上記のような流れでバニーホップ、その応用トリックであるファイアークラッカー、そしてそれらを実際にトレイル内で実践するためのテクニックをレクチャーしています。

 

午後はジャンプ基礎講習です。

小田原フォレストバイク ジャンプ基礎講習

最初にジャンプの仕組みを説明し、高さ40cm程の広いバックサイドを有するキッカーを使ってしっかり踏み切れるためのテクニックをレクチャー。危なげなく安定してできるまで徹底して行います。

 

小田原フォレストバイク ジャンプ基礎講習

基本ジャンプができるようになったら次は3連ジャンプで連ジャンを飛ぶためのテクニックを伝授。バックサイドにノーズダイブするためのコツを分かりやすく説明します。

 

小田原フォレストバイク ジャンプ基礎講習

最後は3つ目のコブでハイエアーなど魅せるジャンプをするコツも。

 

今回もバニーホップ、ジャンプ共に殆どの方が怪我をせず、しっかりできるようになりました。受講されたい方はフォレストバイクのWebサイトFacebookからお申し込みください。

 

 

その日のフォレストバイクにはヨツバサイクルのミナト君、koMOZUライダーのカイト君、そしてウチの息子も来て大賑わいでした。(やかましいくらい)

小田原フォレストバイク ヨツバサイクル koMOZU

みんなで3連ジャンプやバンブーパンプトラックを飛び走りまくっていましたね!

その様子を見ていた多くの方たちから「まだ小さいのにスゴイ!」と言われまくっていたとか。

 

今回フォレストバイクに息子を連れて行ってビックリしたのは、現状かなり雑なものの3連ジャンプを最後まで飛びきれていたこと。(※途中ペダリングしているので完全クリアーではありませんが)

小田原フォレストバイク koMOZU 叶大

今まではいつも一緒に乗るスーパーキッズ達の勢いに押されて全然勢いが無かったのに。

彼の中で何かが大きく変わってきているのかも知れません。格好良かったよ。これからももっとたくさん練習してバンバン飛んでください!

 

ヨツバサイクルのミナト君は今回が小田原フォレストバイク初ライド。なのでお父様と一緒に初めて訪れた方が必ず受講するA1講習を受講していました。基本的なことばかりですが、気付きが多くてとても良かったそうです。

小田原フォレストバイク ヨツバサイクル ミナト君

初めて3連ジャンプを飛ぶミナト君。流石にすぐ順応してトリックをいくつか入れるまでになっていましたね。

 

小田原フォレストバイク ミナト君

ミナト君のお父様も華麗に連ジャンを飛んでいきます。

 

 

小田原フォレストバイク koMOZU カイト君

koMOZUライダーのカイト君もスムースに3連ジャンプを飛んでいきます。

 

小田原フォレストバイク croMOZU275 カイト君

そしてcroMOZU275に乗るカイト君のお父様も。最近ではハイエアーだけでなくワンフットも繰り出せるようになりました。

 

依然としてcroMOZU275のサスフォークがオーバーホール中で、eMTBのSPECIALIZED Turbo Levoに乗る私です。

小田原フォレストバイク levo

基礎講習が終わった後、連ジャンをSPECIALIZED Turbo Levoで飛んでいきます。重たいですけど基本的なことは問題なくできますね。

 

そんな訳で、自分は終日MTBインストラクター業ではありましたが、息子の飛躍を目の当たりにできてとても良い1日でした!

 

 

家からMTBに乗って1分で行ける多摩川で相変わらず釣れています。

BIKE&FISH POPXで釣れたスモールマウスバス

真夏の真っ昼間にも関わらず、トップウォータールアーでスモールマウスバスが。

 

BIKE&FISH エリテンで釣れたシーバス

ゲリラ豪雨の直後、増水・濁りのあるスポットで釣れたシーバス。

スマイルバイクパーク常連ライダー達と富士見パノラマに行ってきましたRiders-Diary

スマイルバイクパーク常連ライダー+αで富士見パノラマに乗りに行ってきました。この企画、去年からスタートしていたのです。こちらが去年の記事になります。

富士見パノラマ スマイルバイクパーク常連たちと

分かりやすいメンツで言うと、エリートライダーで先日のENS?のハードテール部門で優勝した平野タツヤ君(MONORAL BIKES)、初期のスマイルのスラロームコースを設計したエリートライダーのスバル君、スマイルのスタッフ藤井さん、そしてゲスト参加の板垣奏男君などなど。

 

去年はスマイルスタッフの藤井さんを筆頭に、他は純粋にスマイル常連ライダーたちだけだったので、それ程スピード域は高くなく、どちらかと言うと癒やし系ライドだったのですが…

やっぱりエリートライダーが一緒に走ると皆さんテンションが上がってしまい、1本1本、気力と体力がゴッソリ持っていかれるそこそこハードなダウンヒルとなりました。

 

今回パノラマが初めてのスマイル常連ライダーの方も、数本目から一番ハードと言われているルートをそこそこのペースで走ることになって危ないシーンもいくつかあるも怪我は免れました。スマイルバイクパークで日々練習しているからこそでしたね!

 

自分自身もあえて苦手なハードなルートばかりを走り、大きなドロップをいくつか繰り返しチャレンジし、だいぶ苦手感を克服できたかなーと思います。そういった意味でも非常に有意義なライディングでした。

 

最後はみんなでジャンプいっぱいの去年開通した新ルート「ブルーホーネット」を走りました。

富士見パノラマ スマイルバイクパーク常連たちと ブルーホーネット

富士見パノラマ スマイルバイクパーク常連たちと ブルーホーネット

平野君はチキンウイングなど大技をかまして飛んでいきます。

 

富士見パノラマ スマイルバイクパーク常連たちと ブルーホーネット

スバル君もガッツリ入ったモトウィップを入れて飛んでいますね。

 

富士見パノラマ スマイルバイクパーク常連たちと ブルーホーネット

富士見パノラマ スマイルバイクパーク常連たちと ブルーホーネット

奏男君も1つ1つの技を最高に格好いい完成度で飛んで行くのでした。

 

富士見パノラマ スマイルバイクパーク常連たちと ブルーホーネット

一方、大きなジャンプが苦手というスマイルスタッフの藤井さん。

 

富士見パノラマ スマイルバイクパーク常連たちと ブルーホーネット

そしてやっぱりスピード域の高いジャンプでのトリックが苦手な自分も十分なエアーを見せることができませんでした。悔しい〜(泣)

 

今回はみんなで一緒に走るグループライドだったので反復練習ができませんでしたが、次に富士見パノラマに行く際はブルーホーネットをひたすら反復練習しようと思います。自分もガッツリエアートリックを入れて飛んで行けるようになりたい!

という訳で、全員大きな怪我もなく終えることができて本当に良い富士見パノラマライディングでした!お疲れ様でした!!

 

 

 

家からMTBで1分ポイントが最近熱いです。まぁ、気温も暑いですが。

BIKE&FISH POPXで釣れたシーバス

POPXというトップウォータールアーでと真っ昼間にシーバスと!

 

BIKE&FISH POPXで釣れたクロダイ

そしてクロダイがコンスタントに釣れてくれます。仕事終わってちょろっと行ってこのサイズが気軽に釣れるから楽しすぎ!

世間は4連休でしたが…Riders-Diary

前回のキャンプから帰宅しクルマに積んだ重たいクーラーボックスを持ち上げたところ、腰に電気が走るような衝撃が。はい、プチギックリやってしまいました〜(泣)

そこから3日間ほど腰痛に苦しめられ、家で大人しくするばかりの生産性のない生活を送っていて、4日目にして多少は良くなってきたので「休んでいた分を取り戻すべく稼がないと!」とスマイルバイクパークでMTBインストラクター業をスタート。

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

夏休みの今はキッズたちのレッスンがとても多いですね。

 

まだ腰が本調子でない私の代わりに、一緒にスマイルバイクパークに行っている息子にパンプトラックやスラロームコースでお手本を見せてもらいました。

スマイルバイクパーク SBP パンプトラック ヨツバサイクル 叶大

キッズ達からしても、同年代の子が同じバイク(ヨツバサイクル)でスムースにプッシュプルができているのは大変刺激になるようですね。

 

キッズばかりでなく、当然大人のレッスンも盛況です。

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

ジャンプの安全で正しい練習の仕方や…

 

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

トレイルで大活躍するバイクの特性・地形を理解した激坂登りの方法など、習得されたいテクニック、シチュエーションなどを教えていただければ、それに合わせた最適なレッスンを行います。

 

家族でレッスンを受講される方も多いですね。

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

パンプトラックやスラロームコースでMTB走行の基本を習得したら、次は富士見パノラマや白馬岩岳などのダイナミックなコースをお楽しみください。

 

それにしても暑かった!今回のスマイルバイクパークでのレッスンは3連勤で教えた人数総勢14人と大忙しでした。

スマイルバイクパーク SBP 水鉄砲で水をかけている叶大

熱中症を防ぐコツは、頻繁に木陰で休んで体温の上昇を防ぐことと、こまめな水分補給。そして毎回レッスンが終わる度に受付に戻って水道水を頭から被ることです。これでかなりスッキリしますね。

上の写真は水鉄砲で息子に水をかけられているところ。既に頭は水でビッショリなので焼き石に水だったりするのですが。

 

 

今回のスマイルバイクパークには久しぶりに凄腕MTBライダーのbori君が来ていました。

スマイルバイクパーク SBP スラロームコース bori君

彼のスマイルバイクパークでのカッティー講習は大人気で、過去に開催した回はすぐに満員御礼になってしまったほど。そろそろ3回目も開催したいと思いますので、TUBAGRAのWebサイトをチェックしておいてください。

 

 

レッスンがあった日は暑くて疲れてプライベートでMTBに乗る気になれませんが、涼しい夕方に少し乗ることも。

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプ LEVO

息子に撮影してもらったeMTBのSPECIALIZED Turbo Levo SL Compでのワンハンドです。本当はカメラを指差しているのですが、何度やっても息子がベストなタイミングで獲ってくれませんでした。いつになったら息子は撮影も上達するんだー(泣)

 

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプ koMOZU 叶大

4連ジャンプの1個目は余裕で飛び越せる息子。今回は初めて2個目の飛び切りにトライ。まだまだ高さと距離が足りないのですが、今までで一番飛べていたので、次に繋がる良い練習になったと思いました。

 

息子に撮ってもらった私のLEVOでのスラローム走行。

スマイルバイクパーク SBP スラロームコース LEVO

腰に過度に負担のかかるバニーホップ系だとまだ痛くてできませんが、スラロームなら安心して突っ込むことができますね。

 

スマイルバイクパーク SBP スラロームコース koMOZU 叶大

息子のスラローム走行。今のところ大した変化無し。もっと貪欲に練習してもらいたいなぁ。

 

 

日課の朝活BIKE&FISHで釣れたクロダイ。

BIKE&FISH POPXで釣れたクロダイ

これが釣れたのは海ではなく多摩川です。さらにPOPXというトップウォータールアーで釣れたのが本当に嬉しかった!

 

ただ最近、朝にやると太陽が出てからとても暑く耐えられないのです。ハードな藪こぎをしてスポットまで進んで行くので、虫刺されを避けるために今の時期でも長袖長ズボンの格好なので、本当に暑い。

夜活BIKE&FISH エリテンで釣れたシーバス

そのために釣りをする時間達を夜にズラしてみると… 74cmの良型のシーバス!

 

夜活BIKE&FISH エリテンで釣れたナマズ

そしてこれまた74cmのナマズが釣れて最高でした。とはいえ、夜でも暑くてこたえますね…(汗)

パンプトラック専用MOZU「HiTaka proto」を一般販売Riders-Diary

仙台在住のTUBAGRAライダーで、現在福島県にある国際基準のパンプトラックコース「しんちパンプトラック」の管理人であるKai君がジオメトリを考案、それを岡安製作所の岡安さんがカタチにし、そしてKai君自身がライディングテストを繰り返し、ブラッシュアップしている全く新しいTUBAGRAオリジナルフレームをこの度一般販売することになりました。

HiTaka proto pMOZU パンプトラック専用MOZU

開発ネームpMOZU、そしてKai君が命名した正式名称は「HiTaka(ハイタカ)」となりました。

 

このフレームのコンセプトは以下の通りです。

 

パンプトラック・バイクパーク・ジャンプトレイル等の幅広いフィールドでMTBを楽しむ為に2020年代最新のジオメトリーを模索して開発された、フリースタイル用マウンテンバイクフレーム。

 

今回販売するのは2ndテスト(Mk2)をベースに一般販売用まとめたプロトタイプとなります。

 

このフレームのシェイクダウン映像をご覧ください。

 

「浅いパンピングでもバイクの加速に身体が追いつかないくらいスピードが出る」

 

この映像とこの1文だけで、HiTaka protoの尋常ではない性能がお分かりいただけるかと思います。

 

 

各部詳細となります。

HiTaka proto pMOZU パンプトラック専用MOZU

ヘッドチューブは上の画像のようにシェイプされたものとなり、ガゼットも従来の角パイプからより力を逃す形状に。

 

HiTaka proto pMOZU パンプトラック専用MOZU

シートチューブはシムをかませて27.2mmのシートポスト対応となります。従来よりも30gの軽量化を実現。

 

HiTaka proto pMOZU パンプトラック専用MOZU

チェーンステーのプレートはギリギリまで外側に取り付けられ、詰めた状態で26×2.3のサイドブロックが大きくないタイヤの装着を可能としています。

 

HiTaka proto pMOZU パンプトラック専用MOZU

リアハブは26インチ用フレームでは一般的な135mm/10mmに対応しています。ディスクブレーキはインターナショナルスタンダード方式を採用。

 

 

HiTakaとakaMOZU(ShinMOZUも同じジオメトリ)の横からの画像を縮尺合わせて並べてみました。

HiTaka proto pMOZU パンプトラック専用MOZU

形状やサイズ感がこんなに違います。

得意なフィールドもそれぞれ異なるので、それは近日中にしっかり紹介しますね。

 

 

【スペック】

素材:カイセイ製クロモリパイプ(MOZUシリーズ特注ダブルバテットチューブ使用)

重量:2.3kg

ヘッド:
・上側1-1/8″セミインテグーテッド ヘッド圧入直径44mm
・下側1.5″セミインテグーテッド ヘッド圧入直径44mm

BB:ユーロタイプ/シェル幅68mm

シートポスト:27.2mm

シートクランプ:32.6mm

ブレーキ:ディスクブレーキに対応

ヘッドアングル:69度(100mmストロークサスフォークインストール時)

シートアングル:74.5度

BBハイト:12.5mm下がり

フロントセンター:650.8mm(100mmストロークサスフォークインストール時)

リアセンター:26インチホイール仕様 最短370mm

リアハブ規格:MTB対応(135mm/10mm)

フレームカラー:ブラック、ホワイト、マットクリアー(特色+3,300円)

販売価格:¥110,000(税抜) ¥121,000(税込)

 

一般販売するとはいえ、即納可能な本数はマットクリアー1本のみ。

ご興味のある方はお問い合わせよりご連絡ください。近日中にオンラインストアにも掲載しますが、確実に確保したいのであればお問い合わせが一番かも知れません。

毎月恒例の家族キャンプでキャンピングヒルズ鴨川に行ってきましたRiders-Diary

今回の毎月恒例の家族キャンプは、千葉県鴨川にある高原のオートキャンプ場のキャンピングヒルズ鴨川に行ってきました

家族キャンプ キャンピングヒルズ鴨川 MAZDA CX-5 eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon

キャンピングヒルズ鴨川元々棚田だった地形を利用したキャンプ場で、段差を活用した地形にキャンプサイトがレイアウトされています。

 

実際、キャンプ場の周辺も棚田になっていて、とても良い景色を望むことが。

家族キャンプ キャンピングヒルズ鴨川 eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon

夕方になると涼しい風が吹き、良い景色も相まって長い時間佇みたくなります。

棚田という地形の特性上、アップダウンはかなり激しいのですが、今回、念のために持参したeMTBのSPECIALIZED Turbo Levoなら快適に散策することができました。

 

家族キャンプ キャンピングヒルズ鴨川 MAZDA CX-5 eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon

ちなみにトイレまでも激坂だったりするのですが、SPECIALIZED Turbo Levoが(便所バイクとして)まさかの大活躍!

 

家族キャンプ キャンピングヒルズ鴨川 MAZDA CX-5 eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon koMOZU

このキャンプ場は海岸から数キロメートル離れているためか塩臭さはなく、夜は気持ちの良い風が吹き、涼しくぐっすり眠ることができました。

もう少し早い時期に行けば大量のホタルも見られたみたいで、次に行く際は時期を考えたいと思います。

キャンピングヒルズ鴨川は鴨川という立地からアクアラインを使っても何だかんだ家から2時間くらいかかりますが、雰囲気最高だったのでリピート確定!次に行く際も楽しみだなぁ!

 

 

鴨川に行くなら立ち寄りたいのが鴨川シーワールド

鴨川シーワールド

今回初めて行きましたが、魚の展示がとてもキレイで考えられていて、過去に色々な水族館に行ってきましたが、自分的には一番好みでした。

 

鴨川シーワールド

ファインディング・ニモでお馴染みカクレクマノミもこの数、迫力ですよ!(集合体恐怖症の人にはキツいかも知れない…)

 

そして鴨川シーワールドと言えばシャチのショー!初めて観たシャチのショーは本当に凄かった。

鴨川シーワールド シャチのショー

まずシャチがデカいし、芸のレベルや完成度も高いしで驚きの連続。

そして尋常じゃなく水を被りました。スプラッシュマウンテンとかの水濡れなんて足元にも及ばず、バケツで大量の水をぶっかけ続ける如きの量。

鴨川シーワールド、今思い出しても相当面白かったです!キャンピングヒルズ鴨川に行くなら必ずセットで行きたいと思いましたね。

 

 

キャンプから帰宅してから軽く近所の河原でSHAKA24に乗って練習を少し。

石杭にリアタイヤを安定して当て、もっと軽やかに刺し入れて高く飛びたいのですが、なかなか上手くいきません。

これが上手くなったところでどんなメリットがあるのか分からないけれど、乗りかかった船なので突き詰めてみようと思います。

 

 

夕方、知人に毛針とエリアトラウトタックルを使ったオイカワ釣りを伝授。

多摩川河原 BIKE&FISH オイカワ釣り

すぐにコツをつかんで入れ食い状態になっているTata君を尻目に、自分は大きめの毛針縛りのお陰で1時間で3匹だけの惨状(泣)それでもキレイで大きめの個体が釣れて良かった!

梅雨明けギリギリのサタジュクアテンド・トレイルライドRiders-Diary

水曜は毎週定例の(恐怖の)サタジュクアテンドのトレイルライドでした。

時期が時期だけに濡れた岩盤や木の根、赤土が猛烈にスリッピーで、通常時は普通に走り抜けていたセクションが高難易度に。

サタジュク アテンド トレイル croMOZU275

愛車であるcroMOZU275に乗り、滑りやすい岩場を慎重に走るサタジュク塾長の佐多さん。

サタジュク アテンド トレイル

同じく慎重に走るサタジュク塾生のマキシマさん。

 

サタジュク アテンド トレイル  eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon

そしてeMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbonに乗る自分も。ちょっと木の根の通過角度を誤るとフロントやリアタイヤが滑るので、とてもスリリング。それがまた楽しいのですが。

 

サタジュク アテンド トレイル croMOZU275

木の根や岩など引っかかる障害物があると、下り斜面でお構わずファイアークラッカーで飛ぶ佐多さん。

 

サタジュク アテンド トレイル  eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon

本来ならバニーホップしづらいSPECIALIZED Turbo Levoでも、地形を上手く活用すれば下り斜面でも十分宙に浮きます。

 

サタジュク アテンド トレイル

梅雨の長雨で侵食されまくった急斜面をバイクを下りて進むマキシマさん。乗っていくにはリスキー過ぎる箇所がちらほらありました。

 

サタジュク アテンド トレイル croMOZU275

写真からは伝わりませんが、かなりの急斜面をわずかな走破可能ラインをトレースして下り進む佐多さん。

 

生きた心地がしなかったけど走り抜けられた時の安堵感&達成感が癖になります。

 

猛烈スリッピーは大変だったけど、実は登りが猛烈にハードでした。急斜面がとにかく長いのです。

自分はeMTBでそれ程でしたが、他の二人は相当キツかったのでは?最後の方でバッテリー残量がヤバくて冷や冷やでしたが。

 

サタジュク アテンド トレイル 集合写真

今日も無事に降りて来られて良かった!

 

 

今日の朝活BIKE&FISH。まだだいぶ水位が高い。

3つ目のスポットをシャッドテールワームで探っていたら足元でチーバスかかって即バレ!悔しい〜

朝活BIKE&FISH シャッドテールワームで釣れたスモールマウスバス

その後も同じように探っているとスモールマウスバス30cm。なかなか激しいファイトを堪能して満足です!

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2021 by Street MTB Team TUBAGRA