SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

TUBAGRAライダー 藤本さん akaMOZU タイヤグラブ Tire grab Coverphoto Gallery

FUJIMOTO's Tire Grab

TUBAGRAライダー達が乗っているフレームはこちら002

Topics

クリスマスは今年最後のトレイルライドRiders-Diary

クリスマスは、お馴染み埼玉県ふじみ野市のスポーツバイクショップ「スポーツバイクファクトリーふじみ野スズキ」で毎週金曜日夜に開催されるMTBストリートの練習会「サタジュク」アテンドのハードコ… じゃなくてアドベンチャー要素満載のトレイルライドに参加してきました。

サタジュク トレイルライド

今回走ったコースは散々だった前回と同じでリベンジしようと頑張ったものの、またしてもコテンパンに(泣)。上の写真、実は斜度が凄まじくて普通に歩くのも困難なほど。

 

サタジュク トレイルライド

写真だとなかなか伝わりませんが、ここも斜度が半端なかった。恐る恐る下り降りるサタジュク塾生の山崎君。自分は上の方は乗車は諦めて、中腹からMTBにまたがって下りました…。

 

サタジュク トレイルライド croMOZU275 佐多さん

croMOZU275に乗るサタジュク塾長 佐多さんのファイアークラッカー。高くて格好良いです!

 

サタジュク トレイルライド 池上さん

年間100本近くトレイルを走るハードコアトレイルライダー 池上さんの迫力あるドロップオフ。

 

サタジュク トレイルライド 森山さん

MTB歴1年ちょっとのご近所MTBライダー森山さんのファイアークラッカー。格好良く決まった1本でした。

 

サタジュク トレイルライド croMOZU275 バニーホップ

自分のバニーホップ岩超え。中途半端な高さになってしまったー(泣)

 

全員、無事走り終え一安心して最後に記念撮影。

サタジュク トレイルライド 集合写真

何度も怖い目にあったけど走破した後の「生還できて良かった感」がハンパ無かったですねー。

そんな今年最後の充実していたトレイルライドでした!

 

佐多さん、今年も素敵なトレイルを沢山アテンドしていただき本当にありがとうございました!来年もよろしくお願いします☆

 

 

クリスマスイブに小川輪業に行き、息子にフルフェイス ヘルメットをプレゼントしました。

ヨツバサイクル フルフェイスヘルメット ホールショットヘルメット

ヨツバサイクルのホールショットヘルメットです。

スマイルバイクパークのスラロームコースを走るスピードがそろそろ危険領域に突入していたので、満を辞しての導入となりました。

これが息子へのクリスマスプレゼントみたいなものですね。

 

 

クリスマスイブの夜、奥さんが作ってくれたローストチキンが激美味だったのですよ!

クリスマス 奥さんの手料理 ローストチキン

柔らかくてジューシーで、どの部位を食べても本当に美味しい!

塩と胡椒とハーブというシンプルな味付けで肉の美味しさが引き立っていました。

満足度高い〜!

 

ローストチキンに続き、奥さん手作りの「ブッシュドノエル」も最高に美味しかった!!

クリスマス 奥さんの手作りケーキ ブッシュドノエル

あっさりして上品な味付けなのにとにかく美味い!いくらでも食べられる☆

今日のトレイルライドで大量消費したカロリー分は摂取しちゃいました。お腹いっぱいで苦しい〜(汗)

 

 

クリスマスイブは息子のたっての希望で、自分がよく行くニジマスの管理釣り場「BerryPark in FISH ON!王禅寺」に行き3時間ニジマス釣り。

王禅寺 ニジマスをルアーで釣った叶大

息子、初めてトップ(ポッパー)で7匹もニジマスを釣りました。

自分もトップで10匹と、ボトムスプーンで10匹キャッチ!ボトムのパターンを掴むことができてまずまずの結果に。

 

王禅寺 ニジマスをルアーで釣った叶大

息子の初王禅寺、充分過ぎる釣果でフィニッシュすることができて良かった〜(泣)

三重のオガワサイクルさんでakaMOZUバイクが組み上がりましたRiders-Diary

三重県のオガワサイクルさんよりakaMOZUバイクが組み上がったと連絡をいただきました。

三重 オガワサイクル akaMOZUバイク

基本パーツはHOPEでまとめてあり、バースピンが可能なブレーキホース長を有する非常にこだわりの強いバイクに仕上がっています。詳細な内容はオガワサイクルのBLOGで紹介されていますので、是非ご覧ください!

 

オガワサイクルさんでは他にも3インチライズのクロモリ製ハンドルバー MURAMASA BARや、新しくリリースされた29STEMも近々展示される予定です。

オガワサイクル
〒511-0243
三重県員弁郡東員町穴太747-8
TEL:0594-87-7075
営業時間 10:00~20:00
定休日:水曜日 他不定休
駐車場有り

 

 

他のakaMOZUバイクを色々チェックしてみましょう。

TUBAGRAライダー 藤本さん akaMOZU 幕張

最近紹介したTUBAGRAライダー藤本さんのakaMOZUバイク。ジャンプトリックを行う上で最適なパーツセッティングになっています。

 

福岡 しみず君のakaMOZUバイク

九州のストリートライダーしみず君のakaMOZUバイク。ノーブレーキ仕様でバニーホップバースピンなどがやりやすいように。

 

 

ウィルバイシクル Will bicycle akaMOZU完成車

akaMOZUの販売実績を多数持つ相模原のMTBプロショップ「ウィルバイシクル」が制作したakaMOZUのデモバイク。すぐに売れてしまいましたね。

 

影山輪業スタッフ安田さんのakaMOZUバイク

影山輪業 横須賀上町店 安田店長のakaMOZUバイク。トップチューブが深いエメラルドグリーンに塗り替えられ、とても特徴的な仕上がりとなっています。

 

 

影山輪業 横浜杉田店 難波江店長のakaMOZUバイク

影山輪業 横浜杉田店 難波江店長のakaMOZUバイク。こちらもトップチューブの塗装を剥がしてラスタカラーに。独創的でとてもカッコイイです!

 

akaMOZU 2nd

akaMOZU 2nd WHITE

 

akaMOZUはTUBAGRAのフレームの中でももっともリーズナブルで、MTBらしい乗り味を保ちつつ、TUBAGRA特有の軽いフロントアップ、バニーホップや回転系トリック、エアートリックのしやすさを伴っています。一般的なMTBパーツとも適合し、パーツ移植が

 

 

 

 

キャンプ帰りに、自分がよく行くニジマスの管理釣り場「BerryPark in FISH ON!王禅寺」に寄ったところ、息子が激しく興味を持ちました。(※その日は激混みで釣りはできなかった)

多摩川でルアーキャスティング練習をする叶大 ヨツバ20 ヨツバサイクル

せっかくの日曜日はお昼過ぎから冷たい雨が降ってしまったのですが、「苦手なルアーのキャスティング練習をしたい!」と言うので、雨降る直前の多摩川で練習することに。愛車ヨツバ20を傍らにBIKE&FISH風です。

するとルアーがだいぶ真っ直ぐ飛ぶようになり、距離も程々に。これなら王禅寺デビューは近いかも。

津久井湖のそばにある青野原オートキャンプ場で家族キャンプRiders-Diary

今回の月イチ恒例家族キャンプは津久井湖の近くにある青野原オートキャンプ場でした。道志川のすぐそばにある山と川に挟まれた景色の良いキャンプ場です。

青野原オートキャンプ場 CX-5 croMOZU275 ヨツバ20

川に近いキャンプ場は台風19号の際に増水濁流となった川に流され大変な被害を受け復旧しておらず、依然としてクローズされているところも少なくありません。

青野原オートキャンプ場も例外でなく、川近くの人気キャンプサイトは消失していて限定的な営業となっていました。

オーナーの方たちは本当に大変かと思いますが、一刻も早い復旧を願います。

 

この季節になると夜はかなり冷えるので薪ストーブの出番となります。

青野原オートキャンプ場 CX-5 テント組み立て

我が家も薪ストーブを設置するのは今年の2月以来?となるので、久しぶりで設置方法を忘れかけていました。定期的にやらないと駄目ですねー(汗)

 

今回のキャンプでも大活躍だったcroMOZU275

青野原オートキャンプ場 CX-5 croMOZU275

何が良いってテントからトイレが遠くても移動が早くて全然苦じゃないこと。キャンプ場特有の凸凹路面や多少の上り下りはむしろご馳走ですし。路面の凹凸をバニーホップを駆使して飛び走ると気持ちが良いですよ!

もっとMTB乗って楽しいキャンプ場がたくさんできると良いな〜。

 

青野原オートキャンプ場 ヨツバ20

今回キャンプデビューだった息子のヨツバ20。今までの14と違ってホイール径あるから悪路もスムースで快適だったみたいです。

 

テントの設置が終わったら、近くにある津久井湖にワカサギ釣りに行きました。今回のキャンプのメインイベントです。

青野原オートキャンプ場 津久井湖 沼本ボート ワカサギ釣り

老舗の沼本ボートさんで3人乗りボートを借り、ワカサギがコンスタントに釣れるスポットへ向かいます。奥さんも息子もボート釣りは初めてということで最初は緊張していましたが、少し乗ると慣れてボート漕ぎを楽しんでいました。

 

お昼くらいにスポットに到着し、設置されているロープにボートを結びつけていざワカサギ釣りスタート!そこには既に午前中から釣りをされている方たちがたくさんいましたね。

奥さんや息子はワカサギ釣りは初めてですし、自分もおよそ35年ぶりと初心者と変わらないため「全く釣れなかったらどうしよう」という不安がありました。しかも今回のキャンプの夕飯は釣ったワカサギ料理がメインとしており、絶対に釣らなきゃ駄目!というプレッシャーも。

青野原オートキャンプ場 津久井湖 沼本ボート ワカサギ釣り 叶大

そして結果ですが…

2時間半くらいやって息子は5匹、奥さんは15匹、自分は20匹の合計40匹を釣り一安心!

 

最後はトイレを我慢出来なくなって撤収となりました。防寒が甘い上に水分を取りすぎてしまったのが原因です。

青野原オートキャンプ場 津久井湖 沼本ボート ワカサギ釣り

もう少し粘れば50匹は間違いなく釣れたのに〜!それがちょっと後悔です。

ちなみに、この40匹という釣果は他と比較するとダントツに少ないようで(上手い人は500匹くらい釣るとか)、ボート屋さん戻ったら追加でワカサギ50匹ほどいただくことに。お気遣いいただき本当にありがとうございました!

沼本ボートさん、また利用させていただきます!

 

テントに戻ったら既に外は真っ暗で、気温はどんどん下がって居ても立ってもいられない寒さに。

青野原オートキャンプ場 津久井湖 ワカサギ料理

そんな中でワカサギ料理スタート!軽く洗って下味を付けたワカサギ40匹に片栗粉をまんべんなくまぶしつけ、熱した油に投入します。辺りに良い匂いが充満してお腹は既にペコペコ状態!

 

青野原オートキャンプ場 ワカサギ料理

きつね色になるまでしっかり揚げ、油をよく切って出来上がり。

 

青野原オートキャンプ場 ワカサギ料理

焚き火を前に食べる、出来たてホヤホヤのアツアツ・サクサクなワカサギの唐揚げは感動的に美味しかったです!家族3人で40匹はちょうど良い分量でした。う〜ん、満足!!

 

一瞬で40匹のワカサギを食べ終わり、後は寝るまでまったりムード。

実は近くにある温泉施設に向かったのですが、途中の道が台風で崩落していて通行止めで断念。未だに台風の爪痕はいたるところにあるのでした。

青野原オートキャンプ場 薪ストーブ

近くの大型スーパーでお菓子や明日の食材を調達し、再びテントに戻る頃には周囲は静寂の中です。

外は澄んだキンと冷えた空気に包まれていて、とても寒いのですが、この感覚が冬キャンプの醍醐味でもあったり。

 

青野原オートキャンプ場 薪ストーブ

そんな寒いところから、薪ストーブで温まったテント内に戻ったときの安堵感がこれまたたまらないのでした!

冬キャンプ、シーズンはこれからなので、たっぷり堪能したいと思います。

近頃MTBインストラクター業で手一杯Riders-Diary

ここ数日間に2回、小田原にあるフォレストバイクで朝から夕方までバニーホップ基礎講習、ジャンプ基礎講習の講師をしてきました。

小田原フォレストバイク

ここ最近のフォレストバイクは大きなキャパシティのある駐車場がいっぱいになる程の人気ぶり。

 

小田原フォレストバイク croMOZU275 テーブルトップ インバート

講習が始まる30分前は自分の試行錯誤タイム。今回はジャンプ基礎講習で使用するジャンプランプでcroMOZU275によるテーブルトップ(インバート)練習を行いました。

撮影前の数本目で結構深く入ったものの、着地で幅0.9mのバックサイドからフロントはみ出て危うく転倒しそうなり、撮影ではビビって深く入れられず(泣)

 

そうこうやっている内に朝イチはバニーホップ基礎講習からスタート!

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

平地でバニーホップの基本動作の習得→倒木を活用したファイアークラッカーの習得→実際にトレイル内にある倒木でファイアークラッカーをする、という流れを時間内に行います。この流れでどんな方でもおおよそ飛べるようになりますね。

 

午後はジャンプ基礎講習です。

小田原フォレストバイク ジャンプ基礎講習

午前中にバニーホップ基礎講習を受講された方がそのままスライドして受講されるケースが多く、結果的にその方が踏切が安定して習得スピードが早いですね。転倒も非常に少ない…、というか殆どありません。

ですので、効率的かつ安全にジャンプを習得されたい方はバニーホップ基礎講習から受講されることをオススメします。

 

小田原フォレストバイク ジャンプ基礎講習

今回、受講されたみなさま本当にお疲れ様でした!習得されたことを忘れないように身近な環境で反復練習を行ってくださいね。

 

フォレストバイクでは月に3〜4回、自分が講師を担当するバニーホップ基礎講習やジャンプ基礎講習を行っています。フォレストバイクのWebサイトやFacebookページからご覧いただけますので、ご興味のある方は是非ご参加ください!

 

 

先日、冷たい雨が降った際も朝活BIKE&FISHを頑張った甲斐がありました。

朝活BIKE&FISHで釣れたクロダイ メタルバイブ

久しぶりのクロダイ50cmちょいオーバー!!ナイスファイターで無事ランディングした時は本当に嬉しかったです。

朝活BIKE&FISHで釣れたクロダイ メタルバイブ

今朝は今まで使ったことのないメタルバイブをいくつか試してみましたけど、低速でも強いバイブレーションするタイプじゃないと駄目と確信しました。

TUBAGRAライダー藤本さんの29STEMインプレッションRiders-Diary

先日、40代MTBダートジャンパーのTUBAGRAライダー藤本さんに、TUBAGRAオリジナルのショートステム「29STEM」を渡しました。

すると、すぐに藤本さんは愛車のakaMOZUに装着し、使ってみてのインプレッションをいただいたので、早速紹介したいと思います。

ちなみに藤本さんの使うハンドルバーはこれまたTUBAGRAオリジナルのMURAMASA BARとなります。

藤本さんakaMOZU 29STEM MURAMASA BAR

以下、藤本さんの文章になります。
============================

TUBAGRA 29STEMを早速、取り付けにて試乗!と、思いきや強風の為ガッツリ乗れず感触のみ。

今まで装着していたBMXステム(リーチ50㎜)→今回の29ステム(リーチ29㎜)

ルックスは非常にコンパクト。無駄な造形は無くシンプルですがサイドのエグッた斜めのラインが特徴的で格好良いです。とても大人っぽい印象があり好み!

 

バニーホップをしてみて

笑っちゃうぐらい軽くフロントが上がりました。ステム自体も軽いですがバイクが異常に軽く感じ、簡単に楽に飛べます。これはズルいw

 

—ジャンプ技は以下の通り

 

XUPをしてみて

バーを回す腕が身体に近づいたために楽に回せ、回転径も小さくなった分だけバーの回す角度も増したかな。

 

テーブルトップ(インバート)してみて

非常にクイックに入るようになりました。バイクを傾ける軸が分かりやすくダイレクト感が増しましたね。小さな動きで入る印象。

 

ターンダウンしてみて

ライズが下がった分、若干の入り辛さはあったもののバイクを立たせる事で解決。

 

トボガンしてみて

これが1番良かった!バーを回し押し出す際の「バイクの軸を押してる感」が心地良い!「刺し」が楽で安定感も増した感じです。

 

ノーハンドやタイヤグラブトボガンしてみて

タックした際にバーが近づいたため、腹部でホールドしやすい。バーが暴れなくなったように感じます。

 

29STEM自分とは相性が良いみたいです。次回はガッツリ乗ってみます!

TUBAGRAオリジナル ショートステム 29STEM 突き出し29mm

============================

 

TUBAGRAのオンラインショップでは、最強の組み合わせである MURAMASA BAR + 29STEM のセット販売も行っています。

TUBAGRAオリジナル ショートステム 29STEM 突き出し29mm MURAMASA BAR

 

 

 

先日のTUBAGRAライダー藤本さんの撮影の後、croMOZU275に乗りちょっとした芝生の壁で様子見のエアターンをしてみました。

幕張 croMOZU275 壁エアターン

今のところ少ししか浮いていませんが、慣れてきたらもっと高く飛べる確信が得られたので、次回はもう少し頑張ってみようと思います!

 

 

息子、多摩川河原に携帯ジャンプランプを持ち込み、ヨツバ20で初ジャンプ。

多摩川河原 ヨツバ20 YOTSUBA20 携帯ジャンプランプで飛ぶ叶大

空中姿勢、着地も安定してて良い感じです。本人も今までのヨツバ14より安心感がある、と言っていましたね。

 

 

近頃は夕方で30分、多摩川でBIKE&FISHは家から10分スポットで。今の寒い時期でもルアーでコンスタントに釣れるコイ狙いです。

夕活BIKE&FISHで釣れたゴイ メタルバイブレーション

メタルバイブのリフトフォール5投目でヒットしファイト15分で60cm!

ロッドを持つ右腕完全死亡でメチャ疲れたけど楽しかった(笑)

最近の40代MTBダートジャンパーTUBAGRA藤本さんRiders-Diary

先日、12月半ばとは思えないポカポカ陽気な平日に、40代MTBダートジャンパーのTUBAGRAライダー藤本さんの撮影をしてきました。

TUBAGRAライダー 藤本さん akaMOZU ターンダウン 幕張

藤本さんと言えばターンダウン。MTBライダーでも繰り出せるライダーが極端に少ないエアートリックの1つです。

 

TUBAGRAライダー 藤本さん akaMOZU ターンダウン 幕張

ターンダウンを違う角度から。リアホイールがフロントよりも前に来ていて、そのエグさが際立っています。

 

ターンダウンの動きが分かりやすい動画をご覧ください。

 

お馴染みの撮り方だと飽きてくるので、今回は新しい試みをしてみました。

TUBAGRAライダー 藤本さん akaMOZU ターンダウン 幕張

空中に飛び出してターンダウンを繰り出す藤本さんの目の前にカメラを出し、ノーファインダーでシャッターを切ります。

そのままだと当然カメラとバイクは激突してしまうので、シャッターを切ったと同時にカメラを素早く引っ込ませて、藤本さんは何事もなく着地。

結果的に今までにない迫力ある写真が撮れました!(背景の太陽光が入り込んでしまったのが残念…)

 

TUBAGRAライダー 藤本さん akaMOZU ターンダウン 幕張

時間をズラして太陽の位置が少し動いた後に再びターンダウン撮影。今回は左ペダルを意図的に外したターンダウンをしてくれました。

 

TUBAGRAライダー 藤本さん akaMOZU ターンダウン 幕張

ターンダウンを後ろから。このトリックのエグさが良く伝わる構図ですね。

 

 

これまた藤本さん定番トリックのテーブルトップ(インバート)。

TUBAGRAライダー 藤本さん akaMOZU テーブルトップ インバート 幕張

バイクを立てて入れるスタイルが藤本さん流。何十回と見たこのトリックも、新しい構図で撮ると新鮮です。

 

 

そして今年マスターして早速、得意技の1つとなったトボガンも。

TUBAGRAライダー 藤本さん akaMOZU トボガン 幕張

しっかり腕が伸び、腰も引ききってバッチリ入っていますが…

 

TUBAGRAライダー 藤本さん akaMOZU トボガン 幕張

さらにトボガンを突き詰めた藤本さんでした。ハンドルの角度、腰の引きっぷりがエグいです。

 

TUBAGRAライダー 藤本さん akaMOZU タイヤグラブ 幕張

これまた藤本さんの新技タイヤグラブ。タイヤに触っている時間が長く、上半身を入れ込んでいるのでとてもカッコイイ!

 

TUBAGRAライダー 藤本さん akaMOZU ノーハンド 幕張

さらにこちらも新技ノーハンド!本人曰く、本当に最近トライし始めたばかりで入りも浅い、のですが、40代になっても積極的に新技にトライし、次々モノにしている藤本さんが本当にスゴイ!尊敬してしまいます。

 

 

藤本さんのakaMOZUバイクを、技をする上でのこだわりという観点から紹介します。

TUBAGRAライダー 藤本さん akaMOZU 幕張

TUBAGRAライダー 藤本さん akaMOZU 幕張

 

ハンドルバー700㎜(バーエンドキャップ含む)

TUBAGRAライダー 藤本さん akaMOZU 幕張 MURAMASA BAR

テーブルトップ(インバート)やX-UPなどのハンドルを捻るトリックでは素早く身体(衣服)に触れず回す必要があるため、バーの長さは短い方がやり易く好きです。自分のベストは660㎜〜680㎜。ただ見た目のバランスもあるので700㎜で落ち着かせてます。

ハンドルバーを長くした際に腰痛が起きやすくなったのもバーを短くした要因の一つです(おっさん)

 

特徴的な高さと角度のサドル

TUBAGRAライダー 藤本さん akaMOZU 幕張

ターンダウンやテーブルトップ(インバート)をメイクするのに、足首をシート下に通し易くするためサドルを高めにセットしています。

また、サドルの角度を上げる事により空中でミスをした際に逃げ易く(足がシートに引っかかり車体と絡まるのを防ぐように)しています。

 

クランクの形状

TUBAGRAライダー 藤本さん akaMOZU 幕張

テーブルトップ(インバート)やターンダウンなどで足をペダルから離したりズラしたりする際、足のサイド部でクランクを挟み、車体を支えるようにしているのでクランクは板形状の方が掴み易く、足の負担も少ないので愛用しています。

 

 

藤本さんが乗っているakaMOZUです。

akaMOZU 2nd
akaMOZU 2nd

akaMOZU 2nd WHITE

akaMOZU 2nd WHITE
TUBAGRAのフレームの中で最も一般的なMTBの乗り味に近く、MOZU特有のバニーホップや回転系トリックがやりやすいジオメトリはそのままで、テーパーコラムのサスフォークに対応したヘッドチューブを採用。お求めやすい価格を実現した、多くのライダーに体験していただきたいMOZUです。

ご購入は日本中のプロショップ、オンラインショップから可能となっています。

eMTB化したcroMOZU275 息子の誕生日などRiders-Diary

croMOZU275をご購入されたお客様より「croMOZU275をeMTB化しました!」という連絡をいただきましたので、紹介したいと思います。

eBike eMTB化したcroMOZU275

アシスト機能のあるフロントハブをインストールしたという、「その手があったのか!」というビックリ発想でした。まぁ、フロントにユニットが来てフロントヘビーになるためバニーホップがしやすいか…と言われたら難しいのかも知れませんが、これは発想の勝利ですね。

eBike eMTB化したcroMOZU275

パーツ構成やカスタムのこだわりは以下の通りです。お客様の文章をそのまま掲載させていただきました。

===========================

MOZフレームを大変気に入っているので、カスタムが楽しいです。

一応スペック的にe-bikeとしては軽い総重量21kgで納まったので大満足なのですが、軽くする為に35mmのカーボンハンドルに変えて、ただでさえ電気系の配線が多いので、ディレイラーをSRAMのAXSにして電動化しようかと思っています。邪道と思われるかもしれませんが・・・w。

 

当初、ハブモーターの構造上、クイックリリースしか取り付けられず、フロントサスは1世代前のクイックリリースのサスペンションフォークにしようかと思ったのですが、フロントヘビーになりすぎてバランスが悪く、軽さ優先でカーボンフォークいわゆる中華カーボンにしました。今のところ剛性に問題は無いようです。

Fサス:TOSEEK Carbon 27.5/29ER QR 100mm
ヘッドパーツ:CHRIS KING FB0058 1 1/8-1.5T
ヘッドキャップ:チタン工房キムラ オーダーメイド
ヘッドバッジ:Rui & Aguri Fine Jewelry製 MOZゴールド

ステム:DMR Defy Freeride Black 35.0mm
ハンドルバー:DMR WINGBAR MK4 35.0mm 710mm
グリップ:BAFANG LeftHand Twist Speed Throttle

ブレーキコンポ:MAGURA MT5 F/R
ディスクローター:HAYES LIGHT WEIGHT ROTOR F180mm/R180mm

サドル:BROOKS Cambium Carved All Weather C17
ドロッパーシートポスト:SDG 150 x 30.9mm
シートクランプ:THOMSON SC-E104 34.9mm
リモートクランプ:Wolf Tooth LightAction ReMote for Magura MT

カセットスプロケット:SRAM XX1 XG-1299 10-50T 12Speed Gold
ディレイラー:SRAM RD XX1 Eagle Type3.0 12Speed Gold
トリガーシフター:SRAM GX Eagle 12Speed
シフトクランプ:MAGURA Shift Mix for SRAM Trigger

BB:RACEFACE CINCH BSA30
クランク:RACE FACE SIXC 170mm
ペダル:SPANK  OOZY TRAIL FLAT PEDAL
チェーンリング:MRP Wave Chainring RACE FACE Cinch 30T
チェーン:KMC X12 Ti-GOLD 12SP

タイヤ:WTB Convict 27.5X2.5
ホイール&モーター(フロント):BAFANG Front Hub Motor 27.5 QR 100mm
ホイール(リア):MAVIC XA エリート 27.5 Boost(12×148)
アクスル:SRAM Stealth Rear 12X148

ディスプレイ:BAFANG SW102
バッテリー:unit pack power U-D037 48V10AH

ライト:BIANCHI Bullet Lighting
キックスタンド:BIANCHI POWSEED
サドルバッグ:THEODORE
サドルケージ:ステンレスウイスキーボトル

===========================

 

 

 

先日、まとまった雨が降った次の日の朝、息子を保育園に連れて行った足で大師河原公園スケートパークへ。

大師河原公園スケートパーク SHAKA24 ダウンレッジでのスミスグラインド

水たまりだらけだったけど、たくさんフィーブルtoスミスグラインドの練習ができました。

最初は寒いかと思ってセーター+レザージャケット着てたら、思いのほか暑くてすぐに汗だく地獄。

 

 

その翌日はスマイルバイクパークでプライベートレッスンを2件行いました。

スマイルバイクパーク プライベートレッスン

レッスンを行った2名は共にロードバイク出身ということで体力はバッチリですが、MTBに関してはほぼ初心者ということでしたので、基礎的なMTBのテクニックからパンプトラックの走り方、スラロームコースのスムースで安全な走り方を伝授させていただきました。

お2人ともロードバイクの基礎があることか、上達がとても早かったです。

スマイルバイクパーク プライベートレッスン

スマイルバイクパーク プライベートレッスン

スマイルバイクパーク プライベートレッスン

特にスラロームコースは、最初は「怖い怖い」と言っていましたが、1本下り毎に洗練されていき、最終的にとてもキレイなフォームでライディングをされていました。

本人たちもとても楽しまれていて「何度もスマイルバイクパークに通います!」と笑顔で話されていたくらい。今後もMTBを楽しまれてください!

 

 

昨日は息子の6歳の誕生日でした。

叶大の6歳の誕生日 バースデーケーキ

毎年恒例の奥さん手作りバースデーケーキを前に記念撮影。

未熟児で生まれたのに来年は小学生ですよ。いや、もうホントに大きくなったもんだね。

 

叶大の6歳の誕生日 奥さんが作ったバースデーケーキ

息子が保育園で描いたバースデーケーキの絵を再現した奥さん、有能過ぎる!

味もすっごく美味しくて、市販品と違ってあっさり目の味で、バクバク食べることができます!昨夜はケーキでお腹いっぱいになりました。

 

 

近頃は家から15kmくらいの距離にあるニジマスの管理釣り場「BerryPark in FISH ON!王禅寺」に通っています。この寒さになると、多摩川も全然釣れなくなってきているので、ルアーでコンスタントに魚を釣るためには管理釣り場も悪くないな、と思ったからです。まぁ、BIKE&FISHではないのですが…(汗)

BerryPark in FISH ON! 王禅寺でルアーでニジマス釣り

自分がいつも利用するのは平日3時間2,500円コース。釣ったニジマスは10匹まで持って帰れます。

ただ、初めて行った時は激混みで2匹しか釣れず、2回目は7匹と、全然カンタンではありません。というかルアーでニジマス釣るの難しいです!

 

それでも持ち帰った魚を家族が美味しそうに食べてくれるので、自分が釣りを楽しめた上に、家族も料理で喜んでもらえて、ひょっとしてコスパ高い遊びなんじゃないか?なんて思いました。

ニジマスを食べる叶大 箸の使い方が上手くなった

特に息子は塩焼きが大好きで、たくさん食べたおかげで箸の使い方が飛躍的に上達しました。

いつかは息子と一緒に釣りに行きたいですが… まだ難しいだろうなぁ…

Young GunsはエモいRiders-Diary

前回の続き!
最近ホットなトピックスの二つ目です。

いつの世にも勢いのあるストリートライダー達がいるホットスポットが日本各地に出現します。

僕が若手と呼ばれた時代も(今だって全然若手のつもりですが)、
関西、行田、長野、そしてマイホームタウン仙台が
そんなホットスポットとして数えられていたように感じます。

時は巡って2019年。
ついにまた宮城にもそんなホットなエリアが生まれていたようです。
ただ今回は僕や伊織が拠点とする仙台ではなく、宮城県の県北のほう。
先日ようやく一緒に乗れたのでご紹介。

emo001
今回一緒に乗ったのはShinyaくんとKouyaくんの高校生コンビ。
どうやら仲間が他にもいるみたいなので、
最初期のSND*Sみたいな感じなんでしょうか。
なんともエモみが深い

 

そんな2人のバイクがこちら。
emo002
Shinyaくんの乗るバイクはblkmrktのMalice(!!)。
いやーエモ散らかってますね!最高です。
ハンドルはAtomLAB、ステムもブラマケという素晴らしさ。勉強熱心でよいと思います。

 

emo003
Kouya君の乗るバイクはNS BikesのMajesty。
海外ライダーの自転車みたいなまとまりのある雰囲気。
ハンドルはDeityだったかな、こちらもエモ。
我らがTUBAGRAのENMA Forkもインストールしてくれてます。
ありがとうございます!

2人ともFGFSのパーツもうまくアッセンブルしてあるのもポイント。
MTBブランドよりもストリートトリック向けの部品が多いのと、
何年か前の流行りもあって現在まで流通している玉数も多いですし。

 

ライディングの写真も少しだけ。
僕も乗ってたのでほぼ撮ってなかったんです…
emo004
Shinyaくんのスライダー。
2人とも基本的に180とかフルキャブとかのスピン系のトリックは大体できてました。
老婆心でパークとかダートも是非ともやってほしいなと思ってしまいます。

emo005
手足の長いKouyaくんの刺しバニー。
正統派の真っ直ぐ刺すタイプ。もちろん高く飛べるようになるためにはこれが最適解。
斜め刺しなんてもんは90cm以上跳べるようになってからやりましょう。

それにしてもこの2人、スタイルやバイクのセットアップなんかが
僕と伊織のように対照的なところがあるので、
そういう意味でも昔の自分たちを見ているようで感慨深いものがあります。
あーエモい。

 

これからが楽しみなライダーが身近にいるというのは、
こんなにもワクワクするものなんですね。
僕も大人の階段を順調に上っている気がします。

是非2人には僕や伊織を超えるライダーになってもらいたいものです。

今日はオチはありませんよ、感傷に浸っているので!
では!

フォレストバイクでバニーホップとジャンプの基礎講習をしてきましたRiders-Diary

日曜日は小田原にあるフォレストバイクで朝から夕方まで「バニーホップ基礎講習」「ジャンプ基礎講習」を講師として行ってきました。

小田原フォレストバイクでバニーホップ基礎 ジャンプ基礎講習会 croMOZU275

午前中は「バニーホップ基礎講習」から。今回受講された半数以上の方はバニーホップ未経験でした。

 

最初はバニーホップをするに当たっての準備運動を行い、最適なバイクセッティング、バニーホップの仕組みなどを伝授し、いざ実践へ。

小田原フォレストバイクでバニーホップ基礎講習会

平地の舗装路で、前後輪同時に跳ね上がるポゴではなく、荷重移動からのフロントアップ→踏み切りで空中に飛び上がるバニーホップのカタチを習得していただきました。

 

小田原フォレストバイクでバニーホップ基礎講習会

全員がバニーホップのカタチができるまで行います。幸い今回受講された方たちはスムースに習得することができました。

 

小田原フォレストバイクでバニーホップ基礎講習会

平地でMTBでバニーホップを延々続けていたらすぐに体力が尽きるので、次は倒木などの障害物に意図的にフロントタイヤをヒットさせ、その反発を利用して軽い力でバニーホップする応用テクニック「ファイアークラッカー」を習得。フルサスバイクでも軽い力で飛び上がることができます。

 

小田原フォレストバイクでバニーホップ基礎講習会

最初こそ皆様全く経験ない動きに戸惑っていましたが、バニーホップをしっかりマスターされた直後ということもあり、すぐにコツを掴んでポンポン飛べるようになりました。

みなさま「平地バニーホップよりも疲れずに飛べて面白い!」と楽しんで飛び越されていたのが印象的でしたね。

 

小田原フォレストバイクでバニーホップ基礎講習会

スキルアップエリアにある先ほどより直径の大きな倒木をファイアークラッカーで飛び越してもらいました。ダート路面にあることも先ほどと異なる要因ですが、みなさますぐに順応。

 

小田原フォレストバイクでバニーホップ基礎講習会

最後はフォレストバイクのコース(トレイル)上に設置した倒木をファイアークラッカーで飛び越してもらい撮影。こういったシチュエーションにみなさま燃えるのか、練習然とした先ほどの環境よりもみなさまのテンションが高かったのが印象的でした。

 

小田原フォレストバイクでバニーホップ基礎講習会

これらの動作をコースで行うとまるで山の中で撮ったような「MTBらしい」写真となり格好良く見え、皆様とても満足されていました。

 

 

午後は「ジャンプ基礎講習」を行いました。受講される方たちは午前のバニーホップ講習からスライドされる方たちばかりで、それがとてもスムースな結果を生むことに。

小田原フォレストバイクでジャンプ基礎講習会

ジャンプ講習を受講された半数の方がジャンプ未経験でしたが、先にバニーホップ講習を受講されたことで、つまずきやすいリップでの踏み切りの動作を自然と行えるようになり、開始15分そこらで全員が安定したノーマルジャンプをマスター。

 

小田原フォレストバイクでジャンプ基礎講習会

その後はリップの踏み切り方を変えることで高い飛行放物線にするハイエアーの練習も行いました。それもみなさま、とても飲み込みが早くカタチになっていて驚きでしたね。

やはり最初にバニーホップをマスターされていた方が、ジャンプの習得が早く安定し、転倒率も減ることが良く分かりました。

 

今回の受講メンバーたちは上達が早かったので、後半は3連ジャンプで。

小田原フォレストバイクでジャンプ基礎講習会

連ジャンは1つ飛んだらすぐに次のジャンプが来て、一度バランスを崩すとそれが増幅し大クラッシュにつながるリスクが。そうならないための段階を踏んだ連続するジャンプへの身体の慣らし方をレクチャーさせていただきました。

 

小田原フォレストバイクでジャンプ基礎講習会

最終的に3つキレイに飛びきれる人も出てきて良い感じに。

 

バニーホップもジャンプ講習も大怪我をする方が出ることなく、みなさま満足されて終えることができて本当に良かったです。

フォレストバイクでのバニーホップ、ジャンプ基礎講習は毎月開催しているので、興味のある方は是非受講されてください!

 

 

この日の朝活BIKE&FISHは45分トライして今季初のクロダイを釣り上げました!

朝活BIKE&FISHで釣れたクロダイ メタルバイブ

サイズは50cmに少し届かないくらい。

障害物にグイグイ突進して行く重たいファイトを久しぶりに味わえて満足度高し!嬉しい〜☆

トロピックサンダーRiders-Diary

ご無沙汰です。
書く書くと言っておきながら書かないあたり、
マニフェストを守らない政治家たちを笑えない件(自省)。

さて、今宵は最近個人的にホットな2つのトピックスをご紹介。
タイトルに意味はありません、語感で選びました。

まずは感度のいい方は既に知っている例の件。

mtbをそこそこやっている方なら目にしたことはあるであろう、
Velosolutionsによる国内最大級のパブリックパンプトラックコースが
僕の住む宮城県の南隣にある福島県新地町に今春オープンするそう。

Velosolutionsのパンプといえば、北海道の赤井川のコースが記憶に新しいところ。
知らない方はぜひ調べてみてください、ライダーなら涎がとめどなく垂れてくるはず。

さて自分がライダーとして活動している間にそんな素敵なパンプコースが近所(車で1時間)に
できるなんて夢にも思っていなかったので、早速現地へGO。

すると…
OH..
pump001
YES..
pump002
カナダからVelosolutionsのディグチームが来日してコースを造成していました。
彼らとも少し立ち話をしてコースについても意見交換(a.k.a.ノリと勢い)。
世界中でパンプコースを作っている彼らはタイトなスケジュールで、
コースの設計と舗装が終わったらすぐに出国してしまうとのこと。
もう少し親交を深めたかったので残念です。

 

そして舗装が終わったとのことで先日再び現地へ。
..!
pump004
もう素晴らしすぎて絶句。
La,la,la,la,la,la, 言葉にできない
pump003
Rやバームの角度・そこに施されたアスファルト舗装が、完璧な曲面美を描いています。
役場や施工業者のみなさん本当にありがとうございますとしか言えません。
いやまじで早く走りたい。

このパンプトラックは3つのコースから構成され、
キッズコース/一般コース/ジャンプ(!)コースというバランスのとれたラインナツp..
ではなく、どう見てもキッズコースからしてスキルフル。
さすが世界規模のコースです。

むしろ一般コースのほうが様々なレベルの方が楽しめそう。

ちなみにジャンプコースに至っては、一見する限りかなりの難易度。
こちらは腕に覚えのあるライダーに制覇してもらいたいところ。

関東の様々なバイクパークを羨ましがってたら、
世界規模のコースが出現してしまって、なんだかイマイチ現実感ないのが本当のところ。

来春オープンとのことですが、続報あればまたこちらで紹介しますのでお楽しみに!
なんだかakaMOZUも乗りたくなってきちゃったぞ、サモさん!

 

と、1つ目からホットすぎる話題でしたが、2つ目も個人的にはなかなかのもの。
ですがちょっと文量オーバーな気もするのでそちらは明日以降にデリバリー予定。

では!

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2020 by Street MTB Team TUBAGRA