SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 4th Coverphoto Gallery

croMOZU275 4th Now on SALE!!

TUBAGRA/driveライダー達が乗っているフレームはこちら

Topics

ダートジャンプ&バーベキューはどうでしょう?Riders-Diary

フラワートレイルダートジャンプセッション&バーベキュー

2017年8月20日(日)涼しくなり始める時間の15時スタートで、千葉のフラワートレイルでダートジャンプセッション&バーベキューをしようと思います。バーベキューは無料ですよ。

レギュラーラインで浮遊感たっぷりの技入りエアーを体験してください!本当に脳汁出まくりで最高に気持ち良いですから!!

ちょっと大きめのジャンプを飛んだことがない方、思い切りジャンプトリックを入れた経験の無い方は、1人1人に適した安全に技が入る方法をレクチャーします。

フラワートレイルの場所、概要についてはこちらをご参照ください。

 

 

今日の朝活BIKE&FISHは小雨がパラつき、強風が吹き荒れる多摩川河原で行いました。この程度の気候はcroMOZU275 4thなら回転系トリックが封印される程度で他には問題ありません。

croMOZU275 4th 多摩川河原サイクリングコース 斜面で斜め刺しバニーホップ

それで新しく遊べる地形を探し、トライしては「使えない…」とガックリしながら河原を走り回り、出勤時間が近づきタイムアウト。結局、過去に何度も飛んでいる逆R地形を無難にバニーホップで飛んで帰宅しました。

なかなか面白い地形が見つからないな〜。今はとにかく回転系でぶっ飛べる地形が欲しいです。

 

朝活FISH(釣り)をするも、多摩川は増水・濁流でパッと見釣りを諦めるレベル。 ですが、こんな時こそ魚が特定のスポットに避難しているので、そこを狙えば…

朝活BIKE&FISHで濁流の多摩川で釣れたスモールマウスバス

わずか5分で35cm超のスモールマウスバスをGETです!!

いやー、こんな悪条件の方がコンスタントに良サイズが釣れて良いな〜☆

AUTHEN SESSION2お疲れ様でした!Riders-Diary

我らがTUBAGRAも協賛させていただいた、茨城県のカミススケートパークで開催された「AUTHEN SESSION2」に行ってきました。AUTHENよりサポートを受けているTUBAGRAライダーのAKIRA君は夏風邪でダウンしたため、残念ですがYAMATO君と2人での参加です。

AUTHEN SESSION2集合写真

今回、TUBAGRAはバンクを使ったハイバニーホップコンテストをSESSIONの中で開催させていただきまして、流れで自分がイベントの撮影も行わせていただきました。

 

ちなみに、前半行われたスローマニュアルコンテスト→ハイバニーホップコンテストは写真で撮影し、後半のパークを使ったジャムセッションは動画による撮影となっています。動画の編集はちょっと時間がかかり後日公開するとして、今日のところは写真のみの公開となります。(※一部抜粋した写真の紹介になりまして、すべての写真は近日中にAUTHENのBLOGで紹介されるかと思います)

 

そんな訳で、AUTHEN SESSION2の前半の様子をご覧ください。

 

 

スローマニュアルコンテスト

AUTHEN SESSION2スローマニュアルコンテスト

少ない助走から5m程の区間を「遅い」マニュアルで通過した人に協賛ブランドのBMXパーツやアパレルなどの景品が贈られる異色のコンテスト。まず遅いマニュアルがとても難しいため、その区間をマニュアルで最後までしっかり維持できたライダーが数少ない印象でした。

 

AUTHEN SESSION2スローマニュアルコンテスト

女性BMXライダーの方も良い感じ。

 

 

ハイバニーホップコンテスト

AUTHEN SESSION2ハイバニーホップコンテスト

当初はバンクを使わないLOクラスを設ける予定だったものの、参加ライダーたちの実力的に(キッズライダーたちも含め)「最初からバンク使っても全然OK」という判断が下され、バンク飛び出しのハイバニーホップコンテストに。

実際、一番小さいお子様もこちらが驚く程、高いバーを楽しそうに飛んでいきます。

 

AUTHEN SESSION2ハイバニーホップコンテスト

むしろ保護者であるお父様の方が「もう十分飛んでるから止めろよ(汗)」と心配になって静止するも、「ヤダ!もっと飛びたい!!」と記録をどんどん更新していくキッズたちなのでした。たくましい!

 

AUTHEN SESSION2ハイバニーホップコンテスト

過去に何度もTUBAGRAに登場しているキッズライダーのイチト君なんて、大人とほぼ変わらない高さを飛んでいます。もっとリアタイヤを引き上げればさらに高さが出たかも知れませんね!

 

AUTHEN SESSION2ハイバニーホップコンテストでバースピン

TUBAGRAライダーのYAMATO君はバースピンを入れて飛んでいきます。

 

AUTHEN SESSION2ハイバニーホップコンテストでバースピン

上には上がいて、この高さをバースピンを入れて飛ぶ猛者も。

 

AUTHEN SESSION2ハイバニーホップコンテストで180

ひたすら360で飛んでいくライダー。

 

AUTHEN SESSION2ハイバニーホップコンテストで180

バニーホップ180で飛ぶことにこだわるライダーも。着地で腰にとても負担がかかるとのことで、この高さで棄権されていました。

 

AUTHEN SESSION2ハイバニーホップコンテスト ストレート刺し

YAMATO君と同じく26インチMTBでSESSIONに参加するストリートMTBライダーのシャラ君。ここんところ色んなイベントに積極的に参加していて、どんどん実力と知名度を上げているライダーです。

彼はストレート刺しのバニーホップにこだわっていますが、さすがにこの辺りの高さが限界なのでしょうか?腕も完璧に伸び切っていますし。

 

AUTHEN SESSION2ハイバニーホップコンテスト

ここからは上位3名で、バーの高さは150cm。

 

AUTHEN SESSION2ハイバニーホップコンテスト YAMATO君

YAMATO君は残念ながら(っても十分凄いのですが)150cm止まりでした。去年も確かこれくらいで、このレベルからさらに高さを出す難しさを痛感した感じです。

 

AUTHEN SESSION2ハイバニーホップコンテスト優勝

優勝はバー155cmを飛んだ彼。限界まで出し切った表情をしていますね。

 

AUTHEN SESSION2ハイバニーホップコンテスト優勝賞金1万円

そんな彼の検討をたたえ、ATUHENからは賞品と、TUBAGRAから賞金1万円を贈呈しました。本当におめでとうございます!!

 

その後のセッションは後日動画で公開させていただきますね。

 

そんな訳で、メチャ暑かったですけど、怪我人も出ずに無事に「AUTHEN SESSION2」は終了しました。

AUTHEN SESSION2エンディング

AUTHENスタッフの方々、参加ライダーのみんな、協賛企業も含めまして、とても楽しい一時をありがとうございました!!

 

AUTHEN SESSION2 AUTHENライダー&スタッフ

最後にAUTHENの中心人物である押山さん(右)と、ライダーのみなさまの集合写真も。

クラッシュ多めの土曜日Riders-Diary

前日、初めてファイアークラッカーをトライして意外と飛べることが分かった近所の多摩川河原の駐車場にある車止め。

croMOZU275 4th 多摩川河原サイクリングコース クルマ止めでファイアークラッカー

今朝の朝活BIKE&FISHでは20分程試行錯誤してガッツリ飛んでみました。うん、自分のテクニックでは上の写真のカタチが限界でしょうか?だいぶエグい斜め刺しのカタチを作れましたね。

 

その後、ご近所MTBストリートライダーである松平さんと合流し、河原の公園でストリート練習会。

朝活BIKEでSHAKA24に乗ってバニーホップ180をするをする松平さん

今日はバニーホップ180と他の何かを取り入れたルーティンにトライしてもらいました。

 

その際に、自分も松平さんも転けまくり。そのシーンを収めた動画をご覧ください。

松平さんはフロントタイヤがパンクしているにも関わらず、バニーホップ180をしようとフロント荷重をしたらタイヤがよれて転倒。

自分はバニーホップ180着地で斜めり過ぎてタイヤが砂利で滑って転倒。

 

とまぁ、こんな感じで30代後半の松平さん、40代半ばの自分というオッサン2名での朝練ストリートは、汗だく血まみれで幕を閉じたのでした。

朝活BIKEでのSHAKA24とサモと松平さん

それでもバッチリ楽しかったです!

 

 

今日は土曜日で終日育児DAY。

多摩川河原でランバイクランバイクCOMMENCAL RAMONES 12に乗る叶大

日中の暑い時間は家で大人しくていて、夕方になってランバイク(自分も自転車で並走)や遊具で遊び、釣りに行って大物を逃したりと、それはそれで充実していましたね。

 

 

朝活BIKE&FISHでの釣りは、遠出する余裕が無かったので家から一番近い多摩川河原のスポットで。

朝活BIKE&FISHで釣れたカワアナゴ

スモールマウスバスの次に頻繁に釣れるカワアナゴの良サイズが釣れて満足!

身近な車止めが実は飛びやすかったりRiders-Diary

昨日の相続関係の手続きで都内を駆けずり回った影響か激しく疲れてしまい、今朝は早くに起きることができませんでした。そのため、出勤前に自分が自由になる時間はトータル30分ちょっとと、すべてが駆け足の朝活BIKE&FISHに。

いや、こんなに短いのなら「今日は朝活を止めて余分に寝る」という選択肢もあったのですが、気づいたらcroMOZU275 4thに乗って河原を疾走していたという(泣)

良くも悪くもこの日課、完全に身体に染み付いているようです。

 

そんな朝活BIKE。いつも素通りしている河原の駐車場の車止めが目に入り、試しにそこでファイアークラッカー(障害物にフロント・リアタイヤを意図的にヒットさせて軽い力で高く飛ぶバニーホップ)をしてみたことろ…

croMOZU275 4th 多摩川河原サイクリングコース クルマ止めでファイアークラッカー

何コレ、メチャ軽く飛べるじゃないですか!身近過ぎて今まで気が付かなかった!

今日のところは時間が無くてトータル5トライもしていませんが、もっと煮詰めたらさらに高く飛べるのは確実。明日の朝にでもしっかり時間を作って真剣に取り組んでみたいと思います。

 

時間が残りわずかなので、すぐにライディングを切り上げて朝活FISH(釣り)へ。家から近いスポットで早速ワームを投入したところ。

朝活BIKE&FISHで釣れたスモールマウスバス

ハイ、3投目で小さいけどスモールマウスバスがヒット!1DAY-1FISH(1日1匹)の自分ルールで帰宅、なんですけど、あと5分時間が余っていたので、4投目を入れてみると再び同じサイズがヒット!

小さいけれど2匹釣れて満足したのですぐに帰宅しました。

 

うーん、今日の収穫は、近場の車止めでたくさん飛べることが分かったことか。

 

イギリスのMTBストリートライダーTom Kilcoyneさんの新しい動画がとても格好いい!

キャブでのステアードロップとか飛び越し系を織り交ぜた絶妙過ぎるルーティンや、平地からでもバッチリ入ったバニーホップテーブルトップ(インバート)にペダルグラインドなど、バースピンが無くても鮮やかなライディングで魅了します。

 

 

明後日日曜日は「AUTHEN SESSION2」が茨城県のカミススケートパークで開催されます。TUBAGRAも協賛しておりまして、バニーホップコンテストを開催させていただきます。バー高10cmからのLOクラスと、バンクを使ったHIGHクラスの2本立てですので、少しでもバニーホップができるライダーの方はぜひ腕試しにどうぞ!賞品も盛り沢山なので、何かGETできるかも知れません。

そして、TUBAGRAからはYAMATO君やAKIRA君が参加しますので、MTBライダーたちもこぞってご参加ください!

貯まっていた相続の手続きなどをひたすら行った木曜日Riders-Diary

今日は昨年他界した父が所有していた家具を大量に処分するため、早朝から奥さんと片付け作業でした。父は古い人間なのでとにかく家具や物が多く、その分、捨てる作業がエンドレスでツライ…!今までも結構な量を処分してきたのですが、ようやく半分が過ぎたくらい?

 

なので、朝活BIKE&FISHはさらに早朝に1時間行ったのみ。

beruf baggage MountainBackpack MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 4th

croMOZU275 4thで朝4時台の多摩川河原を走ると、深夜降った小雨と朝露が合わさり、泥・水ハネが酷すぎて飛んだり回ったりするのは控えました。

beruf baggage MountainBackpack MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 4th

移動がメインの際のサドルの高さはこれくらい。

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 4th

この手のアクション系MTBはサドルベタ下げが基本で、そういった写真がハマるのは当然なのですが、croMOZU275 4thはサドルのこの高さの見た目と乗り味も悪くなく、ちょっとお気に入りです。

 

本当は以前のようにドロッパーポストを装着したいものの、高さを可変するとサドルの角度も変えることができるドロッパーってまだリリースされていませんよね?そしてさらに軽量だったら絶対に欲しい!

 

家具の処分作業が終わった後は(まだ全部は終わらない)都内のあちこちにある関係役所に手続きを行ったりと、電車で移動しまくりました。相変わらず都内の地下鉄は複雑で訳が分かりません。

外国からの観光客の方たちが迷いまくっていましたが、恥ずかしい話、東京生まれ東京育ちの自分も迷いまくりでした。

24インチホイールの激レアファニーバイク「小鉄(CO-TEZ)」とcroMOZU275 4th

午後になって同じく各手続きを行っていた奥さんと合流し、自転車で行ける近場の役所で手続き。奥さんの愛車24インチファニーバイクの「小鉄(CO-TEZ)」と、自分のcroMOZU275 4thとのホイール径の対比が面白いです。

 

そして18時過ぎ、ようやく今日行うすべての予定が終わりました。疲れた〜(泣)

そろそろ息子を保育園に迎えに行かなくてはいけないものの、20分ちょっと時間が空いたので、急いでcroMOZU275 4thに乗って近所の多摩川河原の公園に行き、飛んだり回ったりしました。狙っていたセクションがあったのですが、大勢の高校生グループがその場所で青春っぽく戯れていたので断念。

croMOZU275 4th多摩川河原サイクリングコース 斜め刺しバニーホップ

仕方ないのでいつもの平地飛び出しから斜め刺しバニーホップやバニーホップ180を時間ギリギリまで行い撤収しました。実質乗れた時間は15分程度しかなく、足りなすぎて猛烈に消化不良だー!!(泣)その分、明日の朝に巻き返そう。

 

ハイ。そして朝4時台に行った朝活BIKE&FISH。今日も安定のスモールマウスバスをGETです。

朝活BIKE&FISHで釣れたスモールマウスバス

このスモールマウスバスは2投目でヒットし、1DAY-1FISHの自分ルールのため早々に撤収。

帰りに気になっていたスポットを探索するも小魚しかいませんでした。うーん、なかなか新たなスポットは見つからないな!

ヨツバサイクルのヨツバ 24 & 26Riders-Diary

みなさまはヨツバサイクルをご存知でしょうか?2016年に日本で誕生したキッズバイク専用のスポーツサイクルブランドです。

ヨツバサイクルのキッズバイク

子供がいる自分としては以前から非常に気になっていたブランドで、息子がランバイクを卒業したら次に乗る自転車の最有力候補だったりします。

 

そんなヨツバサイクルが先週、現在のラインナップよりもちょっと上の層である、小学校高学年から中学生まで対応できる24インチ、26インチサイズのバイクを発表し、アクション系MTBサイドの人間たちを震撼させました。

ヨツバサイクルのヨツバ24

ヨツバサイクルのヨツバ24

ヨツバ24&26特徴

・ディスクブレーキの採用で安定した制動力を発揮
・変速付きにアップグレード可能な部品構成
・サスペンションの取り付けを考慮したフレーム設計
・カワイイよりカッコいいに憧れる年齢に合わせたカラー
・これまでのヨツバサイクル同様、軽量で最適サイズはそのまま継承

発売は秋頃、価格は4万円台中盤から後半を予定。

 

ヨツバサイクルのヨツバ26

ヨツバサイクルのヨツバ26

 

 

どう見てもアクション系ストリート/ダートジャンプのフレーム、MTBなんですが…!

キッズ用なので大人が乗れる耐久性があるかは不明ですが… もし、大人が乗れる耐久性があるとすれば、5万円以下で購入できるストリートバイクが誕生することになります。かつて、MTBストリートライダーを大増殖させたGIANT STPのような!

 

このバイクの情報はTUBAGRAでも追って紹介して行きたいと思います。

 

失敗や思わぬアクシデントから得られることRiders-Diary

一昨日の深夜に眠いのを我慢して、照明1つない漆黒の闇の多摩川河原で対岸の武蔵小杉のビル群を背景に撮ったcroMOZU275 4thの写真。

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 4th

最後の1枚が背景の光がブレちゃって失敗したんですけど、絶妙な躍動感が出て一番のお気に入りの写真になりました。今度、意図的にこういった効果が出るように撮ってみよう。やり方は分かっているので。

失敗とか思わぬアクシデントから得られることってたくさんあるから面白いです。

 

それと、全く想像していませんでしたが、下の写真が他方から評価されて嬉しかったり。

武蔵小杉のビル群を夜景とcroMOZU275 4th

ただただ、愛車であるcroMOZU275 4thを格好良く撮りたいだけだったのですが。

 

朝活BIKE&FISHのMTBでは、雨が降るって天気予報で言っているので、雨対策の場所で乗ったは良いけど小雨程度しか降らず。くっそー、これだったらもっと別の場所で乗れたのに!

多摩川サイクリングロード 草バンクでcroMOZU275に乗りバニーホップドロップをするサモ

そんな訳で恒例の高架下のプチ崖からバニーホップドロップ。相変わらず高低差があるとビビって深く刺せないのがたまにキズですが、30分も繰り返せば身体も精神も相当リフレッシュされていました。この後の仕事頑張るぞ!

 

 

朝活BIKE&FISHのFISH(釣り)は、先日の増水・濁流の影響残る流れの急な多摩川で行います。普通なら全く釣りにならない状況なのですが…

朝活BIKE&FISHで濁流の中から釣れたスモールマウスバス

魚達が急な流れから避難するスポットがあり、そこを攻めるといとも簡単に良サイズのスモールマウスバスが釣れたのでした。あー、このサイズはファイトが強くて釣り上げた時の満足感が高くて最高です!

 

 

Fabio Wibmerがトライアルテク+フルサスバイクで凄まじいアーバンフリーライディングを観せてくれる動画。

上手く言い表せないのですが、アーバンフリーライディングと、ストリートライディングは似て非なるものだと自分は思っています。

MTB Street no SusumeRiders-Diary

お久しぶりです、
子どもでもないのにプール熱くらってバッドな今日この頃なカイです。

 

さて、本日は学問のすゝめならぬ、
MTBストリートのすすめのお話を。

ikstreet

でも、その前にまずMTBストリートってなんぞやと。
人によって様々な定義があるでしょう。
で、僕個人の定義としては「MTBを使ってストリートで技をすること」
そうです、ストリートって名乗るからにはやはり街とは不可分であるべきです。

 

翻って、僕を含めて現在の国内シーンは?
MTB公園?
MTB広場?
MTB駐車場?
MTB河川敷?
責任ある立場にある大人のライダーが多いMTBストリート界隈、
道交法等の自転車を取り巻く様々な問題、
これらを考えれば乗るフィールドが固定化されるのも仕方ないのかもしれません。
それに公園も駐車場も広義ではストリートの範疇かもしれませんが…

 

更にここ数年常々思っていることが。
kaibwhip
我がTUBAGRAを含め国内の多くのmtbストリートライダーが平面で乗りすぎじゃありませんか?
バニーホップは僕らを3次元のラインに誘う様々な使い方・遊び方があるのに、
身体やバイクへダメージを与えるばかりの刺しバニーにのみ傾倒してしまったり…

いつもと同じで変化のない所で乗るばかりでは、応用力は培われません。
いざ別の場所でトリックを決めようとしても路面のグリップが違って出来ない、
なんて冗談のようなことが起きてしまうかもしれません…

 

さて、ここでMTBストリートのすすめへと話を戻します。
街路で乗る事を勧めること自体が非難される昨今ですが、
批判を恐れず敢えて言いたいと思います。
街でも乗ろう。と。
僕らは再びMTBストリートの本質に立ち返ってみるべきです。

ioriwalk
最初は技はしなくても大丈夫です。
でも想像力を働かせて、
あそこならこう乗れるなとか、
こういうライン取り面白そうだなとか、
そういったことを考えて街の中を走るだけで楽しく乗れると思います。

 

kaimanual
少し慣れてきたら、近所に買い物に行くついでにストリートしましょう。
ちょっとした段差をバニーホップで上り下りしたり、
白線の上だけバランスを取りながら走ったり、
アスファルトの色の違うところだけマニュアルで流してみたり。
つまりバニーホップとマニュアルさえできれば、ストリートは楽しめるのです。
そしてストリートを流す上で、バニーホップは高さなんかよりも精度が大事です。
こうした動きが山などでのライディングへも良い影響をもたらすはずです。

 

kaibbar
180やバースピンなどのトリックはこうした動きがある程度出来て、
自転車のコントロールについてある程度理解した上で練習し始めるといいのではと。
そうすれば身体もバイクも必要以上に壊さず、且つスムーズにトリックを会得できると思います。
勿論、他のスポーツと違って、好きな順序で好きなことをやっていいのがこのジャンルの醍醐味ですから、
「なにがなんでもまずバースピンだけやりたいんだ!!!!」って人はこの限りではありませんけど。

 

フリースタイルと呼ばれるこのジャンル、様々な楽しみ方があっていいと思います。
だから前述のように仲間とどこかで集まって乗ることも楽しみ方の一つだと思いますし、
僕はそういったノリが大好きです。
でも、それだけでは気づけないリアルな技術や楽しみがきっとたくさんあります。
ジャンルとしてストリートの名を冠するからには、クローズド空間でバースピンや180を練習するだけではなく、
BMXライダー達のようにそれをどうストリートで活かせるか考えることも大事なのでは?

たまにはみんなで夕涼みがてら街中を流してみてはいかかでしょう?

では!

雨降り日曜日の朝から夜までRiders-Diary

日曜日の朝はSHAKA 24に乗るご近所MTBストリートライダーの松平さんと一緒に、多摩川河原の公園でストリート練習をする予定で、まずはウォーミングアップでバニーホップしだすと…

SLACKスニーカー 52W NEWSPAPERのTシャツを着たサモとSHAKA24 バニーホップ

まとまった雨が降り出してきました。ええー!!天気予報では「曇り」だったのにー(泣)

 

乗るどころじゃない雨になって、たまらず近くの高架下に避難。自分たち以外にも、野球少年たちなど大勢が高架下に避難しています。

松平さんとサモのSHAKA24バイク

せっかくなので、自分のSHAKA 24と松平さんのSHAKA 24を並べて撮影しました。

松平さんとサモのSHAKA24バイク

自分は2インチライズハンドルバー+サスフォーク(ストローク70mm)という組み合わせに対し、松平さんのは4インチライズ(FGFS用でもう売ってない)+リジッドフォーク(TUBAGRAエンマフォーク)という組み合わせ。対比が面白いです。

近々、この2台のバイクチェックでもしてみますか。

 

 

今、真剣にコレを買うか悩んでいます。

Subrosa Street Rail

Subrosa Street Rail

近頃SHAKA24で激しくグラインドしまくりたい熱がぶり返していて、近くの河原で気軽にグラインドを楽しみたいと考えても、さすがに公共のオブジェでガンガンやるのはご法度。(この期に及んで河原でMTBやBMXの乗車禁止!みたいな事態には絶対にできないですし)

 

実は過去に岡安製作所で作っていただいた携帯ハンドレールは所持しているものの、クルマでも持ち運びが結構大変で、気軽に河原に持ち込んで練習という訳にはいきません。

携帯ハンドレール

まぁ、Subrosa Street Railもかなり大きく重くてクルマじゃないと持ち運べないんですけどね。

うーん、本当にどうしよう。

 

朝練で雨に降られてビショビショで帰宅した後は、息子が通う保育園の「流しそうめん&夏祭り」に家族で参加してきました。

流しそうめんをする息子

ちょうどその頃、雨があがって気温もそれほど高くないという、この季節としてはかなり快適な気候の中で存分に流しそうめんを堪能。うん、とても良かったんじゃないでしょうか。

 

 

冒頭の朝練前の朝5時に話を戻すと、朝活BIKE&FISHで釣りに行ったものの、多摩川は前日の大雨の影響で増水・濁流と化していました。

濁流の多摩川河原とcroMOZU 4th

普段、道のあるスポットは見事に濁流に飲まれています。流れも速すぎて、どう考えても釣りをする状況ではありません。

朝活BIKE&FISHで濁流の多摩川で釣れたカワアナゴ

ですが、こんな状況だからこそ魚が避難している場所があって、そこを狙うといとも簡単に釣れるのでした。まぁ、釣れた魚は「またお前かー!」のカワアナゴだったりするのですが。

 

 

寝る前にcroMOZU275 4thを武蔵小杉のビル群を背景に撮影してきました。

武蔵小杉のビル群を夜景とcroMOZU275 4th

真っ暗だし眠いしで、ディティールの詰めが甘くなるのが玉にキズですけど…

MTB STREET & STREET TRIAL Petit JAMの動画を公開しましたRiders-Diary

7月23日(日)に開催したMTBストリート&ストリートトライアルPジャムの動画を公開しました。

MTB STREET & STREET TRIAL Petit JAM 2017.7.23 from Samo on Vimeo.

 

参加してくれたライダーのみなさま、観戦しにきてくれたみなさま、本当にありがとうございました。

今後、TUBAGRAとしては、数ヶ月に1回この規模のストリート、ダートジャンプ、ストリートトライアルのジャムを定期的に開催していきますので、気軽にご参加ください!

 

 

今日は朝4時に起きての朝活BIKE&FISHはcroMOZU275 4thに乗って、4時半から7時まで釣り。一旦家に戻ってSHAKA 24に乗り換えて7時から8時半までご近所MTBストリートライダー松平さんと一緒に朝練と、非常に充実していました。

SLACKのスニーカーと52W NEWSPAPERのTシャツを着たサモとSHAKA24

ただし釣りでバテてバニーホップバースピンが絶不調。まぁ、でも回転系はそこそこだったかな。

一方、松平さんはバニーホップバースピンが本当にあと少しでメイクできそうです。現在、バニーホップしてハンドルが270度まで回るようになってきました。後はいかにハンドルを回しきるか!ですね。

 

そして釣りですが、家から30分かかるスポットを攻めるため、 わざわざ4時起きで行ったのです。

朝活BIKE&FISHで釣れたスモールマウスバス

で、攻めた結果は写真のサイズのスモールマウスバスが4匹と、早起き+遠出した割には「ええぇぇー(泣)」という…

こうなると、近場を徹底的に開拓した方が良さそうだな。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2017 by Street MTB Team TUBAGRA