SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo ワクチン接種2回目完了〜と連休の過ごし方

この3連休は初日は雨で一日中潰れ、2日目から台風一過で気持ち良い晴れで息子と楽しみました。(元々日曜日も天気が崩れる予定だったためMTBインストラクター業はお休み)

croMOZU275 koMOZU

息子の希望で近所の児童公園へ。お互いの愛車に乗って行き駐輪場に置くと、そこは親モズ子モズと言った雰囲気。

 

ちょうど2年前にも同じ構図で写真を撮っているので見比べてみました。2年前は息子はヨツバサイクルの14インチだったんですね。成長具合がよく分かります。今は20インチのkoMOZUプロト。

croMOZU275 koMOZU ヨツバサイクル ヨツバ14

私は変わらずcroMOZU275に乗っていますが、2年間風雨の中でも構わず乗りまくっていたこともあり、明らかにフレームの錆が進行していますね。そしてリアセンターが少し詰まっていて、それに伴いチェーンがたるみ気味。

 

次の日の午前中、私は2回目の新型コロナワクチン接種をしてきました。副反応が酷いと言われているモデルナワクチンです。

人生でまともな副反応が起きたことないので、今回には少し期待というかワクワクビクビクしていましたが、数時間で打った左肩に激痛が。そんな状態なので安静に過ごす予定が…珍しく息子が、飼っているオオカマキリの餌であるバッタを捕まえに行きたい、さらにナマズ釣りにも行きたいと言うので頑張って出撃。接種から7時間経過してます。

多摩川河原 koMOZU 叶大

MTBの乗車姿勢もちょいキツイ。息子は20インチのkoMOZUプロトで多摩川河原の凸凹ジープロードも余裕の快走でした。

 

最初はバッタ採集。

多摩川河原 トノサマバッタを捕まえた叶大

トノサマバッタがたくさんいるので狙うも、すぐ人に気付いて飛び逃げるし、飛ぶ距離長いしでさすがの難易度。最後はしっかりキャッチ!

 

多摩川河原 トノサマバッタ

造形が力強くてカッコいい!エサにするのが勿体ないな…(現時点で既にオオカマキリのお腹の中です)

 

暗くなったらナマズ釣りにスイッチ。

BIKE&FISH ウナギを釣った叶大

残念ながらナマズは釣れず、代わりに良サイズのウナギが!

即リリースするもフック外すのに掴んだ手のヌルヌルが全然取れず、次回釣っても絶対素手で触るのは控えようとお互い誓うのでした。

 

ウナギを釣り、餌のバッタも大量に捕獲できて楽しそうな息子を尻目に、自分の体調はジワジワと悪化していて…(この段階でワクチン接種してから8時間ほど経過)

BIKE&FISH シャッドテールワームで釣ったシーバス

何もしていないと逆にツライので、シャッドテールワームを投げていると、まさかのチーバスがヒット!

こんなところでも釣れるのか〜と喜ぶものの辛さの方が勝り、息子に早く帰ろうと提案して撤収に。

 

 

ワクチン2回目接種から約18時間経過した朝方。

打った左肩が痛いだけで頭はスッキリしている。昨晩寝る前の12時間目あたりが一番キツかった。

それよか元々6時間以上寝ると腰が痛くなる体質で、連続して寝たお陰で腰がかなり痛く、正直そっちの方がツライ。釣り行こうか迷ったくらい。

ワクチン接種後の体温

念の為、体温を計ってみると意外とあるんですね。全然そんな感じはしないんだけどな。仕方ないから仕事してます。

samo かすみがうらドッグ&MTBパークでMTB+CAMPイベント「Xcamp Vol.2」開催!

MTBキャンプイベント MTB&CAMP Xcamp Vol.2 かすみがうらドッグ&MTBパーク KDMパーク

10月23日(土)〜10月24日(日)にかすみがうらドッグ&MTBパーク(通称KDMパーク)でMTB+CAMPイベント「Xcamp Vol.2」を開催します。(※パークは貸し切りではありません)

 

かすみがうらドッグ&MTBパーク KDMパーク akaMOZU テーブルトップ インバート 藤本さん

前回は大勢のTUBAGRAライダーをはじめ、多くの屈強なライダーたちが参加しライディング(主にダートジャンプ)で大盛りあがりでした。

 

MTBキャンプイベント MTB&CAMP Xcamp Vol.2 かすみがうらドッグ&MTBパーク KDMパーク

キャンプもみんな思い思いのテントを立て、各自が持ち寄った食材を楽しく料理し、みんなでワイワイ美味しく食べましたね。

2回目もMTBライディングとキャンプの両方を堪能できたら、と思います。

 

参加の応募については、後日詳細な情報を掲載いたしますので、少々お待ちください!

 

 

今週もスマイルバイクパークでたっぷりプライベートレッスンをさせていただきました。レクチャーしたみなさん、とても上達し、楽しんで乗られていて良かったです!

レッスン後にジャンプとスラロームコースで少し自主練。

スマイルバイクパーク SBP スラロームコース croMOZU275

超ウェットでしたが整備されて何とか乗れるようになっていたのを良いことに、徐々に攻め度を強くしていったら限界超えて2つのコースで大転倒!

派手に転んだ割には無傷で良かった!久しぶりに泥まみれになりました。

 

この頃は日没の時間が早くなって、仕事が一段落して河原に行く頃にはなかなかの暗さになっています。

X-FUSION STREAT RL2 多摩川河原 croMOZU275 バニーホップ

とりあえず河原にある白ポッチを使ってcroMOZU275でバニーホップ。相変わらず反発が小さくタイミングも取りづらいので高く飛びづらいですね〜。練習あるのみ!

 

別の日には2年ぶり?くらいにcroMOZU275でバニーホップ180をしてみました。

いや〜、驚愕するレベルで忘れてましたね。身体が完全に24の人になってた…

恥ずかしいので頻繁に練習していこうと思います。

 

そもそも、どうしてあまりcroMOZU275でバニーホップ180練習しなくなったかと言うと、フロントタイヤを太さ2.6にしたら「ん〜、なんか重たくなってやりづらい…」と思って以来、自然と遠ざかっていた、という訳です。2.6でも大して重量違う訳じゃないのですけどね。

 

 

毎度お馴染み近所の多摩川で朝活BIKE&FISHもしっかり続けていますよ。何とか毎日ルアーでフィッシュイーターを釣ることができています。

BIKE&FISH ジグヘッドワームで釣れたシーバス

2gのジグヘッド+2インチちょいのシャッドテールワームで繊細に誘って何とか釣れたシーバス55cm。

 

BIKE&FISH ゲイリーシュリンプ ワームで釣れたスモールマウスバス

ワームのドリフトで釣れたスモールマウスバス35cm。

samo croMOZU275のリアタイヤを新品に交換しました

先日、愛車のcroMOZU275のリアタイヤ TERRENE CHUNK 27.5×2.3 LIGHTがスローパンクを繰り返すようになりました。よーくタイヤをチェックすると、ブロックの一部が裂けてそこからしっかりエアー漏れを確認。

TERRENE CHUNK 27.5×2.3 LIGHTを装着して2年以上経っているcroMOZU275は朝活BIKE&FISHで毎日もれなく10〜20km程走っていて、頻繁にトレイルやMTBパークを走行しているので、これはもう寿命と言ってもおかしくないでしょう。

 

TERRENE CHUNK 27.5x2.3 LIGHT

そのことをTERRENE TIREの国内代理店であるAlternative Bicyclesの北澤さんに連絡すると、すぐに新しいTERRENE CHUNK 27.5×2.3 LIGHTをすぐに送ってくださいました。本当にありがとうございます!

BLUBのチェーンオイル、Miles Wideのウェットシールも一緒に入っていて、感謝しかありません!近々使わせていただきます。

 

タイヤを受け取ったその日にいつもお世話になっている小川輪業商会へ行き、早速TERRENE CHUNK 27.5×2.3 LIGHTを装着してもらいました。

小川輪業商会 TERRENE CHUNK 27.5x2.3 LIGHT

その際に破損していたニップルやスポークもいくつか交換していただきました(※世界一魚を乗せていて魚臭いMTBホイールです)本当にありがとうございます!

 

そしてすぐにcroMOZU275に装着。

多摩川河原 croMOZU275

嬉しくて近所の多摩川河原に行きバイクの写真を撮影。

リアタイヤを組み上げる際にリアセンターも10mm詰めてみました。

croMOZU275 6th リプレイサブルエンド
フレームの写真を見ると良く分かる通り、croMOZU275はリプレイサブルエンドを採用しており、リアセンターを詰めたり伸ばしたりすることができます。今まで最短値(リアセンター:380mm)から15mm伸ばして(395mm)使っていましたが、10mm詰めたことで385mmに。

リアセンターが10mm違うとバニーホップの軽さがハッキリと分かります。

 

すぐに河原でバニーホップを少しトライ。

うん、明らかにフロントアップが軽く楽になりました。

バニーホップが楽チンになると異様にテンションが上がります。今度しっかりバニーホップして刺し切った瞬間を写真撮ろうと思います。

 

 

先日、奥さんが久しぶりに仕事が休みだったので、2人でクルマでラゾーナ川崎のへ行き、Eggs’n Thingsのパンケーキを食べてきました。

Eggs 'n Things エッグスンシングス ラゾーナ川崎

とっても甘くて美味しかったのですが… 正直2品とも甘いパンケーキを選択したのは失敗でした。2人して最後の方はかなり気持ち悪くなり…(汗)

 

 

夕方、仕事がひと段落し、息子のスイミングスクールまで少し時間があったので毛針でオイカワ釣りをしました。

多摩川 朝活BIKE&FISH オイカワ 毛鉤 毛針

多摩川 朝活BIKE&FISH オイカワ 毛鉤 毛針

40分で20匹ほど釣った頃、明らかに他とは違うアタリ、ファイトで姿を見せたのは婚姻色が色濃く出たオスのオイカワ。ついに釣ったぞー!!!メッチャ嬉しい!!

samo 久しぶりのサタジュクアテンド・トレイルライド

昨日は久しぶりにサタジュクアテンドアテンド・トレイルライディングでした。雨が降って中止になったり、水曜に自分にMTBのレッスンが入ったりして、ここ最近はなかなか行くことができなかったのです。

そんな昨日は連日の雨のため、トレイルの路面はウェットで岩盤も根っこもツルツル!難易度もかなり高めでしたが、その分スリル多めで面白かった!

 

それでは、ご一緒したメンツを商会していきましょう。

サタジュク アテンド トレイル

今回もトレイルをアテンドしてくれたサタジュク塾長の佐多さん。現在、自身が運営するショップ Sportsbikeshop Biking(スポーツバイクショップ バイキング)が大忙しで、このライディングがかなりのリフレッシュになっているようでした。

 

サタジュク アテンド トレイル

ワイズロード東大和店 店長の大野さん。やはり佐多さん同様お仕事がかなり忙しいそうですが、その分、リフレッシュになったのではないでしょうか?

 

サタジュク アテンド トレイル

ご近所MTBライダー森山さん。パーツがどんどんグレードアップしている自身のMTBで戦闘力も爆上がり!

 

サタジュク アテンド トレイル

サタジュク塾生のマキシマさん。話題の防虫グッズ「おにやんま君」を自作して身体のあちこちに装着されています。

 

サタジュク アテンド トレイル LEVO

そして自分。ハードな登り急斜面が多かったので、eMTBのSPECIALIZED Turbo Levoを持ってきて正解でしたね。

 

サタジュク アテンド トレイル LEVO

みんなが押し上げざる得ない斜度もモリモリ乗車して行けるものだから、翌日ほとんど疲労が残らず。

自分的に新しい概念の登りテクを習得したので、今度eMTBスクールで活用できるようにまとめようと思います。

 

今回のメンツは珍しく全員フルサスバイクでした。

サタジュク アテンド トレイル 集合写真

下りはツルツルでかなり怖かったし(それが面白い)今回はこれが正解だったということですね。みなさんお疲れ様でした!

 

 

トレイル前に短時間の朝活BIKE&FISH。

BIKE&FISH エリテンで釣れたシーバス

エリテンであおり多めのなんちゃって落ち鮎パターンでブルッとアタリ?があったポイントを重点的に攻め、何度か流し切って鬼巻き回収したらドパーンと出た極太シーバス58cm。

ここ最近では1番のファイターでした。流れに乗られてラインが切られるかと思った(汗)

samo レッスン三昧の土日のハズが…

8月最後の土日は関東2大MTBパークである、小田原フォレストバイクスマイルバイクパークで猛暑のレッスン三昧でした。

 

まずは小田原フォレストバイクでのバニーホップ基礎講習とジャンプ基礎講習の様子を。

小田原フォレストバイク バニーホップ ジャンプ基礎講習

小田原フォレストバイク バニーホップ ジャンプ基礎講習

バニーホップ基礎講習では全くできない人をトレイルで飛べるまでに。既にある程度できる人は更に高く飛ぶためのテクニック、コツを伝授します。

 

続いてジャンプ基礎講習の様子。

小田原フォレストバイク バニーホップ ジャンプ基礎講習

ジャンプが全くできない、安定しない人には論理的にジャンプの仕組みを伝えた上で、安定してワンメイクのジャンプ台を踏み切れるように。それが安定してできるようになったら、次のステップとして連ジャンをノーズダイブを用いてクリアーしてもらいます。

今回も全員が目標をクリアーできて一安心。本当にお疲れ様でした!

 

バニーホップとジャンプの2つの基礎講習を受講された方のバイクが特徴的だったので紹介いたします。

小田原フォレストバイク バニーホップ ジャンプ基礎講習 blkmrkt killswitch

blkmrktのスロープスタイル用26インチホイールフレームであるkillswitchを27.5インチホイールで組み上げている!

小田原フォレストバイク バニーホップ ジャンプ基礎講習 blkmrkt killswitch

リアにインストールできるタイヤサイズは27.5×2.25あたりがクリアランス的にギリギリとのことですが、何はともあれ「とてもアリ!」なバイクでした。格好良かったです!

 

続いてスマイルバイクパークでのプライベートレッスンの様子。

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

スマイルバイクパークでは全く初めてのキッズやご家族から、アドベンチャーレース対策のガチなアスリートまで多種多様だったり。既に歴が長く自己流で来たMTBライダーも「現状に限界を感じ、改めて人に習いたくて…」との理由で受講されたりもします。

それぞれご希望に沿うカタチでレッスンを終えられ、満足そうに帰られるので講師冥利に尽きますね!

 

そんな感じで猛暑がキツかった8月が終わった途端に寒いくらいの9月に。

スマイルバイクパーク SBP MAZDA CX-5 croMOZU275

そして梅雨ですか?という程、雨が続いてせっかくご予約いただいたプライベートレッスンもキャンセル続きに。こちとら商売上がったりで厳しいです(泣)

 

息子の夏休みの宿題、夏休み最終日に何とか終わりました。

息子 叶大 夏休みの宿題

近所を流れる多摩川で今まで釣った魚をまとめた大きなイラスト?ですが…

小学校2年生の段階で完成が最終日にもつれ込むとは、今後が思いやられますね(汗)

 

 

近頃掲載していませんでしたが、相変わらず朝活BIKE&FISHで毎日ルアーで釣れています。

BIKE&FISH エリテンで釣れたシーバス

ミノーのドリフトで釣れたシーバス。

 

BIKE&FISH ゲイリーシュリンプで釣れたスモールマウスバス

小さなエビ型ワームのドリフトで釣れたスモールマウスバス。

 

BIKE&FISH エリテンで釣れたナマズ

ミノーのドリフトで釣れたナマズです。

順調に釣れてるように見えますが、雨続きで増水気味の多摩川で相当四苦八苦してようやく釣れている感じ。本当に難しくて困る!

samo 息子(7歳)初ふじてんダウンヒルデビュー!

今週月曜日、息子(7歳)の夏休み最後のイベントに、とふじてんにダウンヒルしてきました。

スマイルバイクパークや小田原フォレストバイク、富士見パノラマのスキルアップエリア(一人前トレイル)はスムースに走れるので、さすがにもうふじてんのコースを走れるんじゃないか、と。

ふじてん 叶大 koMOZU

エルボーガードがサイズ合わなくなっていました。新しいの買わないと。リフトは全く怖がらず、自ら進んで乗り込んでいましたね。

 

ふじてん 叶大 koMOZU

3時間チケットを購入し、最低でも6本は走る決意でスタート!

 

ふじてん 叶大 koMOZU ダウンヒル

人生初ふじてんの1本目はローラーコースター→馬車道の定番コースでしたが…

・速い速い(汗)
・ブレーキの指が痛い〜
・こんな道走れないよ(泣)

とまぁ、案の定の泣き言混じりのダウンヒル。

とかなんとか言いながらも、気が付いたら笑顔で3本目を走るまでに。

 

駒沢公園 koMOZU 叶大 VEE TIRE CROWN GEM 20”X2.25 ヨツバサイクル

息子は20インチのフルリジッドのkoMOZUバイクに乗っているので、コース上のウォッシュボードの振動とブレーキングで手がかなり疲れていました。

 

ふじてん 叶大 koMOZU 野いちご

そんな時はコース脇に一旦止まり、横に生えている野いちごを食べまくり。

 

昼過ぎでも昼食とらないのに、なかなかお腹が空かないレベルで2人してムシャムシャ食べていたような…

ふじてん 叶大 koMOZU 野いちご

ふじてんに生えている野いちごは大きくてもほとんど虫が付いていなく、ほんのり甘くてかなり食べごたえがありました。

ぶっちゃけ、野いちご食べる目的だけにまたふじてんに行きたいです。

 

4本目を走っている頃に、koMOZU乗りで仲良しのカイト君とそのご家族も到着したという連絡を受け、合流して一緒に走ることに。

ふじてん 叶大 koMOZU カイト君

ふじてんのコースを立て続けに4〜5本走ってさすがに疲れてきた息子ですが、仲良しのカイト君が来てテンション再びUP!

カイト君は最近購入した24インチのフルサスバイクに乗っています。

ウチの息子はスマイルやストリート走るのと同じ20インチフルリジッドのkoMOZUでずーっと走ってもらう予定。

 

ふじてん 叶大 koMOZU カイト君 リフト

2人とも小学2年生でも余裕でリフトの乗り降りができるまでに。ハイテンションでとても楽しそう!

 

ふじてん カイト君

今日のふじてんでの自分的ベストショット。カイト君とお父様の攻め攻めなトレイン。早くウチもこのレベルまで行きたいな。

 

ふじてんの息子とのトレインで、3本目以降は後ろについて走行ラインを細かくチェック。

ふじてん 叶大 koMOZU ダウンヒル

息子が乗るバイク(koMOZUプロト)は20インチのフルリジッドなので、大人だと気にならないような根などの凹凸もヒョイヒョイ避けながら走って行くのがとても可愛く、参考になりました。

 

ふじてん croMOZU275 ダウンヒル

今回は息子のダウンヒル体験を優先させたため、自分のライディングはひとまず我慢。次回、1人で行く時に攻めようと思う。

 

カイト君のお父様に息子とのローラーコースターのトレインを撮っていただきました。

やっぱり20インチフルリジッドのキッズバイクではウォッシュボードがキツいよな。次回は楽な走り方を伝授しようと思う。

 

ふじてん koMOZU croMOZU275 ダウンヒル カイト君 阿部家

何はともあれカイト君ご家族と一緒に息子の初ふじてんダウンヒルを楽しむことができました!またよろしくお願いいたします!

 

「息子と一緒にふじてんをトレインで走る」という夢を1つ叶えたのですが

大切な結婚指輪を広大なふじてんのコースのどこかでロスト

というデカイ代償が…(泣)

samo BMXライダーが本気で『MTB』に乗ってみた!の動画を紹介

神戸の凄腕BMXライダーハルト君がTUBAGRAのSHAKAフレームで組まれた26インチホイールのMTBに乗って、本気で数々のトリックを行い、その様子を動画で紹介してくれています。

驚くべきは、彼が普段のBMXからSHAKA26に乗り換えた際、一切MTBに慣れるための練習を行わなかったこと。

ハルト君がBMXで乗っている感覚のままで、SHAKA26でもスムースにトリックを行えたんですね!彼もSHAKAの乗りやすさを絶賛してくれています。

 

 

SHAKA ストリートMTBフレーム
SHAKA26 BLACK(26インチホイール対応)は現在10,000円OFFで販売されています。在庫1本ですのでご興味ある方はお急ぎください。→SHAKA26 BLACK販売ページ

SHAKA24 マットクリア(24インチホイール対応)も現在10,000円OFFで販売されています。在庫1本ですのでご興味ある方はお急ぎください。→SHAKA24 マットクリア販売ページ

 

MTBストリートフレーム SHAKA2

テーパードコラムのサスフォークに対応しているSHAKA2も。

kai HiTaka Bike Check

お久しぶりです。
というか毎回この書き出しから始まっているような…

HiTaka proto フレーム pMOZU
さて、先日僕がテストを重ねているフレームが一般販売されることに。
皆様から多くの要望があったとのことで、非常に有難い限りです。

 

これからお買い求めになる方・検討されている方、バイクショップの皆様の参考になればということで、
僕のテストバイクの組み方をご紹介。

hitaka08
全体的に最新のトレンドを盛り込んで2020年代のMTBっぽくなるようにしつつ、
自分のバックボーンたる2010年代のストリートやフリースタイル感は残すように組んでみています。
コストもかけるべきところにはしっかりとかけるという自分史上初の贅沢な構成。
重量面では、軽量かつ強度も担保できる10kg前半に仕上げてみました。
では各部をスポット的に見ていきましょう。
 

hitaka02
バーはTUBAGRAだけではなく僕もイベントの協賛等でお世話になっているYurisさんが手掛ける、
コスパもデザインも最高なFormosaのF30カーボンバーを750mmにカットして使用。
ステムはIndustry NineのA318ステムの30mmリーチ。各部の滑らかな仕上げやネジ穴の精度の高さは流石といったところでしょうか。
ブレーキレバーは古き良き時代のXTR。現代でも使える造りの丁寧さは素晴らしいものがあります。

hitaka07
トップキャップはKazooさんの主宰するRipple製。
ライディングの時に一番目に入る部品だからこそ、バイブスが上がるものを付けたいですよね。

hitaka03
フォークはROCKSHOX Pike DJをチョイス。
エアーは160psiでコンプレッションは2~3クリック、リバウンドは10クリック戻しくらいだったかな。
とりあえずメーカーの推奨値はガン無視で使っています。
MarzocchiのBomber DJも使っていたので、そのあたりの比較記事はいつかまた。
タイヤは前後共にSchwalbe Billy Bonkersで、カタログスペックでは490gという軽量さを誇ります。
飛び道具的な性能をもった神タイヤではないですが、性能バランスが良くてこれといった弱点が見つからない優等生的なタイヤ。
僕は前後60psiくらいで運用中。

hitaka06
駆動系はBMX系のシステムを使用。
このバイクで唯一見た目を優先して重量増を無視している箇所。
クロモリのフレームには細身のクランクのほうがスマートな見た目になりますね。
軽さを求めるならアルミ・チタン・カーボンと選択肢はたくさんありますけど、
重量や性能だけじゃなく、いかに見た目にこだわりを持てるかもフリースタイルジャンルでは大事なことだと思っています。

hitaka10
ペダルはFireeyeのSkittlez。
世代を重ねるごとに完成度がどんどん上がっている、価格・見た目・性能の三拍子そろったお勧めのペダルです。

hitaka04
リアハブはIndustry NineのHydra SS(シングルスピード)ハブ。
690ノッチのハブが奏でるラチェット音はライダーのバイブスを限界までアゲてくれます。
高速になればなるほど高周波のような音に変化します。特にジャンプで離陸したときの空転時に響く音は至高の響き。
ちなみに回転の良さも異常に良くてスピードが全く落ちませんし、ハブ単体の重量もSSハブでは市場最軽量クラス。
シンプルな構造ゆえに手入れも簡単だし、補修部品も長期にわたってしっかり対応。
ノッチ数の細かさばかりに目がいきがちですが、総合的なスペックも価格に見合うものとなっていると思います。

 

乗った感じの写真が少なすぎてアレなので、さっき飛んできました。こんなかんじ。
ともかくプッシュ/パンピング、ジャンプはTUBAGRA製フレーム史上最もやりやすいと思います。
hitaka09

 

細かいスペック一覧です。
hitaka01
Frame: TUBAGRA HiTaka Prototype
Fork: Rockshox Pike DJ
Bar: Formosa F30 width750mm
Stem: Industry Nine A318 30mm
Grip: Cinema Focus Grip
Brake Lever: Shimano XTR BL-M950
Headset: Nukeproof Neutron Headset
Headcap: Ripple
Seat: Mutiny Cockpit Pivotal Seat
Seatpost: Fireeye KEBAB- NF
Crank Set: Mutant bikes Bionic Cranks 165mm
Sprocket: Dartmoor Trance 25t
BB: Spanglish BB 22mm (DIY)
Chain: HKK Vertex Trackracer Chain
Pedal: Fireeye Skittlez Pedal
Front Tire: Schwalbe Billy Bonkers 26×2.10 60psi
Front Tube: Maxxis Fly Weight Tube
Front Rim: TNI ED30 32h
Front Hub: Bitex MFT15
Rear Tire: Schwalbe Billy Bonkers 26×2.10 60psi
Rear Tube: Maxxis Fly Weight Tube
Rear Rim: TNI ED30 32h
Rear Hub: Industry Nine Hydra Single Speed Hub 12t
Rear Brake: Avid BB7S
Brake Rotor : KCNC Razor 160mm
Spoke: SPIM Race

samo 猛暑でギリギリライディング&レッスン

午前中のことなのですが、比較的涼しい橋の影の中で練習しようとcroMOZU275に乗って近所の多摩川河原に行くと、狙ってた場所に工事車両が止まっていて叶わず。

多摩川河原 croMOZU275 バニーホップ ストレート刺し

仕方ないので炎天下でやったら10分で滝汗出て頭フラフラになって終了。光化学スモッグ注意報も出ていてかなり危険な暑さでした。

 

暑さで危険と言えば、先日のスマイルバイクパークのプライベートレッスンも相当でした。レッスンを受ける方たちは定期的に日陰で休んでもらうので安全ですが、講師の私は基本的に炎天下に出ずっぱりなので…(汗)

スマイルバイクパーク SBP MAZDA CX-5

いつもはレッスンの合間に15〜30分の休憩を取るのだけど、今回に限ってはスケジュールの都合で合間の休憩は一切無し。

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

この日は4人の子供たちを教え、子供の方が走るバイクと並走したりして大人と比較しかなり運動量があるので、流石に後半は限界が来て危なかったです。

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

暑い中でも皆さんしっかり上達して良かった!

 

 

そういえば、多摩川河原の川崎側に今年になって広大な舗装路ができました。

多摩川河原 croMOZU275 舗装路 ダートコース

元々は砂利が敷かれていましたが、かなりの距離をとても滑らかなアスファルト舗装に変更され、とにかく道幅があるのでスケートボードがいても接触リスク少ないし、住宅も遠いからオーリー音で苦情も来ない。色々できるスペースが誕生しましたね。

 

 

10年以上使ってきたシャーホースが劣化断裂したため、新しいシャーヘッドとホースを買ってきました。

シャワーヘッド

最新のシャワーヘッドは節水効果もあって色々スゴイ!取り付けもメチャ簡単!

水の出方が超絶気持ち良くて、日常的に使うものだけにかなりハッピーな気持ちになりました。幸せは案外近くにあるのかも…。

 

 

1回目のワクチン接種後に軽く真夏のDAYトップBIKE&FISH。

BIKE&FISH POPXで釣れたクロダイ

ワクチン効果か知らないけれど開始5分で釣れました。クロダイ45cm!

北九州では散々トライして釣れなかったのになぁ(T_T)

samo croMOZU275復活!北九州に行っていました

重力技研にcroMOZU275のサスフォーク X-FUSION STREATをオーバーホールで出していてかれこれ1ヶ月。

X-FUSION STREAT RL2

ようやくX-FUSION STREATが戻って来ましたのでcroMOZU275に戻す作業を行いました。

 

およそ1ヶ月ぶりに乗るcroMOZU275は軽い。とにかく軽い!

X-FUSION STREAT RL2 多摩川河原 croMOZU275

croMOZU275が不在だった際のメインバイク、eMTBにしては激軽な部類のSPECIALIZED LEVO(18kg)と比較しても、ヒョイヒョイ持ち上がるしヒラヒラ走れます。このダイレクトさがとても気持ちいい!!

 

久しぶりに乗るアシストのないMTBはダイレクトでとにかく楽しいです。

X-FUSION STREAT RL2 多摩川河原 croMOZU275 バニーホップ

実は今日、1回目のワクチン接種し終わったばかりで激しい運動は控えなきゃいけないのですが、ついついバニーホップしてしまいました!

刺しの甘いストレートバニーホップだけだから「激しい運動」じゃないですし。(←屁理屈)

 

 

先週は1週間丸々、奥さんの実家のある北九州に行っていました。今回の北九州では息子と1つ目標を立てていて、その1つは南方にしかいないセミ、クマゼミを手づかみで捕まえることに。(実は最近、関東でもクマゼミを見られるようになってきています)

北九州 奥さんの実家 クマゼミとアブラゼミの幼虫の抜け殻

奥さんの実家の庭で見つけたセミの抜け殻。右上がクマゼミで、左下がアブラゼミです。クマゼミの方が一回り大きいですね!

 

抜け殻があるということは成虫もいるはず!と奥さんの実家から少し離れた樹木の多い公園で探してみるも、いるのは何故かアブラゼミばかり。アブラゼミなら東京にもたくさんいる訳で…(汗)

北九州 奥さんの実家 クマゼミ

諦めて奥さんの実家の裏のなんてことない児童公園に行くと… 息子でも手が届く高さで樹木にたくさん止まっているじゃないですか!

 

北九州 奥さんの実家 クマゼミを手づかみで捕まえた叶大

短時間に3匹も手づかみで捕獲を成功し満面の笑みの息子!早速、今回の北九州の目標を達成してしまいましたね。ちなみに捕まえたクマゼミはすべてリリースしました。

 

 

奥さんのお父様に国指定天然記念物、平尾台〜千仏鍾乳洞に連れて行ってもらいました。

国指定天然記念物 平尾台 千仏鍾乳洞 叶大

想像以上にハードコアで頭上注意な箇所は入り口から数え切れず、閉所恐怖症の人なら卒倒する激狭ルート、キンキンに冷えた流水に膝まで浸からないと通れないルートもあったりと、かなりの体験型アトラクションでしたね。

いやぁ面白かったです!

 

奥さんの実家から自転車で10分の距離にちょっとした堤防がありまして、例年ならアジがたくさん釣れるのですが…(汗)

北九州も連日の大雨で大量の雨水が堤防内にも充満しており、塩分濃度が低いとかでアジはほとんど沖に避難して全然釣れません。

北九州 奥さんの実家 ジグヘッドワームで釣ったシーバス

その代わりに釣れまくったのがシーバスです。写真はこの場所ではとてつもない大物の74cm!

 

北九州 奥さんの実家 ミノーで釣ったシーバス

続いて70cm弱も!こんなサイズが釣れるなんて本当に聞いていなくて(アベレージは30cm)釣り上げるのにかなり苦労しました。

 

北九州 奥さんの実家 ミノーで釣ったシーバス ヒラセイゴ

これが本来ここでのアベレージサイズです。ちなみにこいつはヒラスズキで、自分は今回ヒラスズキ釣ったの初めてでした。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2021 by Street MTB Team TUBAGRA