SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo MTBと桜の木の撮影 Day-3

今日の朝活は、「MTB+桜」撮影シリーズの第三弾です!というか昨日書いた通り、綺麗な桜を前に下手なアクションライディングシーンを絡めても野暮なだけなんじゃ…なんて思いましたが、それでは昨日の撮影で終了しちゃうので、どうしたらMTBと桜の格好いい写真が撮れるか、足りない頭をフル回転して考えてみました。

そして、出した答えがコレ(↓)。桜を背景に土手の斜面でテイルタップ!

構図的にナイスなバランスの写真になると思っていたのですが…

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード 桜 花見 テイルタップ

うーん。これはちょっと微妙かも(汗)。

背景の桜の木が満開じゃないので見た目がゴチャゴチャし、自分のテイルタップのカタチが悪すぎました。

 

まず、多摩川河原を走ってテイルタップがやりやすそうなシチュエーションにある桜の木を探したのですが、だいたい桜の木の周辺は下草が伸びていて、MTBで走ってもタイヤが半分以上隠れてしまい、今回の撮影には不向きです。河原の道を行けども行けどもそんな桜の木ばかり。

「ヤバイどうしよう?」と半分諦めかけていたところで、たくさんの花見客に踏み固められたためか、草地が極端に少ない桜の木を1本発見しました。ただし、その桜はまだ七分咲と言ったところで、正直あまりキレイではありません。ただ、残り時間もそれほどないため、仕方なしにこの桜の木で撮影することに。

そして、土手の斜面でテイルタップをするのですが、考えてみたら自分自身、今までブレーキ付いたバイクに乗っていなく、テイルタップをするのはおよそ5年ぶりくらい?そんな状態でまともにテイルタップが出来るのか?なんて思いましたが、ありゃま〜身体が覚えていてすぐできました。

が!テイルタップのカタチが余裕が無くて超かっこ悪い!撮れた写真を見て初めて気が付きました。てっきり、すぐにjinkenさんや水野君みたいな格好いいスタイルのテイルタップができるかと思っていたので大誤算です!

そこから撮影しながらテイルタップの練習をするハメになり、気がつけば全身汗だく状態。結局のところ、最後まで納得のできるスタイルのテイルタップはできず、息子の世話をしに家に戻らなければいけないため撮影は終了。

あ、あとついでに言えば、シャツの色が赤系で桜の花びらのピンクと被って、それも良くなかったです。青系のシャツにすれば良かったな。

 

あまりにも不完全燃焼だったため、帰り道にある昨日撮った桜の木の前にYAMADORI 1st 26を置き撮影。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード 桜 花見

うん。断然こっちの方がキレイな写真だと思います。

(´-`).。oO(さっきまでの苦労が水の泡なんて言えない…)

 

家に着く前、ほんの少しルアーフィッシング。たった5分程度のこともあり、相変わらず釣れません。

MTB マウンテンバイク 多摩川 Abu Cardinal C4 Mamiya HIS-602L beruf MOUNTAIN BACKPACK

最近、自分は何を狙って釣りをしたら良いのか分からなくなってきています。

多摩川丸子橋付近の東京都側に住み、そこを中心におよそ1km範囲内をMTBで移動しながら釣るのですが、シーバスで有名な可動堰(川崎側)は人が多いので手は出さないルールにしています。そんな自分は、どの魚を狙って、どんなタックル(ルアー)を使って釣れば良いのでしょうか?そろそろ、真剣に相談できる人を探しています。

 

息子の世話をした後、SHAKAに乗り換えて再び多摩川河原へ。一通りトリック練をしたところで雨が降ってきて退散。明日はあのレールを攻めてみるか。フフフフフ…

samo MTBと桜の木の撮影 Day-2

昨日は朝、会社に着くなり保育園から「息子の容態が悪化して…」という連絡があり… って、このエピソードは後ほど書くとして、今日も朝活行ってきました。

近ごろ、朝5時起きだと家を出て多摩川河原を走る頃には、すでに日の出(都内は現在5:30前後に日の出)で空は明るくなっています。なので、夜間撮影というよりかは、完全に明るい中での撮影になっていますね。4時半起きを狙ってみる?どーしよう…

それはそうと、撮影に適した桜を探しながら河原を走ること10分ちょっとで、花が満開近くまで咲いていて、樹形が良いソメイヨシノ(一般的な桜の木)を見つけ、そこをメインに撮影することにしました。

そして、構図を考え決めていく訳ですが、当初は桜の木を背景にYAMADORI 1st 26でバニーホップやカービングとかしている写真を撮ろうとイメージしていたものの、雄大で綺麗な桜の木を前にすると、そんな余計な事をするのも野暮に見えてきました。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード 桜 花見

結局、普通に桜の木をメインに、その脇をMTBで走るだけの写真に落ち着きました。

まだ5時台だというのに、河原の未舗装路は散歩の人、ランニングの人、犬の散歩の人などが結構いて、そんな方たちと軽く挨拶を交わしながらパパっと撮影を終え、他の大きな桜の木を眺めながらゆっくり河原の道を走ります。どの桜もとても綺麗で、朝の柔らかい光の中で淡く輝いていますね。

改めて、こんな場所が家の近所にあることを嬉しく思いました。息子がもうちょい大きくなったら一緒に連れてきたいな〜。奥さんにも来て欲しいけど、「もっと寝させて〜」とか言って布団から出なさそう(笑)

 

それから河原を少し走り、釣りのスポットに移動しました。が、毎度のごとくまったく釣れず。こうなると、次の一手をどうするか非常に悩みます。釣りの相談ができる人が近くにいると嬉しいんだけどな…

 

その後一旦帰宅し、目覚めた息子の世話をします。それが落ち着いたらSHAKAに乗り換えて再び多摩川河原へ。多少違和感があるものの痛めていた首が今日になってようやく動くようになり、数日ぶりのトリック練を行いました。

ノルマのバニーホップバースピンやバニーホップロックウォークをした後、先日撮影したレールフィーブルを違う構図で撮ることに。レールフィーブル自体はありがたいことに確実に決まるので、何度も繰り返しながらベストな構図やタイミング、ライティングを探し、撮れた写真が下です。

MTB マウンテンバイクSHAKA 多摩川河原サイクリングロード ハンドレールフィーブルグラインド

この段階で結構お腹いっぱいになっており、「あー、これから会社行くのか!面倒くさいな〜」なんて思いますが(苦笑)、急いで家に戻って家族の朝食を作り、自分の弁当を用意して、シャワーを浴びて出社します。

さて、明日はどんなライディングシーンの写真を撮ろうか?毎日YAMADORIとSHAKAで2シーンを考えなきゃいけないので大変ですが、それが最近の楽しみでもあるんですね。

 

冒頭に軽く書きましたが、昨日は出社と同時に保育園から「息子が吐いてグッタリしているからすぐに迎えに来てください」との電話があり、さすがに仕事もあるのですぐには行けず、何とか会社から半休をいただき、お昼過ぎに急いで保育園のある羽田空港に向かいました。

羽田空港の保育園、本当は明日までこの保育園に行く予定でしたが、息子は明らかに1日で全快するとは思えない状態となっていたため、その場で明日の保育園は休むことに決定。そうなると、急きょ、今日が保育園ラストの日になりました。

羽田空港内を息子を抱えて歩くのも今日が最後になるのです。

叶大の羽田空港の保育園アンジュの最終日

保育士の人たちに「半年あまりですが今まで大変お世話になりました」とお礼をし、多少は回復している息子を抱えて家に帰るのですが、ここで大変な事実が発覚しました。夫婦で手分けして2日に分けて持ち帰る予定だった保育園に置いてある息子の荷物を、今回一度で持ち帰ることになったのです。

大きな紙袋2つはある荷物を見て一瞬唖然としましたが、背負ってきたberuf baggage MOUNTAIN BACKPACKにヤケクソで詰め込んだら、何と全部収まったじゃないですか!改めてこのバックパックの収納力の高さに驚きました。

叶大の保育園の荷物を引き上げてきたのでberuf MountainBackPackは満杯

↑こんな感じで息子を抱えて家に向かいます。メチャ重くてかさばりましたが、息子を抱えて両手が使えるのは凄く助かります。

そして、相変わらず羽田空港から家まで帰ってくるのに1時間以上かかりました。ただ、これを明日からしなくて良いと思うと、嬉しくて仕方がありません。いやー、本当にキツかったですから。

 

家に着いて荷物を起き、息子の保健証や診察券を持って、いつもお世話になっている小児科医院に自転車で行きます。今回は初めてYAMADORIで行ってみました。病院の行き帰りに桜が満開の遊歩道があったので、帰りに寄り道して息子に桜をジックリ見せてあげると…

病院の帰りに花見をする叶大

桜の花びらをメチャむしっています!「桜が可哀想でしょ!」とやんわり引き離します。

桜の花びらを触る叶大

うーん、なかなかキレイなシーンにはなりませんねぇ(苦笑)。

そして、足元に生えていたつくしを渡してみたら…

つくしを舐める叶大

ちょっと目を離した瞬間にムシャムシャ食べてる!!「わー!!」と焦ってつくしを引き離し、口の中のつくしの破片を取り出します。これが原因でさらにお腹を壊したらどうしよう…?

ちなみに息子をお医者さんに診てもらったところノロウイルスにかかっていることが分かりました。何とか明後日の新しく通う保育園(電車で15分)の始業式までに治ってくれると嬉しいな。

 

横須賀うみかぜ公園ローカルの高校生、Yamato君からSHAKAに乗っている写真が送られてきました。

まだ仮組み状態とのことですが、インバート(テーブルトップ)がメチャ深く入っています。

横須賀うみかぜ公園ローカルSHAKAに乗るYamato君のインバート

横須賀うみかぜ公園ローカルSHAKAに乗るYamato君のインバート

ちゃんとバイクを組んだ後のYamato君の活躍が楽しみですね!!

samo MTBと桜の木の撮影 Day-1

先週金曜日の朝活コーナリング(カービング)練習で転倒した際に地面に側頭部を強打した影響で、いまだに首がムチウチ状態から脱していないため、今日の朝活は大人しく、多摩川河原サイクリング→桜撮影→ルアーフィッシングとしました。

朝5時半に撮影した、丸子橋付近の有名な(?)桜の木です。まだ満開ではありませんでしたが、今回はここで撮ることに。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード 桜 花見

それにしても、有名なスポットだからか朝5時半にも関わらず、自分以外の撮影の方がチラホラいました。自分は構図を決めストロボを設置して撮影から撤収まで3分以内で済まし、他の撮影の方にささっと譲りました。うーん、もう少しストロボの位置とか凝りたかったな…

明日はもうちょっとマニアックな桜の木のところで撮ろう。

 

その後、ルアーフィッシングをしたのですが、自分が狙っていたスポットは毎朝出会う野鳥撮影のおじさんが、望遠レンズで水鳥を狙っているスポットに近く、邪魔しちゃうんじゃないかと気になって、素直に場所を譲りました。仕方ないので、新しいスポットを探そうと思います。

あと、今日からシーバス狙いのタックルに変更したので、今までと勝手が違って多少戸惑いますね。早く必釣パターンを見つけたいと思います。

 

Crankworx Rotorua – Slopestyleの映像をどうぞ。優勝したBrett Rheederをはじめ、上位ライダー達のトリックがハイレベル過ぎる!

こんな複雑なトリック、相当マジメになって反復練習しないと大会とかじゃ絶対に決まらないですよ。本当に尊敬します。

samo 首負傷につき安静にしていた日曜日

昨日のフラワートレイルにて、フジモトさんのバニーホップバースピン動画です。着地で片足がペダルから外れていますが、その後は外れることなくメイクしていました。どうぞご覧ください。

Masao Naitoさん(@tubagra)が投稿した動画

こんな調子でどんどんバニーホップバースピンができるようになるMTBライダーが増えると嬉しいなぁ!フジモトさんはアラフォーですが、地道に続けた結果できるようになりました。他のみんなも頑張りつつバニーホップバースピンを論理的に理解して続ければ、怪我せずに絶対にできるようになります。

バニーホップバースピンはできるととても面白いので、興味があれば是非トライしてみてください。怪我しづらい練習方法は過去に自分が作った動画(↓)にあります。

Bunny Hop Barspin 6STEPS from Samo on Vimeo.

 

さて、一昨日の朝活コーナリング(カービング)練習で転んで痛めた首は、昨日のフラワートレイルで明らかに悪化し、今日は常に激痛に苦しめられて過ごすことになりました。こうなると日常生活を何とかこなすことで精一杯となり、自転車で飛んだり回ったりは完全に二の次になります。

幸いにも朝から夜まで奥さんが仕事のため、今日は1日中息子の世話をすることになっていたのでした。

とはいえ、1日中家にいるのも退屈だったので、近所の釣具屋さんに息子と一緒にサイクリングがてら買い物をしてきました。その帰り、近くの小さな公園で見つけた満開の桜を前に記念撮影。

MTB マウンテンバイク 多摩川河原サイクリングロード 桜 花見

同じく近所にある多摩川河原の桜並木、福山雅治で有名な「桜坂」は大勢の人たちでごった返していましたが、この小さな公園は盲点だったようで、他に誰もいなくて独占状態で、じっくりセルフタイマー撮影をすることができましたね。

 

ここ数日、息子は下痢気味で微熱があり食欲がありません。今日なんて、殆どご飯も食べなかったし…

不満げな叶大

色々と心配になりますが、お医者さんからもらった薬は飲ましたので、早く治って欲しいです。

そして、明日明後日と残り2日で息子は羽田空港の保育園「アンジュ」を転園します。とても良い保育園だったので残念ではありますが、とにかく片道1時間超は本当に遠かった!交通費も毎日メチャかかった!

というわけで、新しい保育園(所要時間15分)に行くことの方が嬉しすぎてたまりません!ああ〜!!色々と楽チンになるんだろうな。

 

またもやデンバー在住のアメリカ人、Tanner Bouchardことターナー君の最新の動画が届きました!

180はフェイキーしないものの、かなりカタチになってきています。レジーマットがあるならバックフリップの練習すれば良いのに…

samo フラワートレイルにワンメイクジャンプ設営とターンダウン対決

今日は今年初のフラワートレイルに行ってきました。土日にイベントがあったり、雨が降ったり、息子の世話があったりと、今年は本当に行けていなかったのです。

フラワートレイルに到着すると、ナカニシさん、けんぷっぷさんがすでに整備をされていて、自分と同じタイミングで到着したコニシさんにフジモトさんもそれに加わり、懸案事項であったワンメイクジャンプ制作に取り掛かりました。

数年前まではフラワートレイルにも初心者の方にもちょうど良いサイズのワンメイクジャンプがあったのですが、リップが風化し飛べない状態にあり、それを今回、超幅広バックサイドとセットで作り直したのです。

MTB マウンテンバイク ダートジャンプ フラワートレイル ワンメイクジャンプ

作りたての状態でゴチャゴチャしていますが、リップの幅は90cmで高さは120cm。それに対してバックサイドの幅は4m近くあり、思い切り360などの回転系トリックにチャレンジすることができます。

MTB マウンテンバイク ダートジャンプ フラワートレイル ワンメイクジャンプ

また、バックサイド(斜面)に行くまでに平坦な区間が2mほどあるため、軽く飛んでのバースピンやテイルウィップ練習にもピッタリです。

MTB マウンテンバイク ダートジャンプ フラワートレイル ワンメイクジャンプ

横から見るとリップとバックサイドの間は現状隙間がありますが、板でつなげる予定なので、初心者の方が飛んでも怖くないです。

とまぁこんな感じで、まだ完全に完成はしていませんが、何本か試しに飛んだところ、自然なRの角度なためエアーが気持ちよく出せ、色んなジャンプトリック練習に最適そう。自分は360にバースピン、テイルウィップ練習をやりまくるつもりです!

 

お昼過ぎ、久しぶりに元TUBAGRAライダーのレオン君が遊びに来てくれました!レオン君が乗るMOZUバイク(左:26インチホイール)と、コニシさんが乗るMOZUバイク(右:24インチホイール)のカラーリングが似ているので、並んで写真を撮らせていただきました。

MTB マウンテンバイク ダートジャンプ フラワートレイル MOZUバイク レオン君 コニシさん

 

ひと通り整備が終わった後、みんなでダートジャンプをします。暖かくてとても快適でしたが、レギュラーラインを飛ぶと時折上空で横風に流されるのが怖かったですね。

自分はYAMADORI 1st 26で初ダートジャンプ。高めのサドルが足に当たってバランスを崩す時があるので、慣れるまでに冷っとする事がいくつかありましたが、基本的にMOZUなので気持よくぶっ飛ぶことができました。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 フラワートレイル ダートジャンプ ハイエアー

…と、言いたかったのですが、昨日の朝活で痛めた首(ムチウチ?頚椎ヘルニア?)の影響で、バックサイドで着地する度に首に激痛が走り、一発一発のジャンプが苦行で仕方なかったです。明日は絶対安静だな…。

ちなみに上の写真、自撮りリモート機器を使って撮っています。本当に便利だなぁ。

 

コニシさんはフラワートレイルの土地を周回するパンプトラックを走ります。

MTB マウンテンバイクコニシさん ダートジャンプ パンプトラック

コニシさんの実力なら絶対に4連ジャンプは飛べると思うのですが…

 

レオン君は着いて早々、レギュラーラインでガッツリ入ったテーブルトップを見せてくれました。

MTB マウンテンバイク レオン君 ダートジャンプ インバート テーブルトップ

フジモトさんもレギュラーラインで肩慣らしのX-UPを決めてきます。

MTB マウンテンバイク フジモトさん ダートジャンプ X-UP

 

ここでレオン君とフジモトさんによるターンダウン対決が勃発。というか、僕が「やってー!!」とせがんでやってもらいました。すみません!

何度か書いていますが、BMXではポピュラーなトリックであるターンダウンですが、MTBでやろうとするとポジションの関係上、凄く難易度の高いトリックとなり、やれるライダーは非常に限られています。とはいえ、ホイールの大きなMTBでターンダウンをすると、空中での可動域が大きくメチャ格好いい!

そんなターンダウンができる稀少なライダーであるレオン君とフジモトさんが一同に会しているのですから、これはやってもらわないと!ということで、まず最初はレオン君。

MTB マウンテンバイク レオン君 ダートジャンプ ターンダウン

惜しいです!あと5度くらいハンドルが入っていればー!!

一方、フジモトさんのターンダウン。こちらも惜しい!あと数度入れば…、ですし、下の右側の写真は左足がペダルから外れちゃっていますね。これでちゃんと着地で戻せているのがスゴイ!

MTB マウンテンバイク フジモトさん ダートジャンプ ターンダウン

2人ともあと少し、という状況でしたが、これはエアーの際に強い横風で流される影響から、入りが甘くなってしまっていたんですね。何とか次の機会でリベンジしてもらいましょう!

kai PEDAL JAZZ

こんばんわ、Kaiです。
仙台のfool & the gang.より“JAZZとストリートライディング”をテーマにしたコンセプトムービーがドロップ。
僕もSND*SとTUBAGRAライダーとして参加させていただきました。
ビールを片手にどうぞご覧ください。

pedal_jazz_LP_0325a

pedal_jazz_LP_0325b

PEDAL JAZZ – IMPROVISATION OF BICYCLE from fool & the gang. on Vimeo.

—————————————————————————————
PEDAL JAZZ – IMPROVISATION OF BICYCLE
—————————————————————————————
Side A – BMX / MTB
Starring
KAI (SND*S / TUBAGRA)
MARKUN (JUNGLE RIDER)
AIZAWA (AIZAWA FAMILY)
SENSEI (DIALOG)
IORI (SND*S)
FUKUHARA (POTATO BMX)

Side B – FGFS / BMX
Starring
AKIO JENSEN (WEDNESDAY) from TOCHIGI
EMICo (RASIX) from TOCHIGI
U10 from AIZU
URIU from AIZU
AYUKAZU from AIZU
GIN (SENDAI CUPSOLE SOCIETY)
TAKEDA (FUNKY TAKEDA CLUB / MSC)

Special Appearance
AKI-CHAN (FUNKY TAKEDA CLUB)
SAITO from FUKUSHIMA
HITOMI (AIZAWA FAMILY)
TARO (AIZAWA FAMILY)

Music
COUNTDOWN – JOHN COLTRANE
Copyright © 1960 ATLANTIC RECORDING CORPORATION
LOVELY DAY – JILL SCOTT
Copyright © 2011 HIDDEN BEACH RECORDINGS
STORMY – MADLIB
Copyright © 2003 BLUE NOTE RECORDS
MALCOLM WAS HERE – J.ROCC
Copyright © 2011 STONES THROW RECORDS

Special Thanks
TUBAGRA, FIXED JAPAN,
WEDNESDAY, RASIX,
MK, POTATO BMX, DIALOG,
AIZU LOCALS, TOCHIGI LOCALS,
SENDAI LOCALS, and more.

Supported by
SURE CLOTHING STORE
LIFETIME
GONG
FUNKY TAKEDA CLUB
SND*S
SENDAI CUPSOLE SOCIETY

Directed, Filmed & Edited by
KUSANO

SURE CLOTHING STORE
http://sureclothing.blogspot.jp/
GONG
http://gongmade.tumblr.com/
SND*S
http://sndstreet.blogspot.jp/
FOOL & THE GANG.
http://www.foolandthegang.com/

samo 今日でラストの朝活コーナリング(カービング)練習

今日も引き続き5時に起き、YAMADORI 1st 26での朝活コーナリング(カービング)練習で、バイクの傾き50度超えを目指し(今までは最高48度)気合いを入れてチャレンジしました。が…!

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード コーナリング カービング

草地の朝露が今までになく酷く大雨が降った後みたいになっていてビチャビチャ状態。そのため、ちょっとバイクを傾けただけでタイヤが滑りまくりでした。

それでも、「絶対に50度超えてやる!」とコーナリングポイントに突っ込んで行ったところ。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード コーナリング カービング失敗

思い切り前後輪がスリップ!勢いよく肩→後頭部を地面に強く打ち、あまりの衝撃ですぐに立ち上がれない状態となりました。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード コーナリング カービング失敗

もちろん、濡れた路面に激しくドロップ、からのスライディングをしたので着ていた服は泥まみれです。

何とか起き上がり、首に違和感があったものの引き続きトライ。が、やはり今までと比較して、ちょっと傾けただけで前後輪がいとも簡単にスリップしてしまい、地面に転がること4〜5回。

まるで何かの事故に巻き込まれたみたいな酷い有り様となり、このままコーナリング(カービング)練習を続けても意味が無いと判断。練習を止め、明らかに水温が低くて釣れないルアーフィッシングを10分間して(ノルマ)、とっとと家に帰りました。

 

あまりにも全身泥まみれのため、すぐにシャワーを浴びます。シャワーからあがったら息子を起こして朝食をあげました。

 

そして、SHAKAに乗り換えて再び多摩川河原へ。いつも通りバニーホップバースピンやバニーホップロックウォークをするも、先ほど側頭部を強打した影響で首がムチウチ(もしくは頚椎ヘルニア)状態となり身体のキレが悪く、メイク率は散々でした。

仕方ないので、ハンドレールでのフィーブルグラインド、いわゆるレールフィーブル練習にスイッチ。

MTB マウンテンバイクSHAKA 多摩川河原サイクリングロード ハンドレールフィーブルグラインド

レールフィーブルは、フロントタイヤを細いレール上に上手く走らせるバニーホップの精度が求められるくらいで、度胸さえあれば意外と簡単なのでオススメです。一応、首が痛くても普通にできますが、フロントがレールを超えて落ちるとレールに絡まって転けるので注意が必要なのは言うまでもありません。

 

今週になってから続けていたコーナリング(カービング)練習ですが、しばらく止めようと思います。

今朝、激しく転んで怖気づいた訳ではなく、今週末くらいから多摩川河原に無数にある桜の花が咲き始めるため、「桜とMTB」の写真を撮影することに集中しようと、以前から計画をしていたのでした。

多摩川河原を舞台とした朝活は、季節や自分の趣味に応じてメインメニューがコロコロ変わっていきます。

コーナリング(カービング)練習はどこかのタイミングでまた再開する予定なので、その際は「バイクの傾き50度超え」を目指して頑張りたいと思います。

それにしても、この練習は本当にやって良かったと思っています。多少は癖のあるスタイルではありますが、ハードなコーナリング(カービング)の仕方を習得し、どのあたりでブロックタイヤが滑り始めるか、などの自分のバイクの限界値を垣間見ることができたことは、大きな収穫となりました。

という訳で、来週月曜日からの朝活「桜とMTB」を(期待せずに)楽しみにしていてください。もちろん、普通に桜とMTBが写っているだけの記念写真にするつもりは毛頭ありません。うーむ、どうなることやら。まずは早朝(深夜)のロケハンだな。

 

カナダのウィスラーで毎年開催されるMTBの巨大なイベント、Crankworx(クランクワークス)の、ウィップコンテストの動画をどうぞ!

samo 足りなかった朝活時間

今日は奥さんが仕事の都合で息子を保育園に送り届けることができないため、替わりに自分が行くことになりました。そのため、家を出る時間が1時間以上早まったため、その分、朝活時間も圧縮することに。

まず5時に起きて、いつもはYAMADORI 1st 26に乗って多摩川河原に行くとろこですが、今日はSHAKAで行きます。まだ朝陽が昇る前に、数日前からどうしてもしたかったウォーリー(Wallie)の撮影をしたのでした。

自分がいつもウォーリーを練習する河原の場所は、日が昇る頃には一大通勤・通学路+ランニングコースとなって通る人が尋常じゃなく多くなるため、そうなる前のまだ暗い中で撮影する必要があったのです。

そうまでして撮ったウォーリーですが、想像以上にヘボかった(泣)。

MTB マウンテンバイクSHAKA 多摩川河原サイクリングロード ウォーリー wallie

上の写真のリアタイヤの下にある車止め(?)のポールにリアを当てて飛んだのですが、そういった説明文を書かないと、ただポールをバニーホップで中途半端に飛び越しただけにしか見えないですよね。

(結局のところ、自分のウォーリーがまだまだ下手くそ、というのが最大の原因なのですが)

うーん… 今日のところはウォーリーは写真向けじゃないトリックということが分かったので、今後は動画だけで済まそうと思います。

まぁ、ウォーリーはウォーリーで少ない力でポンッと飛べて、リアタイヤも障害物に当たって跳ね上がる感覚とか楽しいのでオススメです!

 

その後、急いで家に戻ってYAMADORI 1st 26に乗り換え再び多摩川河原に戻ってきました。そしてお馴染み草地コーナリング(カービング)練習を行います。って、残りの時間が本当に無くて、たった10アタックしかできませんでした…(泣)

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード コーナリング カービング

そのため身体が十分に温まらず、MASSANが教えてくれたカービングのフォームに到達する前に練習は終了です。そんな状況なので、バイクの傾きは昨日より1度劣る47度。(昨日と逆回りではありますが)

今日こそ50度超えを実現してやる!」と闘志を燃やしていただけに、とても残念な気持になりました。明日こそは〜!!!!

 

それから5分間、上の写真の奥の川岸でルアーフィッシングをしたものの、ここ数日の寒さで魚は深場に行っててノーフィッシュ。明日は暖かくなるといいなぁ。

 

帰宅して息子を起こし、シャワーを浴びて家族の朝食を作ってお弁当を用意して、息子を保育園に連れて行きました。朝の羽田空港までの電車は夜と比べて激しく混んでおり、その中で息子を抱っこし、大きな荷物(息子の着替えやその他諸々)を抱えながら行くのは、慣れていないこともあって相当神経をすり減らしました。奥さん凄い。

家を7時20分に出て、息子を保育園に預け、会社に着いたら9時25分だもんな。朝から2時間以上の電車〜徒歩の移動は何だかんだ疲れますね。つくづく羽田空港の保育園は遠いと実感。早く新しい保育園に転園したいな。(3月31日までの我慢)

 

Pride Streetのライダーかは分かりませんが、バースピンとグラインド、回転系トリックが上手いライダーです。

privet vesna from Elnur Mamedov on Vimeo.

samo ストリートトライアルミーティングの動画と朝活コーナリング練習の続きとシーケンス撮影テスト

タイトル長ッ!

そんな訳で、今日のTUBAGRA日記は内容盛りだくさんです。

まずは、先日の第一回ストリートトライアルミーティングの動画を公開しました。どうぞご覧ください。

1ST STREET TRIAL MEETING from Samo on Vimeo.

各ストリートトライアルライダーの魅力あふれるライディングを楽しんでいただけたら幸いです。

基本的にこういった短い動画なら、動画編集がすぐにできて今の生活でも作ることができます。逆に、長時間撮影し、その動画の中から使えるシーンだけを抜粋してつなげていく、みたいな動画編集はまとまった時間が必要となり(PCのスペックが低いので作業時間の8割はプレビューやレンダリング待ち)、30分〜1時間単位の細切れな自由の時間しか無い今の自分の生活だとかなり困難になります。色々難しいなぁ…

 

今日の多摩川河原、YAMADORI 1st 26に乗っての朝活コーナリング練習です。左回りだった昨日までとは違い、右回りで撮影をしてみました。やはり両回りを同じレベルで曲がれるようになりたいので。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード コーナリング カービング

進入スピードやコーナリング速度はさらに上がり、傾いたバイクの角度は48度になりました。朝露の湿った草地でも、ここまでタイヤはグリップするんですね!我ながらそのことに感動しています。

 

今日の練習で分かったことは2点。大きな回転半径で曲がって行くと、フロントタイヤがズリズリと滑って行きやすいということ。逆に、コーナリングポイント目がけて直線的に進入し、直前でカウンター入れて一気に身体を倒して曲がると、バイクが大きく傾いてもタイヤが強くグリップして滑らず、勢いを保ったまま曲がりきることができる事でした。

ハッキリ言って、このコーナリング(カービング)はジェットコースターみたいで相当気持ち良いです。一瞬身体にかかるGと、タイヤが滑るギリギリのところで耐えるスリル、そして足をつかず無事に曲がり切れた時の達成感がたまりません。

次回への改善点と言えば…、内側の膝を内側に曲げることでしょうか?現状ガニ股になっていてスタイルが格好良くありません。せっかくだから、とことんコーナリング(カービング)を突き詰めてみます!

 

ちなみに、ここまで来るとブロックタイヤは相当草地を削るので、5回おきくらいでコーナリングポイントを変えました。そのおかげで、練習を終えて地面を見ると、さっきまでどこを走っていたか分からないくらい草地の削れは軽度なもので済みました。うん、この調子で続けていこう。

 

その後、ルアーで釣りもしましたが、最近の気温低下でまったく魚がいなくノーフィッシュ。

一旦家に帰って息子を起こし、 朝食をあげた後、SHAKAに乗り換えて再び多摩川河原に行きました。

お馴染みバニーホップバースピンやロックウォーク、ウォーリー練習をした後、空いたわずかな時間(5分弱)でちょっとしたテスト撮影をしてみました。こんなシーケンス写真(↓)を作ろうとしてみたのですが…

alex kennedyシーケンス写真

時間も無いので、手っ取り早くできる小さいギャップ超え180をし撮影。急いで家に帰って出社するまでの5分間に急いで合成してみたのですが、被写体が近すぎて重なってしまい合成が上手く行きませんでした。

MTB マウンテンバイク SHAKA 多摩川河原サイクリングロード ギャップ超えバニーホップ180

というか、180も適当過ぎて格好悪い…(泣)もっとカタチを考えたかったな〜。

あと、改善点が分かったので、次は別のトリックで試してみよう。

samo 平地コーナリング練習の面白さと注意点

【告知】今週28日(土)午前9時からフラワートレイルで大規模なラインの整備を行います。

ローカルライダーのみなさま、ダートジャンプコースを体験したいみなさま、ぜひ手伝いに来てください!スコップ類はすべてありますので、整備未体験の方でも手ぶらで来ていただいて大丈夫です。

当然、整備が終わったら(午前中には目処をつける予定です)パンプトラックや連続するジャンプを走ることができますので、ダートジャンプ初体験の方はバイクと最低限のプロテクターさえあれば十分楽しめます。安全なこなし方をレクチャーしますので、よろしくお願いします!!

フラワートレイルの特徴を以下に記したいと思います。

1. 高速道路のインターチェンジの出口から1分以内で着くアクセスの良さ

2. 近所に飲料の自販機が複数台ある

3. トレイル脇の側道にクルマを止めることができるので楽チン

4. 近所に公衆トイレがあるのでお腹を下した時でも、女性やお子様がいても安心

5. 整備のルールが厳しくない

6. ご利用はもちろん無料です

バイクはMTB(24・26・27.5・29)でもBMXでもFGFSでも何でもOKです。

フラワートレイルの場所は以下の通りになります。

 

 

 

一昨日から朝活の中で、YAMADORI 1st 26に乗って多摩川河原の草地を使ったコーナリング練習をしていて、昨日Facebookに練習している自撮り画像をアップしたところ、driveのMASSANから詳細なアドバイスをいただきました。そして今朝、早速それを実践してみたところ…

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード コーナリング カービング

さらに速くスムースにバイクを倒しながら曲がることができるじゃないですか!

上の写真のバイクの傾きは43度で(すでに昨日のコーナリング画像がヘボく見えます)、ここまで傾くとジリジリとフロントタイヤが横滑りしてくるのですが、MASSANの教えてくれた方法だと安心感があって全然怖くありません。むしろ横滑りすることが快感に変わってくるから不思議です。

実際、何度かフロントが滑って倒れそうになりましたが、左足がすぐに出るので転ぶようなことは無かったですね。

この調子だと、まだまだバイクを傾けることができるので、明日はさらに攻めてバイクを多く傾けたいと思います。明日は逆回りの写真にしよう。ちゃんと両回りが上手くなりたいし。

 

しっかし、この練習は単純にYAMADORIのコントロールが上手くなりたいだけで始めた訳ですが、凄く面白くてビックリしています!まさか飛んだり跳ねたり(空中で)回ったり山走ったり以外でここまで遊べるとは…!

YAMADORI 1st 26 深夜の多摩川河原

YAMADORI 1st 26は、というかMTBって遊べる幅が広くてメチャ楽しいと実感しています。

 

そうそう、このようなコーナリング練習には注意点があります。

ここまでバイクを傾けて曲がっていると、少し走っただけなのにブロックタイヤで草地がかなり削れてきます。まったく他の利用者がいない広大な河原の草地なら目立たず大丈夫かも知れませんが、頻繁に人が行き来する河原だと削れが目につき、「自転車乗り入れ禁止」に発展する可能性もあります。なので、5〜10回くらい走ったら、コーナリングのポイントをズラすことをオススメします。そうすれば草地は数日で回復し、ちょっとした削れならすぐに消えてなくなります。

自分が乗る河原は幸いそこそこ広い草地があるものの、行き来する人がとにかく多いので、毎日10〜20mおきに場所を変えてこの練習をしています。そのため、昨日、一昨日のタイヤの痕はよほど注意して見ない限り気づかれないレベルになりました。

練習環境を保全し、他の利用者に迷惑をかけず永続的に練習を続けたいのであれば、このようなちょっとした気配りはあった方が良いのではないでしょうか。

 

コーナリング練習の後に釣りもしましたが、今日もノーフィッシュ。まー、気温がちょっと寒いので、これじゃあ魚も深場に行って釣れないでしょう…。

釣りの後、家に戻って息子を起こします。寝起きの息子は甘えん坊で可愛い!そして朝食をあげた後、少し時間が空いたので、SHAKAに乗り換えて再び多摩川河原に行きトリック練習をしました。

時間があまりないので、現地に着いたら急いでバニーホップロックウォークやバニーホップバースピン、ウォーリーをしていきます。

このウォーリーの写真を何とか撮りたいんだけど(自撮り)、どうしても高さが出せなくて悩んでいます。思いっきりリアを当てて反発を増やそうにも、下手に当て過ぎると空中でリアが跳ね上がり過ぎて前転するし…。まぁ、頑張ってみるかな〜

 

とうとう、息子は2本足で立っていることが普通になってきました。 たまにハイハイしていたら「あ、ハイハイしている!」なんてそっちが珍しい風になっちゃいましたから。

ほぼ二足歩行の叶大

まだヨタヨタ歩きですが、すぐにスタスタ歩けるようになるんだろうな。とりあえず、早くランバイクに乗れるようになってください。一緒に多摩川河原を走りたいです。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2015 by Street MTB Team TUBAGRA