SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo croMOZU275 4thのバニーホップのやりやすさ

朝4時に目が覚めて外を見たらザーザーの雨。「曇り予報だったのに全然違うじゃん!!(泣)」なんて文句を言っても仕方ないので、一瞬雨が弱くなった隙きを見計らってcroMOZU275 4thで多摩川河原に行き、いつ雨が激しくなるか分からないので急いでバニーホップを行いました。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 斜め刺しバニーホップ

うん、とてもバニーホップしやすいです!バニーホップしやすくなったのは間違いないんだけど、高く飛ぶのはまた別のスキルということを思い知らされるカタチとなりました。自分、低いなぁ…(泣)

 

それで結局、すぐに雨が激しく降ってきてビショビショになったのですが、その甲斐もあり、大まかにですがcroMOZU275 4thのバニーホップのしやすさが分かってきましたね。

 

まず、TUBAGRAからリリースしているフレームで、急激にライダーが増えてきているakaMOZU(26インチホイール)バイクを指標として比較していきたいと思います。

Mさんの安価なストリートMTBからパーツ移植して組み上げたakaMOZU

 

ストレートバニーホップのしやすさ

 

akaMOZUのバニーホップのしやすさを「10」とすると(数字が増えるほどやりやすいとします)

croMOZU275 4thは「9」

croMOZU275 3rd TESTは「8」

SHAKA24は「12」

だいぶ26インチのakaMOZUに感覚が近づいてきました!実際、「これは本当に27.5インチホイールなのか?」って思う時もあるくらい、27.5インチホイールMTBとは思えないほど軽くバニーホップできます。

 

 

バニーホップ180のしやすさ

 

回転系トリックの代表格であるバニーホップ180についても、同じくakaMOZU26のバニーホップ180のやり易さを「10」とすると

croMOZU275 4thは「8」

croMOZU275 3rd TESTは「6」

SHAKA24は「12」

croMOZU275 3rd TESTと比較すると、275 4thは相当26インチのakaMOZUに近づきました。が、やはりそこはホイールの物理的な差があり、さらにジオメトリを変更したところで同じレベルになることは絶対的に不可能ということも…

それでも、以前と比較したら信じられないくらい快適にバニーホップ180ができるようになったのは事実です。というか、普通なら27.5MTBで回転系などはしないんですけどね(笑)

 

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 4th

梅雨真っ只中だから仕方がないのですが、早く晴れてもらってcroMOZU275 4thで思い切り飛んだり回ったりしたいです。

 

 

croMOZU275 4thに乗ったもののすぐに雨に降られてしまったので、飛んだり回ったりは切り上げて釣りをしました。

朝活BIKE&FISHで釣れたスモールマウスバス

今回は今までスルーしていた場所で試したところ、スモールマウスバス 25cmの良サイズをGET!これは嬉しい☆

そして撮影しようと、左手にスモール君の下顎を持ち、右手で一眼デジをレインウェアの中からゴソゴソ取り出しカメラの設定を合わせていたら、魚が暴れて川の中にポチャン!!あああああああ!!!!!(号泣)

という訳で釣れた魚の写真は無し。残念過ぎる!!

上のは数日前に釣ってボツっていた25cmのスモールマウスバスの写真。気持ちの整理がつかないので替わりにアップしておきます。

samo フレームがcroMOZU275 4thに変わりました

昨日、小川輪業の小川さんより「フレームの乗せ換えが完了したよ!」という連絡が入り、早速、お店にお邪魔してcroMOZU275 4thバイクを受け取ってきました。小川さん、今回も素晴らしい仕上がりで本当にありがとうございました!

そして翌朝、雨が本降りになる前の朝4時に起床し、croMOZU275 4thバイクの撮影を行いました。

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 4th

croMOZU275 3rd TESTと比較すると、ジオメトリの変更数値はわずかだったので見た目は殆ど変わりませんし、パーツ構成もそのまま3rd TESTから移植したので、こちらも殆ど変わりません。

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 4th

MOZUヘッドバッジ シルバーも新しいフレームに付け替えました。

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 4th

フレームのエンドのデザインは3rd TESTと比較してシンプルになり、より渋さが増したように思います。

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 4th

今回、唯一変わったパーツがヘッドパーツ(ヘッドキャップも含む)になります。

FIRST Components ヘッドパーツ DS [ZS44(28.6)/EC44(39.8)]

多くの方はご存知じゃないであろう「FIRST Components」というブランドのヘッドパーツ DS [ZS44(28.6)/EC44(39.8)] をこの度使用させていただきました。

価格は4,580円(税込)とかなりお手頃です。

余計な装飾がないシンプルなデザインなので、ヘッドチューブまわりがゴチャゴチャせず、MOZUヘッドバッジを引き立てているので気に入っています。

 

FIRST Components」は先日紹介した内装式変速ユニット「PINION」の国内代理店である「Dos Ruedas(スペイン語で「2輪車」という意味)」が 取り扱っている台湾のパーツブランドで、どこよりも新規格のサイクルパーツへの対応が素早いことと、質実剛健さがポリシーとのことで、数多くの有名ブランドのパーツのOEM生産を行っています。

上に紹介したヘッドパーツと同じ規格で、スチールベアリング&リテーナータイプになるとさらに安価な CS3-4 [ZS44(28.6)/EC44(39.8)]:2,300円(税込予定価格)の発売も予定されている、ということ。

他の規格のヘッドパーツも多数取り揃えており、各ショップでもお取り扱いが可能ということで、ご興味のある方は「Dos Ruedas」にお問い合わせをしてみてください。

 

 

croMOZU275 4thのバイクチェック

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 4th

フレーム:croMOZU275(Ver.4 製品版)マットクリアー 最短チェーンステー長 380mm、重量 2.4kg

フロントフォーク:X-FUSION STREAT RL2 BLACK 120mmストローク

ヘッドパーツ:FIRST Components ヘッドパーツ DS [ZS44(28.6)/EC44(39.8)]
ステム:FireEye Talon FG バークランプ 31.8mm 突き出し 35mm
ハンドルバー:FORMOSAカーボンハンドルバーF30 幅 760mm バークランプ 31.8mm ライズ 30mm
グリップ:ODI EXTREME
ブレーキレバー:SHIMANO DEORE
フロント・リアブレーキ:SHIMANO DEORE 油圧ディスク
シフター:SHIMANO DEORE

サドル:charge BIKES SPOON
シートポスト:DA BOMB Cannon R Dropper Seatpost 30.9mm
シートクランプ:TIOGA CNCシートクランプ レッド 34.9mm

クランク:SHIMANO ZEE 165mm BBシェル幅83mm
BBスペーサー:RaceFace 83mm to 73/68mm Bottom Bracket Retrofit
BB:SHIMANO ホローテック2
チェーンリング:FORMOSA NW ring(Narro Wide ChainRing)32T RED
ペダル:DA BOMB POPSICLE BLACK

フロント・リアタイヤ:TERRENE CHUNK 27.5×2.3 LIGHT
フロントリム・リアリム:FORMOSA Carbon Rims 275= AM(30mm幅)
フロントハブ:NOVATEC D541SB BLACK 15mmQR
リアハブ:NOVATEC D542SB BLACK 142×12mmスルーアクセル
リアシャフト:SHIMANO SM-AX78-B 12mm×148mm

 

 

そんなこんなで、組み上がったばかりのcroMOZU275 4thのシェイクダウンをー!!と思ったら土砂降りの雨。さすがにこの天気で飛んだり回ったりは不可能ですね…

ということで、飛んだり回ったりは封印の朝活BIKE&FISHをしてきました。初乗りで水没級のズブ濡れになったcroMOZU275 4th…。

朝活BIKE&FISHで釣れたスモールマウスバス

開始直後にスモールマウスバスをランディング直前でバラし激落ち込み。

雨が激しく降る中、そこから1時間ウンともスンとも言わなくて心が折れそうなところから粘って25cm級を2本GETしました。

朝活BIKE&FISHで釣れたスモールマウスバス

状況が状況だけに心の底から嬉しかったです!いやー、これだから釣りは止められない!!

 

夕方、育児を奥さんにお願いし、家から多摩川を上流に5kmくらい行ったところにあるAbove Bike Storeに行ってきました。

実はAbove Bike Storeとはバイクロアで何年もご一緒していながら、タイミングを逃しまくっていて全然挨拶をすることができていなかったのです。家が近所にも関わらず。

Above Bike Storeの10th Anniversary Partyに行ってきました

それで今回、Above Bike Storeでは開店十周年の「10th Anniversary Party」が開催されていて、知り合いも多数参加していることから、「このタイミングで行かなくていつ行くんだ!」と奮起してお邪魔してきた訳です。

最初お店に入った時は、「わー全然知らない環境で孤立感が凄い〜(汗)」なんて思ったものの、すぐに大阪から東京に来ていたTKC Productionのテイスケさんとお会いし話が盛り上がり、そこから代表の須藤さんを紹介していただいて、ようやく挨拶をすることができました。ようやく念願叶った感じです。(もっと早く行くべきでしたね…)

Above Bike Storeの10th Anniversary Partyに行ってきました

また、croMOZU275に履いているTERRENEのタイヤを提供していただいていたオルタナティブバイシクルズの北澤さんとも初めてお会いすることができ、他にもTwitterで繋がっている方達や、大昔TUBAGRAをチェックしてくれていた方ともMTB談義をすることができました。

うん、今回Above Bike Storeに行って良かったです!

 

TKC Productionのテイスケさんにお会いした際に購入したのが、テイスケさんが昨年末に作成し、コミケで販売した、知る人ぞ知るアメリカのMTB/ダートバイクカルチャーについて深く語っている同人誌(薄い本)です。(1/3くらいはこれの購入が目的でAbove Bike Storeに行ったとも)

TKC Productionのテイスケさんが作成した同人誌 薄い本

あえて内容については触れませんが、面白くて一気に読み終えてしまいました。

samo 「スポーツバイクファクトリーふじみ野スズキ」で開催されている「サタジュク」に参加してきました

昨夜はひっさしぶりに埼玉県ふじみ野市にあるバイクショップ「スポーツバイクファクトリーふじみ野スズキ」で毎週金曜夜に開催されているMTBストリート練習会「サタジュク(Facebook)」に参加してきました。

「スポーツバイクファクトリーふじみ野スズキ」で毎週金曜夜に開催されているMTBストリート練習会「サタジュク」のakaMOZU4台

何とそこにはTUBAGRAのakaMOZUバイクが4台も!!(ありがとうございます!)

奥にあるのは自分のSHAKA24です…

 

最初は1人の方がakaMOZUを購入し、「サタジュク」でそれを試乗した方が「何コレ?凄くバニーホップしやすい!」となって次々に購入されて、今のカタチとなりました。本当に感謝しかありません!

 

そんな「サタジュク」に自分が参加したのはおよそ半年ぶりくらいでしょうか?久しぶりにお会いするみなさまの上達っぷりにビックリしました。

 

スポーツバイクファクトリーふじみ野スズキ」のスタッフで、「サタジュク」主催者である佐多さんのakaMOZUでの斜め刺しバニーホップ。

「スポーツバイクファクトリーふじみ野スズキ」で毎週金曜夜に開催されている「サタジュク」の佐多さんのバニーホップ

元々上手な佐多さんでしたが、akaMOZUに乗り換えてさらにその安定感と高さが増したように思います。前日、富士見パノラマでダウンヒルしてきて体力的にボロボロだったにも関わらず、この高さのバニーホップを連発されていました。

斜め刺し的に言えば、ストレート刺しバニーホップの名残で腰を後ろに引きすぎてシートが腿下に当っているので、もう少しBB横にズラすようにすれば、さらにリアを高く引き上げられるかと思います。

 

元々ロードバイクに乗っていた日髙さんのストレート刺しバニーホップ。

「スポーツバイクファクトリーふじみ野スズキ」で毎週金曜夜に開催されている「サタジュク」の日髙さんのバニーホップ

最初はフロントは高く上がっているし、リアも思い切り踏み切れているのに何故か高く飛べなかったところでアドバイスさせていただきました。

————————

・フロントを勢い良く高く上げて素早くリアで踏み切る

・上に伸び上がった際にハンドルが股に触れたら正面斜め下に両手グーパンチをするように勢い良く差し出す

・踏み切った反発を利用して間髪入れずにお腹に付くくらい股を引き上げる

————————

以上を実践していただいたらすぐにカタチに。

凄いです!!日髙さんは手足が長いので、ストレート刺しがカタチになりますね!

このカタチは基礎の基礎で色々なアクションに応用が利くので、反復練習して身体に染み付けることをオススメします。

 

 

Miuraさんのバニーホップ。富士見パノラマをスリックタイヤのakaMOZUで軽快に下る強者です。

「スポーツバイクファクトリーふじみ野スズキ」で毎週金曜夜に開催されている「サタジュク」のmiuraさんのバニーホップ

そんなMiuraさんはバニーホップをする際にフロントアップの勢いと高さが足りないのと、リアの踏み切りが弱いことが判明。

まずは、フロントプッシュをしっかり行なってのフロントアップから後ろに飛び降りる練習をするのと、低速でのマニュアルで1〜2mで構わないので確実に「リアに乗る」感覚を身に着ければ、諸々一気に解決するような気がしました。

 

 

昨夜の「サタジュク」で一番衝撃だったのが、参加しているみなさまが、「意図的に前後タイヤを縁石に当てて軽い力でバニーホップする:ファイアークラッカー」をほぼ身に着けていることでした。

「スポーツバイクファクトリーふじみ野スズキ」で毎週金曜夜に開催されている「サタジュク」の佐多さんのファイアークラッカー

普通なら空中で前後にバランスを崩したり、そもそも障害物にタイヤを当て込むバニーホップ自体できないのですが、みなさま初見で破綻なく飛ばれているのです。

※高く飛ぶにはこれとは別に「刺し」のテクニックが必要になるのですが

ファイアークラッカーは普通の平地バニーホップよりも力が要らず、縁石だけでなく倒木や木の根っこ、岩でも同様に活用できるので、里山トレイルなどでも繰り出すことが可能です。

 

 

サタジュク」メチャ熱いです!!主催者の佐多さんはとても和やかで頼れる存在ですし、参加されているライダーのみなさまも優しく良い方ばかりです。

akaMOZU取扱店舗紹介 スポーツバイクファクトリーふじみ野スズキ

MTBストリートやMTBでのアクションライディングにご興味のある方は「スポーツバイクファクトリーふじみ野スズキ」に顔を出してみるか、「サタジュク」のページから佐多さんに問い合わせてみてください!

分からない事があれば他の参加ライダー達から色々アドバイスをいただけますし、素敵な練習仲間と出会えるでしょう。

もちろん「スポーツバイクファクトリーふじみ野スズキ」ではakaMOZUを購入することができますし、組まれる場合も最適なパーツチョイスで仕上げてくれます。

そんな「サタジュク」、これからも要注目です!!

 

 

土曜日は奥さんが仕事なので自分が終日育児DAYです。

叶大のBIKE&FISH

お昼前に多摩川河原で息子のランバイク練習、からの釣りをしました。さながら息子版のBIKE&FISHです。(もっとも、釣りをするのは僕なのですが…)

 

息子は魚が釣れないとすぐに飽きるので、10分間にヌマチチブ(ダボハゼ)とテナガエビを急いで釣り上げました。

叶大のBIKE&FISHで釣れたヌマチチブ ダボハゼとテナガエビ

すると、付近にいた娘さんを連れた親子も巻き込んで観察会になっていましたね。

最後は息子の手によって2匹とも川に返してあげて家に帰りました。

samo 久しぶりのハードなSHAKA24練習

昨夜はいつもお世話になっている小川輪業にcroMOZU275のフレーム乗せ換えをお願いするためバイクを預けてしまったので、本日の朝活BIKEはもう1台の愛車であるSHAKA24で行いました。

サモとMTB マウンテンバイクSHAKA24 多摩川河原サイクリングロード

軽く準備運動をした後は、バニーホップロックウォークを30回(メイクしないとカウントしない)、バニーホップバースピンを10回ノンストップで行います。この季節になると、これだけで相当汗だくになります。

 

こんあ感じで身体が十分過ぎるくらいほぐれたら、河原にある地形を利用しての飛んだり回ったりにシフト。

サモとMTB マウンテンバイクSHAKA24 多摩川河原サイクリングロード 植え込み超えバニーホップ180

植え込みをバニーホップ180で飛び越したり、車止めをウォーリーで飛び越したりと色々遊びました。とにかくSHAKA24は色んなトリックが行えるので楽しさが尽きません。

いやー、限られた時間で遊び尽くしてヘトヘトになりました。

 

croMOZU275は27.5インチホイールの恩恵で大まかなぶっ飛び系も身体に優しく安心して行えますが、色んなストリートトリックを本気で楽しみたいのなら、そこはやっぱり24インチや26インチホイールのMTBだな!!って改めて思います。

もっとも、その差を埋めるべくcroMOZU275のジオメトリを煮詰めている訳ですが。

samo 本日フレーム乗せ換え

明日の夜、埼玉県ふじみ野市にあるスポーツバイクショップ「スポーツバイクファクトリーふじみ野スズキ」で毎週開催されているMTBストリート練習会「サタジュク」に、久しぶりに参加しようと思います。

スポーツバイクファクトリーふじみ野スズキのサタジュクに参加してきました YAMATO君のバニーホップ180

akaMOZUバイクがたくさんある!ので、それらのレポートもバッチリしてきます!!よろしくお願いします!!

 

 

あとですね、自分のcroMOZU275は今晩、長年お世話になっている世田谷の「小川輪業」に持ち込んでフレームの乗せ換えを行っていただく予定です。

croMOZU275 4th
croMOZU275 4th
croMOZU275 4th

完成までに数日かかるので、もう1つの愛車 SHAKA24 に乗ってグラインドしまくりながら待ちたいと思います。

 

 

フランスで開催された「Crankworx Les Gets」での、優勝したBrett Rheederのウイニングランの動画をどうぞ。

 

 

今朝は、上にも書いたフレーム乗せ換え予定のcroMOZU275 3rd TESTでの最後の朝活BIKE&FISHとなりました。思えば、数々の河原でのチャレンジを支えてくれたフレームでしたね。

ところが河原は強い風が吹き荒れていて、バイクは全然進まないし、バニーホップしては空中で流されて酷い有り様で、感傷に浸る余裕はゼロ。

とりあえず、第三京浜高架下の段差をバニーホップドロップすることにしました。今日の釣りのスポットから近いですし。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 段差ドロップ斜め刺しバニーホップ

自分は斜め刺しバニーホップをすると舌が出る悪い癖があって、最近は意識して口を閉じて直すように努力していました。

が、今朝は強い横風が吹いて空中で流されまくって危険な着地を繰り返し、恐怖心から全然深く刺せません。

最終的に気合い一発で刺せたものの、余裕ゼロで酷い舌出しバニーホップに。

うわー、格好悪い〜!!!!(泣)

 

気を取り直してFISH(釣り)をします。

川岸に降りる際、ソールパターンが磨り減って殆どフラットソールと化したSanukのサーフスニーカーが濡れた斜面でスリップし、MTBに絡まったまま上から下まで滑落。全身どろまみれの足は何箇所も切って血だらけに。最近じゃMTBでもこんな派手な転けしたことなかったのになぁ…(泣)

昨日の雨の影響で多摩川は水位も増して濁流状態。一見、とてつもない悪条件のように見えますが、むしろこんな状況の方が魚が一箇所に集中していて、効率よく釣りができるのです。

朝活BIKE&FISHで釣れたスモールマウスバス

第1投目で写真のサイズのスモールマウスバスがヒットし、続いて3投目でも同サイズがヒット!!これは嬉しい☆

 

わずか5分経たずして、自分的に満足して帰ることにしました。

あまり欲張って数を釣っちゃうと場が荒れてしまいますし、長くこのフィールドで楽しみたければ、これくらいがちょうど良かったり。

 

それにしても、今履いているSanukのスニーカーはソールが限界だな。新しくMTBで使えるシューズを買おう。

samo 近日中に新しいcroMOZU275にフレームを乗せ換えます

自分が今もっとも乗る頻度の高い愛車、croMOZU275ですが、近日中に製品版のフレームに乗せ換える予定です。

croMOZU275 4th

現在、販売されているcroMOZU275は自分が今まで乗っていた「croMOZU275 3rd TEST」を元にジオメトリの最適化を図っており、バニーホップや回転系トリックがさらにやりやすくなっています。

正直一般的な26インチのストリート用ハードテイルバイクよりもそれらがやりやすい上に、27.5インチホイールの走破性と相まって、もはや反則レベルの快適な操作性にまで達しています。

※ただし、27.5インチは物理的に大きくて360やインバート、バースピンなどの突き詰めたトリックは苦手で、そこは26、もしくは24インチバイクの方が断然やりやすいです。

 

橋野 piro 君のcroMOZU275バイク

先日紹介した古くからのMOZUライダーである橋野(piro)君の最近組んだcroMOZU275が良い例で、自分のcroMOZU275 3rd TESTがモッサリ感じるくらい全てのトリックのやりやすさがグレードアップ。

 

フレームを乗せ換えたら今までストレートバニーホップでしか攻められなかった地形をバニーホップ180でバンバン攻める予定。今から楽しみで仕方ありません。

 

乗せ換えにあたり、現在乗っているcroMOZU275 3rd TESTを売りに出したいと思います。価格は8万円です。もちろん、多少の錆や傷はありますが、正直まだまだ何年も乗り込めるレベル。リアハブは142mm/12mm規格ですので、大抵の27.5ハードテイルならパーツ移植は行えます。クランクは幅83mmのZEEなどに変更する必要はあります。

ご興味ある方はお問い合わせよりご連絡ください。

 

ちなみに製品版のcroMOZU275も1本即納できる状態にあります。こちらもお急ぎください。

 

 

雨が降る中、朝4時台の朝活BIKE&FISH。さすがにこの雨の中、飛んだりする気力は無くて釣りのみ。

朝活BIKE&FISHで釣れた60cmのコイ

すると釣り始めてすぐに60cmのコイがヒット。

自分は過去に70〜80cmのコイを釣ってきましたけど、ハッキリ言って60cmくらいのサイズのコイが一番引きが強い上にスタミナがありますね。

自分の使用する釣り道具は2pcのバスロッド、ライン(糸)が2号、ハリス(釣り針を結ぶ糸)1.5号という組み合わせの正真正銘ライトタックルなので、この大きさのコイを糸を切られないように釣ろうとすると、余裕で30分はかかるのでした。

何とか無事に釣り上げたら身体中がグッタリです。針を外して写真を撮ったらすぐにリリース。早朝から非常に充実していました。コイ君ありがとう!!

samo 東京都稲城市のスマイルバイクパーク新料金を発表!

今年の4月23日、東京都稲城市にOPENしたMTBパーク「スマイルバイクパーク(通称:SBP)」の利用料が7月1日より変更になります。何と、割安で嬉しい「大人3時間料金」が新設定です。

東京都稲城市のMTBパーク スマイルバイクパークの新料金表

スケジュールの都合で(自分の場合は育児など)ほんのちょっと乗りたい時や、体力的な問題があるので(スラロームコースは数時間集中して走ったらヘトヘトになる)、この3時間料金の設定は本当に助かります!

ふじてんや富士見パノラマに行くには時間が足りない…というMTBライダー達の欲求を相当満たしてくれそうですし、MTB初心者がダートコースデビューするには敷居がかなり低くなっています。

そして土日も育児がある自分には、これでスマイルバイクパークにメチャ行きやすくなりましたね。

 

東京都稲城市にOPENしたMTBパーク「スマイルバイクパーク」の初心者コースでバニーホップ

コンパクトなコース設定だけど、遊び方次第でとても濃い時間を過ごせるスマイルバイクパーク。

いやー、近場にMTBで遊べる場所が増えて楽しいな!!

 

スマイルバイクパーク

住所:〒206-0822 東京都稲城市坂浜734
電話:070-4474-4472
営業時間:8:30〜17:00
Facebook

 

・スマイルバイクパークの過去の紹介記事

 

 

今日の朝活BIKE&FISH。明日からしばらく雨っぽいのでたっぷり楽しんできました。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 土手斜め刺しバニーホップドロップ

恒例の土手バニーホップドロップですが、そろそろ自分のcroMOZU275が新しくなって、さらに回転系トリックがやりやすくなる予定のため、次はここをバニーホップ180ドロップで決めないと!なんて思っています。

まぁ、かなーり高い確立で後ろに吹っ飛び後頭部強打をメイクしそうで怖いのですが…(汗)

 

そしてFISH(釣り)。思いのほかMTBでの飛んだり回ったりを楽しんでしまったため、釣りの時間が20分しかないー(泣)なんて嘆いていたものの…

朝活BIKE&FISHで釣れたスモールマウスバス

立て続けに3匹のスモールマウスバスが釣れて大満足!!

サイズは20cm前後でしたけど、スモールマウスバスのファイトはサイズの割に十分激しいので問題ありません。

朝活BIKE&FISHで釣れたスモールマウスバス 52w-newspaper プリントTシャツを着て

サポートいただいている「52w-newspaper」のTシャツもバッチリ着ています。(MTB乗りまくった後でたっぷり汗かいた汚い顔ですみません…)

 

 

そういえば、「52w-newspaper」はスタートして3週間経ちました。

52w-newspaper プリントTシャツ

毎週1デザインを公開していくスタイルなので、現在3つのデザインが公開・販売されています。

ちょっと変わった大人のTシャツを着たい方は「52w-newspaper」をぜひ。

samo 内装式変速ユニット「PINION」が組み込まれた29erプラスのチタンバイク

先日、国内でMOZUフレームを作ってくれている岡安製作所にお邪魔したところ、とても面白いマウンテンバイクがありました。

内装式変速ユニット「PINION」が組み込まれた29erプラスのチタンバイク

PINION」というドイツ製の内装式変速ユニットが組み込まれ、29インチプラスサイズのホイールのタイヤを履いた大迫力のチタンフレーム製のマウンテンバイク「29erPLUS-Ti(仮名称)」です。

 

普通のMTBとどう違うの?という点で分かりやすいのがこの写真。

内装式変速ユニット「PINION」が組み込まれた29erプラスのチタンバイク

BB部分が丸々内装変速ユニットになっていて、シートチューブとダウンチューブが面白い付き方をしています。そしてリアハブはシングルギア。さらにベルトドライブを採用し、見た目のスペシャル感は尋常じゃないレベルになっていますね。

 

これは「PINION」の国内代理店である「Dos Ruedas(スペイン語で「2輪車」という意味)」が「PINION」にマッチするフレームをチタンで試作したオリジナルになります。この仕様(29er+)で製作〜販売するかは未定とのことで、この件について相談するため岡安製作所に持ち込まれていたのでした。

 

フレーム:
PINION専用のオリジナル チタン製
29erプラスタイヤ(3.5“まで対応)又は27.5プラスタイヤ
ベルトドライブ装着できるようにシートステイ分割可能
ドロッパーシートポスト用ステルス穴付
ワイヤー外送式
ステム 44mm / 56mm 110mm
リアエンド 148mm スルーアクスル スライド式
キャスター 69°
シートポスト角 73.5°
チェーンステイ長 460mm

ピニオン:
P-LINE P1.12 12速
グリップシフト
ギアレシオ 600%

販売価格は未定

 

 

内装変速ユニットが重たいのでは?なんて思いますが、内装変速式のリアハブと比較して、重量部がバイクのセンター部分に収まることで、思ったよりも運動性能を犠牲にしていないのが大きなメリットとのこと。

内装式変速ユニット「PINION」が組み込まれた29erプラスのチタンバイク

実際、チタンフレームということも相まって、このバイクを持ち上げてみると意外なほど軽くて驚きます。

そして、短時間に舗装路でのみ試乗しただけなので明確ではないのですが、チューブレスの低圧ボヨンボヨンなブロックタイヤを履いていることもあり、まるでフルサスバイクに乗っているかのようなマイルドさがありました。

内装式変速ユニット「PINION」が組み込まれた29erプラスのチタンバイク

近い将来、どのようなカタチで国内市場に内装式変速ユニット「PINION」と、それに対応するフレームが登場するか非常に興味があります!

実際に販売する際はフレーム+ピニオンのセット販売になるとのこと。

 

内装式変速ユニット「PINION」やそれに対応するフレームの販売については、国内代理店「Dos Ruedas」にお問い合わせください。

 

 

日曜日の早朝は朝活BIKE。昨日公開したTERRENE CHUNKの動画素材の撮影で、凍結バンクで少しばかりバニーホップしました。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 斜面で斜め刺しバニーホップ

動画撮影の合間に少し写真の方も撮ったものの、上手く飛行放物線の頂点で撮れず。まー、今回はコレが目的じゃないからいいや。

 

続いて、家に帰って少し寝てから家族で城南島海浜公園に行き、自分はSHAKA24に乗ってスケートパークでグラインド練習。奥さんと息子は公園内をサイクリングでした。

城南島海浜公園スケートパークでSHAKA24

パーク内はキッズスケートボーダー達で激混み。今日はお昼過ぎにここでキッズスケートボード講習会があるとのことで、これは仕方がないですね。30分ちょっと乗って早々に撤収しました。

 

その後、息子や奥さんと合流し園内をサイクリング。

城南島海浜公園でランバイクCOMMENCAL RAMONES 12に乗る叶大と小鉄に乗る奥さん

普通に奥さんの自転車に付いてくるランバイクの息子。

城南島海浜公園でランバイクCOMMENCAL RAMONES 12に乗る叶大と小鉄に乗る奥さん

徐々にペダル付きのキッズバイク購入の決意が固まっていくのでした。

COMMENCAL RAMONES 14

COMMENCAL RAMONES 14です。今乗っているランバイクの1つ上のバージョンですね。さて、問題はいつ買うかだな!

 

この後、15分後に土砂降りの雨が降り、自分たちはちょうどクルマに乗り込んだところなのでギリギリ濡れず。ラッキーでした。

講習会の大勢のキッズスケートボーダー達、ズブ濡れになって可哀想だったなぁ。

samo 新進オフロードタイヤブランド「TERRENE」のCHUNK 27.5 × 2.3 LIGHTを使ってみて

TERRENE Chunk 27.5×2.3 ライト

TERRENE(テレネ)という新しいタイヤブランドの「CHUNK 27.5×2.3 LIGHT」をモニターでご提供いただき、TUBAGRAの27.5インチホイール対応バイク croMOZU275に装着してほぼ毎日近所の河原やダートコースで飛んだり回ったりして3週間ほど経過しました。

 

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 3rd TEST

 

「いわゆるMTBらしい里山トレイルや常設コースでの使用レポートは他の方がたっぷりしてくれるだろう」

という他人任せな考えで恐縮ですが、自分は異端なのは覚悟の上で、あえてアクション用途・プレイ(遊び)用途としてこのタイヤはアリなのか?という視点で使用レポートをしてみようと思います。

 

そんな訳でレポートスタートです… が、色々述べる前に、TERRENE CHUNKの基本スペックをここに記載しておきましょう。

 

TERRENE Chunk

「TERRENE CHUNK」
ラインナップ:
・27.5×2.3 LIGHT ・27.5×2.3 TOUGH
・27.5×3.0
・29×2.3 LIGHT ・29×2.3 TOUGH
(※LIGHTは一般的なダート向け、TOUGHはゴツゴツなロックセクションにも対応)

チューブレスレディ(チューブレスでもチューブありでも使える)
リム幅:2.3は19~30㎜、3.0は30~50㎜

重量:
27.5×2.3のLIGHTは830g、TOUGHは960g
27.5×3.0は940g
29×2.3のLIGHTは880g、TOUGHは1,060g

ビード:ケブラー(アラミド)
コンパウンド:62a/51a(センターノブ、サイドノブともに柔らかめ)

価格:27.5×2.3と29×2.3は6,970円、27.5×3.0は7,970円

 

この中で自分は27.5インチ、太さ2.3、LIGHTを選択し、チューブありで使っています。空気圧は2bar 29psiに設定。

 

タイヤのルックス、バイクに装着してのイメージ

TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 3rd TEST

「いきなり見た目かよ!」なんて思わないでください。見た目は重要です。バイクに装着して格好良さが増せばそれだけでテンション高まりますし。

タイヤ幅は以前装着していたMAXXIS ARDENT 27.5☓2.25が55mmで、TERRENE CHUNK 27.5 × 2.3は58mmです。TERRENE CHUNKが3mm太いのは、サイドブロックが外側に出っ張っているからに他なりません。

ブロックが大きく凸凹感が強いので、装着するとタイヤが気持ち太く見えてバイクが格好良く見えます。

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 3rd TEST

うん、やっぱりMTBはタイヤが太い方が「らしく」なって良いですね!

ただし、あまり太すぎるとどうしても重たくなり、飛んだり回ったりの用途には圧倒的に向かなくなるので、2.3あたりが上限と思っても良いかも…。(※croMOZU275に入るタイヤの太さは2.3が上限ということが今回分かりました)

 

 

タイヤのグラフィックについて

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 3rd TEST

TERRENE CHUNKのグラフィックはだいぶ大人しめなので、場合によってはリムのグラフィックの印象の方が強くなるかも知れません。

このcroMOZU275はグラフィックが特徴的なFORMOSAのカーボンリム(これは前ロットのデザインで最新ロットは大人しめ)を装着しているため、完全にリムの印象の方が大きくなっています。

まぁ、タイヤとリム両方コテコテなグラフィックでうるさいイメージになるよりかは断然良いですね。

 

 

バニーホップをしてみて

TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 3rd TESTで斜め刺しバニーホップ

前に使っていたMAXXIS ARDENT 27.5☓2.25と比較して、タイヤが素直に柔らかく踏み切りの後の跳ね返りが多めに感じられ、気持ち良くバニーホップすることができます。(タイヤの凸凹感も空中にいると強調されて格好いいなぁ!)

反面、尖った物に強くヒットさせたり、空気圧低過ぎで乗ったらリム打ちしてパンクしやすい可能性も。

 

 

バニーホップ180(回転系トリック)をしてみて

croMOZU275 3rd TESTで携帯ジャンプランプで180をするサモ

そもそも27.5インチホイールのMTBで回転系トリックをすること自体、世界的に見て前代未聞というかレアケースな訳ですが(croMOZU275なら得意分野)、その分、タイヤの特性が見えてきます。

まず、タイヤのコンパウンドが柔らかめということから、本来滑りやすい草地でもグリップ性能が極端に高いため、空中で180度回って後ろ向きに着地してからの無理な姿勢でフェイキー(後ろ向きに進む)に入ったとしても持ちこたえることが何度もありました。

また、回転が足りずに着地するとタイヤが思い切りヨレます。TERRENE CHUNKは柔らかい分そのヨレっぷりが強烈で、それこそ、草地でこれをやった日にはリムとタイヤの間に草がたくさん挟まっている、という現象も頻繁に見ることができます。こういった点があるためアクション系用途ではタイヤをチューブレス化しづらい要因でもあったりするのですが。

 

 

草地でキツめのカービングをしてみて

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 看板くぐりカービングターン

一般的なMTBタイヤで草地でそこそこスピード出してキツめのカービングをすると、ズリズリとタイヤが横に滑ってラインが膨らんだりするのですが(最悪スリップ転倒する)、TERRENE CHUNKだとしっかりサイドノブがグリップし、狙ったラインをキッチリトレースすることができます。

この安心感はかなりのもので、朝露で多少とも濡れた草地でもモリモリとペダリングしながらのカービングが可能です。

 

 

カッティーズをしてみて

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース カッティーズ

荷重移動とタイヤのグリップを意図的に失わせることでブレーキを使わずタイヤをドリフトさせるカービングテクニック「カッティーズ」も、TERRENE CHUNKなら気持ち良く決めることができます。

「タイヤが柔らかくてグリップ高いのに滑らせやすいって矛盾してない?」なんて正直自分も思いましたが、カッティーズのしやすさは他のMTBタイヤと殆ど変わりません。

むしろ、肝心なのは滑らせた後で、仮に滑らせ過ぎたとしても、グリップを失ってタイヤが完全に流れる前に「必ず」グリップが戻ってくれると分かっているので、安心して思い切りカッティーズを決められます。

 

 

ツリーライドをしてみて

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース ツリーライド

ハイ、これも一般的なMTBならまずやらない行為ですね。とは言いつつも、ツリーライドをしたことでTERRENE CHUNKの特性が強烈に見えてきたのでした。

バニーホップして木を駆け上がる際、普通のタイヤなら少しでもセンターを外したらタイヤのグリップが失われ、大きくズレて失敗になるところが、TERRENE CHUNKはネチっとして木に張り付いてくれ、バックホップ〜着地フェイキーへと安定して導いてくれます。この安心感が凄い。

また、バニーホップして木に張り付く際の衝撃も、ゴツゴツしていなくてどこかマイルド。これは明らかにタイヤのコンパウンド=ゴム質が柔らかい、という特徴が効いていますね。

 

TERRENE CHUNKのコンパウンド値である「62a」を調べると「優れたトラクション特性を持ち、グリップと転がり抵抗という相反する2つの要素を高い次元で両立させている」ということが判明。センターノブに使用されていると思われます。

「51a」については、数値が低くなるほど柔らかくモチモチしてグリップ力が高まる、ということなので(その分、摩耗が早いが)、これはサイドノブに使用されていることで急角度のコーナリングも滑らないようにしてくれています。

 

 

高速でバームを曲がってみて

東京都稲城市にOPENしたMTBパーク「スマイルバイクパーク」の初心者コースでバームでコーナリング

最後に普通のMTBっぽいシチュエーションですみません。前述した各シチュエーションからTERRENE CHUNKのグリップの高さに確信を持てているため、結構速めのスピードでバイクを倒しこんでバームを曲がっても、スリップしそうな怖さが殆どないです。

なので、安心して里山トレイルや、DHの常設コースを攻めることができるかと思います。

 

何か、その… 改めて振り返ってみても、特殊なシチュエーションばかりのTERRENE CHUNKのまとめレポートとなってしまい、この文章を読んでいただいた方達の参考になったか凄まじく疑問なのですが、「MTBらしいとても面白いタイヤ」ということは間違いありません!

 

croMOZU275にTERRENE CHUNKを装着してからのライディングをまとめた動画を作ってみましたので、短いですからどうぞご覧ください。この動画で少しでもこのタイヤの楽しさが伝わるのなら光栄です。

 

 

Terrene Tires(テレネタイヤズ)
ライダー自身が起こした小さなタイヤメーカー。2016年に元サルサでブランドマネージャーを務めたティムさんが自転車乗りの仲間たちと作った会社です。

現在、ファット、マウンテン、グラベルとオフロードのみのラインナップ。レースではなく、自転車遊び、土遊びのためのタイヤです。

全てはライディングのために。

 

このタイヤのお問い合わせ、ご注文はオルタナティブ バイシクルズまでどうぞ。オルタナティブ バイシクルズの製品を扱う各ショップでもご購入いただけます。

samo 土曜日の出来事

近頃寝坊気味で朝活BIKEは短時間しか乗れないため、近所でパパっと済ますライディングばかりになっています。いかんなー。

という訳で、身近で楽チンに高く飛べる、倒木を利用したファイアークラッカー練習(意図的にタイヤを倒木にヒットさせて楽に高く飛ぶバニーホップのテクニック)で済ませました。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 倒木でファイアークラッカー

その際、バニーホップしている最中に舌を出す「猛烈に格好悪い」癖を何とか止めようと、口を閉じることを意識してたら「ひょっとこ口」に進化(退化?)してしまいました。うわー、こっちも格好悪い!!(泣)

どうやったらクールな表情でバニーホップができるんだ…。40半ばのオッサンでもバニーホップしている最中くらい格好良くなりたいのに!!(切実)

 

自分の練習が終わった後は、SHAKA24に乗るご近所MTBストリートライダー松平さんと一緒に朝練をします。

ご近所MTBストリートライダー松平さん SHAKA24によるバニーホップバースピン

ちゃんとバニーホップした上で、ハンドルは200度くらい回っています。着地でバイクが左側に傾いて足が外れる癖がありますが、これは回数をこなせば修正できるのではないでしょうか。ひとまず、焦らず確実にハンドルを210度くらい回せるようにしましょう。

 

そんな松平さんと愛車のSHAKA24を「シクロワイアード撮り」してみました。

ご近所MTBストリートライダー松平さん SHAKA24 シクロワイアード撮り

どんどん上手くなる松平さん。あと半年もしたら自分が教えることは無くなっちゃいそうですね。

 

朝練から帰宅して、寝ている息子を起こすのが自分の毎朝の仕事です。

寝ている叶大

この表情は奥さんにソックリ。このままイケメンに育ってラブコメみたいな恋をして欲しいです。

 

奥さんは終日仕事なので、息子と一緒に恒例の幕張ダートコースに行って練習。

工事渋滞や事故渋滞で道路がメチャ混みで、最速45分で行けるところが2時間近くかかるという、息子にとってはハードなドライブになってしまい申し訳なかったな。

幕張ダートコースでランバイクCOMMENCAL RAMONES 12に乗る叶大

おかげで気温が上がる前の午前中に乗って帰る予定が、ド真っ昼間の一番暑い時間にスライド。お互い熱中症にならないように気をつけて乗りました。

幕張周回コースのバームを凄いスピードで走る息子。

幕張ダートコースでランバイクCOMMENCAL RAMONES 12に乗る叶大

ここまで来たら、もうランバイクは卒業させてペダル付きにスイッチかなー?

 

そんなこんなで2時間くらい乗って幕張を後にしました。

今回も多くのMTBダートジャンパーで賑わう幕張ダートコース。今日ご一緒したみなさま、またよろしくお願いします!

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2017 by Street MTB Team TUBAGRA