SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo 期間限定の盛土バニーホップとテイルウィップ練習復活

昨日も紹介した、多摩川河原の公園にある台風で流れてきた土砂を一箇所に集めてできた盛土。今朝もまだありました!

多摩川河原 ダートコース croMOZU275 4th 台風の泥砂の盛土

すぐ横にショベルカーが置いてあり、もうすぐにでも撤去されてそうなので、ここぞとばかりに遊ばせてもらいました。

多摩川河原 ダートコース croMOZU275 4th ヒップ バニーホップ 台風の泥砂の盛土

昨日パンクしたリアタイヤは昨夜直し、気持ちも新たに1.25倍の侵入スピードで突っ込んだところ、その分、斜面にかかった瞬間にタイヤが埋まって大減速。く〜、思ったよりも飛べない(泣)

そうこうしている内に現場の作業員と思わしき方たちが遠目にパラパラ見えたので、今日のところは10本ほど飛んだだけで撤収しました。

わずか2日間、トータル25アタック程度でしたが遊べて楽しかったです。盛り土さんありがとう。

 

 

Instagramで見つけた、中国の24インチホイールMTBに乗る少年がメチャ上手いです。

ここまでヒョイヒョイと平地でのバニーホップテイルウィップを決めちゃうなんて…!

思わず、自分も再びテイルウィップ練習を復活させようなんて決心させてくれちゃいましたよ。あ、自分の場合はバニーホップじゃなくてRを使って、ですが。

 

ちなみに、6年前はカタチは汚いものの26インチのMOZUで回ってきたバイクをまたげていました。

サモ テイルウィップ練習 失敗

一見、痛そうな着地ですけど、この時のフラワートレイルのワンメイクジャンプは着地面の土をフカフカに耕していたので、転倒時のダメージはゼロ!こんな環境でまた練習したいですね。

とりあえず、12月になったらRでのテイルウィップの練習を再開させようと思います。44歳の内にメイクできるように頑張ろう。

 

あと、釣りもしていますけど、相変わらず多摩川は台風の影響が残っていて、未だに水位が高く濁流が収まっていません。

多摩川河原 ダートコース croMOZU275 4th 台風後の増水の川

日に日に水温も低くなっているので、このまま魚が釣れずにオフシーズンになっちゃうのかな…

 

 

次の土曜日、雨じゃなければ午前中限定でスマイルバイクパークに乗りに行こうと思います。ご一緒できる方がいましたらぜひ!

samo TUBAGRAライダー藤本さんの360簡易レポート

TUBAGRAの40歳オーバーのMTBダートジャンパー藤本さんが、自身のFacebookでRを使っての360の簡易レポートを公開されていました。

練習期間:2016.12月24日〜2017.11月(約1年)
練習時間:週1日 1h程度
場所:幕張MTBパーク 主にワンメイクライン
Rider:41歳オッさんライダー
Bike:akaMOZU26インチ

練習での破損箇所:サスフォーク、Rホイール、グリップ、ヘッドキャップ
(akaMOZUフレームは破損、変形無し!)
その他破損:UNIQLOデニム
怪我:右手親指の打撲
身体の変化:腰の贅肉が落ちた。

 

MTBダートジャンパーとして年齢を超越したスキルのあった藤本さんですが、1年前は決して回転系が得意とは言えませんでした。それがakaMOZUに乗り換えて地道な練習を続けた結果、前後同時着地のキレイなフォームで回れるようになったのです。ご家庭やお仕事の都合で乗る時間は限られ、絶対に大怪我できないという制約付きで。

次の目標は幕張の中央に位置するメインの2連ジャンプでの360メイクですね!楽しみにしています!!

 

そんな藤本さんのバイクチェックはこちら。

TUBAGRAライダー藤本さんのakaMOZUバイク

フレーム:akaMOZU BLACK
ハンドルバー:blkmrkt molly hatchet bar
ステム:DARTMOOR
ヘッド:KCNC KHS-PT1860テーパー
クランク:SHIMANO SAINT
BB:SHIMANO ホローテック2
フォーク:X-FUSION VELVET RL2 WHITE テーパード
ブレーキ:SHIMANO ZEE
シート:RADIO BIKES
Fハブ:ノバテック
Rハブ:不明
リム:FireEye
タイヤ:MAXXIS DTH

 

 

今日の朝活BIKEでは、河原にある台風で流れた土砂を積み上げた山を使ってバニーホップしてみました。バイクは27.5インチホイールのcroMOZU275です。たぶん近日中に撤去されちゃうのでここぞとばかりに。

多摩川河原 ダートコース croMOZU275 4th ヒップ バニーホップ 台風の泥砂の盛土

とはいえ、土がフカフカ過ぎて全然飛べませんでした。鬼コギ侵入しても斜面にかかった瞬間にタイヤが埋まって大失速する感じ。

「あと20回くらい突っ込めば飛び面が締まって飛びやすくなるかな?」と思いながら突っ込んだその瞬間、バニーホップのタイミングを誤って直前の段差にリアタイヤ刺しちゃってパンクして終了(泣)くっそー!!

 

寝る前にcroMOZU275のパンク修理をしておくか…

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 4th

明日もこの盛土が残っていたらまた突っ込んでみよう。もっと高く飛びたいです。

samo TUBAGRAライダーYAMATO君の漆黒の闇ショートEDIT

一昨日夜に撮影したTUBAGRAライダーYAMATO君の漆黒の闇ショートEDITをどうぞ。(※明らかに違う内容の動画が表示されている場合はブラウザの再読込を行ってください。正しい動画が表示されます)

TUBAGRAさん(@tubagra)がシェアした投稿

 

YAMATO君が乗る「SHAKA 26」バイクのバイクチェックはこちら。

TUBAGRAライダーYAMATO君のSHAKA26バイク

フレーム:TUBAGRA SHAKA 26 (BLACK)
フォーク:X-FUSION VELVET RL2 BLACK ストローク80mm
クランク:FITBIKE 175mm
ペダル:FITBIKE
BB:KINK BMX Spanish
シート:SHADOW
ステム:SALT BMX
ハンドルバー:Resist CONGO signature 3インチライズ
フロントハブ:SHIMANO Deore
リアハブ:Odyssey HAZARD
前後リム:Sunringle
フロントタイヤ:BTL BIKES FUNBOX 26*2.2”
リアタイヤ:TIOGA PowerBlock 26*2.1”

 

現在、YAMATO君が履いているシューズは、日本発スニーカーブランド SLACKIDENT LOWというコスパ最高のシンプルなスニーカーです。

日本発スニーカーブランド SLACK(スラック) IDENT-LOW

日本発スニーカーブランド SLACK(スラック) IDENT-LOW ワッフルソール

ソールはペダルとの相性抜群のワッフルソール。

 

次の日曜日にはTUBAGRAライダーAKIRA君のショートEDITも撮影予定。お楽しみに!!

AKIRA's Down Rail D-Peg Grind

samo この3連休は…

今回の3連休2日目も奥さん仕事で終日育児DAY。そのため、息子を連れてさいたま新都心で開催されている「サイクルフェスタ」内で行われているバイクロアのキッズ版「キッズロア」に行ってきました。

キッズロア at サイクルフェスタ ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムにランバイクで参加する叶大

同じくそこで開催されていたロードバイクの公道レース「さいたまクリテリウム」のおかげで駅周辺は広範囲に交通規制されており、近隣のコインパーキングは全然空いてない!!ようやくクルマを停められたものの、「サイクルフェスタ」会場まで1km以上の距離が(泣)

「さいたまクリテリウム」を観戦する多くの人でごった返した道を、言うことを聞かない息子の手を引き、ランバイク片手に歩いて行くのはかなりの苦行でした。(駅周辺は自転車に乗ることを禁じられている)

結局、キッズロアの息子が参加する3歳クラスのレースが開催される40分前に駐車場に到着したものの、キッズロアのレース受付を完了したのがレース開始2分前というギリギリ感で生きた心地がしませんでしたね。

MCの伯爵に「TUBAGRAサモさんの息子がギリギリで到着〜」っていじられていたので、それが唯一の救いでした。

キッズロア at サイクルフェスタ ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムにランバイクで参加する叶大

そんなこんなで、着いてすぐに息子のレースはスタート!最初は訳が分からなくて全然走ってくれないと思いきや、結構な良いペースで走ってくれて一安心。

それにしてもキッズロアのレースコース、かなーり本格的になって完成度も上がっていました。大中のテーブルトップあり、パンプあり、シーソーあり、と言った具合で、息子を始めとして走るキッズ達もみんな楽しそうだったのが印象的です。

キッズロア at サイクルフェスタ ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムにランバイクで参加する叶大

パンプでの息子、足をつかずにプッシュプルだけで進んでいたので地味にビックリ。いつ覚えたんだ?

レース結果ですが、息子の細かい順位は分かりませんが、20人中5〜8位の間だったかな?

 

キッズロアのレースコースはレース以外の時は開放されていて、レースだけでは乗り足りない息子は開放時間はほぼ走り回っていましたね。

 

レースの参加賞はお菓子の詰め合わせ。

キッズロア at サイクルフェスタ ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムにランバイクで参加する叶大 参加賞はお菓子の詰め合わせ

その場で息子はすべて平らげました。

 

レース(年齢別)の最中は、その間にコースを走れない子供たちが飽きないような仕組みが会場のあちこちにあって良かったです。

キッズロア at サイクルフェスタ ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムにランバイクで参加する叶大 黒板でお絵かきをする叶大

大きな黒板があって、そこでチョークでお絵かきをする息子。

レース参加→他のクラスがレースの際は黒板でお絵かき→開放されたレースコースを走り回る→再び他のクラスがレースの際は黒板でお絵かき→開放されたレースコースを走り回る〜をエンドレスリピート。

 

お昼すぎまでミッチリ楽しんだ息子ですが、さすがに「もう帰る!」と言ってぐずり始めました。そこで、キッズロアを運営するバイクロアスタッフの方たちに挨拶して帰宅。素敵なイベントをありがとうございました!!

 

そんなこんなで疲れ果てた息子を連れ、混んだ長い道のりをランバイク片手にコインパーキングまで歩いて行くのは行き以上に苦行でしたね。

キッズロア at サイクルフェスタ ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム 疲れ果てて爆睡する叶大

クルマに乗ったらすぐに爆睡した息子。家に着いてチャイルドシートのシートベルトを外したらズリ落ちたにも関わらず、まったく起きないのでした。キッズロアで全てを出し尽くした様です。

 

3日目は奥さんの同僚とそのお子様を連れ、家族3人で吉祥寺にハワイアンフードを食べに行きました&その他諸々…。

 

って駄目だ!!これだけだとただの育児パパの子育て日記じゃないかー(汗)

 

多くのMTB関係者が今期最後の白馬岩岳MTBパークや富士見パノラマなどに乗りに行っている最中、一応1日、2日と自転車の濃いフィールドに出向いてはいるものの、自分はひたすら子供の世話がメインの3連休を過ごしたのでした。3連休と言えど奥さんは基本的に仕事なので(奥さんの休みは3日目のみ)こうなるのは仕方がないのですけど、やっぱり取り残されている感は否めません。

ああ、平日乗りまくれる日々にならないかな?あと2週間ほどで…

 

結局、この3日間に自分が乗ったのは近所の多摩川河原で朝の45分〜1時間くらい。

サモ SHAKA 24 SUBROSA STREET RAIL ストリートレールでハングオーバートゥースグラインド オーバートゥースハンガー

この貴重な時間をSHAKA 24に乗って満喫しようとしたら、早々に(また)チェーンが切れてチェーンレスでレールグラインド練習をすることに。意外と普通に乗れたのは驚きでしたけど。

ただ、依然として台風の濁流が運んできた泥砂が多く残る路面は滑りやすく、何回も派手に転けてダメージ喰らいました。傷が癒えるまで、しばらくはcroMOZU275に乗ろう思います。

 

さらに夕方に30分空きができたので、河原に携帯ジャンプランプを持っていき、わずかながらのジャンプ練習。

croMOZU275 4th 多摩川河原サイクリングコース 携帯ジャンプランプでの180エアー

短時間でしたが、鬼コギ侵入からのバニーホップ180エアーは気持ちよかったです。

 

とまぁ、本当に散々なライディングの数々でした。天気も良かったのに… 泣ける!

 

そんな落胆気味の3連休最終日、TUBAGRAライダーのYAMATO君を横須賀で撮影する機会が生まれました。

横須賀うみかぜ公園 TUBAGRAライダー YAMATO君のフットプラント

漆黒の闇の中でダイナミックに決まったフットプラント。動画撮影がメインでしたので、数日以内に編集して公開したいと思います。

TUBAGRAライダーYAMATO君のSHAKA26バイク

TUBAGRAライダーYAMATO君のSHAKA 26バイク。

samo サイクルモード2017に行ってきました

まさかの昨夜の大雨で超ウェットな多摩川河原でしたが、ご近所MTBストリートライダーの松平さんと一緒に、Subrosa Street Railを用いて直線的な動きに限ってのレール練習をしてきました。お互いグラインドペグ付きのSHAKA 24に乗って。

松平さん SHAKA 24 SUBROSA STREET RAIL ストリートレールでダブルペググラインド

ここに来て松平さんのダブルペググラインドのメイク率が急上昇。Subrosa Street Railを色んな場所に置いての多様なシチュエーションでもしっかりメイクできるようになってきました。とても楽しそうな松平さん。いやー、良かった良かった!

 

こうなると、次はスケートパークのバンクにかかるダウンレールでトライするしかないですね!最初は怖いですけど(たとえ低いレールでも)、メイクした時の達成感は格別ですので、ぜひトライしてみてください。

城南島海浜公園スケートパークでのサモのダウンレールオーバートゥース

これは自分が城南島スケートパークのダウンレールでハングオーバートゥースグラインド(オーバートゥースハンガー)をした時の写真です。城南島のバンクレールは低くてグラインド初心者がダウンレールデビューするのに最適ですので、ぜひ松平さんもチャレンジして欲しいですね!

 

 

それはそうと、今日は幕張メッセで開催されている日本最大のスポーツバイクイベント「サイクルモード2017」に急遽行ってきました。

サイクルモード2017 Above Bike Store ブース

こちらは家の近所にお店があるAbove Bike Storeのブースです。TKC Productionsのテイスケさんも同ブース内で出展されている、ということで、簡単に挨拶してきました。

 

本当は今日明日と終日育児DAYのため家や近所で大人しくしているつもりでしたが、今回のサイクルモードには台湾の台中バイクウィークで商談したリム屋さんとハブ屋さんが来日してブースを出していることが判明し「ここは何としても挨拶しに行かないと!」ということで、息子を連れて行くことにしたのです。

※海外の業者の方と仕事を進める場合、メールだけのやり取りだと信頼関係を築きづらいので、息子同伴であっても、会える機会があったらできるだけ会った方が話が上手に進むとのこと

 

そんなこんなで息子と一緒に幕張メッセの「サイクルモード2017」会場に行った訳ですが… やっぱり大変でした。

 

・駐車場〜会場が広い→息子はすぐに歩き疲れて「抱っこして〜」とせがむ

・知人と話していると息子は構って欲しくて引っ張ったりちょっかいを出してきてやかましい

・息子の気になるランバイクがあるとそこから離れない→そのメーカーの方たちも困り顔でした

 

以上のことで相当息子に振り回されるカタチとなり、グッタリ疲れてしまいました…

 

こちらはハンドメイドバイシクルショーでもお馴染みの高機能小径折りたたみ自転車「PECO」を製作〜販売しているOX Engineeringのブースです。

サイクルモード2017 OX Engineering ブース PECO

新型の「PECO」はカラーリングがかなりド渋になってカッコイイ!!

 

一通り出展している知人に挨拶し終わったら、ランバイクに乗りたがっている息子の欲求を満たすために試乗コーナーに行きました。あらかじめ予約登録しておくと、子供をランバイクや補助輪付きバイク、キッズ用スポーツバイクなどに試乗することができるのです。

サイクルモード2017 ランバイクを試乗する叶大

ランバイクにまたがるとメチャ活き活きした表情になった息子。

 

いざ試乗が始まると、平地は殆ど走らず、他の子供たちがまるで利用しないシーソーや一本橋ばかりを走るのでした。

サイクルモード2017 ランバイクを試乗する叶大

うん、完全にこっち寄り(アクション系)だな、ウチの息子は!

samo ファイアークラッカーで苦手な縦コーン超えにチャレンジ

今朝は再びファイアークラッカーで(苦手な)縦コーン超えにトライしてみました。

河原のコーンとコンクリの固まり

台風の漂流物であるコンクリの固まり(画面右下)に意図的に前後ホイールをヒットさせて軽い力でバニーホップし、縦コーンを飛び越える、というものです。このコーンの高さは一般的なコーン(72cm)よりもちょっと高い75cmほど。

 

いざ、croMOZU275で縦コーンを前にしてファイアークラッカーを繰り出します。

多摩川河原 ダートコース croMOZU275 4th バニーホップ ファイアークラッカー 縦コーン超え失敗

一発目で身体が温まっていなかったのか、バニーホップが甘くてリアタイヤが縦コーンの真上に乗ってしまい前転の恐怖を味わうも、そこは27.5のホイールサイズに救われました。27.5インチホイールで良かった!

 

その後、気を取り直してトライしたところ…

多摩川河原 ダートコース croMOZU275 4th バニーホップ ファイアークラッカー 縦コーン超え

トライし続けて普通に縦コーンは超えていますけど、一発目のリアホイール乗りがトラウマとなりキレイなカタチを作れませんでした。そして、緊張し過ぎて悪い癖の舌も出ちゃっています(泣)

まぁ、練習になって良かったですけど、そもそも27.5インチホイールのMTBで縦コーン飛んで遊ぼうなんて人、自分以外にいないよな…

 

多摩川河原の公園を見ると、植え込みにまとめられた泥砂の山がありました。

多摩川河原 ダートコース croMOZU275 4th 台風後の瓦礫の山

これらはこの付近の平地を覆っていた泥砂になります。このおかげで大部分の平地は下地のタイルがようやく見えるようになっていましたね。

明日もこの山が残っているようなら、踏み固められたキャタピラの跡をRに見立てて飛んでみようと思います。

samo 河原に残る泥砂を逆手にとってみた

相変わらず多摩川河原には大量の泥砂が残っており、MTBでも気持ち良く飛べない日々が続いています。

そこで思いつきました。

今日の朝活BIKEでは、この泥砂を逆手にとって遊んでみるか!と。

多摩川河原 ダートコース croMOZU275 4th カッティーズ練習

大量の砂で遊べることと言ったらコレ。ブレーキに頼らず荷重移動と身体の寝かせでタイヤを意図的にスライドさせるコーナリングトリックの1つ「カッティーズ」です。

少しでも泥砂の少ないところをモリモリと鬼コギ侵入し、砂泥が深く貯まっているところに突っ込み行うのですが…

水分含んで重たい砂は大して巻き上がりませんでした。迫力ある砂ドバー!!な絵を期待していたんだけどな。

 

河原の上には泥砂を除去する作業車が来ていたので、明日には今まで通り乗れるかも知れません。楽しみだな!

 

 

そういえば、今日は息子が高熱を出して保育園をお休みしました。自分も急遽会社を休んで小児科医院に連れて行き、1日中看病をして終わりましたね。その甲斐あってだいぶ熱は下がりましたが… 明日は普通に保育園に行けるのか?

羽田空港に降り立った叶大

先日の奥さんの実家のある北九州から飛行機で羽田空港に降り立った息子の写真。アンパンマン、きかんしゃトーマスに加え、最近はドラえもんも好きになってきています。

samo バニーホップバースピン熱再燃

先日の雨の新横浜スケートパークでのバニーホップバースピン練習から、自分の中で再びバニーホップバースピン熱が上がってきています。

それで、過去の自分のバニーホップバースピンを探ってみると、できるようになった頃の動画が数多く出てきて、思わず見入ってしまいました。(※明らかに違う内容の動画が表示されている場合はブラウザの再読込を行ってください。正しい動画が表示されます)

 

およそ3年前の自分のバニーホップバースピン。

TUBAGRAさん(@tubagra)がシェアした投稿

今のほうが少し走るスピードが速くなった以外は大した変化はないですね…。

くそー!サボらずに継続的に練習し続けていれば、今では色んなシチュエーションでメイクできるようになっていたかも知れないのに!(泣)

 

これまた3年前のバニーホップバースピン動画。

TUBAGRAさん(@tubagra)がシェアした投稿

パンをくわえてだったり、ショルダーバッグやバックパックを背負いながらでもできるか?なんてお茶目にトライしているのが微笑ましいです。この頃はバースピンが楽しくて楽しくて仕方がなかった頃ですね。

 

今でもバニーホップバースピンはトライすれば楽しいですよ!メイク率だって決して低くは無いですし。

SLACK FOOTWEAR STARION BLACK を履いたサモ SHAKA 24

とはいえ、平地だけでやるのはさすがに飽きています。かと言って、バンクや段差だとビビりが入ってなかなかできない、という情けない状態だったり…(泣)

過去に何回かトライしたけれど、失敗すると痛くてそれでチャレンジが途絶えてしまうのでした。

うーん、この状況は打破しないといけません。年内頑張ってみるか!!

samo 斜め刺しバニーホップについて考える

先日の新横浜スケートパークで24MOZUに乗る鈴木雄大君の高いバニーホップを動画で撮らせてもらいました。そのフォームをスローモーションで紹介しておりますので、どうぞ下の動画をご覧ください。

雄大君のバニーホップはホイールが大きなMTBでも、リアホイールがお尻に当って高さが止まること斜めに引き上げるを避け、ギリギリまで高さを絞り出す「斜め刺し」を取り入れています。

 

斜め刺しバニーホップと言えば、SHAKA 24に乗るTUBAGRAライダーのAKIRA君が昔から取り入れていて、数々のBMX〜MTB混同のバニーホップコンテストで優勝〜上位入賞を果たしています。

新しいSHAKA24でのTUBAGRAライダーAKIRA君のバニーホップ

AKIRA君の斜め刺しは腰をバイクの横に深く落とし、腕を曲げて上半身をハンドルに近づけて行います。

 

そこで鈴木雄大君の斜め刺しバニーホップなのですが、彼の場合はAKIRA君と同様に腰はホイールの横に落としているものの、腕は通常のストレート刺しバニーホップと同様にピンと伸びています。

MTBストリート&ストリートトライアルPジャム 鈴木雄大君 斜め刺しバニーホップ

つまり、ストレート刺しと斜め刺しのハイブリッドが、雄大君のバニーホップのフォームなんですね!とてもエグくて格好良いです。

 

ちなみにMTBストリートライダーのシャラ君がキレイなストレート刺しバニーホップを見せてくれています。

MTBストリート&ストリートトライアルPジャム シャラ君の刺しバニーホップ

「ストレート刺し」と「斜め刺し」、どちらが優れているとかでなく、ライダーは好きなバニーホップのフォームを選べば良く、さらにその両方についても細かく見ていくとフォームは細分化されるので、とにかく自分が納得の行くバニーホップで飛ぶことができれば面白いのではないでしょうか?

やっぱり何かをバニーホップして飛び越す際、自分が「格好良い!」と納得できるフォームを出せたらとても楽しいと思うのです。

 

 

ハイ。そんな斜め刺しバニーホップの自分の場合について、なのですが、croMOZU275で行う分には納得しているものの…

croMOZU275 4th 多摩川河原サイクリングコース ヒップ 斜め刺しバニーホップ

正直、SHAKA 24だと収まりが悪いというか、顔の前が窮屈過ぎて納得のフォームを見付けられていません。

SLACK FOOTWEAR STARION BLACK を履いたサモ SHAKA 24 斜め刺しバニーホップ

 

それで今日の朝練で、croMOZU275のそれと違って、ちょっと腕をストレート刺しみたく伸ばしてみようかな、と思ってSHAKA24で実践してみました。

SHAKA 24 多摩川河原サイクリングコース 斜め刺しバニーホップ

写真や動画を撮って確認してみるとまだ全然腕は伸びていないのですが、上半身の窮屈な感じは薄れ、バニーホップの高さも微妙に出たような気がしました。

コレか?この方向で間違っていないのだな?

なーんて思いながら今日のところは出社時間が迫ってタイムアップ。まぁ、楽しみながらじっくり試行錯誤していきます。

samo 雨天関係無く乗りまくった土日でした

雨の昨日も一部屋根のある新横浜スケートパークに行ってMTBで飛び回ってきましたけど、今日もまた懲りずに新横浜スケートパークに乗りに来てしまいました。

新横浜スケートパーク SHAKA24

朝イチでパークに到着すると、台風の影響か横風が強く雨が屋根の中までも吹き込んでいて、パークの3/4は濡れて使えない状態に。さらにスケートボーダー達が限られた乗れる場所で既にひしめき合っていて、これまた自分が乗れるエリアは相当限られることになってしまいました。

新横浜スケートパーク SHAKA24

狭いとはいえこんな天気でも乗れる貴重な環境です。今回はSHAKA 24を持ってきたので狭い場所でもやりやすいバニーホップバースピン練習をしまくりました。

もっとも、カメラを回す頃には疲れ果ててフォームが雑になっちゃってますが…(汗)

 

バニーホップバースピンはひとまず終了させ、「次はグラインドでもするかー」と思った頃から雨と風がさらに強まり、今まで乗っていた場所にも吹き込んできました。

新横浜スケートパーク SHAKA24 スミスグラインド 雨の中

数回スミスグラインドをしたものの、吹き込む雨で全身がどんどん濡れていきます。

 

新横浜スケートパーク 水浸しNikon D600 D610

気がつけば自撮り用のカメラもこの濡れ様。どれだけ雨風強いんだよ…

濡れた衣服で冷えた身体は思うように動かなくなってきたので、11時前には撤収することに。まぁ、9時からノンストップで1時間半以上ガッツリ乗れたしで、良かったことにしましょう。

 

この土日も雨ばかりで、遠出しての広大なフィールドでのライディングはできなかったものの、何だかんだ収穫も多かったので満足しました。そういった意味でMTBストリート(ストリートトライアルも)って遊べる範囲が広くて良いな!って思いますね。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2017 by Street MTB Team TUBAGRA