SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo たまにはジャンプ練習もしないと駄目ですね

土日のどちらかは、基本的にご近所MTBストリートライダーの松平さんと一緒に朝練をすることが多いです。

近頃はSubrosa Street Railを使ってのグラインド練習がメインですが、さすがにそれだけだと他が色々と疎かになるので、今回は久しぶりに携帯ジャンプランプも持ち込んでジャンプ練習も行いました。

SHAKA24 多摩川河原サイクリングコース 携帯ジャンプランプでのテーブルトップ インバート

自分はこれまた久しぶりなテーブルトップ(インバート)をしてみるも、全然入らなくなっていて愕然としましたね。

 

松平さんのSHAKA24 多摩川河原サイクリングコース 携帯ジャンプランプでの刺しバニーホップ練習

松平さんも色々と忘れていたので、まずは刺しエアーから。何とかこの状態まで戻すことができました。

 

それにしても、2人ともペグ付きのMTB(SHAKA 24)なんて、とてもレアな光景です。もっとMTBでグラインドしまくるライダーが増えて欲しいんだけど、マニアックだもんな〜(汗)

 

もちろんグラインド練習もしてます。

自分が愛してやまないバニーホップ180フェイキーダブルペググラインドですが、ジワジワとメイク率は上がってきているものの、まだまだ足りないです。限りなく修行に近いですが、完璧なカタチと高いメイク率を目指して頑張りますよ!!

 

 

夕方は息子と一緒に多摩川で釣り。この頃はすっかり日が暮れるのが早くなってしまって、ライトが無いと周囲が真っ暗になって危ないです。

ウナギを釣った叶大

そんな帰り間際、ロッドに激しいアタリが。自分が合わせて途中まで引き寄せた後、初めて息子に任せてみました。かなりぎこちないものの、何とか魚を引き寄せることに成功です。
釣れた魚はアレです。

普通ならすぐにリリースなのですが、息子にとっては初めて(魚の重みを感じながら)釣り上げた大切な1匹なので「持ち帰って飼う!」と言って聞きません。

持ち帰ったウナギ

そんな訳で仕方なしに家に持ち帰り水槽に移します。

持ち帰ったウナギ

生命力が強くてビックリ。他の魚なら持ち帰る最中に死んじゃうのに。

まぁ、資源保護の観点から、息子が寝た後に川に返してきたのですが。無事に大きく育って欲しいと思います。

samo 理想のMTBストリート用シューズとは

今日の朝活BIKE&FISH。ここ数日降り続いた雨のせいで良く飛ぶ斜面に軒並み苔が生えていてヌルヌル。

croMOZU275 4th 多摩川河原サイクリングコース 斜面で斜め刺しバニーホップ

回転系とかタイヤが滑って絶対無理な状態のため、croMOZU275 4thでストレートバニーホップをするしかないじゃないか!さすがに飽きる(泣)

 

さて、タイトルにある通り、理想のMTBストリート用シューズは?と問われれば、ぶっちゃけてしまうと、シューズのデザインが自分好みで、愛用しているペダルと相性良く、あなたが普段着ている服装に合うのなら何でも良いと思います。決まりが無いのがストリートの良いところですし。

SLACKのスニーカーと52W NEWSPAPERのTシャツを着たサモとSHAKA24

例えば、

ソールの耐衝撃性が高く高機能のMTB用シューズはデザインがアウトドアっぽくてストリートで履くには大げさ過ぎて…とか、

一般に普及し過ぎている某スケートボードシューズはデザインもソールも最高だけどみんな履いているから目新しさが無くて…

など、諸々あって、なかなか自分の一番が見付からなかったりします。

 

そんな中、この夏、ようやく自分の一番お気に入りのMTBストリート用シューズを見つけることができました。

日本発スニーカーブランド SLACK(スラック) IDENT-LOW

何度かこのBLOGで紹介している日本発のスニーカー・シューズブランド「SLACK(スラック)」のベーシックラインであるIDENT-LOWというモデルです。

 

このシューズの特徴は以下の通り。

・デザインはシンプル・ベーシックでありながらカカトにリフレクターが埋め込まれているなどオリジナリティがある

・2ヶ月毎日ハードに履き続けて週1ペースで洗濯しても全く壊れない耐久性の高さ

・樹脂ペダルと相性バツグンのソールパターン

・インナーが取り外し可能のカップインソール

・日本のブランドでありながら4,500円(税抜)という安価な価格設定

日本発スニーカーブランド SLACK(スラック) IDENT-LOW

というか、今SLACKのサイト見て気がついたけど、IDENT-LOWがセールになっていてさらに安くなっているじゃん!

これはガチで1足買っておこう!と思ってサイズを見たら26cmは売り切れていた(泣)

samo ようやく入ったー!!

今日の朝活BIKE&FISHも雨が残っていて回転系はできず。さすがにもうネタが尽きそう(泣)

という訳で、croMOZU275 4thに乗って雨の影響が少ない多摩川河原第三京浜下の段差に行き、バニーホップドロップをしてきました。

多摩川サイクリングロード 草バンクでcroMOZU275に乗りバニーホップドロップをするサモ

するとどうでしょう。今まで段差ドロップにビビってなかなか深く入らなかった斜め刺しバニーホップが数回のトライでガッツリ入ったじゃないですか!

いやー嬉しい!!本当に嬉しいです。

 

だって、今まではこのテイタラクだったのですよ。(↓)過去の同場所での斜め刺しバニーホップ。

多摩川サイクリングロード 草バンクでcroMOZU275に乗りバニーホップドロップをするサモ

サドルとお尻の位置に注目。サドルよりお尻が低いと斜め刺しが深く入った証。

あと、後ろ足(自分の場合右足)のカカトがお尻に当たるくらいペダルをしゃくりあげてリアを引き上げられるかも重要なポイントです。

 

目指すべきはストリートトライアラーの鈴木雄大君のこの斜め刺しバニーホップですね。

MTBストリート&ストリートトライアルPジャム 鈴木雄大君 斜め刺しバニーホップ

お尻の位置がリアホイールの真横に来るくらいのエグい斜め刺しを色んなスポットで決められるようになりたいです!

samo 雨でも意外と乗れる

ここ数日は「梅雨かよ!」と思えるくらい雨の多い日が続いていますね。

croMOZU275 4th 多摩川河原サイクリングコース 雨の中 縁石で斜め刺しバニーホップ

普通ならMTBライディングを中止にするところですが、レインジャケットのMont-bell レインダンサーを購入して以来、余程の大雨じゃない限り迷わず乗りに行ってしまいます。もちろん、今朝も乗りに行ってきました。

ただ、濡れた路面で回転系トリックをするとタイヤが滑ってしまい危険です。そのため、雨の日は直線的な動きしかできなかったりするのがセオリーで、それが若干ストレスな時も。

 

Mont-bell レインダンサーを購入したばかりの頃の写真。2年前でしょうか?お腹が膨れているのは、ジャケットの中に撮影道具を入れたボディバッグを仕込んでいるからです。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード Mont-bell レインダンサー レインジャケット

この頃はcroMOZU275 4thは開発前でYAMADORI26に乗っていたんだよなぁ。こう見るとトップチューブの位置が高いYAMADORIも格好いい!

足元は日本野鳥の会 バードウォッチング長靴。意外とMTBの樹脂ペダルとの相性も抜群なのです。

 

水たまりドリフトとかして遊んでいましたね。懐かしい!!今ならカッティーズしたいところです。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード Mont-bell レインダンサー レインジャケット 水たまりドリフト

上半身はジャケットのお陰で濡れませんが、下半身はパンツも含め完全水没しています(泣)

 

究極は足元スポーツサンダルと海パン姿。濡れるの前提だと雨でももう怖くありません。それでもレインジャケットを着込んでいるのは、ジャケットの中に撮影道具が入っているから。これが無ければ全身ズブ濡れ上等なのですが。

雨の多摩川河原でcroMOZU275に乗る

ただ、これから涼しい季節に雨に濡れると風邪ひきそうで気をつけなければいけません。帰宅したらすぐに温かいシャワーを浴びるの必須です。

 

そんな訳で、レインウェアを着込んだり、「濡れても大丈夫な服装」を着ることで、雨の日もMTBに乗ることは可能ですので、是非トライしてみてください。

ちなみに里山トレイルなどのダートで雨の日に乗ると路面を荒らしてしまうので気をつけましょう。

samo YAMATO君のYAMADORI進捗情報

TUBAGRAライダーYAMATO君のYAMADORI26バイク

TUBAGRAライダーのYAMATO君は、TUBAGRAの里山アクションライディング用フレームであるYAMADORIを当初はトリックピスト風に組み上げましたが、現在は前後ディスクブレーキ化して元来の里山アクションライディング用に仕様変更を行っています。ホイール径は26インチ。

TUBAGRAライダーYAMATO君のYAMADORI26バイク

まだ未完成なので、バイクがハッキリと見えない写真だけ公開。

 

ただ中途半端なバイクの写真を公開しただけだとつまらないので、YAMATO君自宅近くでウォールライドしてもらいました。

TUBAGRAライダーYAMATO君のYAMADORI26バイクでウォールライド

TUBAGRAライダーYAMATO君のYAMADORI26バイクでウォールライド

うん、とても高いラインを走っていますね!

組み上がったらYAMADORIに乗って一緒に彼のローカルエリア内にある里山ライディングをする予定です。自分はcroMOZU275 4thに乗るかな〜。

ストリート仕込の彼のテクニックで里山でもどんなライディングを見せてくれるか、今からとても楽しみ!!(地形の勝手な改変や路面を荒らしたりは絶対にしないのでご安心を)

 

 

最近、スロープスタイルのコンテストで上位を独占しまくっているNicholi Rogatkin(ニコリ・ロガトキン、アメリカ、21歳、Specialized)がRed Bull District Ride 2017の中で、MTBで初の1440エアー、つまり空中4回転をメイクしました。その動画をご覧ください。

この動画以外で失敗しているシーンもありましたが、こんなにグルグル回って良くちゃんとバックサイドにランディングできるな!と。レジーマットなどで相当な回数の反復練習をしてのコンテスト中でのメイクだと思います。いやはや、本当に凄い。

 

彼やBrett Rheeder(ブレット・リーダー、カナダ、24歳、Trek)の登場でMTBスロープスタイルやダートジャンプ世界レベルのトリックの難易度はどんどん上がってきています。今やダートジャンプは日本人の苦手項目みたいになっちゃいましたが、今後はスノーボードみたいに食いついていける日が来るのでしょうか?

そんな若手MTBライダーがいたらTUBAGRAは全力で応援したいです。

 

 

今日の朝活BIKE&FISH。昨夜まで降り続いた雨のおかげで路面がウェット過ぎてどこもまともに乗れないのと、起床時間がちょっと遅すぎてあまり時間が無いため、近所の河原の駐車場の車止めでファイアークラッカー(フロントとリアタイヤを意図的に障害物にヒットさせその反発を利用して軽い力でバニーホップするテクニック)の練習を少ししました。

croMOZU275 4th 多摩川河原サイクリングコース クルマ止めでファイアークラッカー

失敗ファイアークラッカーを通りすがりの散歩の犬にガッツリ見られていて何か恥ずかしい!!もっと高く深く決めたかった!!

あと、フロントタイヤの空気圧が足りなくて、ガチでフロントを当てていくとリム打ちしまくり、パンクを恐れて思い切り飛べなかったのが心残りです(泣)フロントがパンクしてないと良いなぁ…

 

釣りの方も足りない時間でササッと済ませました。

ちょっと大きなスモールマウスバスを合わせそこねた直後に再びワームを投入したところ、そこで釣れたのはまさかのコイツ。

朝活BIKE&FISHで釣れたウナギ

今一番釣りたくない魚です(泣)当然水際リリースしたのですが、針を外すの超大変だった…

samo ここ最近200mmの望遠レンズを使った撮影にハマってます

10年以上前にコンサートホールなどでのオーケストラの撮影仕事で購入したNikonの80-200mm F2.8Dの望遠ズームレンズ。

Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D

大きなコンサートホールでも200mmズームを使うと後ろの座席からでも下のようなアップの写真を撮ることができます。

コンサート ブラスバンドの撮影

 
ここ最近、そんな望遠200mmズームレンズを使ってMTBを撮ることにハマってしまいました。

ご近所MTBストリートライダー松平さんのSHAKA24

先日、ご近所MTBストリートライダー松平さんのSHAKA 24を撮影したところ、背景のボケがとても美しくて、主役のバイクを引き立てまくることにエラく感動してしまったのです。

 

それで早速、今朝の朝活BIKE&FISHでcroMOZU275 4thも同じく200mmのズームレンズを使って撮影。

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 4th

多摩川の水面に映るバイクの影も独特の雰囲気を演出していますね。

曇り空だったからか、イマイチSHAKA 24の時のような爽やかさは出ませんでしたが、それでも背景のボケ具合は何ともいえないグッと来る表現となりました。

 

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 4th

斜め上から撮ると背景のボケ具合はあまり楽しめませんが、メリハリの効いたバイクの描画を堪能することが。

これはもっと晴れた日に撮影してみたいな!そうしたらもっと抜けの良い格好いいMTBの写真になる気がする!

 

そんなMTB写真を撮ったら次はライディング写真だ!!と思ったら結構なまとまった雨が降ってきたじゃないですか。おいおい、天気予報と違わないですか?(泣)

 

朝活BIKE&FISHで釣れたスモールマウスバス

ライディング写真は今日は諦めて、ササッと釣りをしてスモールマウスバスを1匹ワームで釣り上げたら急いで撤収しました。

 

明日は飛び回りたいな!天気は大丈夫だろうか?

samo 相続税支払いの期限が近づいているので

早朝はご近所MTBストリートライダーの松平さんと一緒に朝練をしました。練習メニューはSubrosa Street Railを使ってのグラインドトリックがメインです。

ご近所MTBストリートライダー松平さんのSHAKA24

グラインドペグが装着された松平さんのSHAKA 24。200mmの望遠レンズで撮ったら背景のボケがとても素敵になって、かなり格好いい!

そんな松平さんは先週、先々週に引き続きダブルペググラインド練習です。ようやくアウトまでスムースにできるようになりました。

自分は逆サイドダブルペググラインド→アイスピックグラインド→ハングオーバートゥースグラインド→180フェイキーダブルペググラインドの練習を徹底的に行うも、180フェイキーダブルペグの不安定さに泣けてくるのでした。

MTB マウンテンバイク SHAKA24 多摩川河原サイクリングロード レール ハングオーバートゥースグラインド オーバートゥースハンガー

上の写真はハングオーバートゥースグラインドをする自分です。もっと腰を後ろに引いているスタイルが理想なのですが、なかなかその通りにならない〜(泣)

 

昨年他界した父の相続税の支払い時期が迫っているため、今日は遠出はしないで奥さんと一緒に相続の手続きをずっと行っていました。天気が良くて涼しかったのに勿体無い気持ちもありますが、こればかりは仕方がない!

 

ただ、このままだと息子が運動不足になってしまうので、夕方1時間ほど息子と近所の河原の公園でランバイクで遊んで来ました。

多摩川河原 ランバイク COMMENCAL RAMONES 12 で激走する叶大

息子のランバイクはメチャ速くなっていて、もう徒歩だと完全に追いつけないレベル。

そんな息子のランバイクに対抗するため自分も自転車で出撃です。そしてずっと鬼ごっこみたいに空いた河原の公園を2人で走り回っていました。涼しい気候で本当に良かった!

 

そうそう、朝活BIKE&FISHではまたしても家の近所の河岸でスズキ(セイゴ)をGET!

朝活BIKE&FISHで釣れたスズキ セイゴ

周囲で全然釣れていないルアーを使っているアングラーたちを尻目に、アオイソメを使うと入れ食い状態なのでした。なんかすみません…

samo 雨の終日育児DAYの過ごし方

朝、目が覚めて外を見るとザーザー雨降り。普通ならそのまま布団に逆戻りという流れになるところですが、「この程度の雨ならcroMOZU275 4thだったら余裕!」と家を飛び出て多摩川河原へ。

croMOZU275 4th 多摩川河原サイクリングコース 雨の中 縁石で斜め刺しバニーホップ

人っ子一人いない河原の縁石でバニーホップを繰り返します。

いつも通り自撮りをしようにも、普通に一眼デジを設置したら雨で内部浸水必至なので、カメラは雨がかからない遠くの場所に設置し、200mmの望遠レンズで狙いました。

結果、普段とは違うアングルのバニーホップの写真が撮れて新鮮です。うん、アリだな!

 

雨がバチバチ当たる中で愛車の撮影も。

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2 TERRENE CHUNKを装着したcroMOZU275 4th

ホントまとまった雨が降っていてもフルで遊ぶことができるcroMOZU275 4thに感謝です。

 

 

お昼過ぎに雨は止みました。今日は終日育児DAYなので、夕方に息子を連れて多摩川河原でランバイクの練習。

多摩川河原 ランバイク COMMENCAL RAMONES 12 で水たまりを走る叶大

何と水たまりを足を付かずに走ることにハマり、かれこれ50回はアタックしていました。最後にハンドル切り損ねバランス崩して転け、バイクと息子は水たまりのど真ん中に倒れ込み、全身ズブ濡れ→今日一番の号泣です。

 

息子ズブ濡れのまま、河岸に移動して釣りスタート。

釣れたスズキ セイゴを触る叶大

早速、スズキ(セイゴ)が連れて大満足の息子です。

 

 

samo 今日も朝からレールグラインドでした

今日も朝かSHAKA 24に乗りSubrosa Street Railを使ったグラインド練習をしてしまいました。ヤバイ。本当にレール楽しいです。もう、永遠にレールでグラインドしていたいくらい。

今朝のレールグラインド練習の様子↓

今回は所要時間は40分程で、最初は逆サイドダブルペググラインド、続いてアイスピックグラインド、ハングオーバートゥースグラインド、最後にバニーホップ180フェイキーダブルペググラインドをやって練習を終了。

うーん、まだまだ180フェイキーダブルペグの安定感が足りない。最初の一発目から余裕で決まるくらいじゃないと、自分の理想とは程遠いですね。

サモ SHAKA 24 SUBROSA STREET RAIL ストリートレール

それにしても、なかなかMTBでグラインドするライダー増えないな。MTBでやるからこそ面白さ倍増なんだけどな!

 

よし!今度、TUBAGRAでグラインド縛りのジャム開催しよう!(ライダー少ししか集まらなそう…)

あとあと、これはマジですけど、10月末か11月頭に再びMTBストリート&ストリートトライアルのジャムやります!あんなライダー、こんなライダーにも参加してもらいたい。

 

 

昨晩、近所に住む同僚のtksgさんと一緒にBIKE&FISHしてきました。虫の鳴き声以外は何も聞こえない静寂の河岸は、月明かりに照らされて幻想的な雰囲気。

近所に住む同僚tksgさんとBIKE&FISH 釣れたウグイ

そんな中で1時間程釣りをすると、tksgさん、なんと良サイズのウグイを2匹GET!ああ、羨ましい。自分は何度もアタリがあるのにフッキングしませんでした(泣)

次こそはナマズを釣ってやる!

samo 雨の中でのレールグラインド練習

今日は朝から結構な雨が降っており、普通なら「今日はMTBに乗るの止めるか」と思うところですが、どうしてもSubrosa Street Railを使ったグラインド練習がしたかったので強行。

今回は平地ではなく、ちょっと段差にレールを置いてわずかに下りレール化させSHAKA 24で攻めてみました。

サモ SHAKA 24 SUBROSA STREET RAIL ストリートレールでダブルペググラインド

まず最初は様子見のダブルペググラインド。うん、雨の影響は殆どなく、全く問題ありませんね。

 

サモ SHAKA 24 SUBROSA STREET RAIL ストリートレールでアイスピックグラインド

続いて最近練習中のアイスピックグラインド。実は下り気味のレールでアイスピックグラインドにチャレンジするのは初めてだったので、恐怖で全然できないかと思いきや、日頃の練習の成果かすぐにカタチになりました。長い距離を滑るの本当に気持ちが良い!!

 

サモ SHAKA 24 SUBROSA STREET RAIL ストリートレールでレールフィーブルグラインド

アイスピックグラインドしてて、たまにフロントが途中で落ちちゃって失敗しますが、上の写真は偶然フロントタイヤがレール上に落ち、走ってレールフィーブルグラインドになりました。これを狙ってやれれば格好いいのですが!

 

そうこうしている内に雨が酷くなってきたので泣く泣く撤収です。とはいえ30分近くは楽しめたので良かったのではないでしょうか?

 

 

岸 勇希(Yuki Kishi)君という14歳のストリートトライアラーがにわかに話題になってきています。下の動画が大変素晴らしい仕上がりで、彼の魅力やテクニックも含め、とても楽しく観ることができました。

いやー、将来が楽しみなストリートトライアルライダーですね!!

 

 

昨晩は会社が終わった後に近所のお寺で開催されていた盆踊りと夏祭りに家族で遊びに行ってきました。

近所の盆踊り&夏祭りでの叶大と奥さん

屋台の殆どが200円でとても安く、ピザやフランクフルト、わたあめ、焼きそばなど食べまくってそれが夕飯になったくらい。いやー、楽しかった!!夏の良い思い出になりました。

 

あと、近所の多摩川丸子橋下ではスズキ(セイゴ)が爆釣状態。エサにアオイソメを使うと投入した直後〜1分以内に派手なアタリがあって下の写真のサイズが釣れます。

朝活BIKE&FISHで釣れたスズキ セイゴ

まぁ、気持ちとしてはもう10cmでも大きなサイズだと嬉しいんですが、それは仕方ないか。

これだけ魚がいるなら、と色んなルアーを試してみるも全く釣れず。釣りって難しいですね…。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2017 by Street MTB Team TUBAGRA