SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo 日本マウンテンバイク協会公認インストラクター検定に合格しました

先週の土日に小田原のフォレストバイクで試験があった「日本マウンテンバイク協会(Japan MountainBike Association = JMA)」のインストラクター検定の合否の通知が、本日自宅に届きました。

 

結果は…

日本マウンテンバイク協会 インストラクター検定 合格通知

合格でした!

いやー、嬉しい!!

本当に嬉しい!!!

すっごく嬉しい!!!!(泣)

 

試験の内容として、実技はスタンディング30秒、急制動、丸太超え、ステア40cm上り下り、激坂下り、激坂登りなどを、MTB初心者が見ても分かりやすいアクションで行います。

他に筆記試験、面接、実際に受講者にレクチャーする模擬講習があり、その総合点で合否を判断するのですが…

テスト本番だと緊張からミスる人続出。自分も例外ではなかったので、実に冷や冷やものだったんですね。

 

今後、日本マウンテンバイク協会の公認インストラクターになる手続きを行い、それが済んだら正式に「MTBのインストラクター」という肩書をいただけます。

ちなみに、今までもバニーホップやジャンプ講習会を行ってきましたが、今後はそれらの活動が加速していくのは間違いないでしょう。

なので、それに恥じない活動を行っていき、MTBのさらなる普及と、安全に楽しむためのライディング技術(アクション要素多め)を広めていく所存です。よろしくお願いします!

 

 

さて、話はググーッと変わって、TUBAGRAオリジナル23Tスプロケットについて。

TUBAGRAオリジナル23Tスプロケット 四文銭 耐久テスト

デザイン上、肉抜きの多い箇所(黄色の丸)の強度がちょっと心配なので、城南島海浜公園スケートパークに行き、SHAKA24に乗ってレールに絡みそうなグラインドトリックを中心に行いました。

 

TUBAGRAオリジナル23Tスプロケット 四文銭 耐久テスト 城南島海浜公園スケートパーク SHAKA24

ミスった時にチェーン+スプロケットをレールにぶつけやすいハングオーバートゥースグラインド(オーバートゥースハンガー)を特に集中して行った結果…

 

TUBAGRAオリジナル23Tスプロケット 四文銭 耐久テスト 城南島海浜公園スケートパーク SHAKA24

何度かチェーン越しにスプロケットをレールに強打。上の赤丸の箇所にチェーンがめり込んだ傷が付いていますね。

今回の程度ではスプロケットは無事でしたが、まだまだぶつけ足りないです。もっと過酷に使っても壊れないかを試さないと、とてもじゃないですが製品化には至りません。

 

そんなテストの合間に行ったグラインド中心の動画をどうぞ。

バニーホップ180フェイキーダブルペググラインドが好き過ぎて困る。

これができなくなったらMTBを引退しても良いくらい溺愛しています。60歳オーバーでもできるようにしていたい。

 

 

今日は息子が「水族館に行きたい!」というのでしながわ水族館へ。かれこれ5回目くらいでしょうか?

しながわ水族館でニジマスを観る叶大

淡水魚コーナーでは、前回来た時よりも「これ釣ったことある!」という魚種が増えていて、良い感じに育っていると実感。

写真はニジマスとヤマメ、イワナの判別の仕方を教えているところ。

 

 

ご近所の釣りの知人と一緒に夜活BIKE&FISH。

夜活BIKE&FISH 呑川 クロダイ チヌ

自分は着いてすぐに50cm弱のクロダイが。尾ビレの先が欠損しているにも関わらずタフで釣り上げるの大変でした。

その後は自分は殆ど釣りはせず知人のサポートへ。何度か惜しいアタリがあったので、次こそはGETしましょう!

kai The stories behind the sprocket

あけおめことよろ。

もはや新年の挨拶をしないのがトレンドの世の中のようですが、

ひと昔前のご挨拶で今年のブログもスタートです。

どうも、年末年始の挨拶を逃し投稿のタイミングも失いつつあったKaiです。

 

そんな僕でしたが、地獄に仏、渡りに船といったタイミングで、

サモさんからTUBAGRAオリジナルスプロケットが届きました。

早速ここぞとばかりに開発秘話をご紹介。(届いたのは先週末…)

 

それがこちらです。
TUBAGRAオリジナル23Tスプロケット 四文銭

サモさんの写真を流用もとい再利用させていただいております。

エコが叫ばれる世の中です。

 

サモさんから開発の話が来たのが大体100日前くらい。

珍しくデザイン案を考えるというミッションが与えられました。

困ったら、竹馬の友ということでセリヌンティウスではないですが、

我らが伊織akaパピコを召喚してビール片手にあーでもないこーでもないと。

まずはコードネームから決めようということで出たのが”小判-Coban”。
851279b2d03b92e683bc12ebab1b6c04

 

しかし小判は楕円形。丸にデザインするには少々難ありでした。

丸ならいっそ硬貨がいいんじゃない?ということで今度は古銭をリサーチ。

そうしてたどり着いたのが寛永通宝の裏面のデザイン。

ちなみにこれ、銭形平治が投げてたアレです。オカネハソマツニシチャイケナイ。
四文銭 貨幣

こうしてコードネーム”銭形-Zenigata”スプロケットはスタートします。

正式な製品名はまだ決まってません、あくまでも仮称。

 

ヘベレケながら出た案をサモさんがデザイン化し、

何度かの校正を経て台湾へ設計図を送り、

完成した試作品が届いたのが先週末。(ここまでの話はサモさんが先日の投稿でしていたような)

閑話休題。意気揚々と取り付けた様子がこちら。
tb-sprocket

 

想定していたよりも厚みがあって歪みや欠けの心配はなさそうです。

細部の加工精度も素人目にはとても高く感じられます。

ポリッシュも及第点には達している様子。

 

22tから23tになったわけですが、大きな変化もなく乗れています。

むしろ小径スプロケ特有の急なチェーンの曲がりによって各リンクにかかる負荷が、

歯数の増加によって幾分か和らいだおかげでクランクの回転がスムーズになった感も。

銭形平治のように投げつけるわけではありませんが、

これから製品化に向けてしっかりとテストしていきます。

 

最後に。

年末にKNS.LOのYushiが映像をドロップしていたのでこちらでもご紹介。

僕も昨年のGWの際に撮ったフッテージを使ってもらっています。

みんなでワイワイ乗るのがとても楽しかった思い出。

今年も関西に遊びに行きたいですね。

 

では!

samo 平日のスマイルバイクパークは大盛況

昨日はスマイルバイクパークでYAMAHAのeMTB「YPJ-XC」の開発スタッフの方たちと話す機会がありました。

その内容はここでは割愛させていただくとして、ちょうどその日は平日にも関わらずスマイルバイクパークに熱いライダーたちが揃って楽しんでいたので、その様子を紹介します。

 

お馴染みTUBAGRAライダーのYAMATO君はakaMOZUで。

スマイルバイクパーク スラロームコース akaMOZU YAMATO君

リアが完全に進行方向を向く華麗なモトウィップ。

 

スマイルバイクパーク スラロームコース akaMOZU YAMATO君

繰り出すと見る人みんなが歓声を上げるバースピン。安定感が増していますねー

 

スマイルバイクパーク スラロームコース akaMOZU YAMATO君

スラロームコースを砂埃をあげながら高速で走り抜けていきます。

 

今日いらっしゃった方の多くが4連ジャンプを攻めていました。

スマイルバイクパーク 4連ジャンプ

スマイルバイクパーク 4連ジャンプ

近頃、MTBシーンのダートジャンプ熱が再燃しているように思います。

 

影山輪業 横須賀上町店の安田店長も愛車であるakaMOZUで4連ジャンプを。

スマイルバイクパーク 4連ジャンプ

バーム後の戻りの3個目、4個目のコブのクリアーに苦戦されていました。これが程よい難易度で、リピーターになるくらい攻め甲斐があるのです。

 

アラフィフですがかなりの実力者である山下さん。

スマイルバイクパーク 4連ジャンプ

お歳を全く感じさせない強力なペダリングと上半身の使い方で4連ジャンプのバームを高速で走り抜けていきます。

 

スマイルバイクパーク 4連ジャンプ

前回覚えたばかりの刺しエアーでは限界までの刺し度合い。これは本当に見事としか言いようがありません。

 

XCエリートライダーの大学生、江越君は苦手だと言うジャンプを今日でかなり克服したのではないでしょうか?

スマイルバイクパーク 4連ジャンプ

4連の4個目まで何度もキレイに飛びきれていましたね。

 

スマイルバイクパーク 4連ジャンプ

スラロームコースも華麗なバイクコントロールで速いし見せてくれます。

 

江越君のお父様も相当な実力者。(上述の山下さんと同じ歳)

スマイルバイクパーク 4連ジャンプ

殆ど未体験というダートジャンプもノーズダイブからの2連までクリアー!近々親子トレインジャンプを見せて欲しいなんて思ってしまいましたね。

 

その後、DHレーサーの九島選手や屈強なライダーたちが多数訪れたのですが、そこから自分はYAMAHAのスタッフたちと話し合いがあったので、ライディング撮影は上記までとなりました。それはそれで残念ですが、eMTBで貴重なお話をたくさん聞けたので良かったです!

 

 

相変わらずクロダイは釣れています。ここ数日は朝の潮回りが良くないので、夜に1時間ほどスポットを攻めていますね。

夜活BIKE&FISH 呑川 クロダイ チヌ

クロダイ50cmオーバーを釣ったは良いものの、ラインブレイクからの2バラし&メタルバイブ4ロストで大損害。もう泣きたい…

samo 台湾からオリジナル23Tスプロケットのサンプルが届きました

台湾からTUBAGRAオリジナル 23Tスプロケットのサンプルが届きました。シルバーが2枚、ブラックが1枚の合計3枚です。

デザインしてからカタチになるまで1ヶ月半というところでしょうか。このスピード感が良いですね!

TUBAGRAオリジナル23Tスプロケット 四文銭

表面。仕上げはとても美しく、見ていてうっとりする程。(耐久テストでボロボロにするのが勿体無い…)

TUBAGRAオリジナル23Tスプロケット 四文銭

裏面はこのような感じ。重量を計ると59gでした。

シルバーをTUBAGRAライダーのKai君とYAMATO君が自身のSHAKA26に装着し、ブラックを自分がSHAKA24に装着して耐久テストを行います。

 

ちなみに、このスプロケットのデザインの元ネタがこちら。

四文銭 貨幣
日本の古い貨幣である四文銭(しもんせん)の裏面の重波(しきなみ)をモチーフにしています。TUBAGRAライダーKai君の発案で、それを自分がスプロケットのデザインに落とし込みました。

 

 

早速、自分のSHAKA24に装着してみました。

TUBAGRAオリジナル23Tスプロケット 四文銭 SHAKA24 多摩川河原

TUBAGRAオリジナル23Tスプロケット 四文銭 SHAKA24 多摩川河原

TUBAGRAオリジナル23Tスプロケット 四文銭 SHAKA24 多摩川河原

このスプロケットを装着したことで、何となくオリエンタルなイメージのバイクになったような気がします。

今まで付いていたスプロケも23Tだったのでペダリングの重さに変化はありません。

6年目のボロボロな愛車で恥ずかしいのですが、これからスプロケをレールにガンガンぶつける前提の耐久テストを行うので、まぁ、すぐにバイクに馴染む見た目になるでしょう。

samo 日本マウンテンバイク協会の普及・指導者養成検定を受験してきました

小田原にあるMTBコースFOREST BIKE(フォレストバイク)で開催された「日本マウンテンバイク協会(Japan MountainBike Association = JMA)」の普及・指導者養成の検定試験をこの土日で受けてきました。

 

※試験の呼び名が長くなってしまうので、以下「MTBインストラクター検定試験」と呼称します

小田原フォレストバイク FUKUROU

MTBインストラクター検定試験は以下の内容が行われました。

・コースで実際にMTBに乗って決められたことを行う実技試験
・決められた講習内容をインストラクターになって生徒たちに教える模擬講習
・MTBの知識や考え方を回答する筆記試験
・検定員の方たちによる面接

 

小田原フォレストバイク 日本マウンテンバイク協会 JMA MTBインストラクター検定試験

これらの試験内容の中でも間違いなく大きな割合を占めるのが実技試験。

決められたフィールドで設定されたライディングを行うのですが、普段MTBでテクニカルなトレイルを走り慣れた方なら、とても簡単そうな内容だったりします。

ですが、今回はMTBインストラクターの検定試験なので、「MTB初心者の生徒さんが見ても分かりやすい」アクションで行うことを検定員に細かくチェックされます。そしてそのフィールドは試験ならではの張り詰めた空気に支配され、さらに同じ試験を受ける15人あまりの受講者たちが真剣に一挙手一投足を見守る中で行うため、緊張感から普段はありえないミスを各自連発!もちろん自分も数少ないですが、まさかのミスを犯してしまいました。

 

もちろん、実技試験前にはちゃんと練習時間があって、自分は一番ミスをする可能性があると思った箇所を重点的に、検定員の方も驚く60回もチャレンジし成功率を90%近くにまで高めていたにも関わらず、何と本番でミスったのです。いやー、ダートって何が起こるか分からないから怖いですね…(泣)

ちなみにこの実技試験、最先端の機材・規格とジオメトリのMTBだと断然強いと断言できます。そうでない場合、ものすごくライダーの里山的なテクニックを要求されます。

 

まぁ、さすがに試験内容は事細かくここには書けないので、興味のある方は直接自分に聞いてみてください。とにかく、この2日間は実技試験対策の練習と本番、筆記試験対策の暗記やカリキュラムの読み込みなどで、身体と頭脳を酷使して非常に疲れました。

検定試験の結果は2月中には出るとのことで、今から緊張しています。ああ、何とか合格していて欲しいな!

 

MTBインストラクター検定試験が終わった後、約1時間ほどフォレストバイクを自由に走れる時間をいただいたので、ここの人気コースである「浦島トレイル」をたっぷり飛び走らせていただきました。

小田原フォレストバイク FUKUROU 浦島トレイル

小田原フォレストバイク FUKUROU 浦島トレイル

バームをクイックに曲がった直後にある2連ジャンプが最高に気持ちが良かったです!

ただし、試験が終わった開放感から調子に乗り過ぎて、2個目のコブでリアを振り過ぎてラインを外し、自撮りのカメラを直撃。

小田原フォレストバイク NIKON D610 レンズプロテクターを割った

買ったばかり(同じの5本目!)のレンズが粉々になったのですが、実は割れたのはレンズプロテクターのみで本体は無事。付けてて良かった!

 

 

それと、フォレストバイクで現在造成中の3連ジャンプ。スタッフの方より許可をいただいたので紹介します。

小田原フォレストバイク 造成中の3連ジャンプ

日本全国に魅力的なMTBコースを多数作っているトレイルビルダー浦島さん設計で、とても安全な作りになっています。

 

近頃MTBのダートジャンプコースが増えてきて良いですねぇ!

これからMTBのダートジャンプシーンが盛り上がるとイイな!いや、間違いなく盛り上がると思う。

samo 日本マウンテンバイク協会の普及・指導者養成検定 実技試験の予行練習

いよいよ明日に迫った「日本マウンテンバイク協会(Japan MountainBike Association = JMA)」の普及・指導者養成の検定試験。

今日はその試験を受けるに当たり、使用するFUKUROUの最終調整を近所の多摩川河原でしてきました。やはり万全の状態で臨みたいので。

多摩川河原 FUKUROU RANT Hella Pedal スリムタイプ 樹脂ペダル

まず最初にやったことは、実はずーっと使いづらくて我慢していたSHIMANO SAINTのペダルを、BMX用で樹脂製スリムタイプのRANT Hella Pedalへの変更です。

多摩川河原 FUKUROU RANT Hella Pedal スリムタイプ 樹脂ペダル

SHIMANO SAINTのペダルはアルミ製で、トレイルなどで頻繁にソールが滑って踏み外しまくりとてもストレスでした。ピンを伸ばせば滑らなくなりますが、そうすると逆にソールに食い過ぎて、自分が理想とする感触から遠ざかるのです。

程よくソールの中で滑って、されどまぁまぁ食い付いてくれるという微妙な線が自分の理想で、ピンまですべて樹脂製であるこのペダルがまさにそれなんですね。

あと、ただ樹脂ペダルなら良いという訳ではなく、踏み面が低いスリムタイプが良く、それに合致するのがRANT Hella Pedalだったのです。ちなみにストリート・スケートパーク用に使っているSHAKA24もこれと同タイプのスリムペダルを使っています。

 

実は3年前くらいにはMTBブランドでもすべて樹脂製のスリムタイプのペダルがいくつもラインナップされていたのに、気がついたらボディは樹脂でもピンは金属、というスリムペダルしか存在しなくなっていたんですね。いや、もう本当に困ります。

 

という訳で、ようやく自分の理想とするペダルの感触が戻ったこのFUKUROUで、明日の普及・指導者養成検定の実技試験の予行練習をしてきました。(※余計な内容が多分に含まれています)

うん、基本的な動作ばかりですけど、圧倒的にやりやすいですね。なんで今までずっと我慢していたんだろう…(汗)

ちなみに、実際に実技試験で行うのはスタンディング30秒間とステアケースくらい。他のは全部余計な内容でした。

 

 

今日の朝活BIKE&FISHは朝5時半から45分くらい。

朝活BIKE&FISH 呑川 クロダイ チヌ

現地に着いてメタルバイブ5投目で足元からヒットしました。

 

朝活BIKE&FISH 呑川 クロダイ チヌ

レンズ効果あるけど55cmはある今までで一番大きなクロダイ。いやー、嬉しいな!

samo 土日に日本マウンテンバイク協会の普及・指導者の検定試験があります

昨年9月に小田原にあるMTBコースFOREST BIKE(フォレストバイク)で「日本マウンテンバイク協会(Japan MountainBike Association = JMA)」の普及・指導者養成講座を受講し、無事修了しました。その時の記事はこちら

そして次の土日に同じくフォレストバイクで普及・指導者養成の検定試験があるので参加してきます。この試験は、上の講座を受講・修了した者のみが受験できるのですね。試験は1年に1回のみなので今から緊張しています…。

日本マウンテンバイク協会 JMA マウンテンバイク リファレンス ガイド

左が9月の養成講座の修了証で、右がその時に提供されたJMAのマウンテンバイクリファレンスガイド。

このリファレンスガイドを熟読する必要があり、今週からせっせと読み返しています。

いくつか暗記する箇所があって、何度も復唱したり書き写したりして、必死に覚えていますね。いやー、大丈夫かな(汗)

 

 

今日は確定申告の準備したり、請求書作ったり、そして上の受験対策をしながら家にこもっていたのですが、身体が鈍って仕方がないので、わずかな時間だけ近所の多摩川河原にFUKUROUで行って軽く飛んできました。

多摩川河原 FUKUROU 刺しバニーホップ

河原に付くと冷たい強風が吹き荒れていました。とにかく寒い!

そして、新たに飛べる地形を見つけて飛んでみたところ、バニーホップを入れると凄く飛べる!のですが、その分、風に流されて空中で大勢を崩されるので危なかったです。

これは万全な状態でバニーホップでぶっ飛びたかったな。

samo スマイルバイクパークでAlternative Bicycles 北澤さんと再び

今日はスマイルバイクパークで再びAlternative Bicycles(オルタナティブバイシクルズ)の北澤さんとご一緒させていただきました。

 

今回は来訪されている方たちの撮影やレクチャーをする前に、何とかして自分の課題を済ませたいと決心。

スマイルバイクパーク 4連ジャンプ サモ FUKUROU X-UP

FUKUROUでX-UPをキッチリ180度決める!」

自撮り撮影機器をセットして30回くらい4連ジャンプを飛んだでしょうか?ようやく180度ハンドルが回りました!

 

ハッキリ言って26インチMTBなら15年くらい前に180度以上入ったX-UPはメイクしていましたが、こと27.5インチホイールだと物理的に大きくなって入りづらい!肩幅が狭い自分にとって、720mmのハンドル幅でも相当苦労しましたね。

でもでも、大昔にチャレンジしたトリックを、条件が変わって再度チャレンジするのはまた新鮮で楽しいです!

 

 

北澤さんは前回のハードテイルでなく、噂のStantonの29→27.5インチホイールになったフルサスバイクをご持参。

スマイルバイクパーク スラロームコース Alternative Bicycles オルタナティブ バイシクルズ 北澤さん

スマイルバイクパーク スラロームコース Alternative Bicycles オルタナティブ バイシクルズ 北澤さん

明らかにホイールが地面に張り付くのでスラロームコースを走ってもグリップが全然違うため、心なしかバームの内側を走れていますね。

 

自分も少しこのフルサスバイクに乗らせていただいたのですが、乗り味がとてつもなく滑らかでビックリしました。色々なフルサスバイクに乗ってきましたけど、ここまでの乗り味は初めてで、まさにシルキーという言葉がピッタリ!

ダートジャンプも凄まじいくらい滑らか。バックサイドにノーズダイブしたらフカフカ絨毯にシューッと滑り込んだみたいでした。

前後サスペンションの動きの良さもあるのですが、フレームがクロモリということでそこでも細かな衝撃を吸収しているのでしょうか?奥が深いです。

 

今回、初めてご一緒したMTBライダーの山下さん。お歳は自分より少し上なのですがジャンプが上手でビックリ。

スマイルバイクパーク 4連ジャンプ 山下さん

スマイルバイクパーク 4連ジャンプ 山下さん

アドバイスさせていただくとすぐに理解して4連はクリアー。更にはモトウィップも左右にリア振れるように。

 

スマイルバイクパーク 4連ジャンプ 山下さん

刺し入りのハイエアーもアドバイスした直後にカタチになりました。本当にスゴイ!

自分も頑張ろうと思います…(汗)

 

 

スマイルバイクパーク パンプトラック

今日は平日だと言うのにスマイルバイクパークは多くのMTBライダー達で賑わっていました。

 

スラロームコースでは大勢でのトレインも。

スマイルバイクパーク スラロームコース

スマイルバイクパーク スラロームコース

スマイルバイクパークは初心者の方や基本動作の1つであるプッシュプルをマスターされたい方はパンプトラックを、下りのコーナリングを上手くなりたい方はスラロームコースを、ジャンプを上達されたい方は4連ジャンプを、という風に、MTBのライディングが効率的に上手くなる練習施設がしっかり用意されています。

東京都の稲城市にあるので、道路が空いていれば都心からわずか30分でアクセスできることも魅力ですね。

 

 

そんなスマイルバイクパークで現在、アルバイトスタッフを募集しています。

スマイルバイクパーク アルバイトスタッフ募集中

・募集人数:若干名
・勤務時間:8:00〜17:00
・業務内容:受付、コース点検
・条件:土日出勤できる方、男女問わず、18歳以上
・給与:研修期間 ¥8,000〜

ご興味のある方は以下までご連絡ください。その際に「TUBAGRAにあった募集を見ました」と言うと話が早いかと思います。

TEL:070-4475-4472

お問い合わせフォーム

 

 

朝活BIKE&FISH。相変わらずクロダイ三昧となっています。その結果、フジツボでコーティングされたテトラ脇をメタルバイブでガンガン攻めることが当たり前となり、シングルフックに変更していても根掛かりロストの頻度が半端なくなりました。

Amazon 激安メタルバイブ

特にここ最近は洒落にならないレベルで、苦肉の策でAmazonなどで売っている激安物(1個300円以下)を多少カスタムして実戦投入してみたところ…

 

朝活BIKE&FISH 呑川 クロダイ チヌ

普通に釣れました。

根掛かりロストの精神的・経済的ダメージが僅かに減って、シーバスもマルタウグイもこれで行こうと思いましたね。

samo オリジナル23Tスプロケットを作成中です

ストリート系のMTBには見た目が格好良いと、大昔からBMXクランクを用いることが一般化しています。

お客様のTUBAGRA SHAKA 24バイク

ところがここ5年ほど、BMXのトレンドでフロントのスプロケットは25Tか28T(Tとはギアの歯数のこと)、リアは9Tが一般化。そのギア比をホイール径の大きなMTBで用いるとコギが激重になるケースが出ていました。

5年くらい前までは、MTBのギア比にも合う23Tスプロケットが普通に市場に出回っていたものの、今では完全に枯渇。その結果、ストリート・ダートジャンプMTBを組む際にBMXクランクを用いる場合は、25T-9Tの重たいギア比で我慢か、必死に中古市場から23Tスプロケットを探す、という選択肢しかありませんでした。

 

こんな状況に危機感を感じていた我々TUBAGRAは、オリジナルで23Tスプロケットの開発・販売を決意。

19

仙台のTUBAGRAライダーKai君が日本の古い貨幣である四文銭(しもんせん)をモチーフにしようと発案。

 

貨幣の裏の波模様をスプロケットのデザインに自分(サモ)が起こして、台湾の業者に発注。

オリジナル23Tスプロケット 四文銭

そしてついに、サンプルが出来上がってその写真が送られてきました。

いやー、恥ずかしながらカッコイイ!!これは早く使ってみたい!

 

数週間後に数枚のサンプルが日本に届くので、それをTUBAGRAライダーKai君、YAMATO君、そして自分でテストして耐久性を調べます。思い切り踏み込んだ際や、グラインドでレールなど障害物にぶつけても壊れないだけの、肉抜きの多い部分の強度があるのかないのか… という点を重点的に。

この経緯は随時ここに紹介していく予定です。お楽しみに!

 

 

昨日はスマイルバイクパークにお邪魔してきました。

スマイルバイクパーク スラロームコース

スマイルバイクパーク スラロームコース

ロードバイクに乗られている方で、今回MTB初体験の方にパンプトラックでのプッシュプルや、スラロームコースの安全でスムースな走り方のレクチャーをさせていただきました。

やはりロードバイクに乗られている方は上達が早かったです。スラロームコース最初の数本はヒーヒー言っていたのに、15分後にはスムースに最適な走行ラインをトレースして「楽しー!!」と満面の笑みで下っているのですから。

 

 

スマイルバイクパーク スラロームコース こっしー君

常連ライダーの1人、こっしー君の「速すぎてバームの出口から入り口までジャンプして移動」の瞬間を撮ることができました。

 

スマイルバイクパーク 4連ジャンプ こっしー君 テーブルトップ インバート

こっしー君のテーブルトップ(インバート)。まだ発展途上ですが、これからが楽しみ!

 

そして近々関西からこちらに引っ越してくるトライアルライダーのいも君は、他のライダーよりもプッシュが力強いのか、4連ジャンプ後半を殆ど全て飛び過ぎる特異なスタイル。

スマイルバイクパーク 4連ジャンプ いも君 テーブルトップ インバート

その飛びすぎる力を高さに変換し、迫力のあるテーブルトップ(インバートというかパンケーキ?)を披露してくれました。

 

スマイルバイクパーク 4連ジャンプ いも君 テーブルトップ ハイエアー

同じくいも君の高いハイエアー!この場所でこれだけ高く飛ぶのは彼くらいなのでは?

今後も格好良いライディングをたくさん見せてください!よろしくお願いします〜

 

samo 幕張JAM2 開催します!

幕張JAM2告知

去年の3月開催して大好評だった幕張JAMですが、3月17日(日)に2回目の「幕張JAM2」を開催するはこびとなりました。

詳細なスケジュールやルールは近日中に公開しますので、少々お待ちください。

幕張ローカルライダーや腕に覚えのあるライダーは是非ともご参加ください!またご協賛いただける企業・ブランドも募集いたします。

 

 

前回のサタジュク・アテンドのトレイルを走り終わったくらいから崩壊状態だった愛車FUKUROUのSRAMのリアブレーキパッド。普通に走るだけでもリアブレーキの異音や振動が不快で仕方なかったのです。

小川輪業でFUKUROUのリアブレーキパッド交換

本日、長年お世話になっている小川輪業に自走でお邪魔し交換していただきました。

 

上がボロボロになったリアブレーキパッド。10ヶ月程トレイルやコース、河原を日々走り込んでこのすり減り具合です。バネの役割をしていた金属のピンの一部が曲がってモゲていますね。

小川輪業でFUKUROUのリアブレーキパッド交換

新しいパッドは色がついて少し形状が少し複雑になり、つまみやすくなっていますね。

 

それ以外でも昨今のMTBシーンの情報交換などを行い(どちらかと言うとこちらがメイン?)充実した時間を過ごせました。

小川さんありがとうございました!

 

小川輪業から自宅への帰りの自走はリアブレーキが直って快適そのもの!

駒沢公園 FUKUROU 大階段

帰り道、駒沢公園の大階段で一休み。

16〜17年前、この場所で自分主催のMTBストリート練習会である「夜練会」が毎週深夜に行われていたのでした。

背景の建物は新しく建て直されていますね。

多い時には30名ものMTBライダーが集まっていたなぁ。何もかも懐かしい。

 

 

この土日は奥さんが仕事で終日育児DAY。息子を毎週スマイルバイクパークに連れて行っているので、たまには普通の子供らしい遊びをしたいかなと思い近所の児童公園へ。

近所の児童公園で高い一本橋から飛び降りる叶大

遊具で遊ぶかと思いきや、自分の背丈はある一本橋の上を歩き回り、更にはそこから障害物に飛び移る遊びをメインに。

完全にエクストリーム保育園児です。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2019 by Street MTB Team TUBAGRA