Riders-Diary

BOX JAM Vol.2お疲れ様でした

本日ご参加いただいたライダーの皆様、本当におつかれさまでした。
セクションを持ってきてくれたDSB.LOのみなさま、本当にありがとうございました!!

開催場所の都合上、おおっぴらに告知できずにシークレットジャム的になってしまったことを、前もってお詫びさせていただきます。それにしても、21時スタートの割にはたくさんの人たちが来て、深夜まで長く熱く盛り上がっていました。

BOX JAMの風景

そして、シークレット要素が増大する要因になったのが、来日しているNS BikesのSam Pilgrimがこのジャムに遊びに来る、ということでした。例のインタビューの時に急遽、そんな話に決まったのです。

もっとも、サム君、来日してから長期間経っていて(翌日朝早くにようやく帰国)、この日の日中も色々と用事をこなした後だったので、ライディングする元気は残っていませんでした。なので、サム君側の撮影では、サム君と日本のライダーが交流し、日本のMTBライダーのライディングを紹介する、という流れに急遽変更。

Sam Pilgrimが遊びに来ました

そこで白羽の矢が当たったのが、TUBAGRAライダー工藤君と、関西から乗りに来ていたblkmrktのセイマ君の2人です。なのですが、日本のライダーの英語力の足りなさに色々と泣くことに。自分も含め、マジで英語は喋れないと駄目だ。今後も海外ライダーとの交流多いし。2週間後も…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
今回、そこは帰国子女でありDSB.LO所属のBMXライダー、カワイさんにかなり救われることに。ホントにありがとうございました!!

 

そんなこんなでサム君が帰ったところで本格的にジャム開始です。なんだかんだ結構な数のライダーが集まりました。この映像を撮る後ろ側にもライダーいるし、中央に見える柱の奥にもライダーがいます。

BOX JAM Vol.2

そんな大勢のライダーが、場の流れでボックスを攻めたり、バンクを攻めたりと、そこら中で激しいライディングが繰り広げられました。ボックスを撮っていたらバンクの方で超絶トリックメイクで歓声が湧いていたりと、全部の対応が不可能な、撮影者泣かせのジャムでしたね(苦笑

こんな感じでジャムは1時半くらいまで行われました。ライダー達はみんなタフだな縲彌n
今回、様子見な要素いっぱいで行うことで結果ダラダラしちゃう部分もありましたが、諸々参考になったので、次回このジャムを行う際に反映させ、多くの人に観てもらえ、楽しんでもらえるジャムに育てて行きたいと思います。

 

あと、これがTUBAGRAライダー工藤君のkdMOZUバイクの最新の状態です。

kdMOZUバイク

工藤君、たくさん写真撮ったので画像を全部送ります。それでバイクチェックを(急いで)書いてください。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*