TUBAGRA(ツバグラ)

MENU

TUBAGRAライダー藤本さんのMOZUのバイクチェック

MOZU 藤本さん
2024年4月8日

TUBAGRAの最年長ライダーである藤本さんは今までakaMOZUに乗っていましたが、今となってはakaMOZUは販売終了していることもあり、この度フレームをMOZUにアップデートすることに。

 

以下に藤本さんのMOZUのバイクチェックを紹介します。

フレーム:TUBAGRA MOZU
フォーク:TUBAGRA TB-FORK34 TAPERED
ハンドル:TUBGRA MURAMSA BAR 3inch
ステム :TUBAGRA 29STEM
グリップ:VANS WAFFLE GRIP
ヘッドセット:FIREEYE IRIS-B415
ブレーキ:SHIMANO ZEE
ブレーキディスク:HOPE
クランク:PROFILE RACING
チェーンリング:不明
ペダル:FEDERALE
チェーン:IZUMI
シート:WETHEPEOPLE
シートポスト:DSB
Fハブ:NOVATECK
Rハブ:HOPE
リム :TUBAGRA TB-RIM26 32H SILVER
タイヤ:GOODYEAR Wingfoot Dirt

 

 

今回のフレームアップデートについて、藤本さんに語ってもらいました。

========================

MOZU 藤本さん

今回MOZUバイクを組むに当たって殆どのパーツがakaMOZUからの移植になります。シートポスト25.4→27.2に変更のためシムで調整。BB幅は73mm→68mmなのでスペーサーを外して調整。

ヘッドはヘッドパーツの兼ね合いもあり10mmほど伸びたのでフォークのコラム長が足らずTUBAGRAオリジナルサスフォーク TB-FORK34をインストール。フォークのコラム長だけ気をつければakaMOZUからは簡単に載せ替えられますね。

 

akaMOZUと比べて)ジャンプではクロモリ特有のバネ感を凄く感じます。踏切時にフレームがライダーを押し上げてくれる感覚が凄くて驚きました。そして着地時のしなり感も最高に心地良いですね。akaMOZUに比べて軽量なので更にトリックも入れやすいです。

そして何と言っても…溶接が美しすぎる!ヤバいです!自分にこれ以上のフレームはありません!!

 

フロントサスフォークとタイヤについて

MOZU 藤本さん TB-FORK34 GOODYEAR Wingfoot Dirt

TUBAGRA TB-FORK34 TAPEREDはとてもスムーズに動きますし反応も良いです。初期動作の滑らかな動きは某有名高級メーカーのそれと変わらないぐらい心地良いですよ。補修パーツも用意されてるみたいなので万が一の時も安心ですね。

リムは今はもう完売したTB-RIM26 Polishedです。色気を出したかったので。

GOODYEAR Wingfoot Dirtは転がりも良くて変な癖も無く扱い易いですね。GOODYEARのホワイトレターがカッコ良い!

 

ハンドル周りについて

MOZU 藤本さん 29STEM MURAMASA BAR

TUBGRA MURAMSA BAR 3inchを選んだ理由はターンダウンをガッツリ入れたいからです。

TUBAGRA 29STEMはリューターで荒削りし耐水ペーパーで更に磨いて最後はピカール。色気が出たと思います。

 

サドルについて

MOZU 藤本さん

サドル位置を高くし、上向きにしている理由は、ターンダウンでサドル下に足を通し易くするためです(詳しい理由はターンダウンの記事をチェックしてください)

========================

 

 

そんな藤本さんももうすぐ50歳になります(現在48歳)年齢はMTBダートジャンプをする上で影響ありますか?もしあるなら解決方法を教えてください。

MOZU 藤本さん

========================

私は腰痛持ちなのですが、毎日下半身の筋トレや縄跳び等で筋肉を付けるよう意識しています。(腰痛の原因は色々あるので推奨しませんが)だいぶ痛みの頻度は減ってきました。

動体視力の低下を感じるので、なるべく進入スピードを遅くして目に頼らずリズムで飛ぶよう練習しています。

また、身体が固いと転倒時に怪我をしやすいので、日々ストレッチして少しでも身体を柔らかく維持する事が大事だと思います。

========================

以上となります。

藤本さんありがとうございました!新しいMOZUで今後の活躍を期待しています!

 

 

 

BIKE&FISHで樹木が川にかかる岸際を「小バスでもいないか?」と2シュリで探っていたら落ちパクで突然グイっと持って行かれ合わせたらまさかの巨大ナマズ。

BIKE&FISH ワームで釣れたナマズ

ランディングスポット狭過ぎて右手で樹木に捕まりロッドを口に咥えて左手でネットイン。疲れました…。でも74cmの良サイズ感謝!

RELATED PRODUCTSこのトピックスに関連する商品をご紹介

  • MOZU shinMOZU

    MOZU

    ストリート・ダートジャンプ用マウンテンバイクフレーム
    124,300円(税込)
    DETAIL
  • TB-FORK34 TAPERED BLACK

    TB-FORK34 TAPERED BLACK

    インナー34mmダートジャンプ・ストリート専用26サスフォーク
    78,100円(税込)
    DETAIL
  • MURAMASA BAR 3インチライズ

    MURAMASA BAR 3inch

    3インチ(76.2mm)のクロモリ製ハイライズバー
    8,580円(税込)
  • 29STEM

    29STEM

    突き出し29mm、クランプ径22.2mmのショートステム
    11,000円(税込)

エアートリックがなかなかできないライダーへ

幕張 akaMOZU 藤本さん
2023年1月23日

ここに来て、あらゆるMTBフィールドにジャンプセクションがあり、ジャンプに積極的にトライするライダーも増えてきています。

そこでトリックに挑戦するも、特にハンドルひねり系、回し系で苦戦されている方は多いのではないでしょうか?

そんな時はハンドルポジションを少し高くしたり、手前に寄せたりすると、入れやすくなったりする場合があります。

 

TUBAGRAライダー藤本さんが使うのはTUBAGRAオリジナルのハンドルバー MURAMASA BAR 3インチライズ

幕張 akaMOZU 藤本さん

MTBでは難しいとされているターンダウンもガッツリ深く入れています。

 

幕張 akaMOZU 藤本さん

トボガンも完璧に入れていますね。

 

MURAMASA BARには2インチライズと3インチライズがあります。

MURAMASA BAR 2インチライズ 3インチライズ
100mmストロークサスフォークのダートジャンプバイクには2インチライズがマッチしやすいです。80mmなどのショートストロークサスやリジッドフォークをご使用の場合は3インチライズでしょうか。

 

29STEM MURAMASABAR 2インチ SET
TUBAGRAの突き出し29mmの極短ステム、29STEMとのセット販売も行っておりますので、ご興味のある方は是非ご所望ください。

 

 

最近の私のライディングをまとめました。ドタバタしていてこれくらいしか動画に残せていません。

テーブルトップ(インバート)覚えたてのkoMOZUライダーカイト君とのトレイン、やってみたかったんですよ!次はもっと入れます!

 

 

 

朝活BIKE&FISH。1時間ちょい無反応も、普段あまり出ないラインの足元2mからバイト。

BIKE&FISHでシャッドで釣れたクロダイ

至近距離からの猛烈ファイトを制してクロダイ48cmをキャッチ。雰囲気良くても続けて出ないところに今季の渋さが。

RELATED PRODUCTSこのトピックスに関連する商品をご紹介

バニーホップ基礎

バニーホップ基礎 croMOZU275
2012年12月1日

基本的なバニーホップの動作を紹介します。全ての元となる初歩的なバニーホップです。

バニーホップはストリートライディング殆ど全てのトリックの基礎となります。MTBのみならずBMX、シクロクロスなどでも同様の動きとなりますので、ご参考ください。

いつでもどこでも30~50cmがコンスタントに飛べるようになると、実用度や応用度が増しますので、沢山練習して身体に覚え込ませましょう。

 

準備運動

バニーホップに慣れていない状態でこの動作を行うと、高い確率で肩や腰を痛めるので、しっかり準備運動を行うことをオススメします。最低限の内容を下記にまとめました。
バニーホップ 準備運動
バニーホップ 準備運動
他にも手首などをしっかりストレッチしておきましょう。

 

プロテクター

バニーホップ基礎 Howto プロテクター
ヘルメットの装着は当然として、バニーホップ練習初期段階ではペダルを踏み外してスネを削る可能性がとても高くなるので、最初はMTB用のニーシン(膝とスネ)ガードを装着して練習することをオススメします。ニーシンガードがすぐに手に入らない場合、サッカー用シンガード(右側)も安価でオススメ。

 

本ページのバニーホップ基礎を問題なく行えるようになったら、そのバージョンアップとなる下記をご覧ください。
バニーホップ中
バニーホップ刺し入り

 

バニーホップ基礎の説明

今回は27.5インチホイールのバニーホップ特化型フレームで構成されたMTB(TUBAGRA croMOZU275)で行っています。バイクがコンパクトな26インチホイールのMTBの方が物理的にやりやすいので、26インチMTBをお持ちの方はそちらでお試しください。

 

程よい速度で進入
バニーホップ基礎 Howto
バイクの中心に乗ったニュートラルポジションのままリラックスした状態で適度なスピード(自分にとって怖くない余裕のあるスピード)で進入。あまり遅いと左右にフラつきますし、速すぎるとバランスを崩した際に危険です。

 

フロント荷重
バニーホップ基礎 Howto
腰を支点にして上半身を前方に傾けます(画像の通り腰の位置はそのまま)。瞬間的にハンドルバーに覆いかぶさり、それと同時に軽く膝も曲げます。

バニーホップ基礎 Howto
フロント荷重の際に腰をステムに近づけてしまう誤った動作を行う方が結構いらっしゃいます。腰の位置は変えず上半身のみ傾けるようにしましょう。

 

ハンドルを下方向に押しその反動で腰を引く
バニーホップ基礎 Howto
フロントが上げづらいバイクの場合はもっと腰を引くと良いです。決して腕で上げるのではなく、背中から腰で引っ張るように上げます。あと、この動作では膝は軽く曲げておきます。この後の伸び上がる動作の時に膝を伸ばすためです。

バニーホップ基礎 Howto
腕を曲げてハンドルを引き上げるとリアホイールにしっかり荷重せず、飛び上がる力を貯めることができず離陸しません。腕で引き上げず、必ず背中〜腰で引き上げましょう。腕はハンドルにぶら下がっているだけのイメージです。

 

上に飛び上がる
バニーホップ基礎 Howto
上半身を斜め前方に伸び上がります。ペダルを通して地面を思い切り押しましょう。ハンドルは足の付け根に付ける感じで引き付けます。ちなみに踏み切るポイントですが、フロントが上がりきった後に踏み切ると前転する危険があるので、フロントアップした際に「これは思い切りフロントが上がるな」と思った瞬間に、踏み切る動作に入るとちょうど良いです。

空中で脱力
バニーホップ基礎 Howto
伸び上がったら脱力し、ハンドルを少し前に送り出して身体をバイクの中心に持っていきます。前荷重で前傾になり過ぎるとフロントホイールから落ちたり、後傾し過ぎるとリアホイールから着地してバランスを崩す恐れがあるので気を付けましょう。

着地
バニーホップ基礎 Howto
腕と膝を柔らかく対応させ優しく着地。これを日々心がけるとバイクのフレームやパーツが長持ちします。

 

昨今のホイールベースやフロントセンターの長いMTBはフロントアップがやりづらい場合があります。フロントアップがやりづらくても無理にやり続けると肘や肩の筋、腰などを痛める可能性があるので気をつけてください。

 

乗っているMTBでフロントが上げづらいと感じたら、ライズのあるハンドルバー、短いステムに取り替えるとハンドルが手前に寄ってフロントが上げやすくなります。

MURAMASA BAR 3インチライズ

TUBAGRA MURAMASA BAR 3インチライズ

 

TUBAGRA 29STEM(突き出し29mmの極短ステム)

劇的に変わる場合もあるので、是非お試しください。

 

 

バニーホップ基礎の動画です

RELATED PRODUCTSこのトピックスに関連する商品をご紹介

  • MURAMASA BAR 3インチライズ

    MURAMASA BAR 3inch

    3インチ(76.2mm)のクロモリ製ハイライズバー
    8,580円(税込)
  • 29STEM

    29STEM

    突き出し29mm、クランプ径22.2mmのショートステム
    11,000円(税込)

PRODUCTSツバグラの製品

閉じる
ページの先頭へ