TUBAGRA(ツバグラ)

MENU

バニーホップ基礎

バニーホップ基礎
2012年12月1日

基本的なバニーホップの動作を紹介します。まずは「刺し」を使わない初歩的なバニーホップです。
ストリートライディング殆ど全てのトリックの基礎となります。MTBのみならずBMXでも同様の動きとなりますので、ご参考ください。

いつでもどこでも30~50cmがコンスタントに飛べるようになると、実用度や応用度が増しますので、沢山練習して身体に覚え込ませましょう。

バニーホップに慣れていない状態でこの動作を行うと、高い確率で肩や腰を痛めるので、しっかり準備運動を行ってから行うと良いです。
また、着地でペダルを踏み外してスネを削る可能性も高くなるので、最初はシン(スネ)ガードを装着して練習することをオススメします。

あと、高さを出すためには障害物を飛び越す練習をすると効果的ですが、固いモノを使うと引っかかって転倒する恐れがあるので、すぐ潰れる段ボールなどで行うと良いです。

本ページのバニーホップ基礎を問題なく行えるようになったら、そのバージョンアップとなる下記をご覧ください。
バニーホップ中
バニーホップ刺し入り

バニーホップ基礎の説明です

適度な速度で進入
リラックスした状態で適度なスピードで進入します。
あまり遅いと左右にフラつきますし、速すぎるとバランスを崩した際に危険です。
フロント荷重
バニーホップするポイントを見付けたら、上半身を腰を支点に前方に傾けます(画像の通り腰の位置はそのまま)。
肘を曲げ、思い切りフロントタイヤを通して地面を押す感じで。
上のタイミングと同時に軽く膝も曲げます。
フロントタイヤを押しながら腰を引く
フロントが上げづらいバイクの場合はもっと腰を引くと良いです。
決して腕で上げるのではなく、背中から腰で引っ張るように上げます。あと、この動作では膝は軽く曲げておきます。この後の伸び上がる動作の時に膝を伸ばすためです。
上に飛び上がる
上半身を斜め前方に伸び上がります。
ペダルを通して地面を思い切り押しましょう。ハンドルは足の付け根に付ける感じで引き付けます。

ちなみに踏み切るポイントですが、フロントが上がりきった後に踏み切ると前転する危険があるので、フロントアップした際に「これは思い切りフロントが上がるな」と思った瞬間に、踏み切る動作に入るとちょうど良いです。

空中ではリラックス
伸び上がったらハンドルをちょい前に刺しだし、身体をバイクのセンターに持っていきます。
この際、身体は脱力した状態です。変に前傾になるとフロントから落ちたり、後ろにい過ぎるとリアから着地してバランスを崩す恐れがあるので気を付けましょう。
着地
腕と膝を柔らかく対応させ、優しく着地しましょう。
これを日々心がけるとバイクのフレームやパーツは長持ちします。

バニーホップ基礎の動画です

バニーホップ 中

バニーホップ 中
2012年11月1日

基本的なバニーホップの動作ができるようになり、気持ち的に余裕が出てきたらハンドルを前に差し出す動作を入れてみましょう。

バニーホップ基礎
バニーホップ刺し入り

バニーホップ 中の説明です

適度な速度で進入しフロント荷重
リラックスした状態で適度なスピードで進入します。
踏み切るポイントを見つけたらハンドルに上半身をかぶせるようにしてフロント荷重の準備をしましょう。
フロント荷重
バニーホップするポイントになったら、上半身を腰を支点に前方に傾けます。
腰の位置はそのままで、上半身だけハンドルにかぶせるようにします。
肘を曲げ、ハンドル→フロントタイヤを通して思い切り地面を押す感じで。
上のタイミングと同時に軽く膝も曲げておきます。
フロントタイヤを押した反動を利用して腰を引く
フロント荷重した反動を利用して、腰縲恁ィを後ろに引くカタチでフロントアップをしましょう。
決して腕で上げるのではなく、背中から腰で引っ張るように上げましょう。
フロントが上げづらいバイクの場合はもっと腰を引くと良いです。また、フロントタイヤの空気圧を低めにしておいたり、サスフォークを利用すると、フロント荷重の反動が加速されるので、さらに楽にフロントを上げることができます。

あと、この動作では膝は軽く曲げておきます。この後の伸び上がる動作の時に膝を伸ばすためです。

地面を踏み切り上に飛び上がる
上半身を斜め前方に伸び上がります。
ペダルを通して地面を思い切り押して飛び上がりましょう。ハンドルは足の付け根に付ける感じで引き付けます。

ちなみに踏み切るポイントですが、フロントが上がりきった時に踏み切る動作を行うと遅いです。
そのタイミングで踏み切ると前転する危険があります。
なので、フロントアップした際に「これは勢い良くフロントが上がるな」と思ったタイミングで、踏み切る動作に入るとちょうど良い感じです。

ハンドルを前に出す準備をする
伸び上がったらハンドルを前に刺しだします。
足は踏ん張らず、踏み切った反動を利用して股を上げるようにします。この時、早まって股を上げるとペダルから足が外れてしまう危険性があるので気をつけましょう。
ハンドルを前に出す
素早くハンドルを前に差し出しましょう。
足はこわばらず、リラックスしておきます。
着地に備えます
腕と足を脱力させ、着地の衝撃に備えます。
着地
腕と膝を柔らかく対応させ、優しく着地しましょう。
これを日々心がけるとバイクのフレームやパーツは長持ちします。

バニーホップ 中の動画です

ペダリングバニーホップ/ウィリージャンプ

ペダリングバニーホップ/ウィリージャンプ
2012年10月28日

段差に飛び乗るための基本的なトリックです。静止状態からペダリングして跳び、障害物に上ります。

ペダリングバニーホップ/ウィリージャンプ(近くから跳ぶほう)の説明です

事前に、どこから漕げば何歩で足が合うかを調べて、暗記しておきます。

暗記のコツですが、自転車だけでステアの角へフロントタイヤを乗せクランクの位置を合わせます、そこから助走をとりたい距離だけ自転車を後ろへ下げてクランクの位置を確認し、その場所を暗記します。

ステアケース(段差上り)01

今回は 利き足(右)→逆足(左)→利き足(右)で助走を取ります。利き足が逆の人は左右を入れ替えて考えてください。

腰が浮かないようにすると最後までしっかり踏めます。

ステアケース(段差上り)02

逆足でやや強めに漕いで、最後の利き足は鋭く素早く前方へ踏みつける感じで踏み切ります。

ステアケース(段差上り)03

このときに初心者の方はホッピング行為をしないように注意してください、しっかり漕げば自動で離陸します。

ブレーキとタイヤが滑らないように角を狙っていきます。
※たくさん練習すればリアタイヤの居場所がわかるようになってきます

着地後に後ろへまくれる場合は、着地後に腰を前に入れるといいです。

ステアケース(段差上り)04

角でパンクしないコツは空中では脱力、タイヤが接地してから力を入れる、リムがあたったところからは踏み込まないようにすることでしょうか。

ステアケース(段差上り)05

ペダリングバニーホップ/ウィリージャンプは、バニーホップよりは助走の距離と体力を節約できますので、要所要所で試してみてください。

 

ステアケース(段差登り)の動画です

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=t8siAfI-Q60[/youtube]

バニーホップ刺し入り

バニーホップ刺し入り
2012年10月1日

ストリートにおいて基本技であるバニーホップですが、高く飛ぶにはそれなりのテクニックが必要となります。

「バニーホップ基礎」でコンスタントに40~50cm飛べるようになったら、ステップアップとしてこちらにシフトすると良いと思います。

当然「バニーホップ基礎」や「バニーホップ中」よりも早く鋭い身体の動きが要求されます。
また、身体への負担も大きくなるので、充分な準備運動を行ってからトライしましょう。

このバニーホップがいつでもどこでも出来るようになると、ストリートにおいて大変な武器になります。
階段を飛び降りる際、障害物を飛び越える際、バンクを飛ぶ際なと、スパッと決まると格好いいです。

バニーホップ基礎
バニーホップ中

バニーホップ刺し入りの説明です

適度な速度で進入
リラックスした状態で適度なスピードで進入します。
あまり遅いと左右にフラつきますし、速すぎるとバランスを崩した際に危険です。
フロント荷重
バニーホップ基礎よりも思い切ったフロント荷重を行います。
腰を支点にムチの様に上半身を勢いよく振りましょう。
フロントを押して腰を引く
フロント荷重して勢いよくフロントタイヤを押した反動を使い、そのまま腰を引きフロントを上げます。
この時、伸び上がるために膝を曲げておきます。
上に伸び上がる
フロントがちょっと上がった段階で「フロントが勢いよく上がるな」と感じた瞬間、躊躇なく踏み切って斜め前に飛び上がります。ハンドルは足の付け根に勢いよく引き付けます。

この動作はまったり行っては刺す動作が間に合わなくなるので、鋭く早く行いましょう。

腕を突き出す準備をする
立った状態で勢い良く上がってくるバイクの勢いを殺さない内にハンドルを前に差し出す準備をします。膝はお腹に付けるようにたたみます。足が力んでいるとこの動作ができないので、とにかくリラックスして行ってください。
腕を突き出し膝を引き付ける
上がってくるバイクを前に逃すため腕(ハンドル)を前に勢いよく突き出します。突き出す方向は前方斜め下です。両手グーパンチする感じで、思い切り突き出しましょう。また、踏み切った反動でバイク(リアタイヤ)が上がってくるので、その勢いを殺さないように膝をお腹に付くくらい引き付けます。

ちなみに、この瞬間にリアよりもフロントが下がっていると格好いい、とされるのですが、いきなりやると危険なので、充分この動作に慣れてから行いましょう。まずは前後輪水平状態が良いと思います。

脱力して着地に備える
刺した状態のまま着地すると危険なので、素早く脱力して着地に備えます。リアから着地したい場合は早めに足をおろしてリアを出します。
着地
腕と膝を使い柔らかく着地して衝撃を吸収します。
前後輪同時か、リアから先に着地をしましょう。前輪から落ちるとバランスを崩しやすく大変危険です。高さにもよりますが、凄く高いところから着地する場合はリア着地をした方がバイクに優しいです。

これくらい高く飛ぶと、着地を優しく行わないと簡単にバイクを壊すので気を付けましょう。

バニーホップ刺し入りの動画です

ホッピング180 / ポゴ180

ホッピング180 / ポゴ180
2012年9月1日

ポゴ180は回転系トリックの第一歩にするにはちょうど良い技です。
ぜひ、習得されることをオススメします。

ホッピング180 / ポゴ180の説明です


自分の回転方向は左まわりなので、足のスタンスは右前です。
※回転方向や足のスタンスが左前の方は左右を反転して見てください!

まず自分の普段の回転方向(ジャックナイフターンやフェイキーからの戻り)の方向にハンドルを切り込んで、切り込むタイミングと同時に肘、膝、腰で十分にためこみます。
そのときに、ハンドルだけ切り込んでいて上半身を進行方向に溜め込んでしまう場合があるので、タイヤをみて上半身をハンドルと同じ動きをさせてください。


上で説明したため込んだ分を一気に発散しホッピングし、腰を回転方向に振ります。
その時に跳んだ後、体を戻してしまうことがありますので跳んだ後も必ず回転方向に体を向き続けてください!!
「どうしても体がもどっちゃう~」って方は、跳んだ時に後ろタイヤを見ようとしてください。体は見た方向に動くので必然的に体も回転方向に向いてくれると思います。


次は回転方向に足で蹴って後輪の回転力をつけます。
蹴るというのは、右足が利き足の方は右が前にあり左が後ろにある状況になるので、左足(後ろにあるほうの足)をペダルに置いたままの状態でフレームを蹴るようなイメージまたは、押し込むイメージです。


そして着地です。
着地したときにハンドルを切った上体のまま着地しないようにまっすぐに空中で戻してください。
着地後にすぐにフェイキーに入りますので、足を踏ん張った状態にせず着地後すぐに足を逆方向に向かってこいでください。


戻り(スイッチ)です。
戻る方向と逆方向にハンドルを切り、戻すと同時に体も戻る方向に向け軽く踏み込みます。

スイッチはフェイキーができなくてもできますが、なるべくフェイキーは覚えてからやるのが望ましいですね。

1 2 3 4

PRODUCTSツバグラの製品

閉じる
ページの先頭へ