TUBAGRA(ツバグラ)

MENU

幕張でTUBAGRAフレーム大集合

幕張 croMOZU275
2024年5月28日

遠くに乗りに行くには時間が無いな〜と言う日、最近は幕張に行くことが多いです。今回も息子と一緒に午前中からお昼過ぎまで乗りに行きました。

幕張 koMOZU エハル君

現地に着くと最近koMOZUに乗り始めたエハル君が。大きなジャンプに臆することなくバンバン飛んでいます。

 

幕張 HAYABUSA 叶大

HAYABUSAに乗る息子、最初は怖がっていた2連テーブル1個目は躊躇なく飛べるようになっていました。

 

幕張 HAYABUSA リュウ君

同じくHAYABUSAに乗る最年少TUBAGRAライダーのリュウ君によるET(空中でペダリングするトリック)。

 

幕張 croMOZU275

croMOZU275に乗る私はようやく2連テーブルでキャンキャンが入るように。

ただしまだ怖くて思い切り踏み切れず、バックサイドにフロントしか届いていません😢 もう少しやり込みが必要だ…

 

最後に今日一緒に乗ったみんなで記念撮影。

幕張 集合写真 croMOZU275 koMOZU HAYABUSA

エハル君のお父様もcroMOZU275に乗られているのですが(右下)今回撮影してくれたので、リュウ君のお父様であるSatooさんがバイクを持っています。

ともかくお疲れ様でした。またご一緒しましょう!

 

 

BIKE&FISH 毛鉤オイカワ釣り

ご近所の毛鉤オイカワ釣りで今年初の婚姻色のオスを息子が釣りました。顔の追い星ゴツゴツです。

今年初の婚姻色オイカワが釣れた一部始終を動画にしましたのでご覧ください。

RELATED PRODUCTSこのトピックスに関連する商品をご紹介

  • croMOZU275

    croMOZU275

    27.5インチホイール対応のアクションライド用フレーム
    160,600円(税込)
    DETAIL
  • HAYABUSA

    HAYABUSA

    対象年齢10〜13歳の24インチホイール対応キッズ用フリースタイルMTBフレーム
    124,300円(税込)
    DETAIL
  • koMOZU

    koMOZU

    対象年齢6〜9歳のキッズ向けアクションライディング専用マウンテンバイクフレーム
    110,000円(税込)

ここに来てkoMOZUに注目が集まっています

koMOZU
2024年2月22日

先日、小川輪業でヨツバサイクルからのパーツ移植で組まれたkoMOZUバイクがスマイルバイクパークでシェイクダウンしました。

スマイルバイクパーク SBP koMOZU

Kさんの息子さんはかなりアグレッシブに乗られていて、今後のさらなる上達が期待されます。

 

koMOZUは対象年齢6〜9歳のキッズ向けアクションライディング専用MTBフレームで、キッズ用でありながTUBAGRAならではの極短リアセンターを採用。

成長途中にあるキッズの身体に過度な負荷がかかるフロントアップ〜バニーホップをkoMOZUなら軽い力で繰り出すことができ、テクニックの上達をサポートします。

また回転系トリックも同様で180や360の習得も容易。さらに上を目指すキッズにオススメのフレームです。

 

koMOZUに乗るウチの息子で年齢による推移を見ていきましょう。

koMOZU 駒沢公園

6歳で今まで乗っていたヨツバサイクル20インチのパーツを移植したkoMOZUに乗り換えました。こうすることでかなり安価にkoMOZUバイクが完成します。

 

多摩川河原 koMOZU 叶大

7歳になった頃にはバニーホップが日常的にできるように。

 

※一般的なキッズバイクに乗るまだ小さいお子さんにバニーホップのレッスンをご希望される親御さんがいらっしゃいますが、フロントアップの際に身体にかかる負荷が大きすぎるので、私はジャンプやファイアークラッカーなどの代替レッスンをオススメしています。

通常のキッズバイクは安全・安定したライディングをメインに考え作られている場合がほとんどで、決してフロントアップは楽ではないです(そういったフレームの設計思想のため)

※フロントアップが楽なkoMOZUにおいてもこの年代のお子さんがバニーホップを連発するのは身体によくないので(テニス肘を誘発する)ジャンプやファイアークラッカーと併用してお楽しみください。

 

しんちパンプトラック koMOZU 叶大

しんちパンプトラックのイベントに参加したり。

 

ふじてん koMOZU 叶大

ふじてんダウンヒルもkoMOZUで。ローラーコースター→マティーズループスというルートなら路面は滑らかかつ大きなドロップオフもないので、20インチのフルリジッドキッズバイクでも安心して走ることができます。

 

 

駒沢公園 koMOZU 叶大

そして9歳になってだいぶ身体が大きくなりkoMOZUを思い切り振り回せるサイズバランスに。この頃にはさらなるハードなライディングにも対応するよう、ヨツバ純正パーツを卒業し前後ディスクブレーキ化などパーツをグレードアップ。

 

多摩川河原 サイクリングロード koMOZU 叶大

バンクを使ったバニーホップからの回転系にトライし始めています。

 

スマイルバイクパーク SBP ワンフットする叶大 koMOZU

ジャンプではエアートリックを当たり前に入れるようになりました。

 

koMOZU 叶大

学校の友だちと遊ぶため放課後は近所の公園にもkoMOZUに乗って向かいます。マンホールなどをバニーホップでピョンピョン飛び越えながら走っていくのでお友達に驚かれるとか。もちろん盗難防止のため強固なロックも忘れずに。

 

 

HAYABUSA 叶大 多摩川河原

そして10歳になる頃にはまだ少し早いですが24インチホイールで、対象年齢10〜13歳のキッズ用フリースタイルMTBフレームHAYABUSAに乗るように。

 

フォレストバイク HAYABUSA 叶大

とはいえ、まだHAYABUSAは息子の身体には少し大きいので、主にビッグジャンプを飛ぶ際に乗っています。

 

 

スマイルバイクパーク SBP koMOZU

同じ10歳ですが身体がだいぶ大きなカイト君(彼も同様にkoMOZU→HAYABUSAと乗り継いでいる)は回転系トリックやバニーホップ系ライディングはサイズアウトしそうなkoMOZUに乗って行っています。

 

スキルパークたまかわ1周年記念イベント アーバンスポーツたまかわ HAYABUSA カイト君

HAYABUSAに乗りビッグジャンプでテーブルトップを決めるカイト君。

 

回転系トリックの練習ではkoMOZUに乗り換えるカイト君。360練習の様子をご覧ください。

こういったトリックについてはkoMOZUの方がダントツに取り回しやすいということですね。さらに身長が伸びればいずれHAYABUSAでもやりやすくなるハズ。

という訳で、乗るフィールド、やりたいトリックによってkoMOZU⇔HAYABUSAと乗り換えると、効率よく上達できているように思いました(現在進行系で)

 

 

koMOZU HAYABUSA

そんなkoMOZUは現在クリアーカラーが即納できますので、お子さんのさらなる上達を考えている親御さんがいらっしゃいましたら、是非ご検討ください。

HAYABUSAもクリアーカラーが即納できます。

RELATED PRODUCTSこのトピックスに関連する商品をご紹介

  • HAYABUSA

    HAYABUSA

    対象年齢10〜13歳の24インチホイール対応キッズ用フリースタイルMTBフレーム
    124,300円(税込)
    DETAIL
  • koMOZU

    koMOZU

    対象年齢6〜9歳のキッズ向けアクションライディング専用マウンテンバイクフレーム
    110,000円(税込)

PRODUCTSツバグラの製品

閉じる
ページの先頭へ