Riders-Diary

サスフォークのお話

akaMOZUにテーパードヘッド採用したもので、
最新のイケイケなフォークが使えるようになりました。
ひとまずダートジャンプには合いそうなフォークを探してみようと思いまして、何本かピックアップしてきました。
ほとんど妄想だったりしますが、つらつらと書き並べてみます。

持ってる人など居られましたらコメントより使用感などもろもろ教えていただきたくお願いいたします。

 

FOX 36 831

 

FOX_36_831
価格 ¥141,804-(定価税込み)
重量 2,020g
アクスル 20mm 15mmコンパチ
インナーチューブ径 36mm

○特徴
ダートジャンプや4xなど、挙動が激しく、衝撃の大きい乗り方に向けて作られている。
通常品と比べてダンパーを強くしてある様子。
エアボリュームスペーサーを調節することでストローク後半の踏ん張りを調節可能となり、大きな入力があっても底付きしない特性をつくれる。
アフターサービスは代理店がしっかりサポートしているため安心感がある。
20mmアクスルも使用可能。
↑ただし、アクスルはボルト固定なので工具が必要であり頻繁にフロントタイヤを外す人には面倒。
カシマコートで動きは抜群にいいらしい。

○試乗した感想
動き始めからすぐにコンプレッションがかかり、挙動を把握しやすい。
ダンパーがしっかり仕事をしているようで、 プッシュなど人の入力では底付きさせることは難しい印象。
インナーも太く、剛性感はかなりのもの。
滑らかなストローク。
ダンパーの音があまり聞こえない。
欲しい。

 

 

ROCKSHOX PIKE DJ

 

ROCKSHOX_PIKE_DJ
価格 ¥135,000-(定価税込み)
重量 1,845g
アクスル 15mm
インナーチューブ径 35mm

○特徴
名前にもあるようにダートジャンプをターゲットに作られている。
ボトムレストークンを調節することでストローク後半の踏ん張りを調節可能となり、大きな入力があっても底付きしない特性をつくれる。
インナーのコーティングが強いらしく、長持ちするらしい。
サードパーティ製品も出ており、消耗品を多方面から入手可能。
メンテナンス方法も詳しく解説してあり、自分でいじりたい人にはぴったり。

○試乗した感想
動き始めのコンプレッションの効きが弱いようで動き出しにピョコピョコ感があるが、ストローク中盤からはしっかりコンプレッションがかかる。
ほんの数mmだけコンプが効いていない印象があったけど、セッティングのせいだったりするのかも?
ダンパーがしっかり働くようで人の入力ではボトムさせることは難しい。
ストロークに引っかかり感などは無く、特に違和感を感じなかった。
軽い。
欲しい。

 

 

X-Fusion VELVET RC2

 

X-Fusion_VELVET
価格 ¥53,136-(定価税込み (代理店変更のため参考))
重量 1,723g
アクスル 15mm
インナーチューブ径 32mm

○特徴
軽い!安い!
コンプレッションの調整機能はないので、ちょっと動きすぎる可能性あり。
トラベル調整をピンで行う。
↑空気圧あげすぎてトップアウトさせたりするとすぐ壊れるんじゃないかと心配。
エアボリュームスペーサーも無いため、ボトムアウトしやすいと思われる。

○試乗した感想
試乗経験なし。
一度触ってみたいフォーク。
コンプの調整機構が無いのが引っかかっていたところで、下記のSLANTを発見。
どちらかといえば、SLANTのほうが気になるところ。

 

 

X-Fusion SLANT RC HLR

 

X-Fusion_SLANT
価格 -(日本未入荷だったので、価格わからず。)
重量 1,905g
アクスル15mm
インナーチューブ径 34mm

○特徴
VELVETよりインナーが太くなって剛性アップ。
トラベル調整をピンで行う。
↑空気圧あげすぎてトップアウトさせたりするとすぐ壊れるんじゃないかと心配。
コンプレッションの調整ができるようになって、ボトムアウトしにくくできると思われる。
エアボリュームスペーサーの存在が不明。ダートジャンプで使うには踏ん張り強くしたいので、なんとか調整したいところ。

○試乗した感想
試乗経験なし。
最初はVELVETだけ書いておこうと思っていたところで発見したフォーク。
コンプ調整が出来ないグレードは日本にも入っててお値段65,200円とよそと比べてお安めな価格設定なのが気になるポイント。
まずは一度触ってみたい。一番気になるフォーク。
ダートジャンプで気持ちよく乗れるのか、すごく気になる存在。
よそのフォークはフレーム(akaZMOZU)の倍くらいしちゃうのでちょっとコスト的に気が引けちゃうのだけども、
この子ならいい線行ってると思う。
なんとか試乗することは出来ないだろうか・・・・

 

 

と、ざっくりとまとめてみました。

雑に選ぶ基準を作るとしたらば

アフターサービスで選ぶならFOX
使い勝手と重量ならばROCKSHOX
お値段ならばX-FUSION

こんなところでしょうか。

まずは、X-FUSIONにはSLANT RC HLRを日本に入れてもらうところから期待したいです。

使ったことあるよー!とか
その考えには同意できないぜ!
とかありましたらコメントよりご意見をお聞かせください。
僕としてもどれにしようかなと悩んでおりまして、
生の声を聞きたく思っております。

宝くじ・・・当たらないかしら・・・・

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

2 Responses to “サスフォークのお話”

20mm axle の Hope Pro4 hub を使っているから FOX か Manitou の 2択 だぜ!
男ならバリカタの 20mm axle を使うべきだぜ!

僕も20mm axleのハブを使っているのでその二種類が有力候補です。僕が試乗した感じではFOX優勢の印象的です。

ダートで乗る時なんかには特に、足元かっちりしてると安定する気がするので20mm axle良いですよね。

コメントは管理人の承認の後に表示されます。表示には時間がかかる場合があります。

*