Riders-Diary

52w-newspaperのTシャツを着て河原サイクリング

今回サポートしていただくことになった 52w-newspaper こと 52W(ゴーニーダブリュー)のTシャツですが、昨日の雨のライディングで泥ハネまみれになったので、早速1回目の洗濯をしました。

52w-newspaper プリントTシャツ

5.6オンスと厚みのある重たいコットン100%の生地のため、乾くと良い感じでザラザラ・ゴワゴワな感触になり、自分的には大満足。

これくらいの生地を持つTシャツの方がMTBで転んでも簡単に破けないですし、着まくって洗いまくった方が風合いが増して味が出てくるので、何年も楽しむことができます。

 

それと、細かいことですが、少数ロットでこのシルクスクリーンプリント範囲の広さは特筆すべき点ですね。基本的にプリントTシャツはプリント範囲が広いほど高価な大きい印刷機が必要となり製作コストが上がりますので。

 

52w-newspaper プリントTシャツのプリントタグ

ブランドタグもプリントです。自分が着ているのはMサイズ。身長170cmの平均的な体重の男性で余裕を持って着ることができます。

 

 

そんな52w-newspaperのTシャツを着て朝活BIKE&FISH。croMOZU275に乗って颯爽と多摩川河原に走っていったら…

結構まとまった雨が降ってきました。えー?天気予報で今の時間は「曇り」なのに!(泣)

52w-newspaper の Tシャツを着て多摩川河原ダートを MTB croMOZU275でサイクリング

昨日降った雨と、今降り始めた雨が合わさって、河原の路面のウェット具合は最高潮。こうなると飛んだり回ったりはタイヤ的にも気持ち的にも非常に厳しくなります。

 

52w-newspaper の Tシャツを着て多摩川河原ダートを MTB croMOZU275でサイクリング

(TシャツのPRのために)なーんか気取って自撮りしていますが、実は全身ズブ濡れだったり。激しく寒いです。

くそう、梅雨らしい天気MAXだな!

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*