Riders-Diary

理想のMTBストリート用シューズとは

今日の朝活BIKE&FISH。ここ数日降り続いた雨のせいで良く飛ぶ斜面に軒並み苔が生えていてヌルヌル。

croMOZU275 4th 多摩川河原サイクリングコース 斜面で斜め刺しバニーホップ

回転系とかタイヤが滑って絶対無理な状態のため、croMOZU275 4thでストレートバニーホップをするしかないじゃないか!さすがに飽きる(泣)

 

さて、タイトルにある通り、理想のMTBストリート用シューズは?と問われれば、ぶっちゃけてしまうと、シューズのデザインが自分好みで、愛用しているペダルと相性良く、あなたが普段着ている服装に合うのなら何でも良いと思います。決まりが無いのがストリートの良いところですし。

SLACKのスニーカーと52W NEWSPAPERのTシャツを着たサモとSHAKA24

例えば、

ソールの耐衝撃性が高く高機能のMTB用シューズはデザインがアウトドアっぽくてストリートで履くには大げさ過ぎて…とか、

一般に普及し過ぎている某スケートボードシューズはデザインもソールも最高だけどみんな履いているから目新しさが無くて…

など、諸々あって、なかなか自分の一番が見付からなかったりします。

 

そんな中、この夏、ようやく自分の一番お気に入りのMTBストリート用シューズを見つけることができました。

日本発スニーカーブランド SLACK(スラック) IDENT-LOW

何度かこのBLOGで紹介している日本発のスニーカー・シューズブランド「SLACK(スラック)」のベーシックラインであるIDENT-LOWというモデルです。

 

このシューズの特徴は以下の通り。

・デザインはシンプル・ベーシックでありながらカカトにリフレクターが埋め込まれているなどオリジナリティがある

・2ヶ月毎日ハードに履き続けて週1ペースで洗濯しても全く壊れない耐久性の高さ

・樹脂ペダルと相性バツグンのソールパターン

・インナーが取り外し可能のカップインソール

・日本のブランドでありながら4,500円(税抜)という安価な価格設定

日本発スニーカーブランド SLACK(スラック) IDENT-LOW

というか、今SLACKのサイト見て気がついたけど、IDENT-LOWがセールになっていてさらに安くなっているじゃん!

これはガチで1足買っておこう!と思ってサイズを見たら26cmは売り切れていた(泣)

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*