Riders-Diary

小は大を兼ねるジャンプ練習

どうしても26インチや24インチMTBと比較して物理的に大きいため技の入りが不十分になりがち。

そういった状況を払拭するため、近頃は空いた時間、近所の多摩川河原に携帯ジャンプランプを持ち込みcroMOZU275でエアートリック練に勤しんでいます。今にも雨か雪が降りそうな空の下で。

多摩川河原 携帯ジャンプランプ テーブルトップ インバート croMOZU275

27.5インチホイールMTBで着地までの僅かな間に思い切り入れたテーブルトップ(インバート)

 

多摩川河原 携帯ジャンプランプ X-UP croMOZU275

こちらはハンドルを180度以上回すX-UP。何度トライしてもシャッターが切れるタイミングが一番深く入ったところにならなくて苦労しました。

ちっさい携帯ジャンプランプは滞空時間や浮遊感が少ないため、エアートリックを入れるためにはバニーホップを織り交ぜるなどして、少しでも高く飛び、宙に浮いている僅かな瞬間に素早く技を入れる必要があります。

それはとても精度とスピードが要求されるシビアなもの。これが普通にできるようになると、大きなジャンプだといとも簡単に深く入るようになるので、それを期待しています。

 

現在、いつもお世話になっている世田谷のMTBプロショップ 小川輪業でとあるバイクをフレームから組んでいただいています。

小川輪業 TUBAGRA新カテゴリのフレーム バイク

このバイク(フレーム)はTUBAGRAの中でも新カテゴリに入ります。ですので、まだモザイクがかかった画像での公開ですみません。

デビューは1月25日・26日のハンドメイドバイシクル展となりますので、ぜひ実物を観に来てください!自分で言うのもなんですが、かなりカッコイイです!

 

 

今の愛車MAZDA CX-5からすぐに乗り換える訳じゃないけれど、キャンプ好きのウチの奥さんと次のクルマの話を少し。

リフトアップされたHONDA N-VAN

4WDターボの軽バンをリフトアップして、サイクルキャリア付けて…みたいな方向になりつつある。

自分としても都合上3ナンバーの車幅では厳しい林道を行くこともあるので軽は興味あるのです。

 

そんなことで、新車候補にと最近の軽バンを色々調べてみたところ…

長瀞オートキャンプ場 MAZDA CX-5

今の愛車であるMAZDA CX-5のトルクの太さ、曲がる止まるのカッチリさ、燃費、積載能力などトータルで考えると「まだ今のままでいいや」という結論に達しました。

本当に自分に刺さる魅力的なクルマがリリースされてから考えよう。

 

 

昨日はakaMOZUを購入されたお客様がわざわざ我が家に取りに来てくれました。ありがとうございます!

akaMOZUを取りに来てくれたお客様

酷い格好に幻滅されないように身だしなみは気をつけましたけど、シューズだけは連日のダート走行で土まみれでした…(汗)

 

 

朝活BIKE&FISHでは相変わらず連日クロダイが釣れています。

朝活BIKE&FISH クランクベイト ピーナッツで釣れたクロダイ

ほとんどクランクベイトで。最初は「クランクベイトでクロダイが釣れるなんて珍しい」と思っていましたが、調べてみるとクロダイ専用クランクベイトもリリースされている程で、結構メジャーな釣り方と知って納得!

朝活BIKE&FISH クランクベイト ピーナッツで釣れたクロダイ

お陰でクランクベイトを操作する練習にもってこい。暖かくなれば近所の多摩川でも活用できるんじゃないかと、今から期待しています!

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*