Riders-Diary

TUBAGRAオリジナルハブとリムのテスト中

以前紹介した、台湾から取り寄せたFemale仕様のMTBハブとBMXハブ、そして2本の26インチリム。

TUBAGRAオリジナルハブとリム

この度、これらのテストをTUBAGRAライダーYAMATO君と、彼がお世話になっている影山輪業 横須賀 上町店 店長の安田さんにお願いすることにしました。

 

まず最初に安田さんのakaMOZUバイクにFemale仕様のMTBハブとリムを装着。本当にありがとうございます!

横須賀うみかぜ公園 影山輪業 横須賀 上町店 店長 安田さん akaMOZUバイク

安田さんのakaMOZU、リアエンドにグラインドペグが付いていますね。

 

一般的な軸径10mmのシャフトが出ているタイプにグラインドペグを装着すると、かなりの確率でシャフトが曲がり、最悪エンドも曲がってフレームが使い物にならなくなることも。焼きの入った硬いシャフトでも軸径10mmでグラインドすると残念ながら曲がってしまうんですね。(経験2回あり)

なのでBMXのハブはそれよりも太い軸径14mmを採用していて、曲がることなくグラインドを行うことができるのです。

横須賀うみかぜ公園 影山輪業 横須賀 上町店 店長 安田さん akaMOZUバイク リアハブ

それで今回テストしていただくリアハブはFemail仕様でシャフトでなくボルトを左右から差し込んで締めて固定するタイプ。これだとボルトのネジの部分の軸径が10mmでもグラインドして曲がらない耐久性があるらしい?

 

ということを実証するために、安田さんのホームパークである横須賀うみかぜ公園で、グラインド系トリックをガンガン実践していただいております。

横須賀うみかぜ公園 影山輪業 横須賀 上町店 店長 安田さん akaMOZUバイク フィーブルグラインド

ディスクブレーキ側で行うとローターがズタズタになってしまうので、スプロケット側の右サイドでグラインド。結構良いスピードで侵入してからのフィーブルグラインドです。

 

普通の軸径10mmシャフトだと雑なグラインドを数回行っただけで曲がってしまいますが、Femail仕様のボルト止めだと今回の数十回程度のアタックでは何の問題もありませんでした。

横須賀うみかぜ公園 影山輪業 横須賀 上町店 店長 安田さん akaMOZUバイク フィーブルグラインド

MTBでもグラインドトリックができるとスケートパークでのライディングが多彩になります。

安田さん、引き続きコテンパンにこのハブとリムを使い込んでください!よろしくお願いします!

 

横須賀うみかぜ公園 影山輪業 横須賀 上町店 店長 安田さん akaMOZUバイク バンクバニーホップ

安田さんのバンクバニーホップ。この段階でも十分な高さが出ていますが、ハンドルを前に差し出しての刺しエアーをすれば、さらにリアタイヤの位置は高くなるかと思います。手足の長い安田さんなら、相当エグいスタイルになるハズ!

 

YAMATO君のホイールの準備はまだだったので、強風が吹き荒れるパーク内で「できること」をやってもらいました。

横須賀うみかぜ公園スケートパーク YAMATO SHAKA26 バンクバニーホップテーブルトップ インバート

バンク飛び出しのバニーホップテーブルトップ(インバート)です。高くてキッチリ90度入っていて格好良い!

 

そんなYAMATO君のSHAKA26はタイヤが変わりました。

横須賀うみかぜ公園 TUBAGRA YAMATO君 SHAKA26バイク

フロントはBTL BikesのFUNBOX 26 x 2.2に、リアはTIOGA PowerBlock 26 x 2.1という組み合わせ。YAMATO君的にはこれがベストとのことです。

 

横須賀うみかぜ公園にはもう1人akaMOZUライダーが乗られていました。

横須賀うみかぜ公園 ヒラさん akaMOZUバイク

BLACKのフレームに、フロントフォークはX-FUSION VELVETの組み合わせが最高に渋くて格好良い!

 

このakaMOZUに乗られているのは、元BMXライダーのヒラさん。

横須賀うみかぜ公園 ヒラさん akaMOZUバイク バンクバニーホップ

バニーホップやマニュアルがとてもやりやすいと頻繁に練習されている、ということでした。ぜひ、またご一緒しましょう!

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*