Riders-Diary

2つの動画から考える

昨夜は気になる動画を2本チェックしたので、紹介したいと思います。

まずは日本でファンも多いMatt Jamieson (BLK MRKT/Steeze Bikes) の動画です。

MTBストリートでも昨今は必須トリックとなっているバースピンやテイルウィップは殆どしませんが、スムースな乗り方とセクションのクセのある使い方で十分見応えあるライディングをしています。

 

一方、こちらはGrisha Domrachev。以前、若いライダーでスゲーのがいる、と動画を紹介したような… そんな彼はバーやウィップしまくりです。バイクはたぶんCapitalの24かな?身体は相当小さそう。

02:45のミニランプでのバーとウィップの連続は凄まじいです。
撮影とか編集が普通で残念なところですが、この調子で行けばビッグスポンサーついて動画のクオリティも上がること間違いなしでしょう。ちょっと雑な乗り方も、どんどん洗練されていくと思いますし。

 

2つの動画のどっちの方が好きかは観る人次第ですが、やっぱり技数は多い方が、各セクションで見せることができるライディングのバリエーションが増えてお得だと思うんですね。というか、日本は後者(バーやウィップしまくる)のライダーが圧倒的に少ないので、今後、コンテストやジャムなどで一つ抜け出すには、必要なことかと思います。

自分も地道に練習はしまくっているんですけどね…なかなかできないんだよな縲怐@バーもウィップも。orz

 

昨夜は1人、新横に行って45分、良く自分撮りの写真で出てくるカーブ(縁石)でグラインド練習をしていました。
両サイド満遍なく。バイクの左サイド(自分の得意な方)をかける時はスミスグラインドで、右サイドをかける時は苦手な逆サイドのフィーブルグラインド(画像↓)で、という具合に。

サモ逆サイドフィーブルグラインド

ホントはさっさとフィーブルアウトの際に180したいのですが、自分の回転方向から考えると、逆サイドのフィーブルグラインドにもっと慣れないといけないので、なかなか上手くいきません。もっと気軽にひょいひょいやれるようにしないとな縲鰀

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*