Riders-Diary

COTY(カー・オブ・ザ・イヤー)とRJC COTYの受賞車について その他雑記

昨日、2012-2013年のCOTY(カー・オブ・ザ・イヤー)が発表されました。結果はMAZDA CX-5が受賞です。

MAZDA CX-5

「スカイアクティブ」という低燃費技術を初めて全面的に採用し、7年ぶりに販売したディーゼル車の燃費が軽油18.6km/Lと、国内のSUVとして最高の燃費効率を達成したことなどが評価された。ディーゼル仕様は現在でもバックオーダーを抱えている売れ行きとなっている。

ということですが、デザインも格好いいし、自分もMAZDAのAXELA乗りということもあり、同じMAZDA車が受賞したということは素直に嬉しいです。

一方、COTYに対抗するものとして、NPO法人・日本自動車研究者・ジャーナリスト会議が主催するRJCカー・オブ・ザ・イヤーも存在しています。
もともとRJC COTYは、

COTYに選ばれた車が「偏った選考だ」という反発から生じた。この「偏り」は「選考者へのメーカーの接待漬け」ということもあるが、基本的には選考者の自動車に対する思想の違いの表れと言える。COTYの方は、レーサー出身の自動車評論家が多く、運動性能に偏重した選考が多い。一方RJCは、より高学歴者や学識経験者、技術畑出身の選考者が多く、技術や独創性を重視することが多い(wilkより抜粋)

ということなのですが、2013年のRJCカー・オブ・ザ・イヤーの受賞車は、正直、発表された時にネットのクルマファンは目を疑い、そして騒然となった、日産ノート

日産ノート

何故に日産ノートが選ばれたのかと?ノートってそんなに凄い技術や独創性がありましたっけ?(うまくコストダウンしてソツなく作ってんなーってイメージはありましたけど)

ちなみに、COTYとRJC COTY、それぞれの選考結果を掲載してみます。

COTYベストカー(得票順・国産車のみ)
●マツダ『CX-5』:363票
●トヨタ『86』/スバル『BRZ』:318票
●スズキ『ワゴンR』/『ワゴンRスティングレー』:68票
●日産『ノート』:10票
●ホンダ『N BOX』/『N BOX+』:9票

RJC COTYベストカー(得票順・国産車のみ)
●日産自動車 ノート 262票
●マツダ CX-5 230票
●スズキ ワゴンR 217票
●本田技研工業 N BOX/N BOX+ 146票
●三菱自動車工業 ミラージュ 143票
●トヨタ自動車 アクア 136票

いやー、まぁ、あまり詮索するのは止めておきましょう。毎年、こういった事は起きている訳ですし…(大人の事情)

そんな中で、COTYを受賞したCX-5に対するネットでは「納得の受賞」という声が大きいように思えたので、なんかスッキリしました。むー、まさかここまでコントロールされている訳じゃないよな…

 

ウチの奥さんが「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を同僚のエヴァファンと一緒に観てきました。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

思うことはいっぱいあったようで、いろいろとしゃべっていましたが、何だかんだ楽しそうだったので良しとします。さすがにエヴァンゲリオンで青春を過ごしただけありますね!

「エヴァの映画観に行くの?」と聞かれ、自分はあまりエヴァンゲリオンに思い入れが無いので
「うーん、どうしようかな縲怐BDVDかBDで観ればいいかなー」と言ったら、
「アレは映画で観なきゃ駄目。私が連れて行く!」と言う始末。

だって、そしたら奥さん観るの2回目になっちゃうよ!

 

ここんところ自分の中で猛烈にダートジャンプ熱が冷めていて(雨やイベントなどの都合で2ヶ月以上乗れてないことも原因にある)、「来年度のフラワートレイルの土地の所有者との交渉どうしよう…」と悩んでいます。土地代やランプなどの材料費の負担が地味に重たくて…。ほんとどうしようかな。

まぁ、止めてしまえば全てがゼロになるので、さすがにそれはしません。そろそろ、例のプロジェクトをカタチに移そうかしら。

 

いよいよ期限がわずかになってきました!!LMC!!

Local Movie Contest!

徐々に自分のもとには画像が集まってきています。そんな自分も水野君と一緒に動画を作っているのですが、この分だと完成はギリギリになりそうです。ヤバイなぁ…

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

2 Responses to “COTY(カー・オブ・ザ・イヤー)とRJC COTYの受賞車について その他雑記”

映画を二回見ると言う事で思い出しました。約11年くらい前に子供たちと時間が合わないという事で家内と「千と千尋」を見に行きました、その後県民の日の休みの日に私が休んで子供たち2人と3人で見に行きました。当時上の子は千尋と同じ年齢で下の娘と食い入るようにスクリーンを見ていました私は一回見ているので脇から見てほほえましかったのをおぼえています。

んー、NOTEに関しては流行のダウンサイジング化に加えてスーパーチャージャー搭載ってところに評価が上がってるんじゃないかなぁって思いますねぇ。

あの映画、2度見ないとわからないです。笑 (ある種ネタバレですいません)

コメントをどうぞ

*