Riders-Diary

関東のスケートパーク事情

今日は午前中から世田谷公園スケートパーク(スケボー広場)で水野君と乗って来ました。上着を脱いでも大丈夫な暖かい気候で最高でしたね縲彌n
広大なバンクでの水野君のマニュアルターン。

マニュアルターンをする水野君

リップを軽く飛び出してからのノーズマニュアル。

ノーズマニュアルをする水野君

自分は、と言えば、前回もトライしたモヒカン飛び越しエアー。
この段階で疲れてヘロヘロなので全然刺せてません。かと思えば前刺し過ぎて着地で転けたりもしたし…

サモモヒカン超えエアターン

本当はこのエアー単体じゃなくて、この着地の後にやってくる上で紹介したクォーターで華麗にエアターンし、その後バンクでグラインドトリックの数々を縲怩ニいうルーティンをやりたかったのですが…

そのエアターンが曲者でした。低くてすみません。

サモエアターン

リップを飛び、バックサイドにスムースに着地し加速すると、すぐにこのクォーターが凄い勢いで迫ってくるので(自分のバイクはノーブレーキ仕様なのでクォーター手前で減速は一切できない)、エアターンをする体勢・タイミングが間に合わなくて、何度も踏み切りを失敗して転びました。このクォーターでは過去にも大ゴケしているので、マジでトラウマ製造機ですよ。

今の自分では、このバックサイド着地での加速でクォーターに突っ込んでエアターンしたら体勢崩してぶっ飛んで大事故です。悔しいなー

こうなったら、ここ数週間は世田谷公園スケートパークに通い、クォーターハイスピード侵入からのエアターンを克服し、理想とするルーティンを完成させたいと思います。

 

それにしても、TUBAGRAを見ている方はご存知の通り、自分はスケートパークで乗ることが圧倒的に多いです。

最近の自分が乗るフィールドのパターンとして、平日朝は近所のバンク(通称「朝練バンク」)、平日夜は新横浜スケートパーク、土曜日午前中は世田谷公園スケートパークか城南島スケートパーク、日曜日はフラワートレイルかプラネットパーク、みたいな感じになっていますね。

ちょっと、自宅付近(半径10kmくらいの範囲)でどれくらいスケートパークがあるのか調べてみました。

・駒沢公園スケートパーク ・世田谷公園スケートパーク(スケボー広場) ・新横浜公園スケートパーク
・城南島海浜公園スケートパーク

うむ、こんなところか。

そして、クルマで1時間くらいで通える(渋滞にハマらなかったとして)スケートパークも調べてみました。

・戸吹スポーツ公園(プラネットパーク) ・武蔵野中央公園ストリートスポーツ公園
・Map’s Tokyo(旧:アメージングスクエア) ・小山公園スケートパーク ・横須賀うみかぜ公園
・24 MIZUHO BASE ・鵠沼海浜公園スケートパーク ・塩浜スケートパーク
・西東京いこいの森公園スケートパーク(まだ行ったことない) ・タマリパーク(まだ行ったことない)
・たちかわ中央公園(まだ行ったことない)

というか、まだ自分も良く知らないパークがたくさんあるっぽいです。さらに増えてる、という話も…

 

そんな訳で、「近場にこんなにたくさんスケートパークがあるなら乗らないと勿体無いじゃない!」ということで、関東近郊に住む多くのMTBライダー達にもスケートパークライディングをオススメします。コツさえ掴めばストリートセクションでのバニーホップ主体のライディングから、リップを使ったジャンプ主体のライディングまで、1つの場所でやりたい放題です。

ってもスケートパーク初心者にとっては、どうしても敷居が高いからなー… どうにかしたいなー

 

明日はフラワートレイルに行こうと思います☆

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

4 Responses to “関東のスケートパーク事情”

初めまして。
去年からアクション系を練習し始めてまして、こちらのサイトでトリックのコツを
よく参考にさせていただいてます。なかなか上達しないのがもどかしいですが(笑

武蔵野中央公園スケートパークについてですが、興味があったので先日行って確認したのですが、
自転車はBMXのみ利用可能でトライアル系も含めMTBは滑走不可だそうです。
対応してくださった職員さんはそんなに詳しくなさそうだったので、厳密に20インチホイール云々
まで確認しませんでしたが、とりあえずBMX以外はダメだそうです。
元々ユーザーの嘆願でできたスケートパークなので、MTBも滑走できるよう嘆願すればいいんじゃ?
と偶然ここに勤めている友人が言っておりました。

正直余りBMXには興味がなかったのですが、これがきっかけで少し欲しくなりました(笑
とりあえずご参考まで。

武蔵野パークは数年前、吉祥寺に住んでいた頃のjinkenさんのホームパークでしたし、driveのMASSANも良く乗っています。自分も過去何度も乗ったことがありますけれど、指摘されたことは一度もありませんでしたねぇ…

おお、そうなんですか。
パーク受付で確認して、ここでは判断できないから事務所の方で確認してくれと言われ、
本館の窓口で確認してみたらBMX以外ダメと言われました。ちなみに1ヶ月位前です。
もしかしたら「いかにも」な感じのマシンなら黙認みたいな扱いなのかもしれませんね。

自宅から一番近い所ですし、折角なのでまた機会をみて確認してみます。

武蔵野中央公園スケートパーク?というのはよくわかりません、多分サモさんが名前を勘違いされているのでは。
私が近所に住んでいた時に6年くらい通っていたのは「武蔵野市立ストリートスポーツ広場」です。
あのあたりのローカルでは「ミタカ」「コンクリ」等と呼ばれているみたいです。

開いている時間はパークのすぐ外に常に管理人さんが(交代で)いらっしゃいますので、そこで受付をします。
ヘルメット着用必須(なんと無料貸し出しあり)です。
受付時に記入する紙に「インラインスケート・スケートボード・BMX」のどれかに◯をつけます。
ストリートMTB系は実際にやることはBMXとほぼ同じなので、24/26inchのBMXという解釈で、BMXに◯をつけて利用させてもらっていました。

実際には管理人のおじさまたちが自転車の細かいジャンルなどを見て判断するということはないので、
「BMXじゃなくてMTBなんですが…」と言うとかえって混乱します。
ただし明らかにXC用やDH用のマウンテンバイクなどは他のライダーやスケーターの流れに迷惑をかけるのでやめましょう。
ホイール径やジャンルの名前云々よりも、流れに乗って、謙虚にマナーよく乗れば、トラブルは起きないはずです。

ただし、狭いパークなので週末は混みます。
待機中などは24/26inchのバイクはBMXよりは幅をとって邪魔になりやすいため、
混んでいる場合はMTB大勢で並んでセクション内で待機せず、
いったん柵の外で休憩するなど、譲り合って乗るのが良いと思います。

このパークもBMXのライダーたちが市に陳情したことをきっかけに作られたと聞いています。
当時はストリートMTBというジャンル自体がほとんど存在していなかったでしょう。
BMXのライダーたちに敬意を払い、マナーよく利用させてもらってください。

コメントをどうぞ

*