Riders-Diary

2013年に10万円以内で購入できるMTBストリートのエントリーバイク

先日バニーホップ講習会を行い、色んなMTBに接する機会があり、普段、自分やTUBAGRAメンバー達のMOZUバイクにしか接していない身としては、とても参考になりました。
そして、もし、今自分がMTB初心者で、ストリート向けの最初の1台目を買おうとしたらどんなバイクがあるのか?と思ったので、ちょいと調べてみました。以下に紹介するバイクが、現時点(2013年)で10万円以下で購入できるであろうエントリーライダー向け(ストリート)MTBになります。※他にもあったら教えてください。

ストリートの必須トリックであるバニーホップのしやすさの指標として、フレームのチェーンステー長(リアセンター:BBの軸とリアハブ軸までの距離)の長さも一緒に記載しておきます。基本的に「チェーンステー長が短い方がフロントアップがしやすい」とされていますが、ハンドルまでの距離やBBハイトなども含んだトータルバランスが大事なので、一概にそれが当てはまる訳ではないのですが。

という訳で行ってみましょう!

GT RUCKUS DJ ¥52,500

GT RUCKUS DJ

ダントツに安いMTBです。ただし、リアセンターは長めで(チェーンステー長は401mm)、リジッドフォークも短かく、このままだとフロントアップは大変そうですね。購入後に突き出しの短いステムに変更し、可能ならサスフォークを導入できれば良さげです。
GT RUCKUS DJの製品ページ

 

SPECIALIZED P.STREET 2 ¥56,000

SPECIALIZED P.STREET 2
前後ディスクブレーキ付いて、サスフォーク付いて、どうしてこの値段にできるのか不思議で仕方がないですが、チェーンステー長も383mmとなかなかの数値です。軽くバニーホップをできるようにしたければ、ハンドルを2インチライズにし、タイヤを2.1以下の軽い物に取り替え、ディレイラーを取り払ってシングル化すれば良いのではないでしょうか?
SPECIALIZED P.STREET 2の製品ページ

 

HARO STEEL RESERVE 1.1 ¥63,000

HARO STEEL RESERVE 1.1
上記に続いてお手頃な価格のMTBです。チェーンステー長は395mmとちょい長めですが、リジッドフォークの長さ、BBハイトなどを見る限り、バランスは悪くないのではないでしょうか?ローライズのハンドルが付いているので、フロントアップがしづらかったら2インチライズ以上のハンドルバーに変更してみると良いかと思います。
HARO STEEL RESERVE 1.1の製品ページ

 

SPECIALIZED P.26 AM ¥70,000

SPECIALIZED P.26 AM
先に紹介したP.STREET 2をさらに実戦向きに変更した感のあるバイクです。パーツ構成など、このまま壊れるまで乗ってください的な内容です。フレームはクロモリで、チェーンステー長は383mmでかなり良い感じ。
SPECIALIZED P.26 AMの製品ページ

 

MONGOOSE 13 RITUAL STREET ¥81,900

MONGOOSE 13 RITUAL STREET
チェーンステー長389mmでBBハイトも高めで、個性的なリジッドフォークも付いてるしで、なかなか良さそうなMTBです。最初はこれで乗り慣れて、後にサスフォークを入れるのもアリかと思います。
MONGOOSE 13 RITUAL STREETの製品ページ

 

KONA DOWNSIDE ¥81,900

KONA DOWNSIDE
オススメは日本人でも振り回しやすいSサイズ。チェーンステー長は399mmと決して短くはないですが、最初からサスフォーク(80mmストローク)が付いているのはポイント高いです。ちなみにスパニッシュBBを採用しています。
もっとバニーホップを楽チンにしたければ、ハンドルのライズを少し上げるか、タイヤを2.1くらいの軽い物に変更すれば良いのではないでしょうか?
KONA DOWNSIDEの製品ページ

 

ひとまず、10万円以下で購入できるストリートにも使えるMTBを紹介してみました。自分がMTBを始めた頃と比較すると、今から始める人達はスゴく恵まれているな、なんて思いました。だって、自分が始めた10年以上前は、アクションに適したMTBなんて市場に存在しなくて、クロスカントリーモデルのMTBのSサイズを購入し、パーツを変えまくってようやくトリックができる状態にしていたくらいですから。(とてもお金がかかり、そして良くパーツが壊れた)

とは言え、購入したままで乗っても、きっとパーツは重たく、トリックに適したポジションでない場合があるかと思うので、そこは、ライディングが上手い人に聞いてみると良いのではないでしょうか?周囲にそういった人がいない場合は、TUBAGRAに問い合わせてみてください。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

4 Responses to “2013年に10万円以内で購入できるMTBストリートのエントリーバイク”

はじめまして!
身長が160cmしかないので24インチを検討していますが、おすすめの完成車はありますか?

MTBでトリックをやりたくて、SPECIALIZED P.STREET 2が欲しいのですが、2013モデルは既に完売状態。
2014モデルのカタログが先日公開になったので何気に見ていると、チェーンステー長が420mmになってる!

誤植であって欲しいー!

>なつさん

自分も調べてみましたが、ジオメトリー一覧表でも420ミリ、
写真で上位車種と見比べても長くなってるようにしか見えません…

ダートジャンプ出来るところまで自走したいのでできれば変速が
せめてリアだけでもついててくれると嬉しいので、この車種を
検討していたんですが・・・

ほかを考えますかね・・・

なんで420なんですかねー。全体のバランスを取るのにチェーンステー長を伸ばす必要があったんでしょうか。
油圧ディスク・前サス・前後ディレーラーと、あの価格でこれだけの装備が付いてるって超お買い得なのに。

スペシャのHP、2014年モデルに更新されてますね。
でもジオメトリーは420でした。。。

コメントをどうぞ

*