Riders-Diary

英会話学校に通います…絶対に

自分は英語をあまり上手く話せません。聞き取りも怪しいです。

大学生の頃は頻繁に海外旅行に行き、臆することなく現地の方と英語で会話できたものですが、10年以上、社会人生活を過ごしていたら全く海外旅行に行かなくなり、その10年超のブランクで自分の英語力は完全に死んでしまいました。(その間、出張で1回ニューヨークに行ったのみ。その時も四六時中ガイドさんが付いていたため英語は殆ど話す機会は無かった)

今はTUBAGRAをやっていて、海外からメールやFacebookのDMで問い合わせをいただく機会は結構多いですが、返事をする際は、「翻訳サイトを活用しながら、なんとかしている」という状況です。

昨年、台湾行った時は会話はどうしたの?」と問われれば、現地でアテンドしてくれたアンドリューさんが片言の日本語を話せたため(台湾は親日家の方が多いので)、自分の足りない英語力を補っていただき、なんとか会話が成立したのです。

台湾のディストリビューター兼MTBライダーのアンドリューさん

という事から、コミュニケーションが現地語か英語の国に行ったら、結構危険な状態になっていた可能性が高いです!

ちなみに、他のTUBAGRAライダー達も(jinkenさんを除く)自分が知る限り、殆ど英語をしゃべれません。
工藤君やアシ君は台湾では終始無言でしたし。
ぶっちゃけ「同じスポーツやっていれば共通言語多いし気持ちで伝わる」なんて幻想だと思います。

(あ、エッチな話はなんとなく通じ合っていたような気がする…)

去年、コンテストの出場依頼があったタイ行きは、連絡が急過ぎて飛行機チケットが取れずに流れましたけど、工藤君とアシ君の2人旅だったので、もしチケット取れて行けてたら、冗談抜きで彼らは路頭に迷う危険性すらありましたよね。

あと、今年に入って、実は中国は上海からも、TUBAGRAライダー達にお誘いの声がかかっていたのですが、上記の理由から行けずにいました。

そんな訳でズバリ言いましょう!

TUBAGRAのワールドワイドな活躍を阻害しているのは自身の英語力の無さです!

いや、本当にすみません… 本当にすみません… ハイ、jinkenさんは問題無いです。

 

なのでここで宣言します。自分は6月から英会話に通います。
自分の性格上、本とか読んでも駄目だと思うので、ガッツリお金かけて英会話学校に通って短期間に最低限話せる英語力を身につけます。お金をかけた方が、「元をとらなきゃ!」って必死になるから。

近日中に会社帰りに寄れるような英会話学校を探します…
英語が問題無くしゃべれるようになれば、TUBAGRAで色んなことができるハズなので、未来への投資と思って頑張ります!

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*