Riders-Diary

preBOXJAMの動画アップと「B.I.K.E Game」の様子

かなり遅くなりましたが、だいぶ前に行われたpreBOXJAMの動画(本編集版)をアップしたのでご覧ください。

後半は雨が強くなって乗れなくなってしまったのがとても残念です。

なお、このJAMで使われたBOXなどのセクションは今月30日(土)富士見パノラマで行われるMTBストリートトリックコンテストでも使用されま す。(※これだけじゃなくBOXジャンプやクォーターパイプもあります)これらのストリートセクションを使ってどれだけのことが出来るか?が、まさに本コ ンテストの勝敗を左右すると思います。

しかしこの時に参加してくれたライダー達は凄かった!!続きはread moreから

本当にこちらが思いもしない攻め方をしてくれるのですから!その発想力と(いかにカッコイイことをするか・他のライダーがやっていない事をするか)、それを実現するライディング技術に驚かさせられっぱなしでした。
30日のコンテストでは、当然、この時に乗ったことのあるライダーが有利になるかと思いますが大丈夫!!当日、お昼にはこのセクションを設置しますので、まだ乗ったことのないライダーでも、コンテストまでに十分慣れることができます。

あと、このJAMの後で行われた、ライダー2名がトリックを出しあって競い合う「B.I.K.E Game」の様子をMASSANがアップしてくれました。工藤君が昨夜アップしてくれていますが、念のためもう一度貼っておきます。umi君(BMX)と 工藤君(MTB)の超絶テクの応酬が半端ないですよ!

「B.I.K.E Game」のルールは、2名で先攻、後攻になり、先攻のライダーが言うトリックを行い、ミスるとマイナスポイント「B」などが加算され、先に「B.I.K.E」の4文字が先に貯まった方が負け、というものです。

現場にいたライダー達の当初の予想では、明らかにumi君が優勢でした。バニーホップバースピンのバリエーション、テイルウィップの確実性で、どれをとっ てみても現時点でumi君の方が実力は上ですし、そもそも、こういったトリックのバリエーションを要求されるコンテストにおいて、BMXの方が有利である ことを、おそらく現場にいた誰もが疑っていませんでした。
ですが、今回はumi君が難易度高すぎるトリックを指定して自滅することが多かったのと、工藤君の方が技のバリエーションで一枚上手だったことで、まさかのMTBである工藤君の勝利で終わりました。いやはや、マジで嬉しい!!

つーか、umi君も工藤君も本当に凄い。どんなに難しい技も一発目でほぼ確実にメイクするし、ゲームが進んでいくと主要なトリックは全部出し尽くし「そんなマニアックなトリックあるの?」というところまで行っちゃうんだもの!

あと、2人とも1m級を飛ぶバニーホップがあるので、平地にも関わらず、入るトリックがジャンプでやる並に深いこと深いこと。これは羨ましい!

「B.I.K.E Game」、高度なトリックを確実に決められることができるライダーが参加することが必要不可欠ですが、今後の発展の可能性を大いに感じましたね!本当に見応えがあって面白かったですし!!将来的にどこかでやってみたいなー

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*