Riders-Diary

SR SUNTOUR EPICONの紹介

これはホイールが9mmクイックリリース対応の「SF11-EPICON LOD」というモデルです。
なんか国内代理店のライトウェイプロダクツのEPICON紹介ページや、SR SUNTOURの本国サイトの紹介ページのグラフィックと比較して、なんか上質感が増して格好良くなっていますね(笑)

気になるスペックは以下の通りです。 read moreから!

============================

フィールドを選ばないオールマウンテンモデル

トラベル:100/120/140mm変更可能(出荷時は120mmに設定)
レフトサイド:エアスプリング
ライトサイド:スピードロックアウト&リバウンドダンピングアジャスト
カートリッジ
ブレーキマウント:インターナショナルスタンダード
ステアチューブタイプ:1-1/8’
スタンチオンチューブ:ゴールドアルマイト
クラウンカラー:ブラック
ステアチューブ長:255mm
スタンチオンチューブ径:32mm
クラウンピッチ:130mm
アウターレッグ素材:マグネシウム
スタンチオンチューブ素材:アルミ合金
クラウン:アルミ合金
ステアチューブ:アルミ合金
参考重量:1700g

=========================

対応ホイールは15mmシャフトハブ用と9mmクイックリリースハブの2種類に対応しています。
この写真のも出るは9mmクイックリリース用です。

それにしても、重量が1700gって軽い!
これをTUBAGRAではストリート/ダートジャンプ/ストリートトライアル用にショートストローク化して使用します。
こういうショートストローク化作業が気軽にできちゃうのがSR SUNTOURのサスフォークの良い所!
エアサスのこの内容で値段が39,800円なんですから、良い時代になりましたね。

54,800円のAXONと同じエアサスの機構で分解も硬さの調整も容易で、それでいてAXONよりもEPICONの方が39,800円と安く、重量もAXONが1600gに対し、EPICONは100g重たいだけの1700gと、お得感が凄いです。

そんなEPICONですが、TUBAGRAライダーのダートジャンプ専門の森田君と、最近すっかり山づいているストリートトライアルのjinkenさんの2人に試してもらいます。彼らのインプレッションの方をお楽しみにしていてください☆

その他写真はこちらからどうぞー

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

One Response to “SR SUNTOUR EPICONの紹介”

お洒落だし、ストロークもあるし、軽いし、安いで三拍子どころではないですね、すばらしいです。

昨日は用事あって行けなかったんですが、今日は夕方から練習しました。
暑さも和らいできてるんで全開でいけるのがいいですね。

コメントをどうぞ

*