Riders-Diary

リニューアルするSUZUKI CARRY(キャリィ)とted(テッド)

軽トラは、「田舎のベンツ」や「田んボルギーニ」、(サンバーなどMRの場合は)「農道のポルシェ」などと呼ばれておりますが、東京生まれ・東京育ちで生活の拠点もガッツリ東京の自分でも、いつかは所持したいクルマの1つとなっています。

そんな軽トラックの定番カーの1つ、スズキの軽トラック『キャリイ – CARRY』が全面改良され、9月20日より発売されます。

SUZUKI CARRY

14年ぶりに全面改良した新型キャリイですが(他の軽自動車と違ってモデルサイクルの長さにビックリ!)、フロントウインドウを前方に移動し、頭部の前方空間を拡大するなど、車体のレイアウトを全面的に見直すことで、クラストップの荷台フロア長はそのままに、居住空間を拡大し、ゆとりある快適なキャビンを実現した、とのことです(ニュースリリースの文言まるパクリ)。

また、悪路での走破性に優れたショートホイールベース仕様に統一し、クラストップの小回り性能を発揮。さらにR06A型エンジンの採用と50kgの軽量化により、2WD・5MT車で18.6km/リットルと、クラストップの低燃費を実現した…
ということですが、昨今の軽自動車では燃費が30km/L(JC08モード)近く行っていることを考えると、随分控えめな数値だなーと思ってしまいました。

価格は66万5700円から113万5050円。

こんな感じにカスタムしたいですねぇ…

SUZUKI CARRY

僕の中では、TUBAGRAライダーのjinkenさんが、こういった軽トラに乗っているイメージなんですね。(現在は全然別のクルマに乗っている)こういった軽トラで自転車系のイベント会場に乗りつけ、軽トラの荷台をそのままトライアルセクションにしてショーをする… という光景が目に浮かぶのです。
早く実現してくれないかなー…

 

DVDで映画「ted – テッド」を観ました。
子供の頃、クリスマスの夜に、友達のいなかった主人公がクリスマスプレゼントにもらったくまのぬいぐるみ「テッド」に「話せたら良いのに」と願ったら、次の夜に突然話せるようになっていて、TVで「奇跡のテディベア」として一躍大人気になって、ブームが過ぎて飽きられて、それから27年経っても主人公とテッドは親友同士で、主人公は冴えないサラリーマンになってて、マリファナとアルコール漬けの日々で、だけど結婚を考える彼女ができて、いつもべったりだったテッドとの仲が微妙になって…

ted テッド

このぬいぐるみのテッド、見た目はカワイイのですが、オッサン声です。行動も品行方正とは真逆。でも、見た目の可愛さから、慣れるとそのギャップがたまらなくなるんですね。

ted テッド

まぁ、このトレイラーを観ればどんな映画化分かるかと思います。

YouTube Preview Image
要は男の親友同士がグダグダ馬鹿やって喧嘩して仲直りして、という映画なんですが、ジワジワと面白かったですねぇ。万人にはオススメしませんが、もしよろしければチェックしてみてください。

 

先日、奥さんが夕飯に手作りハンバーグを作ってくれました。結構巨大で食べごたえがあってたまらなかったです。

奥さん手作りハンバーグ

ハンバーグは肉汁たっぷりで、摺り玉ねぎとデミグラスソースのコク、旨みの組み合わせが最高でした。

奥さん手作りハンバーグ

また作って欲しいな。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*