Riders-Diary

雨降りスミスグラインド自分撮り 海外ドラマ GRIMM(グリム)

今日は朝から冷たい雨が激しく降っていましたね。おかげでまったく自転車に乗れない… のですが、屋根のある新横浜スケートパークであれば乗れるハズ!と思って、朝一で1人新横に行ってみると…

猛烈に降る雨が吹き込んでいて、パークセクションはほぼ濡れていてまったく乗れず、唯一乗れる場所は下の画像の、幅2.5m、長さ8mくらいのエリアのみでした。(広角レンズなので広く見えますが、実際は絶望する程に狭いです)

雨の新横浜スケートパーク

そんな狭いエリアしかないのですが「乗れないよりかはマシ」と、ひたすらグラインドトリックの練習をしました。助走距離が殆どないため、微速状態からのグラインドとなり、逆に正確なバニーホップと正しいフォームが必要とされ地味に難しかったです。

そして、恒例の自分撮り(セルフタイマー撮影)をしました。フォームが格好いいと思い込んでいるスミスグラインドです。
冷たい風が吹き込み寒かったので、ライダースジャケットを着込んだまま乗っています。

サモスミスグラインドsmithgrind

30縲鰀40回トライして、タイミングが合ってまともに撮れたのが上と下の2枚です。いやもう、本当に自分撮りの限界ですよ。

サモスミスグラインドsmithgrind

とは言え、結果的にスミスグラインドをヘロヘロになるほど反復練習ができて良かったですね。

お昼すぎに帰宅し、昼食を取った後、会社に行って仕事をしました。今週は本当に過密スケジュールなので、少しでも事前に働いて余裕を持たせたくて。21時まで集中して働き、結構仕事が進んだので本当に良かったです。

 

海外ドラマ GRIMM(グリム)が面白くて奥さんと一緒に観ています。

GRIMMはグリム童話を題材とし、ダークファンタジー・サスペンス・ホラーに刑事ドラマをドッキングさせた、現代が舞台のアメリカのドラマです。グリム童話に関係する魔物が絡む事件を、主人公やそのパートナー達が協力し、解決してきます。

海外ドラマ GRIMM(グリム)

主人公(画面中央↑)は刑事で、かつグリム一族(いわゆる魔物ハンター)の末裔という設定。なので、人間に偽装して社会に溶け込んでいる魔物の本当の姿を見抜くことができます。ただ、他のグリム一族と違うのは、彼は無闇に魔物を殺そうとせず、対話して歩み寄ろうとするところでしょうか。(それぞれの魔物たちにも事情があったりする)

そして、主人公の仕事上のパートナー(画面右↑)は、主人公のグリムとしての能力や魔物のことは分からないのですが、深い信頼関係を持ち、魔物たちの攻撃により何度も危ない目に遭遇しながらも、共同して事件を解決していきます。

もう1人の主人公のパートナーが、人間社会に溶け込み大人しい生活をしている魔物・狼男(画面左↑)です。ひょんなことから主人公と知り合い、魔物サイドから(主に知識面で)サポートしています。

GRIMMはそんなドラマで、結構魔物のデザインはグロいし、容赦の無いスプラッタシーンも多数登場したりと、ちょびっと怖いのですが、それも面白くて気に入っていますね。

YouTube Preview Image

1話毎に1つの事件は解決していきますが、その裏でさらに大きな事件も進行していき、回を追うごとにジワジワと真相に迫っていく、というストーリーとなっていて、観やすいですし、次回もとても気になる構成になっています。

海外ドラマ GRIMM(グリム)、オススメです。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*