Riders-Diary

激安プリンター(CANON PIXUS iP2700)を買って使ってみた

今週ずーっと雨模様なのと、木・金・土と東京ビッグサイトで開催されているビジネスショーに自分が勤めている会社が出展し、現在超スケジュールが詰まっているため、自転車ネタが殆どありません。ですが、そんな多忙の中で、興味深い物があったので紹介します。

 

自分はつい先日まで自宅のプリンターは、CANONの5〜6年前に買った高画質プリンターを使っていました。数多くのイベント関係の用紙をプリントアウトしたり、年賀状を作ったりと、とてもお世話になったものです。

それで、今年のPEDAL DAYの直前にプリントヘッドが突然故障。(いくらヘッドクリーニングしてもかすれが取れず、最終的に黒色がまったく出なくなった)そのまま帰らぬ物となり、せっかく新たに購入したインク5,000円分が全て無駄になる事態も発生しました。

その時は本当にショックで、「高いインク代どうしてくれるんだ!」と怒りが収まらず、「二度とCANONのプリンターは買わない!」と文句を言いまくりでした。

それ以来、自宅にプリンターが無い生活をしていたのですが、さすがにそれだと困る事態がボチボチ発生し、仕方なしに再びプリンターを買うことに。

で、色々と調べたら、「CANONのPIXUS iP2700が使える!」という事が分ったので、早速購入してみました。

CANON PIXUS iP2700

このプリンターの特徴を簡単にまとめてみました。

 

1)価格が安い インク込みの本体を3,600〜3,800円で購入可能

※ちなみに、後から換えインクを買うとインク代の方が最初の購入価格を上回ります

 

2)ヘッドの故障が少ない 換えインクにヘッドが付くタイプなのでインクを交換したらヘッドも常に新品

※ヘッドの故障で痛い目にあった自分としては、「ヘッドが常に新品で壊れない」という安心感は相当なものです

 

3)シンプル エントリーモデルなので余計で複雑な機能が付いていない

※値段相応の道具として割り切っている感があって、それがむしろ清々としていてなんか良い

 

4)印刷品質 印刷速度はまあまあ

※これも値段相応なのですが、かと言って極端に悪い方では無いと思う

 

ということで、早速使いまくっています。インクを膨大に使うA4サイズいっぱいに色が塗りたくられたプリントを20枚くらい出しましたが、まだまだインク切れなどは起こしていません。コストパフォーマンスは言われる程、悪くないのかも知れません。

CANON PIXUS iP2700

このプリンターのユーザーレビューには、「稼働音がとてもうるさいので夜間は使えない」とありましたけど、この程度なら、自分が過去に使っていたプリンターと同程度なので、特に気になりませんね。

それにしても、良く世間で言われているのが、「プリンターメーカーは替えインクで稼ぐので、本体の方はあくまでオマケ」と言うものですが、このプリンターはその定説を、「それがどうした!」と開き直った価格設定にしているところが、逆に良いように思います。

だって、替えインク代、カラーとブラックの2種類買ったら普通に4,000円超えますからね。

・FINEカートリッジ BC-311 3色カラー 2,219円(Amazonにて)
・FINEカートリッジ BC-310 ブラック 2,160円(Amazonにて)

・CANON iP2700 本体価格(インク込)3,561円(Amazonにて) ※2013年10月現在

ホント、変な感じですね…

とは言いつつも、それはそれで良い買い物をしたなー、と喜んでいます。しばらくこのプリンターにはハードに働いてもらう予定です。

 

この動画、あざとすぎるだろー!!胸の谷間以外目に入らないですよ。  はい、嫌いじゃないです…

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*