Riders-Diary

CX-5のプチインプレとTUBAGRA Tシャツ

せっかくクルマがCX-5に替わったのに、毎日やることが多過ぎて、なかなか運転できずにいました。
が、昨夜は久しぶりに会社を早めにあがれ、水野君と新横浜スケートパークに行けることになり、ルンルン気分(死語)でCX-5をスタート!

自宅から住宅街の道路をちょこまか走り、環状八号線(環八)に合流。最初は流れるも、すぐに渋滞気味になり、トロトロ走りながらも、世田谷区の住宅街にあるコンビニに到着。そこで待ち合わせをしていた水野君をピックアップし、環八→第三京浜道路を10分走って新横浜スケートパークに到着です。そして、パークで乗り終えてから第三京浜→環八→世田谷の住宅街を走って水野君宅に行って彼をおろし、そのまま環八走って自宅に戻って走行距離はトータル55kmくらい。

住宅街の道路 2:プチ渋滞の環八 4:高速道路 4くらいの割合で、CX-5の平均燃費は何と16km/L

ディーゼルターボのエンジンの特性を水野君に説明するため、結構派手にアクセル踏んでこの数値。クリーンディーゼル凄い!

サモ's CX-5

新横の駐車場で格好良くCX-5を撮影しました。ストロボ照射に協力してくれた水野君、ありがとう!!

 

ちなみに、新横スケートパークのライドは、風が強くてとにかく乗りづらかったです。とくに大きく飛ぶジャンプは、助走が向かい風で全然加速せずストレスがたまりました。まー、こんな時もあるよね…

 

それと、先週の秋ヶ瀬の森バイクロア3でTUBAGRAチーム用に、自宅でシルクスクリーンで作成したTUBAGRA Tシャツですが、思いの外、反響がありまして、色々落ち着くであろいう来週くらいに再び作成しようと思います。

新しいTUBAGRA Tシャツ

ちなみに、作成するサイズはSとMサイズを考えています。ちなみに、上の画像がXSで、170cm 62kgの自分が着てこんな感じ。

バイクロアのショーの時は、jineknさん(180cm近く)と森田君(170cm)、STEM君(165cm)が着ていたのはXS、工藤君(168cm)が着ていたのはSサイズです。

このTシャツ自体がザックリ着るタイプではなく、柔らかい素材で肌に密着させて着るタイプなので、あまり大きすぎると逆にカッコ悪いのかなーと思います。

あと、1着1着地味縲怩ノ自分がシルクスクリーンプリントしていくので、あまり枚数が作れないこともご了承ください。たぶん、作れて5着くらいかと。早いもの勝ちです!

 

今朝は朝練バンクしてきました。この頃は朝が寒く、早起きして温かいベッドを出るのが厳しくなってきているので、何気に1週間ぶりくらいです。

それで、先週購入したiPhone5sと三脚、魚眼レンズを使って自分のライディングを自分撮りしようと試みたのですが…!

ガチで通行する人が多過ぎて断念しました。というか、構図決めようと魚眼レンズを付け三脚にセットしたiPhoneの置き場所探していただけで、自転車で通った不審者みたいに小汚い風貌のお爺さんに、明らかに不審者扱いされ、本気で落ち込みましたね。

魚眼レンズで撮る朝練バンク

こんな辺鄙(へんぴ)な場所なのに、通る人が多過ぎるってのも、東京23区ならではの事だなー、なんて思った今日このごろです。うう縲恚闌€

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

2 Responses to “CX-5のプチインプレとTUBAGRA Tシャツ”

コメントをどうぞ

*