Riders-Diary

雑記諸々縲弋HE SOULBOWL BATTLE縲恃黴€根駅伝とか

ある件が、MTB関係者の中でちょっとした話題になっていますね。あえて、その事をまとめているTKCテイスケさんのblogをリンクしておきま す。その中で、MTBライダー高橋大喜さんとTUBAGRAライダーjinkenさんの文章(facebook)が紹介されていて、読んで考えさせられました。
jinkenさんの意見にとても賛同できるし(このような意見がTUBAGRAメンバーから出てきたことを光栄に思います)、大喜さんの考えをMIXして、世界と程よい距離感を取りつつ、日本独特の進化をしていければ良いと思いましたね。

何にしても、こういった議論が起こることは本当に良いことで、今後日本のMTBが良い方向に行くために大事なステップだと思っています。(逆に言えば、現時点よりも悪い方にはならないだろうから)

本件について自分なりの考え方を、どこかで発表できたらなー、なんて思っていますが… まとまった時間がなかなか取れずに困っています。工藤君とアシ君の例の動画も編集途中で止まっているし。原因:BGMが決まらない。

 

前回紹介した世田谷公園スケートパークライドでストローク60mm(もしかしたらもっと短いような…)を試した結果、微妙にフロントのポジションが低く感じました。そして今朝、朝練バンクをしたら、その感覚は明確になりましたね。うん、今夜10mmストロークを伸ばそう。10mmくらいなら見た目も殆ど変わらないだろうし。

朝練バンクとSHAKAバイク

ポジションとか、昔から自分は無頓着かと思っていましたが、なんだかんだMOZU(今はSHAKAですが)に長く乗り込んでいるため、多少なりとも繊細に感じ取れるようになっているみたいです。

 

そういえば、一昨日に水野君がSUさんのMOZU(brMOZU)バイクを乗った際、あまりの乗り味の違いにビックリしていました。ホイール径が違うのと、水野君のは若干独自のカスタマイズが施されているとは言え、同じMOZUフレームなのですから。

こちら(↓)がSUさんの24インチホイールMOZUバイク。

SUさんのMOZUバイク

こちら(↓)が水野君のストリートトライアルに振ったセッティングの26インチホイールMOZUバイクです。

水野君のMOZUバイク

同じフレームなのに、パーツやセッティングでまるで違うバイクになるから面白いですね。

 

先日、神戸のG-Skateで開催されたTHE SOULBOWL BATTLE at “g” skates parkでKNS.LO/blkmrktのセイマ君が、アマクラスで3位入賞を果たしました。アマクラスとは言え、レベルが高いBMXライダー達の中で奮闘してのこの結果なので、とても凄いことです。

セイマ君のエアターンキャンキャン

本人も「ある意味26インチってだけで目立つんですが、さらに驚かせるようなライディングを目指します」とコメントしていて、次回はプロクラスに参戦するということで、更なる活躍を期待しています!

そうそう、さらにセイマ君、イベント内で開催されたミニコンテスト「フェイキーコンテスト」で優勝しました。こちらも凄いですね。

 

ちなみに、来年3月に神戸のみなとのもり公園で、ストリートに特化したMTB、BMX、FGFS混合オールジャンルコンテスト、BUNNY HOP CAMP 2を開催予定です。今回は、BHC関西での開催、ということで、多大にKNS.LO/blkmrktのセイマ君やKAZY君に協力していただきます。

それで、そこで使用するストリートセクションを現在作成中で、1月25日(土)にそのセクションのテストを兼ねたJAMを開催する予定です。近日中にその内容をまとめて公開しますので、少々お待ちください。

 

今日の親バカコーナー!昨夜は仕事から帰った後に病院へ行き、小サモ君に会ってきました。

今日の叶大君

ぐっすり眠っていたので、起こさないように、画像(↑)の右上に小さいですけど、ちょっとしたクリスマスプレゼントも。

 

箱根駅伝で毎年話題となっているのが、出場選手たちの好きな芸能人コーナーです。ご存知の方も多いかと思いますが、異様にアニメなどの声優率が高いのですよ!(長距離ランナーはヲタ率が高い傾向にある)そんな選手達の好きなアニメ声優をまとめた表がこちらです。(↓)

箱根駅伝出場選手の好きな芸能人欄

我が母校、東京農大の学生たちが出場しますが、声優ヲタの比率が他校よりも高すぎて、もう何と言って良いのやら…(↑赤枠内)
青い枠の2選手の、4年間揺るがない忠誠心も、さすがだな!って思いました。

ちなみに、人気声優のハナザーさん(花澤香菜)が今年いないのは、ハナザーさんが大好きな声優ヲタにも関わらず、箱根駅伝5区に4年連続出場し、4年連続の区間賞に加え、区間記録を3度更新をした「山の神」元東洋大学の柏原竜二選手に遠慮して、なのでしょうか?

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*