Riders-Diary

MOZUフレーム(24インチ対応)マットクリアー即納できます

TUBAGRA MOZU 24 BMX

現在、MOZU(brMOZU)フレームの24インチホイール対応、BMXエンド、スパニッシュBB対応モデルを即納することができます。MOZUなら、リジッドフォークも合いますし(3インチライズ以上のハンドルバー推奨)、サスフォークを入れても(2インチライズ程度のハンドルバー推奨)トリックをしやすいジオメトリとなります。

昨年末に組まれたSUさんのMOZU 24 BMXエンド仕様のバイクはこちらです。

SUさんのMOZUバイク

他のMTBに乗り慣れた方でも、MOZUならヘッドが立ち過ぎていないし、BBハイトが高すぎないため、MOZUシリーズの中で、一番自然に乗りこなせるかと思います。それでいて、とても軽いフロントアップ、バニーホップのし易さが特徴ですね。

BMXエンド採用のため、TUBAGRAのストリートライダー必須トリックとなっている、ペグを使ったグラインドもし放題です。

今回の即納できるフレームにはオプションのVブレーキ台座は付いていませんが、簡単に着脱が可能なダイアコンペのキャリパーブレーキを取り付ける穴がシートステーのブリッジ部分に付いていますので、ノーブレーキにはならず、公道を移動することができます。

簡単に着脱が可能なダイアコンペのキャリパーブレーキを取り付ける

BMXハブとそれに合う24ホイールなど、非常にマニアックな組み合わせのパーツも必要になりますが、TUBAGRAライダーjinkenさんが運営しているJBPにご依頼いただければ(MOZUフレームのオーダー時にTUBAGRA側にご連絡いただければ一緒に引き受けますので簡単です)、既に何本も24MTBを組まれている経験から、最適なパーツチョイスでご提供することもできます。

という訳で、興味のある方は、お気軽にお問い合わせください!

 

先週の大雪の影響で、関東縲恍・狽フ山間部では、未だに大変な事態となっていますが、東京都檜原村に住む、我らがTUBAGRAライダーjinkenさんも、例外ではなかったりします。

彼のfacebookを見ればその実情が分かりますが、もう何日も前から自衛隊が入って雪かきしてくれているようで、生活に支障がないレベルまでの除雪や、奥の孤立した集落へのルートの一刻も早い開通が待たれます。

jinkenさん、今回の雪のこと、ひの◯ゃがくんのネタも含め、現状が落ち着いたらTUBAGRA日記にアップして欲しいです。雪の事については、今後貴重な情報になる可能性がありますし、facebookに保存していても、多くの人が見られるとは限りませんし。

 

自分もtwitterやFacebook、LINEなど、状況に合わせて使い分けていますけど、あれだけ盛り上がったのに、今では悲しいほどに過疎ってしまったmixiの例を知っているので、活用しつつも、心のどこかでは一定の距離を置いているようにしています。

だって、Facebookを一生懸命更新したとしても、mixiのように過疎ったら、そこにある膨大で貴重な情報(画像や動画も含め)は、広大なデジタルデータの海の中で、ひっそり埋もれるだけですからね。そもそも、SNS内の情報は検索にも引っかからないですし。
というか、今の若い人達にfacebookはあまり見られていないし、離脱している人も増えているから、過疎る可能性ビンビンです。

 

LINEに関しては、今はキャリアメールアドレスやPCメールアドレスを持っていない(使っていない)若者が多いので、彼らと連絡を取る際は活用しています。個人的にはキーボードで文章打つ方がダントツに速いので、PCメールでやり取りしたいところですけど、それはそれで時代の流れ縲怩ニ納得しています。
まー、でも、これもいつまで続くのか?と薄々思っていますが…
(LINEでTUBAGRAメンバー達と会議したおかげでスマホでのフリック入力もだいぶ高速化しました)

 

最終的に、インターネットのコンテンツは、仕事で使われているPCメールとWebサイト、そしてblogが残るんだろうな、って思っています。アメブロなどに代表される無料blogは「googleの検索結果から除外されるのでは?」という噂が去年辺りから流れてきていることもあり、まー、どうなるんですかね…?
SNSは時代時代で移り変わって、それを楽しみ活用できれば良いのかなーと。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*