Riders-Diary

朝一コソ練で新しいトリックに取り組んでいますが

4月から新しい仕事が始まってしまうので、それまでに無職を堪能しようと、朝一でひたすらパークに通っています。それで今日は世田谷公園スケートパークに行ってきました。

着いてすぐはパーク内は誰もいなくて乗りたい放題だったので、ウォーミングアップの後はひたすら苦手なトリック、そして新しいトリックにトライしました。

世田谷公園スケートパークとSHAKA

主にトライしたのは、バンクtoバンクの上りでバニーホップ180し、モヒカンレッジ(上の写真で言うところのバイクを立てかけている縁石)のトップから下りまでをフェイキーフィーブルグラインドする練習にスイッチ。最初の180でフェイキーフィーブルグラインド状態まで持っていくのは良い感じに決まりますが、フェイキーフィーブルのまま下るのってスゴく怖くて、途中で身体が逃げちゃって崩れまくり。

分かりやすく言うと、これを(↓)バンクのモヒカンレッジのトップ→下りでやります。

フェイキーでバンクを下ると考えると大したことありませんが、今回の後向きのフィーブル状態で下って行くのが怖すぎて、今日の段階ではキレイメイクまでは到底持っていけそうもありませんでしたね。

これは、自分の持ち技として頻繁に繰り出すには、ちょっと先が長くなりそうです。まー、でも最後までフェイキーフィーブル状態で下りきる事も何度があったので(その後のフェイキーが上手く続かない)、頑張ってやり続けたらどうにかなるかも…。というか、フェイキーフィーブルじゃなくてフェイキーダブルペグの方がやりやすいのかな?

 

しばらくしてから、ランプ類の扱いがとても上手いスケートボーダーが1人来たので、45分近く2人きりで無言で交互にハードなセッションをしていました。やっぱり、スケートボードとはいえ、華麗なスケートを見せられるとこちらのテンションも上がり、突っ込みの勢いが上がりますね。今日の暑さもあり、おかげでTシャツ姿で汗だくになりました。

 

それから、育児をするためお昼前に家に戻ろうとパークを後にし、クルマにバイクを積もうとしたら、樹脂製のリアペグがこんな風になっていました。(世田谷公園スケートパークは樹脂ペグ使用必須)

壊れた樹脂製ペグ

金ヤスリで開口部を削り、何とかソケットが入るサイズに拡げ、何とかこのペグを外すことに成功。いやー、冷々したー。

何にしても、3月いっぱいはたくさん朝一パークして色んなトリックをマスターしたいと思います。

 

先日、TUBAGRAにお問い合わせが来ていました。ロシアはモスクワからで、「あなたのフレームに興味があります。サポートしていただけませんか?」的な内容の文章が、以下の動画と共に添えられていました。

スゴく上手いですねー。しかし、サポートするにも、やっぱり直接会ってからじゃないとなぁ…
って、書いたらパベル君みたく日本に来たりして!

 

TOYOTAが再びWRCに参戦する?という話題がありますね。その証拠となる、ヤリス(日本名:ヴィッツ)のWRカーのブリブリしてる動画がこちら。過去にセリカやカローラで手にした栄光をもう一度縲怐I!

 

午後は息子にとって初の遠出(ベビーカーでの)で、駅2つ先のスーパーマーケットに家族で歩いて行ったのです。

初の遠出の叶大君

まだハッキリと目は見えていないと思うのですが、周囲にある物全てが珍しそうな感じでした。
およそ2時間の旅は、彼にとっての「長旅」でしたが、特に泣いたりせず、大人しくいい子にしていましたね。

ただ、家に帰ってからが、グズって泣き止まなくて大変でした。外で目にした情報量が多すぎて、不安になっちゃったりしたのでしょうか?

かと思えば、お風呂からあがっておっぱい飲んだら一瞬で落ちてしまい、今はスヤスヤ静かに寝ています。本当に赤ちゃんって分からないことだらけですよ。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

One Response to “朝一コソ練で新しいトリックに取り組んでいますが”

そのうちに、お出かけ先にシゲキがないとぐずる様になるかもですね!(^^)

ヤリスのラリーカーいいですねー!トヨタWRC復活してほしいものです。

コメントをどうぞ

*