Riders-Diary

NYBフリーコースターハブが導入されたけんぷっぷさんのSHAKAバイク

今日は午後にフラワートレイルに息子と奥さんを連れて行ってきました。現地ではすでにけんぷっぷさん親子が整備&ライドをしていましたね。

そんなけんぷっぷさんの24インチホイールバージョンのSHAKAバイクは、最新の状態でサスフォークからリジッドフォークになりました。

NYBフリーコースターハブが導入されたけんぷっぷさんのSHAKAバイク

サスフォークからリジッドフォークになったところでフロントアップの軽さが変わらないのはMOZUシリーズ(driveも含む)の良いところ。

けんぷっぷさんはリジッドフォークのSHAKAバイクでレギュラーライン(フラワートレイルで一番大きなライン)を飛びまくっていて、早々にリジッドフォークの感覚に慣れた模様です。

けんぷっぷさんのインバート

ヘルメットも新調されていますね。

けんぷっぷさんのSHAKAバイクの最大の特徴は、今ストリートで流行りのフリーコースターハブが導入されていることです。

念のためフリーコースターハブの説明をしておくと、普通のフリーハブは自転車をフェイキー(後ろに進む)させた時に一緒にクランクが回ってしまいますが、フリーコースターハブはペダルを踏み込まなければクランクは回転せずにフェイキーすることができます。このとこで、フェイキーした状態からのトリックのバリエーションを増やすことができます。

そんなけんぷっぷさんのSHAKAで使用されているモデルはNYB-JAPANB FREECOASTER HUB FCHB-MXです。

NYBフリーコースターハブが導入されたけんぷっぷさんのSHAKAバイク

自分も試しに乗らせてもらいましたが、ペダリングの感覚もフリーコースターハブにしてはかなり自然でした。これは良いかも…!

 

いまだに天気が不安定なフラワートレイルですが、幸いにも雨が降ること無く、曇り空で涼しい中、何とか快適に乗ることができました。(一部のボトムが緩かったのみ)一部、雑草がボーボーになっているところは近々ワンメイクジャンプを作り直すので放置してあります。

夏のフラワートレイル

けんぷっぷさん親子が整備してくれたバーム。滑らかになって、レギュラーライン飛び終えてスピードに乗った状態でノーブレーキのバイクでバームに突っ込んでも、安心して曲がりきることができます。

夏のフラワートレイルとバーム

けんぷっぷさんとダイスケ君、本当にありがとうございました!

自分も帰りに敷地を周回するパンプトラック(通称:親父パック)を軽く面の整備と雑草の除去を行いました。

 

ここ1週間くらいで、ウチの息子は母乳とミルク以外に、離乳食を口にするようになりました。
人気なのはお粥で、当初は野菜系のペーストは嫌っていたものの、奥さんが工夫し、今ではいろんな種類の離乳食を食べるまでになりました。食べる仕草も可愛いです〜デレ〜

離乳食を食べる叶大

3連休は自転車にもたくさん乗りましたが、それ以上に息子とたくさん遊んだので、猛烈に疲れましたね。

息子を遊んでいたら寝落ちしてしまった姿を奥さんが撮影。

叶大と遊び疲れて寝てしまったサモ

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*