Riders-Diary

頚椎ヘルニアになって暑かった日曜日

土曜日、世田谷公園SLスケートパークでけんぷっぷさんのグラインド講習会をする前、1人で練習していた際、パークに着いてすぐに準備運動しないで数本乗ったら、ちょっとしたミスで持病である頚椎ヘルニア(けいついヘルニア:首の骨のヘルニア)を再発させてしまいました。もう、こういうの何回目だ?準備運動はマジで大事です(泣)

頚椎ヘルニアになった直後はアドレナリンが放出され、痛みは軽減しているのですが、地獄なのはアドレナリンが切れたその日の夕方〜夜です。

ちょうど、その日の夜、大屋さんの撮影をしている頃が痛みのピークで、首から肩にかけて痛くてまともに動けない始末。(大屋さんと一緒にいる際、殆ど乗らなかったのはそのため)

そんなことで、翌日曜日は1日中安静にしているのが一番だったのですが、そこは貴重な日曜日なので、何が何でも180フェイキーグラインドの練習したい!

ということで、過去にお医者さんからいただいて家に大量にある、頚椎ヘルニアの痛みを緩和する筋弛緩系の薬を飲み、再び朝一で世田谷公園SLスケートパークに行きました。

朝一世田谷公園SLスケートパークライド

この薬を飲むと、手足の感覚が若干薄くなり変なフワフワ感が出て、多少痛いものの何とかMTBに乗れるようになるから大したものです。まぁ、わずかな弊害として、バニーホップの微調整が若干効かなくなることがありますが…

それで乗ってみた動画がこちら!何度も練習しているからちょっと慣れてきて、序盤は試しで180フェイキースミスグラインドをやってみました。うーん、スミスグラインドのカタチ(フロントペグをかけるけどリアタイヤはレッジの上)を意識すると、どうしてもリアを振り過ぎてしまいますね。難しい…

180フェイキーダブルペググラインドは、かなり安定してフェイキーグラインドまで行うことができていますが、キレイに最後まで滑ってメイクまで持ち込める回数は今回はゼロでした。どうしても、トップから下りに移行する場所でバランスを崩してしまうんですね…

そんなこんなで、1時間ほど乗ったら暑さで発汗量もハンパなく、熱中症手前のヤバさもあったので、そそくさと家に帰ることにしました。クルマに戻ったら外気温はすでに37度。まだ午前10時なのに。

 

世田谷公園にある市民プールは満杯で、プール特有の清涼感ある塩素の臭いがして、子供たちの歓声がたくさん聞こえてきます。ウチも息子がもう少し大きくなったらプール行きたいな。こんな暑さの時は自転車に乗っている場合じゃないですね。

 

家に帰ったら、さらに気温は上昇してとんでもない暑さに。奥さんと話し合った結果、今日は遠出はせず、クーラーの効いた家の中で家族で大人しく過ごすことにしました。息子と遊びつつ、家族みんなでお昼ご飯を食べ、昼寝して… という感じです。

キリッとした叶大

奥さんが区の赤ちゃん教室で習ったベビーマッサージを息子にしました。専用のオイルを付けて息子の身体を両手を使ってマッサージしていくのですが、これをすると息子は大爆笑。

ベビーマッサージで大爆笑する叶大

最初は気持ちよく、嬉しくて笑っているのかと思いきや、どうもくすぐったくて笑っているみたいです。ちなみに、自分は他の人からマッサージをされるとくすぐったくて大爆笑してしまうので、この息子の反応はひょっとして遺伝?

 

夕方には雨が降り、若干涼しくなったので、となり町まで家族全員で歩いて夕飯の買い出しに行きました。うん、充実していた良い土日でしたね。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*