Street Tricks

バニーホップバースピン(投げ回し型、撫で回し型)

この技は、自分の中でもとても難易度の高い技です。
しかし、メイクできると色々な技と繋げることもできるので、是非メイクしてください!!

今回は2種類のハンドルの回し方を紹介します。(TEXT by 工藤)

バニーホップバースピン(バージョン1:投げ回し型)

ハンドルを早い段階で投げ離すタイプのバースピンです。

バニーホップバースピン01-01適度な速度で進入
速すぎると失敗した時に怪我をするので、適度な速度でアプローチしてください。
バニーホップバースピン01-02フロント荷重
高めのバニーホップをするために、深く沈みこみます。
サスペンションの場合でも、なるべく深く沈みこんでください。
バニーホップバースピン01-03差すときに余裕ができるように、思い切り引き付けて上に伸び上がります。
バニーホップバースピン01-04ここで差しながらハンドルを回し始めます。左右にぶれないように、ハンドルを回し始めると同時にサドルを挟みます。サドルを挟むとき、ペダルをしゃくるようにしてリアを上げてちょうどいい位置(少し膝が曲がるぐらい)で挟みます。
バニーホップバースピン01-05左手はは思い切りハンドルを投げ始めます。
逆の手はハンドルから離し、取りに行く準備をします。
※このとき、回した手と逆の手が暴れないようにすぐにお腹のほうに持っていきます。
バニーホップバースピン01-06左手は完全に投げきった状態です。
ハンドルを回すときに回すほうの手は、90度ぐらいはハンドルをしっかり握っていて、そこから離し始めるのですが、完全に離すのではなく手を軽くパーに近いような形にして押し投げます。
逆の手は待つのではなく自ら取りに行きます。
バニーホップバースピン01-07ここで、回した手と逆のほうの手はハンドルをキャッチした状態です。突き指などをしないように、しっかりハンドルを見ましょう!!
ここでキャッチしたら、ハンドルの勢いに任せるのではなく、ハンドルを握ったら前に突き出すようにして、360度回りきった位置にもっていきます。
バニーホップバースピン01-08回したほうの手を、ハンドルに戻します。※ハンドルに戻したとき着地したとき安定しないので、しっかりハンドルを握ってください。
逆の手がキャッチしたからといって、気を緩めずに回したほうの手は素早くハンドルに戻してください。
バニーホップバースピン01-09着地した後、左右にぶれないようにハンドルをしっかりにぎり、腰を引き着地のダメージを吸収します。

バニーホップバースピン(バージョン2:撫で回し型)

最後の方までハンドルから手を離さず回すバースピンです。

バニーホップバースピン02-04このまわし方は、投げてからがちょっと違います。バージョン1ではこの状態ではすでに離しているのですが、こっちは離さずに手を触れさせたまままわします。
バニーホップバースピン02-04手前の動作の、ためひきつけ、投げ始めまで一緒です。

完全に投げきらずに、180度以降をパーの状態で追い続けます。

バニーホップバースピン02-05逆の手をキャッチし、まわしてるほうの手もキャッチの体制に入ります。
バニーホップバースピン02-06着地。バージョン1とたいした差は無いのですが、ジャンプや、180でやるときなどに取りミスが少なくなるので安全なやり方です。

バニーホップバースピンの動画です

前半がバージョン1のバースピン、後半がバージョン2のバースピンとなっています。
YouTube Preview Image

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

Comments are closed.