Riders-Diary

ワークマングローブに替わる?Simon(シモン)の耐滑手袋ハンドバリア

元TUBAGRAライダーのレオン君が過去に紹介して、知り合いのMTBやBMXストリートライダーの間で爆発的に流行った「ミエローブ フィットネス」、通称「ワークマングローブ」という物がありました。詳細は過去の記事を参照してください。

ミエローブ フィットネス グローブ

このグローブは作業服・作業用品の大型専門店の株式会社ワークマンで売っていたため、「ワークマングローブ」と呼ばれていたんですね。

ミエローブ フィットネス グローブ

当時580円と激安な割に、自転車に乗るには凄まじく使い勝手が良かったので、2年前に2双購入。自転車以外にもMOZU制作など金属加工作業でも頻繁に使いまくっていたため、さすがに破れてきてしまったので、新たにネットで買おうと検索したら1,000円近くに値上がりしていました。

というか、今でもワークマンで売っているのでしょうか?ワークマンのオンラインストアで探しても無かったのですが…。

bonoryさんより情報提供があり、まだワークマンの実店舗でお値段そのままで販売している模様です!

 

このグローブ、安い割に本当に使い勝手が良かったので、同じ物(似た物)が欲しくてネットで探しまくったらありました!

Simon(シモン) 耐滑手袋 ハンドバリア 480円(税込)

Simon(シモン) 耐滑手袋 ハンドバリア

カラーはシンプルなブラックは無く、迷彩柄と赤色、グレーがあったのですが、とりあえず迷彩柄を2双買ってみました。

縫製とか完全に「ミエローブ フィットネス=ワークマングローブ」と同じなので、どこかの工場でまとめて作っていて、色んな販売元にOEMで提供しているんでしょうね。

Simon(シモン) 耐滑手袋 ハンドバリア

それにしても、ワークマンよりもさらに100円安い480円なんて、このグローブの原価はどれくらいなんだろう…?

Simon(シモン) 耐滑手袋 ハンドバリアを実際に朝練で使用してみましたが、当然使い勝手も「ミエローブ フィットネス=ワークマングローブ」と同じです。その特徴をまとめてみると以下の感じ。

1)ストリートに合うシンプルなデザイン
2)しっかりとした縫製
3)冬でも結構手が温かい
4)ワークマングローブよりも100円安い480円という超リーズナブルな値段!

 

これ、製造元に問い合わせてTUBAGRAオリジナルのグラフィック(シンプルで渋いやつ)を入れ、値段も抑え気味にしたら売れないでしょうか?

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*