Riders-Diary

YAMADORI 1st 26のおかげでバイクライフが充実しました

昨夜は息子と奥さんが寝静まった24時過ぎ、YAMADORI 1st 26に乗って近所の多摩川河原に行き、ダートコースを飛び走ってきました。このYAMADORI 1st 26はサドルが高い状態でもバニーホップでピョンピョン飛べ、突然出現するギャップも気軽に飛び越せて、悪路をグイグイ進んで行けるのが楽しすぎです!

漆黒の闇である河原で、一段落した時に撮った1枚。

YAMADORI 1st 26

次回から、夜乗りに行ったら必ず1枚は印象的なMTBの写真を撮ることをノルマとしよう。どこか飛べる場所を探さないと!(注:トラブルの原因になるので地形は絶対にいじりません)

 

ここ最近、多摩川河原で中学生が殺傷された事件が注目を集め、多摩川河原って治安が悪くて怖いんじゃ?なんて思いましたが(あの事件は対岸の神奈川県川崎側でこちらは東京都側)、河原って街灯が1つも無くて夜は漆黒の闇で、24時を過ぎたら人っ子一人いません。

あ、いるとしたらランナーくらいですね。上の写真を撮っているわずか5分間に、すぐ横を2人のランナーが走りすぎて行きました。最初はこっちがビビったくらい…(汗)「こんな深夜によくこんな場所を走るよな〜」なんて思った直後に「お前が言うな」と気が付き軽く反省。

漆黒の闇にも関わらず、こんなにランナーが走っているということで、深夜の多摩川河原は逆に安全だと思います。

 

そんな訳で、YAMADORI 1st 26が家に来て、自分の1日のMTBに乗るパターンがさらに拡がりました!大まかに言うと以下の感じです。

早朝:
SHAKAに乗り、近所の多摩川の公園でバニーホップバースピン・バニーホップロックウォーク練習などを15分程度行う

夜:
SHAKAに乗り、奥さんが息子をお風呂に入れている5分間に家の横の私道でバニーホップバースピン練習を行う

深夜:NEW!!
息子と奥さんが寝静まった頃、YAMADORI 1st 26で多摩川河原のダートコースを30分程度飛び走る

 

トータルで乗る時間は1時間弱ではありますが、上の3パターンを毎日欠かさず行うことで、育児と仕事でいっぱいいっぱいの日々でも、効率的なMTBのテクニック向上が図れます。

なんというか、YAMADORI 1st 26に乗るようになってから自分のバイクライフの充実感が一気に深まりました。トリックしても、ダートを飛び走ってもそれぞれの良さが引き立って、すごく楽しくなりましたね。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*